ACの自己承認


こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます



michikoさん、~
なんてすごいですね!


とんでもないっ!そんなことないですっ(><;)


それにほら、
ここ、これがこうだから私、全然だめなんです

これは褒められた時の、かつての私の反応です。

謙遜しているのではなく、本気で否定してかかります。

私がすごいはずなどないんです 
私にそんな価値はありません・・・


多分、認めて欲しい気持ちは あるはずです。
でも、
心底自分にはそんな価値がないと思ってしまう。

ですので、褒められると居心地が悪くて落ち着かなくなってしまうのです。

何人かでお話しているときは特に、
注目されてしまうことが怖くて、何とか皆さんの関心を他に向けようと頭をフル稼働させ、よくこんな発言もしていました。


〇〇さんは私なんかよりずっとお上手なんですよ



たいていは○○さんの話題に流れてしまい、私は慣れ親しんだポジションに戻れてホッとするのです。

同時に襲うのは、
お馴染みの自己否定感


せっかくお褒めくださった言葉。

なぜありがたく受け入れられず全力で拒否してしまうのだろう。
褒めてくださったあの方は困惑したにちがいない。

でもやっぱり〇〇さんに比べたら私なんて


そんな思いがめぐり、劣等感も強まります。



2歳ころから児童期にかけての時期は、
身近な大人から認められる(承認)経験を十分に重ねることが大切といわれます。

その経験により、自分の中の安全地帯がしっかりと形成され、子どもは自信 をもてるようになるそうです。

劣等感自己否定感に苦しい思いをされている方は、
子どものころ、身近な大人に十分な承認をもらえなかったからかも知れません。

私の場合は、

褒められても喜ぶべきではない

調子に乗るな

というメッセージにも縛られていました。


あなたは出来て当然のことをしているだけ。


ですので、

ダメだしをされるほうが自分らしいとさえ思ってしまう

そんな癖がついておりました。


承認は、自分の望むようにしてもらう必要があります。


「ママ見て!」

小さな子どもが嬉々として言ったとき、
気持ちを汲んで

「わあ、すごいねえ!」 と喜んでくれるように



今、それが出来る最適任者はどなたでしょう。


それは他でもない、自分自身


自分の気持ちを静かに聴いて、タイミングよく認めてさしあげる。



無理に何かをするのではなく、ベースは今のままでいいと思うのです。

だってあなたの存在そのものに大きな価値 がおありなのですから


承認を求める気持ちの裏には、自分自身を認めたい

自己承認

の欲求があるといいます。

自分で承認ができたら、一石二鳥ですよね。


これまでずっと、認めて欲しいときにそれが叶わなかった。

褒めて欲しかったのに気付いてもらえなかった。

そうして、沢山傷ついてこられた。


でも今、大人になったあなたご自身は、
ご自身の望むかたちで承認できる力をきっと持ってらっしゃると思うのです。



アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ

http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:こんにちゎ(^-^)

>Yoboshiさん

こんにちは(^^)

とんでもないです、こちらこそ
いつもありがとうございます♪

Yoboshiさんの経験が
私と重なるところがおありなんて
嬉しいです。

ACの根っこはきっと同じなのでしょうね(^^)

少しでもお楽になれたのでしたら、
それはYoboshiさんご自身の
お力だと思いますよ☆

michiko


3. Re:無題

>ももユリんさん

こんにちは(^^)

いつも嬉しいコメントを
ありがとうございます☆

英語で Thank You 
いいですね(^-^)q
私も早速取り入れさせて頂きます♪

奥ゆかしくて嫌いではないのですが、
日本の習慣がそうさせてしまうところ、
ありますよね。
確かに伝統芸能が身近にあった環境ですと、
影響をダイレクトに受けやすいかと思います。

そんなご主人さまをちゃあんと理解して
らっしゃる
ももユリんさん、素敵です☆

michiko

2. こんにちゎ(^-^)

michikoさんのブログは

いつも読むたびに

Yoboshi自身と同じだって
感じてました(>_<)

やっぱりACを経験している
からですかね?

だからmichikoさんのブログを

読ませて頂くと

自分自身が築いていなかったことに

築けて少しずつですが


自分を楽にしてあげられて

いる気がします(^-^)


michikoさんいつも素敵な

ヒントと癒しを

ありがとうございます(^∀^)>

1. 無題

michiko さん こんにちは♪

私も長い間・・・
とんでもないです(>_<) そんな言葉はもったいない‼と 
褒め言葉を素直に受け取らずに、じぶんで悪く加工しました(笑)
日本人だから仕方ない と思ってきました。

最近は褒められると心の中で Thank you♡と英語を言っています。

夫も 最初に「ごめんなさい」と謙遜して 自分を抑えて話す 日本人気質。
日舞を教えるお母さんの下で育った夫も ちょっとAC気味なんです。。

ACに関することをいろいろ読みはしましたが、
michiko さんのブログには 入り込みやすく(^-^) とてもありがたいです‼
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ