理解できなくても、理解し続けようとすること

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

子どものころ、蓋を開けると音の鳴る、箱型のオルゴールを持っていました。
母がどなたかの箱根土産で頂いたものを、私が貰い受けたのです。
寄木細工の渋いものでしたが、嬉しかった。
内側に赤いビロードが貼られたその箱は、何か特別な宝物をしまっておくもの、という匂いがしてわくわくしました


一番初めに入れたのは、冬にみかんを剥くとたまあに出てくる
小指の爪ほどの大きさの小さな房(薄皮に包まれたその果肉を「じょうのう」というそうです)。
箱のビロードの上に直に置いて、一人眺めては楽しみました。

今、考えますと、何でそんなものを?と不思議なのですが、
当時の私にとっては「宝物入れ」にしまっておくほど価値のある、
大切なものだったのでしょう。
でも、みかんの小さな房が宝物だなんて、
ちょっと恥ずかしいとも思っていました。
ですので、誰にも見せたことはありません。

やがてそれは干からびて、箱の中には他のものを入れるようになりました。
遠足で拾ったどんぐりや、
公園で見つけた四つ葉のクローバー、
小さなビンに入った星の砂・・・。

入れるものは違っても、どれもがその時々で、私が大切にしていた宝物でした。

援助者として大切なことは、その人の「価値」を「理解し続けようとする」こと

精神保健福祉士の勉強をしていたとき、ある先生がおっしゃった言葉です。
とても心に響いたので、今でもよく思い返しています。

その方が、
何を大切に思っているのか、どこに「価値」をおいているのか
それを、せっかちに有る一点においてだけで理解したつもりになるのではなく、
「理解し続けようとする」こと。

自分を理解してもらえたら嬉しい。
でも、その時は理解してもらえなくても、継続的に理解しようとしてくれていると感じられたら、
誠実な味方を得られたようで、自分に自信が持てるようになるかもしれない

そこには、○○が出来たから、××が出来ないから、などという理由はありません。
あるのは理解しようとしてくれている、そんな安心感。


これはもしかして、
ACを受け入れるということも、
おんなじなんじゃないかなあ、と思うのです

ACの方が、
その時々に大切にしていたことを、
感じ取ってしまったことを、
守りたかったものを、
ご自身が「理解し続けようとする」
「価値」が流動的ならば、その変化した過程も理解しようとすればいい。
×なんて、ないと思うのです。

きっと馬鹿にされると思ってしまい、いつも一人で眺めていた「宝物入れ」
「こんなものを」と笑うのではなく、
どうして小さなみかんを大切にしているのか、理解しようとしてくれる人がもしいたら、
私はきっと、ちょっと恥ずかしいその気持ちごと
箱の中身を見せていたかもしれません。

寄木のオルゴールはいつの間にか無くなってしまいましたが、
私の中の「宝物入れ」には、
みかんの房を大切にしまったオルゴールを持った少女が未だに存在します。
ですので、今、
大人になった私は、
こうかな、ああかな、と、
彼女を「理解し続けようとする」人でいたいと思うのです。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ガモーさん

コメントありがとうございます♪

なにゆえ「みかんの房!?」と改めて記憶をたどると、
多分大好きだった祖母が、ちっちゃくてかわいいのあったよ、と、
くれたのが最初だったような気が・・i-228

ある部分だけ見てもらっても
そんなに簡単に「理解」なんてできないように思います。
私は自分が苦しかったとき、
簡単に「理解」してもらいたくないような気もしていました。

ですので、「理解し続けようとすること」という先生の言葉が
とっても響いたのです。

> 理解し続けるって、心からの応援・声援だと思います。

そうなんですよね^^

> 私も自分の病気が治ったら、誰かを理解し続ける人間になりたいなあ、
> そう思いました。

ガモーさんのブログやコメントを読ませていただいていると、
人柄のあたたかさをいつも感じます。
もう「理解し続ける人間に」なってるんじゃないかなあi-260

朝晩は特に涼しくなりました。
おかげさまで、今のところ、風邪ひかずにすんでおります。
ガモーさんもお風邪など召しませんように。

michiko

No title

michikoさん、こんばんは!

みかんの房を大切に宝物にしていたmichikoさん、
かわいい!って思っちゃいました。

「理解し続けてくれる」人・・・1人でも周りにいたら、
すごーーくほっとしますね。肩から力が抜けます。
理解し続けるって、心からの応援・声援だと思います。

私も自分の病気が治ったら、誰かを理解し続ける人間になりたいなあ、
そう思いました。

風邪がはやっているみたいですね。
michikoさんは大丈夫ですか?
ご自愛くださいね。
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR