スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母との境界

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net



訪問くださりありがとうございます

母の茶道教室を手伝っていた頃、
私はいわゆる「家元」にも通っておりました
どうしても親師匠の癖を受け継いでしまいがちな茶道。
「家元」ではそうした癖がつかないよう、
正しい所作を細かく叩き込まれました。

初めて門をくぐったのはまだ十代。
先生方には実に多くのことを教えていただきました。
長い経験を持つ年配の方がほとんどの教場で、
手順を覚えることでいっぱいいっぱいだった私
上の娘を出産するまでの数年と、
下の子を出産後復帰してからも十年余り、
合わせてそこそこの年数になりますが、
自分の生活と実家の雑事に追われる毎日に、
「家元」を組み込むことは、
とにかく気忙しかった

毎回替わる稽古内容は、
お茶を点てる一連の所作の他、
茶花やお炭など、
数え切れないほど多岐に渡りますが、
母の元では練習できないことが殆どでしたから、
私は書物で予習し手順を勉強しなければなりませんでした

母の気を引くために「家元」にはせっせと通いましたが、
忙しい日々に十分な予習時間を取れず、
うろ覚えのまま指導を受けることは、
自分のせいとは言え、とっても苦痛でした

苦痛だと思ってしまう自分を否定しながらも、
なかなか予習する時間を取らずにいてしまったりで、
結局前日の夜に、
激しい自己嫌悪と共に
本を開いて格闘するのです。



先輩方は、
「忙しいからこその茶道なのよね」
と仰いますが、
私には全く意味が分からなかった。

手順を追うことに終始して優雅な所作ができず、
お抹茶をこぼしてしまうこともしょっちゅうでした。
運悪く母のことを知っている先生に担当され
「お母様によく教わっていらしたら?」
と言われてしまうと、
より緊張して所作ができなくなってしまいました。



いつか母の耳に、
私の劣等生ぶりが知られてしまうのではないかと怯えました。

楽しむ余裕のない茶道。
緊張する稽古と劣等感

前日から夕食の準備を整え、
出かける前には自宅の家事を目一杯こなし、
帰宅途中に兄のリクエストに従って実家の夕食の食材を買い、
着物を脱いだら大急ぎで実家のための料理。

兄はよく、手間のかかるハンバーグをリクエストしましたので、
空腹の兄に急かされながら、
うんざりするほど作りました。

自宅に帰ったら主人と子どもたちの食事も待っています。
全て私がやらなければ
分刻みの駆け足でした。

そんな思いまでして続けていたのは、
それが母に認められる唯一の方法だと信じ込んでいたからです。

ですが、後から解ったことですが、
私の求めていたものは、
条件がなくても受け入れ認めてもらうこと
これは結局手に入ることはありませんでした。
あったのは、母のためにもっとやらなければという縛り
これが私を苦しめていただけだったのです。

限界を感じたある時、
下の子の受験と、主人の仕事の関係などを理由に、
「家元」を辞めました。
当時そう意識はしていませんが、
今にして思えば、母との「境界」を設定したのです。

そして、少しずつ
実家の手伝いからも離れるようになりました。

これにより母の私に対する当たりは大変強くなり、
目の当たりにしたのは母と兄との強い結束。
何度も何度も、心が折れそうになりました。
私は間違ったことをしているのではないか、
大変な親不孝をしているのではないか、
自分を責めました。

母の評価を求めるのはもう辞めよう、
兄の機嫌を伺うのは馬鹿げている、
そう思い直してはみても
やはりどこかで納得していない自分がいて、
何年も辛かった。


それでも、今は、
「境界」を引けたことで自分を守れたと思えます。
それに、「家元」で頂いたお菓子は美味しかったし
稽古のおかげで体幹が鍛えられたなあなんて思えるようになっています
何より先輩方の、
凛とした美しい所作を間近で拝見できたことは、
私の大きな財産です

こうして、
過去の苦しかった事象を、
自分にとって意味のあることだったのだと
無理をしなくても思えるようになれたことは、
自分なりにACの課題に取り組んできたからだと思うのです
ですが、、、
…急かされて料理をする、
特にハンバーグを作ることには、
実は未だにうんざりと嫌な気持ちが湧いてしまいます(笑)





最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

シャイドリーマーさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

日々の長電話での愚痴と悪口i-238
どんなにお疲れだろうと、ずっとお母様の相手をしてこられた。

> 大の大人がおかしいかもしれませんが、ずっとヒステリーの中で育ったので、ほんとに恐怖感があって取れないんです。
>

縁を切った今でもその恐怖感に悩まされるほど、
目に見えないその強制力は大変なものだったのだと思います。
「縁を切った」ときの痛みもまた、大変なものだったことと想像します。

私の場合は、母には「認められたい」一心でした。
そしてその母の溺愛する兄はもう、絶対的な存在で、
逆らうことなど考えられませんでした。
力も言葉も、何もかも。誰よりも恐かった。
どんなに理不尽でも、恐怖から従わざるを得ませんでした。
時間もお金もずいぶん使っちゃったなあ。

でも当時、生き延びるには、そうするしかなかったんですよね。
そしてこうした感覚は、大人になってもずっと引きずってしまうんですよね。
情けない話ですが、結婚して子どもができても、それは変わることはありませんでした。

色々区切りを付けていって、
そんな自分をよくやったねと沢山労って、
ケアする方法を身に付け実践しながらここまで参りました。

大切な自分自身のために、
日々を丁寧に過ごしてゆきたいですi-260

シャイドリーマーさんのトラウマが、
いつかきっと、癒されますように。


michiko


No title

こんにちは。 今日もためになる記事をありがとうございます (^^)/

お母さまとの境界を引けたことで、楽になって良かったと思います。 そのまま続けていたら、大変なことになっていましたよね。

michikoさんは 母に認められる唯一の方法だと信じ込んでいた とおっしゃいました。 私も子供の頃、テストの高得点を取るために頑張っていたのは同じような理由からだったのだと、今になって思います。

結婚してから、最初は遠いところに住んでいましたが、ほぼ毎日長電話されて精神的にかなりきてました。 内容は愚痴と人の悪口だけでしたし。

それでもご機嫌取りのような応対をしたりしていました。 私の場合は、認められたかった というより、逆らうと逆上されたりヒステリーを起こされるのが嫌だった、もっといえば怖かったからです。 
大の大人がおかしいかもしれませんが、ずっとヒステリーの中で育ったので、ほんとに恐怖感があって取れないんです。

長くなってすみません。 michikoさんの場合は、どちらかというと恐怖感からというより、認められたい一心で、嫌なことでも自己犠牲をしてでもしてしまう感じでしたか? そちらの方が大きかったですか?

それとも私のように、逆らったらひどい目にあうから(大人になってからも)という恐怖感から、という場合もありましたでしょうか?

質問攻めですみませんが、まわりにACがいないものですから、気になって質問してしまいました。 ちなみに今は縁を切ったので、大丈夫です・・・ただトラウマで恐怖感にとらわれることは、たびたびあります。
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。