ストレスの観察と外在化

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださり、大変ありがとうございます




少し前のことですが、
久しぶりに自分の寝言で目が覚めました
目が覚めるほどの大きな声
夢の中とはいえ、
心理的に負荷がかかった状況だったのでしょう。

夢の内容は忘れてしまっていますが、
かなり腹立たしい思いをした記憶が。

恥ずかしながら私は時々、
こうした「腹立たしい夢」を見て
大きな声で寝言を発するようなのです
―別室の家族を起こしてしまうことも(笑)―

心理学や精神医学の発展に大きな影響を与えた
フロイトやユングといった先生方は、
「無意識」の動きを解釈・分析するものとして、
「夢」に注目されています。

難しいことはよく分かりませんし、
専門的な解釈では違うのかも知れませんが、

多分私の場合は、
抑圧された「怒り」の感情を
寝言で発散してバランスをとっているのだろうと思います。

そういえば最近
ちょっと苛立つことがございました。

それが先日の夢の原因となったのかは別として、
苛立った体験は、
日常のストレス反応として
具体的で分かりやすく、
認知行動療法でいう、
「自分の体験を観察する」ための
好材料になりそうです

仮に先日の寝言で「発散」したからといって、
そのままスルーしてしまうのはもったいない

早速専用のノートとペンを用意しました。

「苛立つ」ことは、
一般的にはマイナスの感情と言われますが、
感情は湧いて出てくる自然な反応

ある状況から受けた外的刺激によって、
当時私が「不快」に感じ、
「苛立った」ことは紛れもない事実です。

「良い」も「悪い」もありません。

ですので、
「そうだったんですねー」と、
そのまま受け止めることにいたします。

ではその時私はどんなことを考えたのでしょう。
「んん・・・?どうしてだろう?」

小さな疑問から生じた、小さな苛立ちを感じたのでした。

末端に血流が及ぶ「戦闘体制」になるほどの身体反応はなかったと思いますが、
少なくとも、
穏やかにリラックスした状態ではなかったはずです。

そこで私は、
相手の方に疑問を伝える
という行動を起こしたのでした。

そうでした、そうでした

けれども疑問は解決せず、
それ以上お伝えすることもできず、
何となくもやもやとして私の中に留まっていました。

もやもやを何とかしたいなあと感じた私は、
自分を助けるために、

好きな本を読んでみたり、
ストレッチをして身体を温めたり、
尊敬する先輩に愚痴をこぼさせて頂いたりしたのでした。

よかったあ(」*´∇`)」
私、ちゃんとケアしてるじゃないですか



こうしてあらためて振り返ったことで、
その事象について、
私に出来ることには限界がある
ということがより明確に認識できました

少々感情にとらわれて
巻き込まれてしまっていたようです。

私がどうにかすべき問題ではない

頭の中で考えているだけですと、
整理できたようなつもりになるだけで、
実は整理しきれないものなのかも知れません。

人は疲れていると、
どうしても思考や判断の能力が低下します。
頭の中で考えて整理する作業はとっても複雑。
効率よくできるときばかりではありません。

外在化して視覚化することで、
脳の負担は格段に減りますし、
書いたものを繰り返し眺めることで、
ストレスを客観的に観察することができそうです



「夢で大声」の原因は何だったのかな?
ちょっと疲れていたのかなあ。

今回家族からの苦情はなかったのですが、
日頃の感謝の気持ちを込めて、
ささやかではありますが、
最近評判の良いメニューを、
今日の晩ご飯に作ろうかと思います。





つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 懺悔

ことりさん こんにちは。

コメントくださりありがとうございます^^

元気にお過ごしの今のご自身があることへの感謝を
支えてくれた方々のみならず、

> 私を苦しめた人にも、今は感謝しています。
> 苦しみがなければ学ぶことができませんでした。
>

文面から、
これが決して表面的な理解だけではないことが
よく伝わってきました。素晴らしいことですね。
そしてそれは何よりも、
何とかしなければと頑張ったことりさんご自身の
並々ならぬご努力があったからこそ^^

「熱血漢」で「猪突猛進」。
良いですねえ^^
そういう勢いのある素敵な部分が、
ことりさんの本来持ってらっしゃる力を
ぐぐっと底上げしていたのかもなあ。

長い間許されなかった

> 「素の私」を生きること

押さえつけられた「素の私」を、
少しでも楽にするために、無意識のうちに
人は色々な方法を試すものなのでしょう。

ことりさんの場合はセールスの電話で
「憂さ晴らし」を重ねてこられたのですね。
当時考えついた精一杯の方法だったのかもしれません。
でも、本当のストレスについて薄々ご存知だったのに、
どうしてもそれを認め難かった。
結果、「素の私」は放置され、ストレスは蓄積されたまま・・・。

> そのストレスの奥にあるストレスは、存在しないことにしていました。
>

存在を認めることって、大変な勇気がいることなんですよね。
長く私も認めることができませんでした。
でも、苦しみがあったからこそ、存在を認め、注目して
あれこれ学ぶことができた。
そう考えると、何だか人生得した気分です^^

今後もし「あの場面」が訪れたら、
是非是非、エレガントに淡々と
Noを伝えてくださいね^^

今回も考えさせられるコメントを、ありがとうございました。

michiko

懺悔

michikoさん、お元気ですか。
私は毎日元気に飛び回っています。

長く苦しい時期、このような日が再び訪れるとは想像できませんでした。
支えてくれた方々にあらためて感謝致します。
また、私を苦しめた人にも、今は感謝しています。
苦しみがなければ学ぶことができませんでした。



さて、
以前、このようなことをよく言われました。

「おっとりしてるよね」
「いつもニコニコして怒ることないでしょ」

「そんなことないよー」と、
ニコニコしながら返す私。

でも、笑顔とは裏腹に、なんとも言えない奇妙な気持ちになったものでした。

本来「熱血漢」で「猪突猛進」な私ですが、
家庭で「素の私」を生きることは絶対に許されませんでした。

「おっとり、ニコニコ」は、
母を癒すマスコットを演じるためと
姉から攻撃されないためのサバイバルの技だったと今は理解しています。

そして「素の自分」を生きられない私は、
目立たないように、
巧妙に憂さ晴らしする技も身につけました。


テレホンアポイントというのでしょうか、
「貴金属売りませんか」とか、
「プロバイダーかえませんか」とか、
そんなセールスの電話がよくきたものでした。

しつこく勧誘してくると、これ幸いと爆発し、憂さを晴らすのです。

忙しい時間に電話をかけられると迷惑だし、
ストレスに感じるものですが、
そのストレスの奥にあるストレスは、存在しないことにしていました。


個人情報保護が世間で認知されるようになり、
セールスの電話もなくなりました。

でも、もしあの場面が訪れたら
「やめていただけませんか」と、
淡々とお伝えしようと思っています。


ありがとうございました。

ことり🐦






プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR