雇うなら未回復のACがいい!?

こんばんは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

連休の最終日。
昨日も今日も、マンションの駐車場には車が殆どありませんでした。
皆さんご家族でお出かけのご様子です

連休前にはよくこう聞かれます。
「今度の連休は、どちらへ行かれますか?」

今は平気で
「予定はないんです〜(^∇^)」と流せますが、
一時期、こう訊ねられることが苦痛でした。

お休みの日に遊ぶ予定もないつまらない人

そう思われてしまうのではないかと不安だったからです
不安のあまり、
行きもしないレジャーの予定を伝えてしまうこともありました

かといって、本当に予定を組むことはもっと不安でした

もしレジャーの予定を入れてしまったら、
実行するためには、その日の分の仕事を他の日に消化しなければなりません。
そのための段取りをあれこれ考えると、、、

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

とても楽しむ余裕などなくなります。

頑張ってレジャーに出かけたとしても、
「行ってきました」という証拠を提示するための
なにがしかのお土産を買うことだけが目的になってしまい、
とにかく早く帰りたくなってしまうのです。
帰路では、押し寄せる家事や仕事を想像してどうにも落ち着きません。

子どもが小さかった頃は
一緒に出かければ楽しむことができていたのですが、
特に自分だけが遊びに行く、ということには、
罪悪感のようなものがありました

私は「休む」よりも、
「労働」していなければいけないような気がするのです。


人を雇うなら未回復のACがいい

そんなブラックジョークがあるそうです(水澤都加佐先生のお話より)。
こうした傾向は、ACの方によく見られるように思います。

だめだめ。どんな人にもセルフケアが必要なんです。
このままではよくない。
レジャーの計画を立てて、それを楽しめるように、
何がなんでも考え方を変えなくてはいけません。


でもある時、私はこう思い直しました。

このままでもいいんじゃないかなあ

受け入れてみることにしたのです(ノ´▽`*)b☆


ACの方にとって、
過去に刷り込まれてしまった考え方と、その影響は強烈です。
そこを無理やり変えようとすることは大変困難でストレスを伴う。
タイミングが良ければ変えてゆくことで良い結果を生むかもしれませんが、
そうでは無い場合ですと、
「変えなければいけない」という考えにとらわれ過ぎて、
自己否定感が強くなり、苦しくもなってしまう。。。。。


タイミングの問題だけではなく、
もしかしたら、
変えなくてもよいこともあるかもしれない
そう私は思うのです。

ご自分にOKを出せないことは、生きやすさを遠ざけてしまいます。


これが私。このままでいい。



そう思うようになってみますと、
ホッと力が抜けて、柔らかい安心感が(*^-^*)

いつも通りの過ごし方が
自分にとって自然なことだと気付けたのです。

感じることができたのは、
やることをやったことで得られる達成感自己有用感

そして嬉しいのは、
自由な時間の前に、やることをやったのだということが、私にとって立派な大義名分となり、
わずかな自由時間を
楽しむことの余裕を与えてもくれたことです。

例えば私のこの三日間は、
一日目・・ストレスチェックの研修(丸一日)、
二日目・・仕事(丸一日)、
三日目(本日)・・半日仕事で半日自由時間。

最終日に半日の自由時間☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

これがとってもありがたいのです。
ソファでのんびり過ごしました。

今はこれで充分満足。
そしてそんな自分にも充分満足しています。

ACのまま生き続けるのも悪くない(*´v`)


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ガモーさん

嬉しいコメントをありがとうございますi-189

> 「変えなくちゃ『いけない』」っていう
> 強迫観念で、自己否定に繋がっていたのかもしれません。

そうなんですよね、無意識のうちに「強迫」してしまうんですよね。
自己否定は、苦しいです。

ガモーさんは、たくさんの本を読まれていることで、
誰かに思いを伝える言葉と、誰かの思いを感じ取れる力を
たくさんたくさんお持ちなんだなあ、と感じています。

私は理解が遅く、また、納得しないと先に進めない性分のようです。
なので、どうも時間がかかってしまいます。
でもそれは、きっと私にとって無駄ではないんじゃないかな、
とも思います。

ゆっくりていねいに、進んでゆけたらいいなあi-260
まだまだ伸びしろがある、と信じて^^

いつもありがとうございます。

michiko

No title

michikoさん、こんにちは!

私も自分を変えたい変えたいって思い続けています。

だけど、それは「変えなくちゃ『いけない』」っていう
強迫観念で、自己否定に繋がっていたのかもしれません。

「変えよう」という前向きなポジティブな流れとは真逆で、
だから辛かったのかもしれないな、と今回の記事を拝読して思いました。

「一日読書で終わってしまった、、だめな自分だ」
と思っていましたが、
「今日もいっぱい本を読めてよかった&感謝だ」
と思うこともできるんですね。

michikoさんの記事には毎回大切な事を気づかせてもらっています。
michikoさんご自身が、急にご自分を受け入れられたのではなくて、
辛い中ゆっくりと時間をかけて自己受容なさって、
それで今の素敵なmichikoさんがいらっしゃるんだ、ということも、
大きな希望になりますv-22
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR