スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分への手紙 その2

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



前回の続きでございます。
自分を癒すために書いた、自分にあてた「手紙」、その内容の後編です。



あの方はこう続けました。

「人んちに来たなら、挨拶するのが礼儀だろ!」

「挨拶はしています」

「なんだと?てめえ、
 『お邪魔します』って言ってねえだろうが!
 この家の人間じゃねえんだ、
 一社会人として、あたりまえのことだろう!」


言葉は荒く、
理不尽な言いようです。
自身の高級外車や豪遊の尻拭いを
母にさせ続けているあの方に
「一社会人として」と批判されたことは
納得のいくものではありません。

ましてあの家はあなたの実家。
稽古や手伝いで週に何度も訪れてもいます。
「お邪魔します」という挨拶の必要性を
あなたは感じていませんでした。
私も全く同感です。

挨拶云々ということではないのでしょう。
あなた自身を完全に否定しようとしている相手を前にして、
あなたは恐怖に震えましたね。

自分が嫌われているのかもしれない。

それはあなたにとって大変な恐怖だったはずです。

それでもあなたはたは冷静に言いましたね。

「親戚の叔母さんは、
 『お邪魔します』なんて言ってない。
 それに私は、
 挨拶なら『こんにちは』と言っているし、
 子どもたちにも言わせています。
 こちらが挨拶してるのに、
 あなたはいつも無視しているではありませんか。
 社会人としてそれはどうなんですか」


こうして面と向かって意見したのは、
初めてのことでしたね。

気持ちを抑えて抑えて、
冷静に事実を述べたあなたは
本当に偉かったと思うし、
よく頑張ったと思う。

あなたの反論に面食らったあの方は、
叔母のことには触れずにこう言い放ちました。

「それはてめえと話したくねえからだよ!」

これが「一社会人」の発する言葉でしょうか。

今度は怒りに震えるあなたを私は感じました。
かっとしたあなたは
何か言い返してしまったかもしれない。

あの方はあまりよくない言葉を使って、
何か怒鳴っていたかもしれない。

過去に殴られた記憶が蘇り、
身の危険も感じたはずです。

それでも、
あなたは冷静さを取り戻し、
あの方の言葉に執着せずに
すぐ、その場を離れた。

これから稽古がある。
間もなくお弟子さんが来てしまう。
まだ、茶室の掃除をしていないし、
道具の支度もできていない。

とにかく一旦、仏間に向かった。

仏壇から菓子を下ろして
一つを懐紙に載せて供え直し、
残りを茶室に運ぶ。

唇を噛みしめて茶室を清拭きしながら、
あなたは涙を拭っていましたね。

怒りと悲しみで震える手で
抹茶を漉していたけれど、

やがて昔そうしていたように、
一生懸命口を横に広げて、
頬の筋肉を引き上げて、
必死に楽しいことを考えた。

程なくしてやってきたお弟子さんには、
先程までの動揺を
微塵も感じさせていなかったはずです。

感情にきっちりと蓋をして、
いつも通りお迎えして、
語らって、お菓子をいただいて。

恐怖と怒りと悔しさと悲しさと・・・。
複雑な感情を封じ込めて、
にこやかに稽古を終えたあなたの強さを、
私は今、誇りに思います。



これは、「自分への手紙」の
一部を編集したもので、
渦中の私を観ている
「もう一人の私」からの視点でしたためた
ものでございます。

「もう一人の私」は、
私の悩みや苦しみを共有してくれる良き理解者なのです。

この「手紙」を書き上げて、
何度も何度も読み返すうちに、
いつしか私の中に、
「自己肯定感」が芽生えてまいりました

そして「もう一人の私」は
言わば私のカウンセラーのような存在となり、
その後の私を大いにサポートしてくれるようになりました

「手紙」を書くということは、
その当時の辛い思いを
リアルに再体験することでもありますので、
精神的に大きな負担となることが。

ですので、事前に周到な準備を必要とします。
準備なしに行うことはおすすめできません。

実際私も、書いている途中でどうにもならないほど苦しくなり、
一旦止めて数日経ってまた書き足して・・
という過程を繰り返しました
たったこれしきのことで
こんなにも私は弱いのかと愕然としました。

けれども、
苦しみの度合いというものは、
他の方と比較するものではないと思うのです。

大切なことは、
傷ついたその感覚を
「こんなのは大したことない、
もっとしっかりしなければ」
と否定せずに、
適切に受け止める必要があるということ。

それにより、
少しずつ自己肯定感が高まって
傷を癒してゆくことができるんじゃないかなあ

前回お伝えした通り、こうしてリアルな
「手紙を書くこと」はむやみに手を付けるものではないのだと思います。
でもいつか心の基礎体力が調って、
やってみようかなと思える時が訪れたら、
こんな方法がしっくりくるかも知れません。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: セラピー

ことりさん、こんばんは。
コメントくださりありがとうございます^^

北国の短い夏、いいですねえ。
梅雨もあけて、こちらも夏本番、
今日電車で移動中みかけた入道雲は、迫力満点でした。

お母様やお姉さまに対する感情の濃度に、
変化を実感されているのですね。

> 成長するための

「与えられた苦労」であり、「必須科目」。

ことりさんが真剣に向き合ってこられたからこそ、
追体験されたり、感情を確認できたりしたのだと思います。
さらに
こうした感覚を得られたことって、
なんだか人生得した気分にもなれますよね^^

気持ちを表現することにより、
ご自身でご自身用にカスタマイズされたセラピーができているのでしょう^^

ありがとうございました。

michiko

セラピー

michikoさん、こんにちは。
お元気ですか。😊

私は元気です。
北国の短い夏を楽しんでおります。🎐


2週にわたっての「自分へ手紙」、ありがとうございました。

『もう一人の私は、
言わば私のカウンセラーのような存在となり、
その後の私を大いにサポートしてくれるようになりました』

この文章から、
「もう一人の私」をこれまでよりクリアにイメージすることができました。

🔸🔹🔸🔹🔸

この頃、母や姉に対する怒りや恨みが、
薄らいでいくのを感じています。
私が成長するための
「与えられた苦労」だったと感じるようになってきました。
(卒業のための必須科目のようなもの)


ブログを通して、michikoさんの経験を追体験したり、
(臨場感のある文章なので、深く読み進むことができました)
コメントを書くことで自分の感情を確認したりして、
結局、それが良いセラピーになっていたのかもしれません。

あ、あと、いつの間にか、表現する力もついたかもしれません。👀


ありがとうございました。

🐦




プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。