歯医者さんとアダルトチルドレン その2

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

前回の続きでございます

自由診療の歯医者さん。
自分で決断し予約も入れておきながら、直前まで大変不安でした
その不安には理由がありました。

私は歯の衛生について母に教わった経験が全くなく、虫歯だらけの子どもでした。
歯ブラシも持っていませんでした。
ですので、
優等生で通っていた小学生の頃、
皆がどうやら毎日の歯磨きを習慣としているらしい
と知ったときは大変ショックでした

仲良しの子に、試しに言ってみたことがあります。
「今日歯磨きするの忘れちゃった」

「ええええっっっ!!」

Σ(ω |||)

あまりにもあからさまに引かれてしまい
更にショックだったことをよく憶えています。

それからは、みんなの当たり前に追いつかなければと熱心に歯磨きをするようになりました。
また、学生時代は、歯科助手のアルバイトをしておりましたので、特に歯の大切さを意識するようにもなりました。

実際大人になってからの新たな虫歯はほとんどなく、
治療済みの歯の不具合で歯医者さんに行くと、
よく磨けていると褒められました。

ですが、遅すぎました。
子どものころの虫歯の影響で、私の口の中はあちこち治療したものだらけなのです

自由診療で、その全てに手をつけるとなってしまったら、、、

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

怖すぎて想像したくありません

湧いてきてしまう罪悪感に、
私はベストの選択をしたのだから、
そう言い聞かせながら、
Y先生の歯科医院を訪ねました。

ドキドキ。

診察台に上がる前に、先生とお話しをしました。



話は治療のことだけではなく、
先生の心の葛藤にまでも及び、
気付くと40分以上の時間が過ぎていました。

詳しくはお伝えできないのですが、
先生のお人柄が解り、選択は間違っていなかったと確信
私は自分自身を守れたのだと思えました。

こうした小さな経験が、
自己信頼感の肉付けになってゆくのだと思います

先生は、
治療については双方納得の上で進めること、
どうするかの選択権はいつも患者の側にあることなど、
お話くださいました。

問題の歯については、
すぐ治療にかかったほうが良いけれども、レントゲンを見た上で治療にかかりたい、とのこと。
Y先生は、無駄なレントゲン撮影をなさらない方。
微量といえども、放射能を浴びることを良しとしません。
それで、先日かかった歯科医院からレントゲンをもらってくるよう言われました。

さて、
何と言ってレントゲンを頂こう。

(´・_・`)

セカンドオピニオンではなく、既に転院を決め込んでいるわけですから、
ひどく先生を傷付けてしまうのではないかと後ろめたさが膨れあがりそうです。

長い沈黙やしつこい質問をした挙句、決断先送りとなった患者です。
あの日既に、先生は若干苛立ってらしたはず
レントゲンを〜なんて申し上げたら、
ますます先生を怒らせてしまうのではないだろうか

いつもの悪い癖で、そんな心配が頭をよぎりました。

ですが、
よりよい治療を求めることは患者の当然の権利です。

私は私を守る行動をとっていい。
堂々とレントゲンをくださいと言えばいい。


それで先生が不機嫌になられたとしたら、
それは私の問題ではなく、先生の問題です。

それに、そんなことで不機嫌になるのでは〜と心配することは、歯科医としての先生に大変失礼でもあります。

端的に、レントゲンの用途とその理由をお伝えしよう。

始めに訪れた歯科医院で、先生に伝えました。

ちょっと不安になってしまったので、
他の医院で診ていただこうと思います。
それでレントゲンを持ってくるよう言われましたので、
今頂けるとありがたいのですが。


セカンドオピニオンですか〜
よそでも同じこと言われると思いますけどね〜


と先生。

カルテを見ながらパソコンを操作し、淡々とレントゲンを出してくださいました。

今記して気付いたのですが、
あくまでもIメッセージが中心となっています。

これがYOUメッセージですとこんな感じでしょうか。

先生の説明は私を不安にさせましたので、
他の医院で診ていただこうと思います。
それでレントゲンを持ってくるよう言われましてので、今頂けますか。


微妙な違いですが、
Iメッセージの方が、相手は受け入れやすいのかもしれません。

ともあれ、サクっとレントゲンをいただけてよかったです。
次のY先生の診察が楽しみです。


☆Iメッセージ・・「私」を主語とした伝え方。
自分の考えや気持ちを伝える形になるので、
相手の批判や評価が反映されないため、
相手に受け入れやすいといわれます。

☆YOUメッセージ・・「あなた」を主語とした伝え方。
相手への批判や、評価が主になりがちなので、
相手を責める言い方になりやすいといわれます。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ACとヨガ

ことりさん

おはようございます。
おっしゃる通りだなあ、感じながら
コメントを読ませていただき、
なんだか気持ちが穏やかになりました^^

ありがとうございます。

>

> 「丁寧に、しっかり感じることで」
>
> 統合するというか、調和させるというか、

> 「心を静かにするには、心を見つめること」


そうなんですよね。
自分自身をよーく丁寧に感じてあげることで、

「統合する」
「調和させる」

ことができるのだと思います。
私も最近、本当にそう思います。

ことりさんは、ヨガ歴5年!なんですね。
すごいなあ、大先輩です。
私は、家でDVDを観ながらやっているので、
習いに行っているわけではないのですが
(行かなければ!という義務感にとらわれそうだったので)
興味をもったきっかけは、精神保健福祉士の実習で行った
ある施設のプログラムにソフトヨガが組まれていたことでした。

「自分の体の声を聴く」

というヨガの先生の言葉に
はっとしたことをよく覚えています^^

まだまだできないポーズばかりですが、
続けていきたいと思っています。

michiko

ACとヨガ

michikoさん、おはようございます。

ことりです。
おじゃまいたします。

michikoさんの記事を読んでいると、
「ご自分の思いや感情をとても丁寧に、
しっかり、見つめてらっしゃる」
と感じるんです。

勇気をもらえるんです。
すごく大事な事って思うんです。

ヨガをはじめて5年以上が経ちましたが、
インストラクターさんからポーズを習ったり、
自分でヨガの本を読んでいるうちに、
いわゆる「精神統一」というのは、

「感情や思いを感じなくする」

のではなく、

「丁寧に、しっかり感じることで」

統合するというか、調和させるというか、
(表現がへたくそでごめんなさい💦)

「心を静かにするには、心を見つめること」
が大事なんじゃないかなぁって思うようになりました。


では、また。
失礼いたします。
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR