スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人さまの怒りに対処する方法

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
  http://ac-counseling.net


訪問くださりありがとうございます

一昨日、
「第一回アンガーマネジメント大賞2015」
なるものが発表になったと知りました(^-^)/
一位はサッカーの三浦和良選手
(ちなみに二位は大塚家具の大塚久美子さん、
三位はGAKTさん・・・詳しくはこちらを
→https://www.angermanagement.co.jp/prize2015)

アンガー(anger)=「怒り」には、
良いイメージを持ちにくいもの。
ですが「怒り」は、
適切に表現することで問題を解決に導いてくれる、
自分を守るための大切な感情
といわれます。

けれども、不適切な表現では問題が。
攻撃的な表現をしますと、
脅威を与え相手を深く傷つけてしまう

それにより自分の評価を下げ、
周囲の怒りを呼び、
人間関係を壊すばかりで何の解決にもなりません。

逆にいつも抑圧していますと、
表向きには穏便に収まっているように見えても、
実はご自身が傷ついたままの状態が続き、
ひどいときにはうつ状態になってしまうことも

三浦和良選手は、あるテレビ番組で、相手も自身も上手に守り、
紳士的でスマートに対処されたことが高く評価されました

こうした自分の怒りについての適切な対処は、
コミュニケーションを図る上でとっても大切なことですが、
巻き込まれやすいACの方にとっては、
他人さまの怒りについて知っておくことも大切だと思うのです。

私は周りの誰かが怒っている(または不機嫌そうにしている)と、
未だにどうも落ち着かなくなります

とっても心配になるのです。

もしかしてその原因が、私にあるのではないか

誰かの「怒り」に、私はどうすることも出来ず、
その人の「怒り」は高まって高まって、、、
事態はどんどん悪化し取り返しのつかないことになる
・・そんなことが繰り返されていたから。

胸の奥を鷲掴みにして上下左右にもみくちゃにされる感じです。
このままでは何もかもがめちゃくちゃに破壊されてしまいます。

((((;゚Д゚))))

今では
「そんなコワいことにはならないから大丈夫」
そう思えますが、完全には拭えていません。
かつては更に、
私がダメだから、私ができていないから、、、
そんな自己否定の考えにぐるぐると支配されていました。
そうなると、冷静ではいられなくなります。
相手の怒りを鎮めるために、私がどんなことでもやらなければ
手足は震え、あるいはしびれ、、、病的でした。

どうしてこんな状態になってしまうのか、
訳が分からず、とにかく怖かった(ノ_<)

巻き込まれないために、
抑えておくべき基本はひとつのようです。

誰かの「怒り」は、その人のもの

この認識がとっても大切。

それから私の場合、こう考えるとより入りやすいと思うことが。
それは、

怒っているのは、実はとっても傷ついているから

「怒り」の下には、色々な感情が隠れていると言われます。
本来、戦うためのエネルギーに満ちた力強い感情。
何のために戦うのかは、その時によって様々に変化しますが、
要は、その時の欲求が叶わない状態と言えそうです。
そしてその欲求は、「その人」からわき起こる、「その人の問題」であるということも。

私のせいではないのです。
欲求を叶えたければ、その人が適切に表現して、自分で解決すればいい
私が気を揉むことではありません。

ヽ(´∀`)ノ

うーん、、、。
そうは言っても、、やはり気になってしまいます

水島広子さんの「大人のための『困った感情』のトリセツ」(大和出版)では、
「怒っている」を「困っている」に翻訳することが提案されています。
これは使えそうです
もしも攻撃的で不適切な怒りをぶつけられて辛くなってしまったら、
この方は今、お困りなんだな、と考える。
そうすれば、
必要以上に怖れたり、
自分が何とかしなければと焦ったり、
あるいは怒りに怒りで反応するような不毛なこともなく、
ある程度冷静になれそうです

そして私はもう一つ、

これまで沢山傷ついてきたものですから、
できれば相手を傷つけたくありません。
相手を傷つけないことで、自分を守ろうとするのでしょう。
ですので、
怒っている(傷ついている)状態の人を否定しないことも大切なんじゃないかなあと思うのです。
怖かったら「怖い」と言っていいけれど、
「そんなことで怒るなんて!」といった批判は
更にその方の傷を深くしてしまいそう。

その方は、負っていた傷を解って欲しいだけなのかも知れません。

巻き込まれずに、傷つけずに、距離を取る。
ちょっと出来そうな気がしませんか。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 初めまして。

秘密のコメント さま

コメントありがとうございます。

堪えられない怒りは、
あまりに大きな規模になってしまうと、、、、
鎮めることは難しいですねi-201

簡単ではありませんが、上手に表に出して
解決に向けた善処を考えていけたらいいなあ、と思います。

michiko



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初めまして

不眠症猫 さま

初めまして。
ご訪問くださり、コメントもいただき、
大変ありがとうございます。

怒っている状態の方に巻き込まれない工夫を
うまくアレンジできるといいですよね。

睡眠について、私も参考にさせていただきます^^

michiko

初めまして

怒りについての考察、
大変ためになります。
怒ってる状態の人って否定しがちですが
認めるのも大事ですね。

また来ますね。
応援。

Re: こんにちは

nara-chamomile さん

こんにちは。
こちらこそ、いつもご訪問くださりありがとうございます^^

お父様とのやりとりで、
nara-chamomile さんの中にはきっと、
吐き出しきれていない怒りが山のように積もり、
くすぶっていたのかもしれませんね。
ましてとどめの人格否定はきついです。
くすぶっていた「怒り」の導火線に火が着いてしまっても、
それは当然のような気がします。
そればかりか、

> この流れをずっといまも、覚えており、
> 人の怒り=わたしへの人格否定という図式ができてしまってます。これはしんどいことです。
>

「人格否定」をすることで、
お父様はご自身をガードなさったのかもしれません。
でもそれは適切であるはずなどなく、お嬢様であるnara-chamomile さんを傷つけ、
大人になってからもずっと消えない、強烈な刷り込みとなってしまった。

なのに、
それを嘆いているだけではなく、
ご自身の「今」や「これから」に
ちゃあんと目をむけてらっしゃるところが、
nara-chamomile さんの素敵なところだと思います。

そして、お気持ちや考えをお伝えくださるその文章には
説得力があり、言葉の力のようなものを感じます。

> 心強い記事

そう表現してくださったこと、大変大変有難く、そして
とっても嬉しいです。

私もまたお邪魔させて頂きます^^
ありがとうございました。

michiko

こんにちは

いつも訪問ありがとうございます。

わたしも、怒ってる人がいれば、とっさに、
わたしなんかしたかな?って思ってしまいます。

最近父が自分と重なる、という思いを、書くことが多いのですが、
昔、父の怒りに対してまさに怒りで返していました。

最初は抑え気味に返していたのです。
でも父の怒りは理不尽でありました。
そして最後には人格否定・・・それがわたしにとっても最後の一撃となり、激しい怒りに変わってました。
この流れをずっといまも、覚えており、
人の怒り=わたしへの人格否定という図式ができてしまってます。これはしんどいことです。

こんなことを長年繰り返してきた私たち親子は愚かです。

父の怒りの質と同じに対抗してしまいましたが、
抗議の怒りほど、冷静であるほう良いのだ。。。
父も適切に怒りを表現できなかったし、わたしもまた、
適切な表現で抗議できなかったのです。
でもわたしは子供で、どうしていいかまだわからなかったし、
適切な表現を家庭で学ぶことはできなかった、


距離をとる、そしてとられることも、
巻き込まれず、傷つけずそうするためだ、そしてそれも人格否定ではない(私の場合)、そう思うと、ほんと、少し楽におもえますね。そう思えると、自己否定も軽くなりそうです。
心強い記事でした。

他にも、何かの経験の折に、そういえばmichikoさん、過去記事に書いてらしたな~って思うことも増えてきました。

これからも楽しみにしております。









Re: はじめまして

秘密のコメントさま

はじめまして。
ご訪問くださり、コメントもくださり、
大変ありがとうございます。

そしてリンクの件も、ありがとうございます^^

ゆっくりですが、心をこめて発信させていただいています。
拙い記事ですが、これからもよろしくお願いいたします☆

きれいな写真を配した素敵な記事、
私もときどきお邪魔させていただきますi-189

michiko

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。