スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフケアをしないと地獄に!?

こんばんは。
ACカウンセラー松橋通子でございます。
訪問くださりありがとうございます

先日、外国籍の友人から興味深いお話を聞きました。
彼女の国の言葉で書かれた何かの記事らしいのですが、
翻訳しながら聞かせてくれたそのお話は、こんな内容でした。


あるところに大変働き者の若者がいました。
彼は結婚し、子どもが生まれると、家族に良い暮らしをさせようと、
ますます一生懸命に働きました。
休みもとらずに働いて働いて、沢山のお給料を稼いだので、
奥さまはいつもきれいな身なりができ、
子どもたちは授業料の高い、行き届いた教育をする学校に通うことができました。
彼の両親も、贅沢な暮らしをすることができました。
彼のおかげで皆幸せでした。
周りの人たちからも、こう言われました。
「なんて良い旦那さん」「なんて良いお父さん」「なんて良い息子さん」

ところが彼は、あまりにも働きすぎたので身体を壊し、まもなく亡くなってしまいました。

「あの世」の入口で、なんと彼はこう言われました。
「あなたは地獄へ行きなさい。」

あんなに一生懸命働いて家族を幸せにしたのだから、
当然天国に行けるものと思っていた彼は、どうしても納得できません。
そこで神様に直談判しました。
すると神様は、人間界が見えるという窓を開けました。

その窓から彼が見たものは、
家族を養うために、老いた父親が昼も夜も働く姿。
美しかった妻がみすぼらしくやつれてパートに出ている姿。
高額な授業料が払えず学校をやめることになってしまった子どもたちは、
いじめに遭っていました。

家族にかつての面影はありません。

神様は言いました。
「あなたは、家族のために休まず働き続けたかも知れませんが、
肝心の自分の身体を全く大切にしなかった。
その結果、このように家族を不幸にしてしまったのです。
だからあなたには地獄に行ってもらうのです。」

彼は納得して地獄に行くしかありませんでした。



「地獄」に落とされてしまうなんて
いくらなんでもあんまりです

でも、このお話を聞いて、「セルフケア」の重要性をあらためて思いました。

「セルフケア」

この言葉は、トラブル発生時の飛行機内において、
「酸素マスクは自分から」という意味で使われるようになったものだそうです。
機内でトラブルが発生して酸欠状態になってしまったら、
先ずは自分の酸素マスクを付けてから、
はめられないで困っている人を手助けする、というのが正しい行動。
自分のケアができていない状態では正しい判断ができず、
周りを助けることなどできなくなる、というのです。
(実務教育出版「自分の怒りと向き合う本」columnより)


ACの私は、自分を最優先するなんてとんでもない、と思っていました。

長い間、
人のために動いていなければ私の価値などない
そう考えていたからです。
自分が存在することにさえ、いつも抱いていた罪悪感。

自分を優先する発想など持てるはずはありません
加えて、
自らを犠牲にすることを美徳とする文化的な背景の影響も。

そうした奥ゆかしい日本の文化が私はとっても好きですし、
大切にしたいとも思います

ただ、勇気をもって申し上げると、

自分を犠牲にすることがあまりにも強すぎることは、
周りにとって、
実はありがたくはないのかも知れません


先の地獄行きのお話のように、
自分のケアが出来ていない状態では、
本当の意味で全体の幸せにはつながっていない。

相手の幸せを思う気持ちは、
「セルフケア」が出来ている状態でこそ、
しっかりと伝わるものなのかも知れません



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんばんは

ガモーさん

おはようございます。
とっても嬉しいコメントありがとうございます^^

「動き回って勝手に疲弊して」
そうなんですよねi-230
私も、時に元気な振りをしながら、ずうっと疲弊してました。
そこに生きがいを感じて、役に立つことが嬉しくて仕方ない、
というのならいいのかもしれませんが、疲弊した上怒ってしまうということは、
相当無理している、ということですもんね。。。
仰るとおり、正に酸欠状態i-183

初めは抵抗があるかもしれませんが、出来るところから、
小さな「セルフケア」、少しずつ進めて行けるといいですよね☆

涼しくなって過ごしやすくなりましたが、
着るものかけるもの(お布団ですね)の調整が
テキトーすぎて、ちょっと風邪気味です〜
酸素マスク、自分用に整えませんとi-201

ガモーさんも、お疲れをしっかり癒してくださいね☆

こんばんは

michikoさん、こんばんは。

例えが的確で、今回もすごーーくわかりやすかったです。
拝読していると、ちょっとずつ、自分のことが見えてくるような光を感じます。

私も機能不全の家族のために自己犠牲的な行いをして、
動き回って勝手に疲弊して、それで勝手に怒っていました。

自分が酸欠状態なのに、周りにマスクをつけようと必死だったのですね。
はっとしました。

なかなか自分を優先することを「許す」ことができないで
苦しいのですがv-12
少しずつ勉強させて頂いて、変化していきたいです。

michikoさん体調は大丈夫ですか?
朝晩涼しくなってきましたね。ご自愛ください。

Re: No title

ももユリんさん

こんにちは^^
コメントありがとうございます☆

神様が休まれていた記念日。
日曜日、ってそういうことだったのですね。
ならば堂々とお休みできそうです。

日本の文化は良いところが沢山あって、とっても好きなのですが、
どうも働きすぎてしまうんですよねi-201
「過労死」って、外国でもそのまま通じる、と聞いたことが。
このお話も、日本だったら、地獄行きになるほど罪深いこと、
というの展開にはならなかったかも知れませんね☆

お休みすることは、自分自身のためだけではなく、
それが周りの人の幸せにもつながること〜そう考えると、
AC傾向の方でも、ハードルが低くなりそうですi-189

絵文字・・。こちらでは、
SoftBank、docomo、au の絵文字が使えるらしいのですi-201
とんちんかんでしたらごめんなさいi-201

michiko



No title

MICHIKOさん こんにちは。

私もコメント欄の顔文字出せません>操作が難しいですね~

日本人は、世界の中でも真面目で勤勉な国民性。
なかなか休まない国民性が染みついています!!

私自身も休んだらいけないとか(涙)、できない分、他の人より
たくさん働こう!!と考えてしまうほうでした。

けれど神様も働いた後はちゃんと休まれている>キリスト教日曜日はその記念

自分の身体は自分のものだから、どうなったっていい!と
やけになったこともありましたが、自分を産んだのは自分ではない。。
いただいた身体を休ませてあげないと「地獄」の入口に近づきそうです(笑)

わかっているつもりでも、AC気味の性質は休むのが億劫になる。
思い切って、酸素マスクを自分からとって休む日も用意しないと!
また来ますね~~

Re: No title

ひいちゃん さん

コメントありがとうございます。

親御さんのため、彼のため、これまでずうっと頑張ってこられたのですね。
その時その時、できる限りのことを、ひいちゃんは
精一杯やって来られたのだと思います。
本当によく頑張りましたね。

責められることで、ご自身がいやだと思う部分と向き合わなければならないことは、
言葉にならないほど苦しいことだと想像します。
否定されることは
もっともっと苦しいです。

彼が今、それほどまでに苦しんでいるということが、ひいちゃんはよおくお分かりだから、
なおさら苦しいんですよね。

今、ひいちゃんが、どんなお気持ちなのか、さみしくて仕方がないのなら、
それを正直に伝えてみることも、ひとつの方法なんじゃないかなあ。

適切にご自身の思いを伝えることは、相手との関係をより深くできる
手段になると思います。

michiko

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。