罪悪感

こんにちは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいましてありがとうございます

このところ「罪悪感」について再考しております。

ACであると自覚してからの私は、
いろいろな感情について考えることにより、その重さや印象が少し変化しました。
うーん、、、変化、というより、
「感情」に対して抱く感情が深まり、
役割や扱い方を自分なりに考えるようになったと言う方が正確かも知れません

いわゆる「腑に落ちる」感覚を得られるまでには、
ずいぶんと時間がかかってしまいましたし、まだ途上の感情もございます。
でも、以前に比べますと、遥かに楽に感情を味わうことができるようになりました。

ただ「罪悪感」は大変手間取った感情の一つでした。

それは、私にしっかりと刷り込まれてしまった、こんな癖のためだと思います。

何か良くないことが起こったり、誰かが不機嫌だったりすると、
「自分のせいでは?」と考えてしまう。
「自分の選択は間違っているのでは?」と不安を抱いてしまう。

特に、数年前、母との関係を断ったことについては、
考え抜いて自分で決心したことにもかかわらず、
私は大変な親不孝者なのではないだろうか
そんな思いが消えず、ずっと罪悪感に苛まれていました。


「罪悪感」・・道徳、法律、宗教や社会習慣などにそむく悪い行いを、自分がしたと思う気持ち(三省堂国語辞典)。

「自責の念に駆られる」、
「良心の呵責(かしゃく)に悩む」、

なども意味としては近いと思います。

そうした、どこかチリチリと痛むものを感じながら日々過ごし、
母が絡む何かしらの問題に巻き込まれては、かつてと同じかそれ以上に傷つく。

「ほら、結局こうなる。断って良かったんです」

その度に思い直すのですが、
しばらくするとまた「チリチリ」を感じることの繰り返し。

(´・_・`)

人の持つ「元に戻ろうとする力」
神秘に満ちた強さがあると感心しますが、
それは感情や思考でも同じことなのかと愕然とすることもありました。

何とかしたいと思っていた頃参加した、水澤都加佐先生のセミナーで、
私は勇気をもって(!)質問してみました

「罪悪感はどう処理したら良いのでしょうか」(´・Д・`)ノ

先生はおっしゃいました。

「あなたが選択したことは、
その時最善の策だと思ってやったことだとは考えられませんか」



丁寧に当時の記憶をたどると、
そうするしかなかった
という考えに行き着きました。

その後しばらくの間あれこれ考え、
お陰様で自分の中では「概ね」解決することができたと思っています。
そして、少し離れたところから、「罪悪感」を鑑賞できているようにも感じています。
最近は、「罪悪感」そのものをしばらく忘れていたかもしれません。

それが先日、
書店で偶然手にした一冊の本(「大人のための「困った感情」のトリセツ」水島広子著 大和出版)により、
またまたこの面倒な感情に興味を持ってしまいました

著書にはなんと、
「罪悪感は自己中心的な感情」とあります。

 

そんな風に捉えたことは一度もありません。
ちょっと衝撃でした。

興味を持って再び考えてみた結果、
私がどのような考えに思い至ったのか、
それは、えーと、
次回の記事でまとめさせていただきます
(*´ω`)


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 追伸

nara-chamomileさん

> 孤独は嫌って、孤独はさみしいから嫌のほうがしっくりきたりするのでしょうね。

とっても具体的ですね!
その時のnara-chamomileさんが感じていることが
本当に「さみしいから」でしたら、ばっちりしっくりきて、
対応の仕方も見えてきそうですね☆

色々考えを巡らせて、気持ちにしっくりくる言葉に出会えたら、
そうした時間も含めて、素敵なことですよねv-22

michiko

Re: こんにちは

nara-chamomile さん

おはようございます。
コメントありがとうございます^^


> 私は、本能で感じる快、不快、好き、嫌いなどの感情から生じる色々な気持ちがなかなか言葉としてでてきません。
>
> なんだか嫌だ、とは感じるけれど、イライラして嫌だ、とか、孤独を感じて嫌だとか、具体的に気持ちがでてこないようなのです。
>

思いをうまく言葉に表現できないことは、とってももどかしいものですよね。
でも、nara-chamomile さんのコメントからは、そうしたもどかしさや、苦しさ、
困ってらっしゃるお気持ちがとってもよく伝わりました。
nara-chamomile さんの言葉だからこそ、伝わるような気がします。

いつも沢山の思いを秘めてらっしゃる。
そこにしっかり気付いてらっしゃる。
「なんだか嫌だ」と感じ取れたことって、
ご自身の気持ちにちゃあんと注目されてる
ってことですもんね。

心情を表す言葉はたくさんありますが、
nara-chamomile さんの言葉で名前をつけてしまうというのも
一つの方法かもしれませんよ〜☆

私も、「何となくもやもやした感じ」を「何となく嫌だな感」と名付けてみたり、
だるくて何もしたくないときは「だるだるさん」と呼んでみたりしています^^
おっしゃる通り、なかなか、しっくりくる言葉が見当たらないことがあるんですよね。
何でもいいので、名前を付けてみると、また同じような気持ちになったときに、
あ、また「何となく嫌だな感」がでてきた〜と、イメージしやすくなって、
何度か繰り返しているうちに、これはあれですね!という言葉がでてきたりするように思います。
それがきっと、その感情をより深く理解して更には、対処できることにつながっていくのかもしれません。

とにかく頭の外に出してみることが、トレーニングですよね。

nara-chamomile さんの記事で、私も勉強させていただいてます。
楽しみにしています。

michiko

追伸

孤独は嫌って、孤独はさみしいから嫌のほうがしっくりきたりするのでしょうね。

こんにちは

いつもありがとうございます。

今回のテーマは罪悪感ということですが
色々な気持ちのなかの一つとして、とても興味を持ちました。

私は、本能で感じる快、不快、好き、嫌いなどの感情から生じる色々な気持ちがなかなか言葉としてでてきません。

なんだか嫌だ、とは感じるけれど、イライラして嫌だ、とか、孤独を感じて嫌だとか、具体的に気持ちがでてこないようなのです。

もし出てきたら対処のしようがある気がします。
嫌、だけではなにが嫌かもわからず、どうしてよいかわからないのです。

小さい時からこの感じで不安をもっていたと最近わかりました。

心情語を色々調べてみたり、いま自分がどう思ってるかその都度考えてみるのですが、なかなか言葉が出てこず、苦しいです。
このことはまた自分の記事にもかいていこうと思います。

罪悪感についてのコメントでなくてすみません。
ですが気持ちの言葉には色々な意味があり、それが自分の今の気持ちにしっくりくるか、ということに、とても興味があります。

次回、楽しみにしています。

ことりさんへ

ことりさん、おはようございます。

いつもありがとうございます^^

えーと、コメントを公開でくださった場合の、
メールアドレスやURLについてですが、

コメントする際の必須項目はコメント欄だけなので、ほかは記入しなければ表示されない、ということです。
ただ、ブログにより、自動で入ってしまうものもあるようですので、
その場合はDeleteして情報を削除し、空欄にしていただければ大丈夫らしいです。

送信くださる前に、ご確認くださいませ。


ちなみに今私は、メールアドレス・URL欄を空欄の状態で
コメント投稿しています^^

michiko

Re: No title

シャイドリーマー さん

おはようございます。
コメントありがとうございます^^


「罪悪感」

悩まされる感情の一つですよね。
私も、シャイドリーマーさんの記事を拝見し、タイムリー!と思いました^^

解釈や捉え方はその時その時で、流動的になるものだと思うんです。
でも、核となる部分は、意識しておくことが大切なのかな、なんて思っています。
そう腑に落ちた私の考えなのですが、次回の記事でまとめさせて頂きます☆

お出かけ前なのに、ありがとうございました。

michiko

No title

こんにちは、いつも貴重な記事をありがとうございます。

今回はあまりにもタイムリーだったので驚きました。 私もほぼ同じことで罪悪感に悩まされていました。 

出かける前でばたばたしていますので、帰ったら再びゆっくり読ませていただきたいと思います。

MICHIKOさんのブログと出会えて良かったです。 これからも楽しみにしていますので、よろしくお願いしますv-278

Re: 感情を味わう

ことりさん

おはようございます。
コメントありがとうございます^^

「感情を味わう」感覚、ことりさんもおありなんですね。

私も、
マイナスの感情は、良くないものだから、
感じるべきではないと、長い間思っていました。

でも、そんなに悪いものでもないということが、
少しずつわかってきて、私の場合は、
マイナスの感情に対する「情」が湧いてきたような感じです^^
いろいろなことを気づかせてくれて、足りないものを教えてもくれる。
なかなかいい仕事をしているんですよね☆

ことりさんのおっしゃるように、
>「私をガイドしてくれている」「ありがたい」

そんな存在なんですよね。

> 今は自分の感情と寄り添って生きてます。

素敵なことですね。

そうそう、公開コメントにした場合ですが、、、
メールアドレスは記入しなければ多分公開されないと思います。
(不確かなので、ちょっと確認してみますね)
ただ、ブログをやっている方ですと、URLは公開されるようです。


michiko

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR