ノンバーバルコミュニケーションとAC

こんばんは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

コミュ二ケーションの大部分は言葉によるものだと思いがちですが、
実は約80%が、ノンバーバルなのだそうです。

ノンバーバルコミュニケーション

言葉(バーバル)ではなく、
身振りや抑揚、表情等によってメッセージを伝えたり、汲み取ったりすること。

ACの方は特に、長年の経験から、ノンバーバルに敏感なように思います。
私自身、無意識のうちにいつもアンテナを張って、相手の仕草や表情から、感情を読み取ろうとしてきました。

嫌われないように。
怒らせないように。
見捨てられないように




本来、自分が安心できる場所を確保するために、アンテナを張るものであるはずが、
どこに行っても安心できずに身の危険にばかり目が行って、いつもハラハラしっぱなし
さらにアンテナの感度が無駄に良すぎるために、休まる暇がありません。
時にそれは過剰反応して暴走し、余計なことに気苦労します

きっと怒ってる?
どうしようどうしよう

こうしたら機嫌が直るかな。
こうすれば見捨てられないでいられるかな。


そんなことばかりを気にしていたものですから、当然自分の感情など、どうでもよかった。


さて、長年かけて立派に磨きあげてきたこのスキル。
これをもしも、自分自身に使えたら・・・。

きっとできるはずです。
人にして差しあげられることは、ご自身にもできないはずはないのです。
もしかしたら、既に使ってらっしゃるのでは

それはたとえばこんな風に

その日の私は都内で仕事がございました。
予報では日中の最高気温が21度。夏の装いではちょっと肌寒そう
ですので一枚上着を羽織りました

こんな日のオフィスビルの空調は、微調整が難しい。
冷えてしまって、気付くと足をしっかり組んでいました。
ですので持参したストールを膝に掛けました。

食事休憩で外に出ると、寒さに思わず両腕を抱きました。
選んだメニューは温かいおうどん
身体が温まって美味しかった。

ほんの少し振り返っただけですが、
私の「寒」に対処した具体的な行動がこんなに沢山出てきました。

何と「自分にアンテナを張る」ことができていたのです。
「ノンバーバル」に適切に反応していたのです。
そしてこれは、どれもが立派な「セルフケア」
自分で自分を労り大切にしていると感じられます

お仕事や家庭の事情などにより、いわゆる「お休み」がきちんと取れなかったり、
「お休み」することや「遊ぶ」ことに対して、どうもACの方が抱いてしまう
「罪悪感」という縛り

こうしたことから、
大切だとわかってはいるけれど、セルフケアができていない・・・と自分を責めてしまいがち。

かつて私も、気持ちが落ちているときなど、
休暇をレジャーで楽しんだ方にお土産を頂いたり、〇〇をしてリフレッシュしてきた〜という話を聞いただけで
「ノンバーバル」を感知するアンテナが暴走してしまうことがございました。

相手の方の表情から、
レジャーできない自分に×の烙印を押されたように勝手に感じ、それで落ち込んでしまうのです

でもよく考えますと、出来ている
ほんの小さなことではあってっも、日々生活する中で、実は知らず知らずのうちに、自分のケアができているのです。

そう、ケアをするために必要なものは、
時間でもお金でも、あるいは「縛り」を解き放つことでもないんじゃないかなあ
多分それは、「寒い」という自分の不快を感じ
「あたたまりたい」という自らのニーズに気付くこと

そして、大切なことは、
そうした日常の小さなことに、
一つひとつ丁寧に対処してゆくことだと思うのです。

ご自身の発する「ノンバーバル」
感度抜群の「アンテナ」で、どんなものをキャッチできていたのか、
たまには振り返ってみるのもよろしいかと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

nara-chamomile さん

こんばんは^^
コメントありがとうございます。

こちらも一日雨でした。
ちょっと一息つけるようで、雨の日はなんだかほっとしますi-260

感度が良すぎるアンテナが余計なことを拾ってしまって、
気になりだすと止まらなくなってしまう、、、、。
ありますよね。
こんなことにこだわりすぎるなんて、そう自分を責めてしまったり。

でも、

> なんだか野菜が食べたくなる、そうだ野菜足りてなかった、
> 喉が渇いた、水を飲もう、とか。

そうそう、それなんですよね^^
小さなことを丁寧に丁寧に重ねていけたら、自分を大切にする気持ちがもっと育って、
そうすればきっと、自分を肯定できるようになれると思うのです。
どうか、カラカラにならないよう、「水分」とらせてさしあげてくださいi-225

> それができたら、だんだん重い気持ちに応用してみる、

おっしゃる通り、バリエーションが増えて、重い気持ちに応用できるようになる。
高性能のアンテナを、自分の為にいろいろ使いこなせたらいいですよねi-234

nara-chamomile さんに頂いたコメントで、
私も、そっか、そうよね、と、確認ができました^^
まだまだ使いこなせてないなあ、なんて思いながら^^

こちらこそ、大切なこと、ありがとうございました。

michiko

No title

こんにちは。
今日は雨です。静かだな。

安心のためのアンテナのはずが、それがかえって休まらない、相手のちょっとした表情やしぐさで、首筋が固くなります。
無言で意味ありげな表情に見えてしまします。
そして、家に帰っても、悩みつづけ、ノイローゼ状態になったことがあります。

このアンテナを自分にいかす、良いタイミングで教えていただきました。
自分が何をしたいか、わからなくなることで不安になっていました

寒い、と感じたら、寒くないように、どうすればよいか、勝手にうかんできます。そんな小さな選択をふだん沢山していることに気付きます
なんだか野菜が食べたくなる、そうだ野菜足りてなかった、
喉が渇いた、水を飲もう、とか。

時に自分からのそんなメッセージに気付かず、労りを忘れてカラカラになってしまいます。

普段から水分だけでもしっかりとろう、改めてそう思いました。
ついつい忘れちゃう。
少しづつうるおってきて、
それができたら、だんだん重い気持ちに応用してみる、
そんな風に始めれればよいですよね。

大切なこと、ありがとうございました!!

Re: ノンバーバルコミュニケーションについて思うこと

ことり^^さん

コメントありがとうございます☆

おっしゃる通り、こうしたコメントのやり取りを含め、
ブログを通じていろいろな方の考えに触れられることって、
私も、本当にありがたいことだなあ、と思っています。

「ひとりではない」そう感じられることで、大きな力を頂いています。

私も当時は「アンテナを張っている」という意識はなく、
生きるためのスキルとして、そうすることが当たり前の日常でした。

> 必死に演じてたんだなぁって思います。
> たぶん、そう思い込むことでなんとか生きてたんだと思います。

ことりさんも、知らず知らずのうちに無理を重ねてこられたのでしょう。
ようやく、本当にようやく、気付くことができたのですね。
たくさん労わって差し上げたいですよねi-260

素敵なお名前i-234もつけられましたし、
無理のない範囲で、ご自身のペースで進められることは、
ことりさんの「ノンバーバル」にちゃあんと対応されてる、って
ことですもんねi-234i-234

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

michiko

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR