自分のこと

自分のこと



こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。

お読みくださりありがとうございます。



今日は春分です。


立春から立夏の前日までを、暦の上では「春」というそうですが、

そのちょうど真ん中にあたるのが「春分」だそうです。


日毎に春めいてきて、ひな祭りや卒業式があったり、

進学や入学を控えた人が身の回りにいたり・・。


それぞれのドラマを思うと、感動的でとても華やかで、

視角的にも情緒的にも豊かな時季ではありますが

「変化」に心身が付いていけなくて、体調を崩すことも多いですよね。




―今、体調はどうでしょうか―



自分にそっと訊ねてみました。



・・・花粉症の影響なのか咳カゼ がよく出るし、

毎日とっても眠たくて。


本音を言うと、色々

ちょっとくたびれちゃったかもしれません・・・


・・・少しゆっくりした時間を過ごしたいです・・・



―そうでしたか、このところずっと気を揉み、忙しくされていましたから、

  今日は半日ゆっくり本でも読めるといいですね―





私は自分の体の変化に疎いのです。



よく、「これを食べると調子が良い」とか、

「この鎮痛剤はよく効くよ」とか、

「このストレッチが凝りにいいよ」とか、

色々なところで聞くけれど、

試してみても、効果の程が

よくわからない。


そもそも自分の体の状態がよくわからない。


これくらいのことで疲れているようでは情けない、

痛いような気がするけれどまあ、何とかなるでしょう、、、、


いつもそうして誤魔化しておりました。




そのくせ、他人の機嫌や体調には、とっても敏感。


何故なら、家族の機嫌がいいことは、私にとっての居場所の安全に

直結するから。


幼い頃から家族(特に母と兄)の機嫌に関するアンテナはマックスでした。


今でも、機嫌が悪い人が近くにいると、

自分のせいかも知れない、

どうしよう、自分が何とかしなければガーン・・・・。

そんな強迫観念にとらわれてしまいます。



そう考えてしまう私だけれど、私にとって大切な私でもある訳です。



だから、

大きく一つ深呼吸をして、

そっと自分に訊ねてみる。

私の身体が今何を必要としているのか

時々きちんと確認してみる。



―今、体調はどうでしょうか―



春本番に向けて、心身気持ちよくスタートが切れますように。




ACカウンセラー松橋通子のHPはこちらです

よろしかったらいらしてください(*´σー`)


http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ