身体の変化に注目

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



かつて何度か、
精神疾患を抱える方々の
茶話会に参加したことがございます

どなたもとってもフレンドリー
慣れない私を気遣ってくださる素敵な方ばかりでした

茶話会のある日のテーマが、
「身体の不調について」

どういう時に不調になるのか、
どういう工夫をしているのかなど、
何でもいいので語りましょう、というものでした。

端の方から順に話をしてゆくのですが、
皆さん見事にご自身の身体の変化に敏感でした

「私は、口内炎ができると、
心身いっぱいいっぱいになってきたというサインなので・・」


「緊張することが続くと
便秘がちになるんです」


なんて細やかな注意力と観察眼でしょう

そしてどなたも、
経験に基づく鋭い分析力をお持ちで、
身体の変化の「要因」「背景」
きちんと理解してらっしゃる。

更には、

「だからタンパク質とビタミンを摂って、
ゆっくり一日過ごすようにしています」


「好きなアロマを垂らしてお風呂に入ると、
緊張がほぐれるんです」


それぞれ対処法まで心得てらっしゃる
もう驚くばかりでした。

当時の私は、
自分の身体の変化に注意を払う余裕などなく、

「こんなに大事な時に風邪をひくなんて!」

自分の身体の不調には
否定的な気持ちを持つことの方が
遥かに遥かに多かったのです

順番が回ってきましたが
私は何をしゃべったのか記憶にございません

口内炎がひどくても
エスニック料理にお付き合いして
「美味しい」と喜んでみせては
後から胃まで痛くなる。

微熱で身体がだるくても
いつも通り仕事や家事をこなすけれど、
風邪はいつまでもぐずぐずと治らない。

「こんなに大事な時に!」

体調不良を否定することの繰り返しです。

周りの期待をあれこれ想像し、
その通りにやらなければ
自分の価値はないのだからと、
どこかで思い込んでいたあの頃

(´・_・`)

とはいえ、
体調不良のままでいては
間違いなくパフォーマンスが落ちますから、
お薬や食事での対処はしていました。

けれども私は、
茶話会で皆さんがお伝えくださったような、
身体が反応している
その「要因」「背景」にまで
考えを巡らす発想を持ってはいませんでした。

身体は「注意喚起」をしてくれていたのに、
思い込みによる「理屈」でねじ伏せ
それを真実と確定させていたのです

どうやら「頭」というものは騙されやすい
実は「身体」こそが、
心の状態を正直に映し出す
もののようなのです

「感情とは身体の反応のこと」と言われるように、
身体の反応は信頼できるメッセージだったのです。

大切なことは、
身体の反応に気付いて
背景にはどんなことがあったのか
丁寧に思いを巡らせること


茶話会に参加して、
皆さんのお話から教えていただいたことでした

これは、
楽な生き方を妨害するものに対する
予防策や対応策を研究するために必要な情報であり、
解決のための有力な手掛かりとなるものなのだと思うのです。

ACの方には、
少々トレーニングが必要ではありますが、
そうしたことが解ってくれば

一生懸命やっているのにどこか報われない、
満足感を得られない、
何だかちょっと生きづらい・・

そんな不自由が、
きっとになるのかも知れません




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 神殿

ことりさん、こんにちは

いつもありがとうございます^^
かぼちゃのポタージュ、いいですねえ、美味しそう。
慣れない高温多湿状態による心身の負担が心配ですが、
ことりさんは上手に対処されているのですね^^

> 「今を楽しむ」「今に集中する」

そうすることで、確実に
気持ちは安定してくるものなのですよね。
私も、そうした感覚は
大切に大切に慈しんでいたいと
思っています^^

「身体は神殿」と考える。
ちょっと感動してしまいました。
それだけ神聖なる場所と考えると、
いつも注意を払ってととのえておくべきもの
と意識もしやすくなりますね。
私はヨガ教室には通っておりませんが、
ヨガをする時間(私のレベルでの話ではありますが)
呼吸を感じたり、身体の声を聞いたりすることで、
気持ちが穏やかになってゆくのを感じます。

> 暴君が奴隷を酷使するように、
> 無茶な命令をしていました。

私も似たようなことをしてまいりました。
猛省でございます。

続く残暑も「今」を感じつつ乗り切れるといいのですが
..ちょっと厳しいですi-201
どうぞ適度に涼と水分を補給の上お過ごしくださいませ。

ありがとうございました。

michiko

神殿

michikoさん、こんにちは。
おじゃまいたします。

昨日から台風の影響で、この地方には珍しく高温多湿。
かなりバテてます。
と、言いつつも、かぼちゃの美味しい季節なのでポタージュを作ったりと、
楽しんでおります。

たくさんの課題を抱えながらも、それはそれで横目で見つつも、
「今を楽しむ」「今に集中する」ことが、
少しできるようになったと思います。

生活がどうにもならなくて、とても苦しい時期があっただけに、
この変化は、心底ありがたく、
この感覚を逃さないようにと気概を感じています。


今回の記事ですが、
私も身体を大切にすることが全く出来ませんでした。
それどころか、暴君が奴隷を酷使するように、
無茶な命令をしていました。
間違っていたと思います。

そういえば、ヨガでは「身体は神殿」と考えるそうで、
神様が来る場所でもあるから、常に整えておくとかなんとか…。
ついこないだ、そんな話を聞いたのを思い出しました。

私にはまだ、難しくてわかりませんが、
でも、「心と身体は繋がってる」というのは、
確かに実感できるようになって、良かったと思っています。

ありがとうございました。
v-521



プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR