ACの良い面は


おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます


私はAC(アダルトチャイルド)です

正体不明の生きづらさを感じながら過ごしてきた数十年。

その時間を取り戻すことはできませんが、そこから得られたものも無いわけではありません



子どものころからずっと、
母の関心を引くために進んで家事を手伝いました。

甘えることはできなくても一人でこなす段取りを覚えました


子どものころからずっと、
不穏な空気に敏感でした。

兄が何を命令してくるのか。母が何を望んでいるのか。

張り巡らせたアンテナは、私をくたくたにさせましたが、想像力を働かせ、空気の動きをキャッチする感度は良くなりました


子どものころからずっと、
遊ぶことに罪悪感がありました。

いつも早く帰らなくちゃ、という考えに縛られます。
子どもらしく遊ぶ時間を持てなかったけれど、
その分今では

ほんの小さな自由時間をありがたく感じられるようになりました

海外旅行に行かなくても、沢山お金を使わなくても、例えばヨガをする時間を慈しむことで大きな満足を得られます。


小さなことではありますが、悪くないな、と自分では思うのです

そして、それを悪くないな、と思える自分のことも、悪くないな、と思うのです 



子どものころの家庭環境などが、ご自身の安全を脅かす状況にあったACの方は、

少しでも安全な居場所を確保しようと、いくつかの手段を練り上げてきました。

その影響は恐ろしく強烈に今の生き方にも及び、考え方を縛り、自由を奪っています。

ですが、その全てが「悪いこと」ばかりではないのでは、と思うのです。

どんなことでも、どんな人でも、良い悪い面があって、それは固定されることではないんじゃないかなあ。


大切なことは、知らなかったこと、身につけられなかったことを、今これから知って身に付けてゆくこと


安全な場を確保することだけでいっぱいいっぱいでしたから、生きやすく過ごすためのスキルを身につけられなかったのは、

仕方のないこと

だと思うのです。


ここで言えば、

甘えること(人にモノをお願いすること)

必要以上にアンテナを張ることを、時々お休みすること 

遊ぶ時間を楽しむこと 


そういうことをひとつずつ知って、無理のない範囲で練習してゆけばいい。

ACであることを「変えよう」とするのではなくて

これまでの自分のままでいて、
知らなかったことをプラスしたり、
持っているものを活かしてアレンジすればいいのでは


変えようとしても中々変われないから、苦しかった。
変えなければと
もがくから、余計に自分を追い込んだ。

よく考えてみますと、何十年とその生き方に縛られてきたのですから、そうそう簡単に変われるはずはないと思うのです。


ならば、変わらなくてもいいんじゃないかな


そう思えてから、私はとっても楽になれたのです。


アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ

http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6. Re:無題

>ももユリんさん

こんばんは♪
コメントありがとうございます(^∇^)

ももユリんさんも、早く帰ろうとしてしまうんですね♪
なんというか、
お出掛けしていても落ち着かなくて
でもまあ、早く帰って落ち着けるのなら
それでもいーかなと思ってます(*´σー`)

お婆ちゃんっ子のご主人様(^o^)と
上手に調整しながら
快適な生活空間を確保されてるんですね☆

無理なく楽しく、が一番ですよね♪

いつもありがとうございます☆

5. Re:おはようございます

>Yoboshiさん

はい(^-^)/
おんなじですね☆

祖母には本当に感謝です(*^^*)

4. 無題

私も小さい頃から 早く家に帰らなくちゃ( ̄Д ̄;;と焦る癖がありました。
癖になっており 今でも外出先から早く家に帰ろうとします(笑)

そして 結婚した今でも 
ちょっと引きこもる場所をお家の中に確保しています(^_-)☆
夫婦でも別々にリラックスできる時間があると
気持ちに余裕が出ます。
お互いACの気質があるようだから工夫がいるんみたいです。。

ブログやネットをやっていても 良い面悪い面 ありますものね。。
悪い面ばかりみてたら続けられないし 良い面を楽しめるから
コメント欄に来れます♪ 楽しい方を選べば 楽しい。

michiko さんもお婆さん子だったのですね~
うちの旦那さんもですよ。
ACはおばあちゃんに助けられたりするのですね(^-^)

3. おはようございます

michikoさんお婆ちゃんっ子

共通点ですね(^-^)



今更遅いですけど祖母には
感謝ですね(^∀^)>

2. Re:無題

>Yoboshiさん

こんばんは♪
コメントありがとうございます☆

お婆ちゃまが亡くなられてから、
ずっと苦しい時間を過ごされたのですね…。

Yoboshiさんを可愛がってくださる
素敵なお婆ちゃまだったんだろうなあ。

きっと、
今でも見守ってくださってるのでしょう。

実は私もお婆ちゃんっ子でした(^^)
ありがたい存在だったなあ、と
時々思い出します。


1. 無題

こんばんゎ(^-^)

子供の頃のYoboshiは

毎日、常に親からの恐怖心
生活でした(^-^)

家庭の中で唯一の居場所は
祖母でした(^-^)

祖母が亡くなってからは

恐怖心と孤独感で

精神的に辛かったです(>_<)

どんどん鬱状態になって

生きる気持ちも笑うことも泣くことも

自分の感情を殺して

良い子を演じる生き方に

いつの間にかなってしまってました(>_<)


つい最近ですね

前を向けるようになったのも

考え方を変えることが出来たのも(^-^)
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ