ACと麻袋

こんばんは。ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net


訪問くださいまして、ありがとうございます

大変!出発予定を二十分も過ぎてしまいました
間に合うかな
これとあれと、ああそれもバッグに投げ込んで、
慌てて家を飛び出しました

ヒールで走って信号を渡り
良かった、丁度バスが来ました。

やれやれとシートに腰を落ち着けると、
自己嫌悪の素が胸のあたりでうずきます。

((((;´・ω・`)))

あーあ、やってしまった
出掛け間際だというのに、余計なことに手を出しすぎました
要領が悪いのだから、
もっと早く起きればよかったのに。

足が痛いな。
そう言えば朝起きてから、ずっと立ちっぱなしでした。


普段私は、
できるだけ時間に余裕をもって行動するようにしています。
時間に追われたり急いだりすることが苦手だからです。

うーん、正確に申し上げると、

急いで焦っている自分が好きではないから

どうも急いで焦っているときは、
冷静さを欠いて物事を粗雑に扱ってしまったり、
巻き込まれてハラハラドキドキしてしまう。

ひどいときには、
それを誰かのせいにしたり、
逆にとことん自分を責めたり。

((((;´・ω・`)))

丁寧に大切に扱えないことや、
必要以上に巻き込まれることは大変不本意で、
私を不安にさせる
ことでもあるのです。

ですので、例えば約束の時間がある時は、
道中ハラハラしなくて済むよう、
いつも早目に家を出るようにしています。

バスに揺られながら、朝起きて家を出るまでにしたことについて
反省を込めた振り返りをしました。

思い描いたのはリビング。
部屋いっぱいにごちゃごちゃと雑事が散らかっているイメージです。
足の踏み場もありません

物事に巻き込まれやすいACの私。
迫る時間に冷静さを失い焦った結果、
散らかったもの達に飲み込まれ、
あれもやらなきゃ、これも済ませなきゃ、という状態になってしまっていました。

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

ちょっと整理したほうが良さそうです

イメージの中で、
とりあえず、「散らかっていたもの」を3つに分けてみます

①すぐやる必要があるもの、
②余裕があればやったほうがよいもの、
③帰宅後(または明日以降)でも全く問題ないもの

例えば家族の食事の支度は①ですが、食器洗いは②でいい。
洗濯は①ですが掃除は②、
ダンボールを縛ってまとめることや
アイロン掛けなどは③で十分です。

①②③をそれぞれざくざくと大きな麻袋に入れて、
袋の口をきゅっと結いてまとめました。
すると、
隠れていたリビングの床が見えてスッキリ。
気持ちにも余裕が生まれました

ちょっと観察してみますと、②と③の袋は①の数倍ありそうです。

そうでした、
①だけ丁寧に処理できていればよかったのです。

そうしていれば、
乱雑に小物を投げ込んでいびつに膨らんだバッグをひっかけて、ヒールで走って息を切らさなくて済んだのに。

巻き込まれずに、ちょっと離れて見れたらいい

このスッキリした感じを、よく覚えておこう

切れていた息が治まる頃には、
自己嫌悪の素は小さく小さくなっていました

これは「クリアリング ア スペース」という、
「フォーカシング」の技法を
私なりに取り入れたものです。

「クリアリング ア スペース」とは、
今感じている気がかりなことを、離れたところに「置いて」みて、
心の空間を作る作業を言います。

空間が生まれることで、人はホッと一息つけるものなのだそうです
一息つけたら、次のステップにも踏み出せそう
小さなことのようですが、これが実はとっても大切なことなのかも知れません。

この技法は他にもアレンジが利くのでとっても気に入っています。
「整理」に使うのはたいてい大きな麻袋
今はその質感が何となくいい感じと思えるから
この感覚を、大切にしたいなあ

「フォーカシング」は、心理療法の一つですが、
自分に優しくなれるように思います

私は失敗したことの振り返りに「クリアリング ア スペース」をアレンジして使いましたが、
本来「フォーカシング」とは、
感じている「感覚」に注意を向けるもの。

「からだを使って、自己の気づきを促し、こころを癒していく、独特のプロセス」(『The Power of Focusing やさしいフォーカシング』 アン・ワイザー・コーネル著 より)なのだそうです。

心理療法には様々な方法がありますが、
どなたにも「絶対効く」という万能なものはまずないでしょう。
それに、あの時はよかったけれど、今は違うかもしれません。

今のご自身にしっくりとくるものに出会えるまで、
いろいろ試したり、アレンジしたり、工夫したりすることは、
ご自身への理解をより深めることにもなるのだと思います



頑丈な麻袋
今の私にとっては、何でも入って重宝しています。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 初めまして

T,かっちゃん さま

はじめまして。
コメントくださり、
大変ありがとうございます。

実践なさったのですね^^
ほんのちょっとの「余裕」ができると、
不思議と一息つけるものですよね。
スペースを作るためには、
箱に入れたり、風呂敷に包んだり、ファイリングしたり、
あるいは、
どこか遠くに持っていってしまったり(!)・・色々なやり方があるようです☆

拙いブログですが、少しずつ発信させていただきたいと思っています。
また訪問いただけたら嬉しいです。
ありがとうございました。

michiko

初めまして

こんにちは。初めてコメント致します。

3つの麻袋のお話、大変為になりました。
実践してみて、確かに心と時間に余裕ができました。
有難うございました。
これからも、ブログ楽しみにしています。
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR