匂いと記憶 その2

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます ♪

前回の記事で、金木犀の香りと苦しかった記憶について書かせていただきました
記事の中で、匂いと結びついた感情は忘れにくい
ということもお伝えしました
今日はその続きです .。.:*☆


作為的に実家の鍵を変えられ、
それまでのように自由な出入りが出来なくなってしまった私は、
「茶道で母の役に立つこと」も取り上げられてしまいました(´・_・`)
一番恐れていた「見捨てられ不安」が現実となった事態に直面したのです。
そして自己憐憫(れんびん)という負のスパイラルに取り込まれて行きました。

こんなに懸命に尽くしてきた。
こんなに時間と労力を費やしてきた。
お茶会のことも、社中の方の調整も、苦情処理だって、
一生懸命考えて、それなりに対応してきた。
お母さんが外で活動できるように、できる限り家事だって担ってきた・・


なのに、どうして?
私はこうも簡単に切り捨てられてしまう存在だった?


私は自分が惨めで可哀想という思いでいっぱいでした。
一方で、「見捨てられた」という事実を否認する気持ちもありました。

母は一時的に、兄にけしかけられて私を遠ざけているだけ。
兄の前ではそうせざるを得ないだけ。
あるいは、母親にとって、
男の子というのは特別な存在だからなのかもしれない

私は男の子を持っていないから、それが分からないだけなのかもれない・・


当日早朝、力を振り絞って着物を着付け、会場に向かいました。
帯を締めると背中がしゃんと伸びるので助かりました
日本の民族衣装の力を借りて、私は何とか立っていられたのだと思います。

とはいえ、やはり生気がなかったのか、
懇意にしていた姉弟子の方が心配くださいました。
「とにかく何か食べなさい」
ご自身の朝食用にお持ちになったじゃこと梅干のまぜご飯のおにぎりを、
半分割ってくださいました。
「美味しいです〜」とほおばりましたが、味を感じません。
口のなかで機械的にその塊をくだいて喉に押し込むだけでした
でもそのお気遣いはとっても温かく、有難くて泣きそうでした。


何とかその日を終えましたが、
「頼りになるのはやっぱり息子さんねえ」
あちらこちらでそう言われて満足そうに笑い返す母を目にし、
私は、
自分が役たたずとなってしまった恐怖に怯えました(゚д゚|||)

この時の私は三十半ばをとうに過ぎた、世間的には立派な大人。
結婚し、娘も二人。
お恥ずかしいことですが、そうした歳になっていても尚、
私は母の愛情を渇望していたのです。

その頃には兄との距離を置いていましたので、
直接話をすることはほとんどなかったのですが、
私は多分、
兄に嫉妬していました。

もしかしたら、茶道に関わることにおいて、
兄もまた私に嫉妬していたのかも知れません。

母の私に対する感情を知っていた叔母からは、
「(母を)近所のおばさんだと思いなさい」そう言われました
思えるはずがありません。
私にとって、母はやはり、母なのです。

どうしても気持ちが通じない。
母からの情緒的な手応えを全く感じない。
被害者としての私を訴えても反応してもらえない。


(´・_・`)

何年も苦しかった。

金木犀の香る季節には、
どうしてもリアルに思い出してしまうのです。

鍵の開かない鈍い感触を、
嫉妬と恐怖と寂しさと、
そしてとらわれた自己憐憫(れんびん)を


そうした感情に支配されることは私から気力や体力を奪いました
そしてそんな状態の自分がますます嫌いになりました

いい歳をして、なんて女々しい。
これだから私はダメなんだ。生きている価値もない。
報われない私は惨めでなんて可哀想なんだろう。


(ノ_<)

仲のよさそうな母娘連れを目にすると、
体の芯に鉛の塊をぶち込まれたようにひどく身体が重くなりました。

毎年訪れる金木犀の香りは、
私にくどいほどの「自己否定」「自己憐憫(れんびん)」
そして繰り返される「嘆き」をもたらすのでした。

さんざん嘆いて数年が経ちました。

振り返ると、
金木犀の香る季節が毎年訪れてくれたから、
私は丁寧にそうした感情を味わうことができたのだと思うのです
そしてそれが、癒しにもなっていたのだと思うのです。

自分がACであると自覚してからは、
それらの感情の根底にあるのは、
幼い頃から抱いていた「強烈な不安感」なのだろうと思うようになりました。

今でも苦しい感情を思い出します。
そしてその度に、
「今年もまた、いらしたな」
丁寧に丁寧に受け止めます(´∀`*)

うまい表現が見つかりませんが、
当時の苦しい記憶は確実に、
まろやかになってきていると感じるのです



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ガモーさん^^

こんにちは、コメントありがとうございます。
秋晴れのいいお天気i-1
金木犀も香ってます^^

そうなんです、仰るとおり、
毎年毎年、一定期間、この香りに浸ることで、
結果的に丁寧に向き合えてしまえたんです。
今でこそ、そう言えますが、それはそれは見苦しい時代も何年もありました。
でもきっとそういう過程も必要なんじゃないかなあ、と思います。

ガモーさんは、「雨の匂い」に不安をお感じになるのですね。
道路に雨水がしみる匂いでしょうか、湿度と入り交じった独特の匂い、ありますよね。

> 「濡れて風邪ひかないかなあ」
> 「足を滑らせて転んで怪我したりしないかなあ」

優しい。
雨の日にお家で一人、お母様の帰りを待つ幼いガモーさんを想像しましたi-228
子どもの頃の「待っている時間」って、長いんですよね。
それが更に不安感を増幅させて・・・。
子どもの感受性は本当に純粋で愛おしいです。それだけに、
深く深く刷り込まれてしまうものなのでしょうね。

> 本当に、人生って、感情って、不思議ですね。

不思議ですよねえ。そしてとっても、興味深いです。
雨の匂いにまつわるガモーさんの貴重な記憶を伺えてありがたいです。

本当に、お互いを尊重して、想像して、平和な世界になっていったらいいですよね^^
意見を出し合うことは素敵なことですが、配慮のない諍いは苦手ですi-181

michiko

Re: 「丁寧に受けとめる」

ことり さん

こんにちは^^
ネット環境が整わない中、コメントありがとうございます。

驚きました。大きな大きな決断をされたのですね。
でも、ことりさんを動かす大きな力と流れを、
ご自身で感じ取ることができたから、行動を起こされたのですね。

ことりさんの本来持つエネルギーは、とっても大きくて
あたたかいものなんだろうなあ、と思います。
これまで「丁寧に」癒してこられたから、
少しずつ力を取り戻されたのでしょう。

> ここで、私は何を思い出すのかな…。

> 「丁寧に丁寧に受け止めて」

応援しています。
i-260

michiko

No title

michikoさん、こんばんは!

金木犀って良い香りですけど、michikoさんにとっては辛い香だったのですね。

でも「丁寧にそうした感情を味わうことがでいた」「癒しになっていた」という文を読んで、
世界が反転したというか、「ああそうか!そういう素敵な見方もできるんだなあ」
って、大きく頷いていました。
嗅覚によって毎年、長年向き合ってきたからこその境地なんですね。

私は幼い頃、雨の匂いに不安を感じていました。
母が外で仕事していたので、
「濡れて風邪ひかないかなあ」
「足を滑らせて転んで怪我したりしないかなあ」
とにかく不安でした。
今も雨の日はどことなく落ち着かないのはそのせいかもしれません。
michikoさんの記事を読んで、漠然とした雨に対する不安感の正体がわかった気がします。
すっと肩が軽くなった感じで、うれしいです。

何かの匂いは、誰かの思いに結びついている・・・

本当に、人生って、感情って、不思議ですね。
不思議だからこそ、お互いに想像力を持ち、平和な世界を作っていきたいなって
ちょっと大げさですけど(汗。。)思います。

ガモー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

秘密のコメント さま

こんばんは。
嬉しいコメントをくださり、大変ありがとうございます。

様々な要因から複雑なご事情をかかえ苦しい状態のときは、
似たような経験や環境を持つ人の存在を探しますよね^^
「お仲間」、そう思って頂けたのでしたら、それはとっても嬉しいです。
コメントを読ませていただいて、私も「お仲間!」と感じました☆

私は、自分の過去のことを、「過去のこと」と思えるようになるまで、
ちょっとした時間がかかってしまいました。事実も自己も「否認」したり、「否定」したり
「自己憐憫」に浸ったり、ということに、ずいぶんと時間を費やしてしまったからです。
そうした過程を知って頂くことが、どなたかの「安心」につながることは
記事にさせていただいた意味を解っていただけたようで、本当に嬉しいです。
一人ではない、そう思えることが、大きな力となりますよね^^
そしてご自身で、文章にすることも大きな癒しになるんですよね^^

どうぞ、身近にいらっしゃる協力者を大切に、ご自身もお大事にお過ごしください。
私も柔らかで素敵なブログにお邪魔させていただきますv-22

michiko

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR