スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACも捨てたものではありません


おはようございます

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます



「アダルトチルドレン」って、
大人なのに子どもみたいに甘えている人のことですか?

こう聞かれることが。

そうですよねえ。
直訳したら「大人子ども」(笑)
確かに意味がわかりません

子どものころの生育環境(主に親、兄弟との関係)が原因でトラウマを抱えてしまい、
その影響で、大人になっても生きづらさを感じている人のことなんです。
甘えている大人というのとは、ちょっと違うんですよ
 

こんなふうにお伝えしています。

興味をもってくださって時間も少しあるようでしたら、更に補足をすることでだいたい解っていただけます

でも、関心の無い方には、この説明では今ひとつピンと来ないようです


何年も前ですが、
意味を理解しているであろう専門家の著書で
(ごめんなさい、著者も書名も忘れてしまいました )、

ACについてこのようなことが書かれていました。

自分の未熟な性格を親や環境のせいにする甘えた概念

自分からAC(アダルトチルドレン)だと言う人は
言い訳をしているようで好きではない


とっても否定的な見解です・・・。

偶然目にてしまった私は、ひどく落ち込みました


私にとって、かすかな希望を見出したACという概念 

それが世間では
こんなふうに否定的に捉えられている

すっかり自信をなくしてしまったのです。

と同時に、


やはり私はただの意気地のない甘ったれ、

親のせいにする罰当たり


そう自分を責めました。


人にもきっとそう思われるにちがいない。

おびえた私は、ACと自覚していながら誰にも告白できませんでした。


ですがその後、
精神保健や心理学について勉強する中で、

母親からの情緒的支援


子どもにとってどれほど重要であるかということを知りました。

ACという概念の意味や自分の考え方の方向について
もう少し深めてゆこうと思うようになりました

それからは、試行錯誤を繰り返し、
実家の問題に振り回されながらあれこれ試すようになりました。

もう、嫌い。うんざりです。

これ以上私を苦しめないで。

どうしてわかってくれないの。

やっぱり私は価値がない。

何をやってもダメなんだ。


何とか消してしまおうと試みました。

一時的に楽にはなるものの、
しばらくすると元に戻ってしまいます

効果があった振りをしてしまうことも・・。
 

何をやっても劇的には変われません


それが自己否定感に拍車をかけます。

頑固な私の場合は、
そう簡単に消えてはくれないのです


そんなある時、
ヒントをもらって発想を転換することを思いつきました

ACを受け入れる
ことにしたのです 

こうも長くおつきあいしていますと、
実はなかなか離れがたい存在にもなっていました。

そう、良くも悪くも、すっかり私の一部となっているAC。

落ち着いてじっくり観察
してみると、
それほどワルモノでもない ことが解りました


そうこうしているうちに気がつくと、

ちゃあんと自分に焦点が当たってる。


今までよりずっと楽に生きている私がいました 

ACと共に生きる 
人生、捨てたものではないな、と思うのです


アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるための
カウンセリングはこちらからどうぞ

http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6. Re:はじめまして

>マユミさん

コメントありがとうございます。

過酷な環境で生き延びてこられたのですね。

「甘えの病気」
「アフリカには食べられない子供たちが・・・」
なに様のおつもりなのか、
心無い言葉に憤りを感じました。

アフリカに行って(!)
笑顔を教わって来られた
マユミさんは、人として
数百倍素敵だと思いました。

おっしゃる通り、ACはアルコール問題に限らなくなり、枠などとらえ方も難しいですよね。
そして、ACに気づくことが自分らしく生きるための一歩であると、私も思います( ´ー`)

michiko





5. はじめまして

アルコホリックオヴチルドレン

という文字通りのACでしたが

初めて入院した摂食障害の時

「摂食障害は甘えの病気だ」

と言われました

「アフリカには食べられない

子供たちがたくさんいるんだ」

というのを聞いて

「じゃあ私アフリカに行きたい」

と思って実際に行きましたが

私はアフリカに言って笑顔を

教えてもらいました

ACって枠も難しいですが

自分がそれに気づくことが

はじめの一歩のような気がします



4. Re:無題

>Yoboshiさん

いえいえ、
こちらこそ
Yoboshiさんのコメントから
ヒントを頂いてるんですよ(#^.^#)

いつもありがとうございます☆

3. 無題

ブログを読ませて頂くと

Yoboshiなりにヒントになることが多いのです(>_<)

michikoさんいつも


素敵なヒントをありがとうございます(^-^)

2. Re:無題

>Yoboshiさん

Yoboshiさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

子どものころの影響は大きいですよね。
今からでもその傷を癒してあげることは
とっても大切ですよね。

私の場合は、ACと自覚してから
自分なりにあれこれ取り組み、
試行錯誤を重ねて
回り道もしてきました。
そもそも受け入れる、
ということを想定していなかったので
7年くらいかかってもがいてしまいました。

でも、Yoboshiさんのように、
受け入れようと思って意識して実行されれば、
早くうけいれることができるようになると思いますよ(^-^)

michiko

1. 無題

不思議ですね

子供の頃の家庭環境で受けてしまった傷は


大人になっても残ってしまうのでしょうか?


私はずっと幸せな家庭環境で育った人には


ACの苦しみは絶対に理解出来ないと思います(>_<)


ACを受け入れることで楽に生きられるのなら


受け入れる努力をしようと思います(>_<)


michikoさんはどのくらいで受け入れることが出来ましたか?
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。