劣等感から踏み出す一歩

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net


訪問くださりありがとうございます(^-^)




消極的な私はダメな子なんだ

引っ込み思案だった私は、
子どものころ、ずっとそう思っていました。

弱いことを嫌う母が、
5歳離れた兄を可愛がるのは当然なのだと思いました。

少年野球のチームでピッチャーをしていた兄は、活発で積極的
身体も大きく私にはいつも命令口調、近寄り難く恐かった。

クラスには、兄と同じ野球チームに入っている男子もいました。
「お前の兄ちゃんうまいんだぜー」と言ってきたり、
私を「センパイ!」と呼んでからかったり

私は注目されてしまうことがとにかく苦手な上、
兄と私の「格差」を皆にさらされているようで、
それが泣きたいくらい苦痛でした。

実際私は泣き虫でしたから、
たったそれだけで目が潤んでしまうこともあり
そんなときには慌てて下を向くのですが、
「センパイすぐ泣いちゃうんだもん(笑)」
と顔をのぞき込まれてしまうことも。

たったこれくらいで泣くなんて
やっぱり私は弱いんだ
情けなくてみっともなくて、とうとう涙が溢れてしまい、
ますます自信を無くし、とらわれてゆく感情は
更なる劣等感でした

同じような体験が幾度となく繰り返され、
同じような感覚だけを拾い続けてしまった私は、
大人になってからもずっと、
こんなふうに思うようになりました。

自分という存在は、大した価値がない

褒めていただくことがあっても、
そんなはずはない、と心底否定しました。

どなたかと親しくなると、
弱くて価値がないということが知られてしまうのではないか、と怯えました。

そして否定することや、
あるいは怯えていることを隠すことに全神経をを使ってしまい、
くたくたになってしまうのです。

(´・_・`)

敵からの攻撃を恐れる本能から、
人は自分の足りない部分や弱い部分に、
どうしても意識を集中してしまいがちなのだそうです。

それは
安全で快適に生きてゆくために必要で大切なこと。
足りない部分を知っていれば、それを補うことができ、
弱い部分を分析すれば、対応策を打ち出すことができますから。

ただ、極端に、
「足りない・・・・」
「弱い・・・・」
という点にだけ注目してしまいますと、、
いわゆる劣等感自己否定感に発展し、
生きることが安全で快適ではなくなってしまうでしょう。

(´・_・`)


劣等感や自己否定感の根本にあるのは
自信の無さだと言われます。

確かに自分を信じることができれば、
そうした感情からは解放されそうです
自信が持てればいい。

けれども、当時の私には、
「自信を持つ」ことなんて、とてもとても出来なかった

自分を信じるなんてとんでもない
こんなに弱い自分なんて大っきらい


活発な子が羨ましかった。
愛されている子が羨ましかった。
消極的で愛されない自分は惨めで情けない
ダメに決まっている


せめて、せめて動き回っていなければ。
周りは何をもとめているのだろう、
母に評価されるために気を利かせて働かなければ。

それが更に自信を奪い、自らを否定する気持ちに追い込んでしまっていたのだと思います。

では、どうしていたらよかったのでしょう。

それはきっと、
感情を肯定的に受け止めることだったのだと思うのです。

比べられてるみたいで嫌なんだよね。
惨めで情けなく感じてるんだね。
自分のことが好きになれなくて辛いんだね。




周りのどなたかに、そう言っていただけていたら、
子どもの私はそこまで自分を嫌いにならずに済んでいたかもしれません。

でも、まだ間に合う。
子ども時代にはちょっと難しかったけれど、
今なら私自身がその「どなたか」になれる。

劣等感自己否定感
私の内側から湧き出た私の大切な感情

ひとまず、そのまま、
柔らかく受け止めてみることが、
「自信を持つ」ことにつながる初めの一歩
なのだと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

メーぐる さま

はじめまして。
こちらに辿りつき、読み進めてくださったのですね。
それだけでとってもとっても嬉しいことですのに、
丁寧なコメントまでくださり、大変ありがとうございます^^

>気づきと自分を受け入れてもらえた気がして

メーぐる さんは、そう感じとってくださった。
それが何より嬉しいです。

弟さんの野球応援にまつわるストーリー、
メーぐる さんの当時の思いを想像しながら、また、
私自身の体験とも重ね合わせながら読みました。

ほんの一言でいいから、肯定してほしかった。
気持ちを汲み取ってほしかった。

そうした小さな「喪失」は、知らず知らずのうちに
蓄積されて、大人になった今でも、
生き方や考え方に影響を及ぼすことがあるんですよね。

でも、この記事にも書いた通り、
「まだ、間に合う」
そう私は思うのです。
誰よりもメーぐる さんをよく知っているメーぐる さんご自身が、
メーぐる さんが本来お持ちの、自己肯定感を育てることが
きっとお出来になるはずですから。

拙い文章から、
私の思いを感じ取ってくださいましたことに
深く感謝いたします。

これからも、
ゆっくりしたペースですが、
発信してまいりたいと思っています。

ありがとうございました。

michiko


こんばんは。はじめまして。。

AC関連のブログをいくつか読んでて
michikoさんのブログに辿り着きました。
アーカイブから読み進めていて
気づきと自分を受け入れてもらえた気がして
時折涙しながら読んでます。

私も弟が少年野球やってて、試合がある日はよく応援に行きました。1回だけ母親に泣きながら抵抗して行きたくないと訴えたけど、結局無理矢理行くことになりました。
当時私は小6の女の子、おとなしくて消極的な性格。クラスメートの男子も所属していたので、男の子意地悪だし なるべく会いたくなかったんです。留守番してる方がマシだったのに、子供心を汲み取って欲しかった…
「〇〇の姉さん」っていじられるのがものすっごく嫌でした。

何不自由無く育ててもらったとはいえ、「お姉ちゃん」である自分が嫌だったり、時には見てもらいたいからお姉ちゃんを頑張ってみたりもしました。
母親が過保護で弟に何かと甘い感じがしたり、父親は子どものことは母任せで、仕事熱心な人でした。無関心で無神経、褒めて欲しい言葉をもらいたくて たくさん期待しすぎて傷つきました。

自分がACであるかも?と気になって昨年から自分なりに知ることをはじめました。
自己嫌悪と自己否定のオンパレードが小さく大きくきますが、自分が楽にやり過ごせられる方法を見つけていきます。

これまでの事…ふりかえるだけでも辛くなる中 その体験から得られてきたものを発信してくださり、とても感謝しています。
とても救われてます。
またこれからも読ませていただきます。

文書まとまりなくて、読みづらい箇所が
多々あるかもしれません。
お忙しい中ありがとうございます。

Re: No title

希有 さま

こんにちは。
コメントありがとうございます^^
そして過去の記事を読んでいただき、
私の思いを感じ取っていただけていること、
それがとっても嬉しいです。

子ども時代に「理解を示してくれる」大人がいなかったのは
悲しいことですよね。
でも、今ならご自身がそうした存在になれると思うのです。
希有 さんが必要としているのは何なのか、
焦点をご自身に当ててみる練習を重ねられるといいかも知れません^^

ありがとうございました。

michiko

No title

michiko様
少しずつ記事を読ませていただいています。
「足りない部分を知っていれば、それを補うことができる」
そうなんですね。
つい、劣等感を悪者にしてしまうけれど、自分を守ろうとしてくれる感覚なんですね。

私も、上記と似たような状況でした。(兄ではなく弟がそんな感じでした)
本当に…小さかった頃、理解を示してくれる人がいてくれたら、自分をこんなにも嫌わずに済んだと私も思います。
でも、過去のことを言っても仕方がないので、前向きに進んで行こうと思います!(*^^*)

Re: 4月

ことり さん

お久しぶりです。
コメント大変ありがとうございます。

気温が安定しないこの時期は、
どうも体調も不安定になりがちですよね。
人の体や心は、気圧の影響を受けるものなのですね。

私も「揺り戻し」はございます^^
何なんでしょうね、最近いい感じだなあと思っていると、
何かの拍子にちょっと「戻される」。
私の場合、きっかけはほんの小さなことだったりします。
でもその系統はいつも似通っているように思います。
自分を更に知るための、良い機会とも捉えられますよね^^

>
> 辛いけれど、身体的にそうする必要があるのかもしれない…。
> なんとなく最近はそう受けとめるようになりました。
>

いいですね。しっかりとご自身を受け止めてらっしゃる。
仰るとおり、きっと必要があって、揺り戻されているのでしょう。

そしてそうやって行きつ戻りつしながら、
時間をかけて少しずつ進んでゆくことが、
一番確実で本当の意味でモノになることなんだろうなあ、と思います。

ゆっくりペースでの更新ですのに、
またこうして来ていただけて、とっても嬉しいです。

体調が今ひとつの時は自分への声かけも忘れてしまいがちですが、
そんな時こそ、意識していたいものですよね。

季節が少しずつ落ち着いてきそうですね。
行きつ戻りつ、ゆっくりゆっくり、^^

どうぞお大事にお過ごしください。

michiko

4月

michikoさん、こんにちは。
お久しぶりでございます。

4月に入ってから、何度か揺り戻しがおきました。

目の前に霧がかかったように心がぼんやりします。
何日かするとクリアになります。
この繰り返し。


揺り戻しってどうしておきるのでしょうね。❔😓

辛いけれど、身体的にそうする必要があるのかもしれない…。
なんとなく最近はそう受けとめるようになりました。


「劣等感」

できるだけ見ないようにしていました。

「私は大丈夫」
「私は気にしない」
「そういうキャラだから」

そうしなければ立っていられなかったかもしれません。


でも、もっと自分に声をかけてあげようと思います。
ちゃんと泣けるように自分で自分を受け止めてあげようと思います。😢

4月はなんだか具合の悪いひと月でしたが、
また、この場所におじゃまできて、
コメントもさせていただけたこと、感謝いたします。🙇💦

Re: No title

シャイドリーマー さん、こんばんは。

ようやく過ごしやすい季節になりましたね。

嬉しいコメントありがとうございます^^
共通点が沢山あって、私も驚きました。

子どもは純粋なだけに、
親の反応をとても敏感に
ダイレクトに感じ取ってしまうんですよね。

> 何より親のリアクションが怖くて、ほんとは嫌なのに授業で手を挙げたりしてました。

・・無理されてしまっていたのですね。 
親の基準、自己嫌悪の毎日。

よおく解ります。

> 今からでも遅くないですよね?
>
もちろん、ちっとも遅くないですよ♪
十分、間に合いますよ。

> 吐き気がするくらい嫌な気持ちに

なってしまうタイプの人。
「嫌な気持ち」に巻き込まれずに
一旦受け止めた上で、
ちょっと離れて観察するといいかもしれません。
上手にかわせるようになれるといいですよね。
いつか記事にさせていただきたいと思います^^

シャイドリーマー さんも、
連休をのんびり楽に過ごせますように。

ありがとうございました。

michiko

No title

こんにちは michikoさん。

共通点がすごくあって、何度も読み返しました。 貴重な記事をありがとうございます。 

私も引っ込み思案で泣き虫でした。 兄弟がスポーツ好きの人気者でというのも同じで驚きました・・・

何より親のリアクションが怖くて、ほんとは嫌なのに授業で手を挙げたりしてました。 ハハオヤは私と正反対の目立ちたがり屋で、積極的な子がいい子と決めてました。 その基準からいくと、おとなしい子はダメな子で・・・自分でもそうなんだと自己嫌悪の毎日でした。

michikoさんの記事に書かれていたように、自分の気持ちを肯定的に受け止めてあげられれば良かったんですが、今からでも遅くないですよね?

私はどうしても親と同じような性格の人(攻撃的で命令口調で上から目線で自信たっぷりな人)と出会うと、面と向かっては出さないけれど、吐き気がするくらい嫌な気持ちになります。

これはこのままでいいんでしょうか・・・いつか、そのことも記事にしてくださると嬉しいです (^^)/

GWが近いですが、michikoさんが楽しく過ごせますよう祈っています。

Re: No title

ヒマワリ咲いた さま

こちらこそ、ご訪問ありがとうございました。
そしてコメントくださり、とっても嬉しいです。

おっしゃる通り、

「○○なんだね」

という言い方をすると、
他者に対しても、ご自身に対しても
良いコミュニケーションの流れがつくれるような気がします。

自分を受け入れることは、
できそうな気がしますが、
これが中々難しいことなんですよね。

でも、そう知っているだけでも
大きな一歩になるのだと思います。

ありがとうございました。

michiko

No title

訪問して下さりありがとうございました。
なかなか自分の中のAC部分を認めずに
来ましたが、娘の私への言葉の攻撃は
まさに
「比べられてるみたいで嫌なんだよね。
惨めで情けなく感じてるんだね。
自分のことが好きになれなくて辛いんだね。」
ということをしてやれてないからなんだなと
今日の記事を読み思いました。
〇〇なんだね。
そうゆう風な話し方ができない自分は
まず、自分の受け入れが出来てないから
なんでしょうね。
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR