インナーチャイルドを具現化する

おはようございます。
ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます



6月の第三日曜日。

父の日。


いつも小銭しか持っていない父でした。

時々、たばこを買いに行くついでに、
駄菓子屋さんに連れていってくれました。
「もめんや」という駄菓子屋さんで、数十円分のお菓子を買ってもらうことを私は楽しみにしていました。

大らかな父が、大好きでした。

私の娘たちも父を慕い、大変懐いておりました。


父は今、ある施設で生活しています。

会いに行っても、
主人の名前は出るのに私の名前は出てきません(笑)

それでも大変嬉しそうな顔をして迎えてくれます。

主人には、
父の側に居る時の私は、穏やかでとてもいい顔をしていると言われます。

脳の障害により意思の疎通はできなくなっていても、
私自身、魂のレベルで会話をしていると感じています。


そんな父が元気だった頃、私は父に大切なものを届けてもらった
昨夜になってそう気付きました。


ACの方は、インナーチャイルド の存在を意識することが大切です。

自分に焦点が当たらない生き方をしてきましたから、自分のために何かをする、ということに抵抗があったりします。

自分に焦点を当てよう
自分主体で考えよう

その言葉の意味は理解できても、実生活では中々その通りにはいきません

私は何をしたいの?
何を求めているの?

もやもやしてよくわかりません


考えているうちに、特有のアンテナが反応

あの方はきっとこうして欲しいんだろうな、
家族はこれを求めているんだろうな、

ならば私はこれを選択するのが良さそう、

それなら更にその上のここまでやるしかない。

結局、自分がどうしたかったのかは置き去りとなってしまいます。
果てはそれが、自分のやりたかったことのような気さえしてしまう


上手く行けば良いけれど、そうでなかったら、
「せっかくここまでやってあげたのに」
怒りに近い感情が生まれ、
それをまた
うやむやにしてしまうことにもなりかねません



そんな時は、
インナーチャイルド
思い出すと良いようです。

インナーチャイルドが喜びそうなことをしてあげよう、
そう考えるのがよさそうです

社会生活を送る上での常識の範囲で、
その場に見合った微調整は必要ですが、
自分にはできないけれど、
心の中にいる小さな子どもへ
とういことなら、してあげられるかもしれません。

更に、
インナーチャイルドを具現化すると、
もっとイメージしやすくなるようです。

例えば小さい頃の写真が良いと聞きました。
ですがあいにく、私は写真を持っておりません

そういう場合は、人形でも良いそうです

人形。。。

母と兄から距離を取ろうと引越しをした数年前、
父が届けてくれたのが人形でした。

着物を着た70〜80センチの日本人形です。

色々な事情で実家が処分される頃、
取り壊される直前の私の部屋から、
87歳になる父が、
遠路我が家まで持ってきてくれたのです。

「michikoの大事なものだろうから」(^-^)

小さな頃から家にあったその人形が、
正直私は嫌いでした。

いつも無表情で冷たく他人行儀で、
自分のものという気がしませんでした。

バービーやリカちゃんのように
手にとって着せ替えをして遊びたかったのに、
ガラスのケースに入った大きな人形ではそれができません。
恐る恐る母にねだると、ぴしゃりと言われました。

こんなにいいのがあるでしょう!

兄はミニカーやプラモデル等、沢山持っていましたから、
兄は特別なのだと思っていました(´・_・`)

父がその人形を持って来てくれたとき、
(父はケースから出した人形本体だけを
剥き出しで抱えて持ってきました(笑))

どうしてこんなものを、と思ってしまいました。

それでも
「ぶつけないように持ってくるのが大変だったんだぞ」
そう言って汗をかいている父の気持ちは嬉しかった
それで私は少し手入れをしてみました。

いつもケース越しに眺めるだけだった
どこか冷たい表情のこの人形

直に触れたのは初めてのことでした。
色あせた着物がみすぼらしかったので、
新しい着物を作って着せました

自立出来ない作りでしかたから、
わずかな支えで自立するよう補助をつけました

現在の住まいにも、
家族の一員として連れてきています。

当時私はメンタルも参っていましたから、
そんな発想はなかったのですが、、
昨夜気付いたのです。

この人形は、
インナーチャイルドとして具現化するのにちょうど良い
ということに

何となく他人行儀に感じていたのは、
きっと私が、
彼女の心を閉じさせてしまう日常を
繰り返していたからなのかも知れません。

これからは少しづつ、
彼女と対話する時間を取ろうかなあ

リビングに居る彼女の表情が、
少し柔らかくなったように感じます。

父に感謝します。
そしてヒントを下さった水澤先生に感謝します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:素敵なお父様ですね

>ももユリんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます(^-^)/

そうなんです、大きいもので抱き上げることはできますが、全くの直立状態。父は運ぶのに大変だったようです(笑)

着物は着ていたものと同じ大きさに布を断ち、どうにかそれっぽくは縫いましたが、帯は力尽きてスカーフで代用してしまいました(^▽^;)
当時、夜な夜な、なぜか夢中で縫いました。

「自分が嫌いな人は写真を使うのが難しい」
そうかもしれません。

お気に入りの人形を用意して、おっしゃる通り、季節ごとに着せ替え愛でれば、楽しく対話ができそうですね☆

3. 素敵なお父様ですね

70~80センチの日本人形って大きいですね。
見事でしょうね! 赤ちゃんのように抱っこできる大きさですか(^_^)?

着せ替えの着物も 縫うのが大変そうです。
お兄さんのミニカーとプラモの間に 大きい日本人形があったら
驚く光景∑ヾ( ̄0 ̄;ノかもしれないです!!

インナーチャイルドを具現化するのに
自分が嫌いな人は なかなか自分の小さい頃の
写真を使うのは難しいですね(私はそう(>_<))

人形や可愛らしいものならできると思います。
アメーバのピグみたいに 着せ替えたり愛でれば楽しめそうです。
トライしてみます。

2. Re:おはようございます(^-^)

>Yoboshiさん

こんばんは(^-^)/
コメントありがとうございます。

Yoboshiさんは、大好きなおばあちゃまから
日本人形をいただいたのですね。
今はお持ちでなくても、
こうして時々思い出すことで、
Yoboshiさんの心の中にはそのお人形が
おばあちゃまの愛情と一緒に
宿っている、ということですよね(^-^)

そういう「持ちかた」もあるなあ、
と、気付かせていただきました。

ありがとうございます^^

1. おはようございます(^-^)

素敵なお父様ですね(^-^)

確かに人形って無表情で怖いですね(>_<)
おばあちゃん子だったYoboshiもおばあちゃんが病気になる直前に日本人形を貰いました(>_<)


今は持っていませんが(TT)出来れば持っていたかったですね(泣)
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR