逆支配!?

こんばんは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

もう何年も前のことですが、
依存症や共依存の方の自助グループに参加していたことがありました。

ある時参加者のお一人が、
「ずっと支配されていると思っていたが、実は自分が相手を支配していた」
とおっしゃいました。

ええっ!?

衝撃を受けました。
・・・私も母を「支配」していた可能性が?


高圧的にものを言いつける兄の命令に従うことと、
母の評価を得るために家事と茶道で動き回っていた私にとって、
「支配」とは「されるもの」という認識でしかありませんでした。

「指示」を出すこととは違う、
もっと強制的で圧倒的に束縛する力をもつ「支配」。

兄の言いつけは「絶対」でした
子ども時代、5歳上の兄に力で押さえつけられた恐怖は、大人になった私を自由に動けなくするのに充分なほど、強く刷り込まれたものでした。

それに増して、兄のように直接的に言いつけをしない分、母の「支配」は強烈でした
弱いことを良しとしない母に認められるために、私は突き動かされるように、強迫的に、気を利かせて立ち回らなければなりませんでした。
母からの愛情を得るためには、「自慢の娘」でいる必要があったからです。


「支配」ほどではないにしても、
ひょっとして、
私は母を「操作」しようとしていたのかも知れない、
そう思えるようになったのはずっとずっと後のことでした。


言いつけを守って、私こんなに頑張ってるの。
言われた通り、ハンバーグを作ったから、たくさん作っておいたから。
明日はお稽古だから、茶室はぞうきんがけしておくね。
お菓子はいつもの棚の上に。
お茶会のことなら大丈夫。
お母さんが疲れないように、私ちゃんと準備してるから。


懸命に立ち回っていたかつての私。

私のことなんていいの。お母さんが楽になれるなら。


家のことをやらなかったら、母が私のことなんて嫌いになってしまいそうで怖かった
それは結婚してからも同様でした。
稽古がある日は、実家の夕飯を全て準備しないと自宅に帰ってはいけないような気がしていました。
だからといって自宅での家事を手抜きなんかしてはいけない。
とにかくどこでも動いていなければ私の価値はない。
常に駆け足、分刻み。
もたもたしている暇はありません。

幼い二人の娘は、私に引きずられるように実家と自宅を行き来していました

良い娘ぶっていた私は、
自分の感情を操作する一方で、母の感情まで操作しようとしていたのかも知れません。

ここまで自分を犠牲にして尽くしている私は、
兄よりずっと役に立っているはず。
当然、認めて愛してくれるでしょう?


私は、母に尽くすことで、母が私を認め、愛するように「操作」していたのかも知れません。

けれども、人の感情など「操作」出来るはずはありません。

母の目には兄しか映っていなかった。
私は、ていのいいお手伝いに過ぎなかった


こちらが「操作」している通りにならないことは、
悲しく、切なく、苦しい。


相手は察してなんてくれないのです。

これはもしかして、親子関係に留まることではないのかも知れません。


その相手が、大切だと思う人で、操作している期間が年単位で続くものでしたら、
その苦しみは数十倍にも数百倍にもなるでしょう。


そんな苦しみの中に自分自身を置くことは限界でした。
このままでは私が壊れてしまうかも知れない。

どんなに嘆いても、母は母の感情でしかなく、私が操作してどうにかなるものではない。
それに、母が自主的に私を愛してくれないのなら、多分私は満足できない。

ならば「操作」する意味は全くありません
まして「支配」なんてしたくない。
これまで私は頑張ってきたけれど、
もう、手放そう

そんな風にある時ふっと思えたら、何だかとっても楽になれたのです



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 共依存とアダルトチルドレンと自己愛性人格障害

香菜子 さま

はじめまして。
コメントありがとうございます。

「そっくりな点」があると感じてくださったのですね。

「共依存」「相互依存」の関係に
気付かれたとのこと、「支配」の中
日々の大変なご苦労をご推察いたします。

ご自身を振り返る機会をお持ちであることは、
とっても素敵なことであり、
前に進むスキルとなってゆくものだと思います。

香菜子 さんらしい楽な生き方が、
いつかきっとできますように。

どうかご自身のお体を労わって、
くれぐれもお大事にお過ごしください。

拙いブログですが、少しずつ発信してまいりたいと思います。
よろしくお願い致します。

ありがとうございました。

michiko

共依存とアダルトチルドレンと自己愛性人格障害

はじめまして、香菜子と申します。この記事を読んで、私にそっくりな点があると感じました。私は精神病・精神疾患の家族の介護問題で悩んでおり、それをきっかけに自分のこれまでの言動を振り返る機会が増えました。私は典型的なアダルトチルドレンで、家族と私は支配したり支配されたりの共依存・相互依存の異常な関係であることに気付かされました。頑固で融通がきかない勝ち気・強気な性格も相まって、周りとの人間関係を上手に築けずに、非常識だとか自己愛性人格障害だと悪口を言われて嫌われたり、すぐに敵を作って人間関係のトラブルを起こすことも頻繁にありました。これまでの自分を変えて自分の性格や人格障害と指摘されるようところを改善する良い機会だと思って、前向きに少しずつ治していきたいと思います。これからも参考にさせて頂きます。香菜子

Re: 心の底からわかります

みち さま

初めまして。
コメントありがとうございます。
お辛い状況、ご推察いたします。

「右も左もわからない岐路」
「自分がない」

こうした苦しい時間を過ごされる中、
こうして訪問くださって、
「心の底から」わかってくださいましたことに感謝いたします。

拙い文章で恐縮ですが、
少しずつ発信させていただいている記事に込めた
メッセージを、みちさんは感じ取ってくださったのですね。

そうした力をお持ちなのですから、
誠実にご自身に向き合うことができてらっしゃるのだと思います。
そして確実に
「取り戻す」方向に向かってらっしゃる。

時間をかけて、落とし込んで行くことが
結局一番近道なのかもしれません。

心身お疲れのことと思います。
どうぞ労う時間を意識してとってくださいね。

ありがとうございました。

michiko

心の底からわかります

初めまして、いつもブログを拝見させていただいてます。
私もちょうどいま、「支配」であった父がなくなり、心理的にまったく右も左もわからない岐路に立たされ、非常に辛い側面に立たされています。

自分がない、とはカウンセラーからいわれ、でもどうすればいいの?と心底困っているときに、michikoさんの「人の心は操作できない」と拝見し、今まで必死に「いいこちゃん」を演じ、道を失った私の「進む先」がやっと見えた感じがしました。

自分を取り戻すには、あと何年かかるのでしょうか?不安が一杯で辛いですが、michikoさんのブログを読ませていただいて頑張っていきたいと思います。

Re: No title

ガモーさん 

こんばんは^^

コメントありがとうございます。

> 「手放す」のは、母親への報われない行いであって、
> 母親との縁や歴史ではありませんよね。
> 重い荷物を下ろすだけですよね。

そうなんですよね。
「報われない」
そこに執着してしまうことは、
悲しくて苦しいです。

頑張って頑張ってきたのだから、もう「荷物を下して」
楽になってもいいのだと思うのです。

「罪悪感」、私もこれにずいぶん悩まされました。
今でもまだ消化しきれていません。
自分がものすごく親不孝なような気がして、
人に話すときには、まだまだ抵抗があります。
でも、総合して、楽になったことは確かです。

「自分を守る」って、大変なことなんですよねi-201
無理のない範囲で、少しずつ、ですよねi-189

私はパワーはありませんが、こうしてコメントを頂けることで、
ものすごいパワーを頂戴しています。

ありがとうございます☆

michiko

No title

michikoさん、こんばんは。

今回の記事読んで涙が出ました。

「手放す」のは、母親への報われない行いであって、
母親との縁や歴史ではありませんよね。
重い荷物を下ろすだけですよね。

私は母から解放されるには、縁を切るしかないと思っていました。
でもそれは母が「かわいそう」で罪悪感があってできませんでした。

今回の記事を読んで心がスーーーっとしました。
軽くなりました。

michikoさんのパワーはすごいです。

Re: No title

ももユリんさん

コメントありがとうございます^^

「共依存」、ちょっと重いテーマですが、ACにとっては、
とっても深い関係がありますよね・・・。

ももユリんさんが気付かれたのは、
> 就職した時と結婚した時。
いずれも大きなライフイベントです。
環境が大きく変わる中、当時のストレスは大変なものだったのでは
ないでしょうかi-201

「何で先回りしているの?」
「現実が見えていないんじゃないの」

なんてきつい言葉でしょうi-240

皮肉ですよね、当時は精一杯、自身を守るためにやってきたことが、
他の人には「おせっかい」と映ってしまうなんて・・。
私は、違うのに、どうしてわかってくれないの?という思いで、
いっぱいでした。
でも、その時はそうするしかなかったのだと思います。
受け入れられるようになれた今、
ももユリんさんは、いい感じで適度にラクしてらっしゃると思いますi-265
素敵なブログ記事から、学ばせて頂くだけではなく、いつも心地よさを感じてますi-274

michiko

No title

MICHIKOさん こんにちは

自分がもしかしたら母と「共依存」だったかも~と気づいたのは、
就職した時と結婚した時でした。

上司にも夫にも、相手のためにと思って先回りして何かをしていました。
それを本気で相手のためと考えていたのに「何で先回りしているの?」
と言われ、夫には「現実が見えていないんじゃないの」と返され(泣)。

「おせっかい」というか「勝手に道を作るな!!」という反応でした。
相手を察しているつもりが、相手には「勘違い」にうつっていました。

母のためにいつも何かをしていた自分にとって当たり前な行動が、
否定された気持ちでした>最初。 

わからないから夫婦で喧嘩ばかり! どうしてこうなるのか悩んだけれど、
「共依存」やACのことを知り、少しずつ自分の癖がわかってきた今。

このブログのタイトルみたいに「ACのまま楽に~」を目指していくのが
ちょうどいいのかな~と最近、思えてきました。
満足目指して欲張りすぎたから(汗)~適度にラクしたいなぁ~~

Re: 「逆支配」について思うこと

非公開コメントさま

こんにちは^^
その節は大変ありがとうございましたi-260
そしてコメントとっても嬉しいです。
大丈夫です、「非公開」になってますi-234

返信が「非公開」ではできないようですので、
このような形で返信をさせていただきます☆

そうなんですよね、「言いなりになる」ことって、
一見従順で問題ないように感じますが、
内容によっては「危険」。
「認められたい、見捨てられたくない」という思い、
私も同じでしたi-201

当時はそうすることでしか、ご自身の安全を確保することが
できなかったけれども、今はそれが悪い方向に作用していたのかも
知れない、「危険」と感じられる。
それって、すごいi-189

大きな大きな、「はじめの一歩」ですよねi-189

michiko

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR