スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない傷

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net


訪問くださりありがとうございます


「michikoさん、親指が反ってらっしゃるのよ」
茶道の「家元」に通っていた頃、
指導教授にこう指摘されました。
何度注意されても直すことのできない私の右手親指について、
じっと観察くださった先生の言葉でした。
所作の美しさに厳しい流派でしたので、
不自然な「シナ」や「ソリ」を嫌いました。
指導は手指の角度にも及びます。
実に微妙な「ソリ」を見逃さない先生方は、
茶道における自然な「美」を追求された、
素晴らしい指導者なのだと思っています

ただ、私の「ソリ」には、理由がありました。
中途半端に指摘されることは、正直ちょっと辛かった。



ここ三日ほど、右手親指の古傷がとっても痛みます
関節なので、見た目には分かりませんが、
ペンを持っても力が入らないので、文字が上手く書けません。
洗濯ばさみやバインダークリップも、扱うのにひと苦労。
痛みが激しいときには、メガネを外すのにも痛みます。

気を付けていたのになあ。(´д⊂)

その日私は、バスルームの扉の溝のお掃除をしました。

ずっと気になっていたのですが、余裕がなく手を付けずにいたのです。
その結果、ほこりと汚れが溝の奥まで入り込んでしまいました。

よし、やっちゃおう

じっくり時間をかけて、丁寧に二本の溝を磨きあげました
気持ちよくピカピカになった扉の溝。
小さな達成感に浸りながら、使った道具の後始末をしていましたら、

「痛っ!」
右の親指の関節に激痛が

根を詰めて親指に力を入れる作業をすると、
痛み出すことは分かっていました。
ほどほどにしておけば良かったものを、
余計なスイッチが入ってしまって、
つい、やりすぎてしまいました。

(ノ_<)

そもそもの原因は遠い昔の習慣でした。

私の母は胃が弱いせいなのか、背中が凝る人でした。
辛そうに顔を歪める母を何とかしなければと、
私は日常的に母の背中のマッサージをしました。

ツボは決まって、左の肩甲骨にぴったり沿ったところ。

叩くのでは満足しませんし、肘や拳では「ツボ」にはうまくはまりません。
ですので親指を使って指圧をするのですが、
これが子どもの私には、きつかった

始めは右手でぐりぐりとやり、疲れてくると左手に変えますが、
左肩甲骨際という位置的にも、
左手では右手ほどうまくツボに当たらず、
また利き手ではないため上手にぐりぐりもできません。
母が不満を漏らすので、すぐ右手に戻します。

けれども右親指の疲れはやがてピークに達し、
力が入らなくなってきます。

すると母は、私にぐぐっと寄りかかり、体重を掛けてくるのです

今思えば母にうつ伏せに寝てもらえば良かったのですが、
どういうわけか、いつも座った状態でした。
私の右手の親指は、
その一本で、母の身体を支えなくてはなりません

そうしないとほぐれないほど、
母は背中の凝りに悩まされていたのでしょう。
母には、私を気遣う余裕などなかったのです。

私も痛いとは言えなかった。

小学生の私の親指は、我慢して我慢して、
多分ずっと炎症をおこしていたのに、
誰にも手当をしてもらうことがなかったのです。

見た目には、全くわかりません

傷があるわけではなくちょっと反っているかなあという程度。
茶道の先生はよく気付いてくださったと思います。
それでも、きっと傷は深かったのでしょう。

大人になった私は、
子どもを抱き上げるときの力の入れ具合でも、
時折激痛が走るようになっていました。

茶道で使う茶杓という道具を正しく持てなくなるほど痛んだことがあって、
母に指圧の苦行について伝えたことがありましたが、

「それっぽっちで茶杓も持てなくなるの」

母は全く相手にしてはくれませんでした

母に伝えたことを後悔しました。
悲しかったというよりも
そんなことにこだわっている自分はなんて小さいのだろうと恥じたのです。
きっと新たな傷が重なりました。

本当はきちんとしたケアが必要で、
傷ついていることを分かって欲しかったのに、
母の枠に再び自分を押し込んでしまった。

(´・_・`)

見えない傷は、
はっきりと確認することができませんから、
他の人に分からないばかりか、
自分自身でも、切り捨ててしまいがちなのだと思います。
その結果、
癒される機会を逃し続けてしまう。
見えない傷こそ、きっと救いを求めてる

傷ついているのなら、誤魔化さないで
しっかりと感じ取った方がいい。

傷の深さは他の人と比べるものでは決してなくて、
他の人の考えに左右されるものでもないと思うのです。

大切なことは、
自分の感覚を、自分が尊重してゆくことだと思うのです

見えない傷だからこそ、
自分がケアして守ってゆく。

まだまだケアが必要な私の右手親指。
しばらく湿布を巻いておこうと思います。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

うみのすけ95 さま

コメントありがとうございます。
見えない傷、その存在に気付いてあげられる自分でありたいなあ、と思います^^

michiko

No title

見えない傷をいやすっていうのはすごいことですね。すごくなんというかあなた様からは努力のようなものがすごく見えますよ。

Re: 人とのつながり

ことりさん、おはようございます。

コメントありがとうございます^^

今日は寒いですね。そちらは雪ですかi-201
気温の変化に身体も服装も落ち着かないです。
でも、季節も行きつ戻りつ、少しずつ変わってゆくんですね^^

>
> 勇気を出して家庭のことを打ち明けても、
> 私個人の弱さやわがままととられ、


そうなんですよね。
勇気を持って打ち明けたはいいけれど、
否定的・批判的な反応をされてしまうと、
たちどころにその「勇気」は消えてなくなり、
傷が深く深くなってしまいます。

「改心」を促されたりしたら、
解った振りをしてその場をやり過ごし、
傷ついた自分をひた隠しにしてしまうかもしれません。
私も「内なる偏見」大いにありました。

でも、解ってくれる、解ろうとしてくれる、
そういう方は、いるんですよね。
それが大きな力となって、今の自分になれたのだと
私も思いますi-260

随分もがいてしまいましたが、
そんな過程も、きっと必要だったんだろうな。
それがあったからこそ、
「今」の感覚を実感できる。

ことりさん、今日も素敵な一日となりますように。
ありがとうございました。

michiko

人とのつながり

こんにちわ。
おかわりないですか😊

こちらは明日からまた、雪が降るそうです。


『見えない傷は~~、
自分自身でも、切り捨ててしまいがちなのだと思います。
その結果、癒される機会を逃し続けてしまう。
見えない傷こそ、きっと救いを求めてる』



そうですね。
そうだと思います。

私も、michikoさんや同じような育ち方をした仲間に出会えるまでは本当に辛かった。

勇気を出して家庭のことを打ち明けても、
私個人の弱さやわがままととられ、
相手にしてもらえなかったり、

なかには「改心」させようとする人も…。(>_<)

私自身、「内なる偏見」がありました。


でも今は、本来の自分を取り戻しつつあります。
michikoさんにも仲間にも深く感謝いたします。


ことり🐦
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。