スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありのままを写す

こんばんは。ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございますチューリップピンク




ここ千葉は、行楽日和晴れが続いています。

連休中のレジャーで、写真に写る機会も多いことでしょう。



実は、私、写真カメラがとっても苦手です長音記号1



小学一年生か二年生の国語の授業で、

「小さいときの写真を貼って、その時のことを作文に書きましょう」という課題が出ました。


大変です。


自分の写真を一枚、学校に持って行かなければなりません。



当時家にあった私だけが写った写真は、

たったの二枚


悩んで困って、仕方なく大切な一枚を原稿用紙に貼りました。


しばらくの間教室の後ろに展示されていたので、

写真が劣化するのではと、毎日ハラハラしていたのをよく憶えています。


私の幼い頃はカメラも高価で、今のように日常的に写真を撮ることは少なかったのですが、兄の写真は沢山ありました。


また、同級生たちも、赤ちゃん時代、幼稚園、七五三、入学式と、イベントに合わせそれなりに沢山の写真を持っていました。


私は、お兄ちゃんがいるから写真が少ないのは仕方ないの」

そう笑って演出し、内心は傷ついていました雨



その上、幼少期にカメラを向けられたことがほとんどないので、どんな顔をしたらよいのかよく分かりませんしょぼん



結果、どうしても身構えた固い表情になってしまいます。



高学年になってから、

写真写りについて兄に馬鹿にされたことも

苦手意識に拍車をかけました


悟られないよう注意を払って

思春期、青年期をすごして参りましたが、
自分の写った写真を見ることは好きではありませんでした。



それがつい先日、

彩開セラピストの真島さんに写真を撮って頂く機会に恵まれ、衝撃を受けました。



ごく自然体でカメラを構える真島さんの撮影に


気持ちがほぐれただけではなく、

出来上がった写真も、

これまでのものに比べると


格段にリラックスした表情だったのです合格



「写真」という言葉は、中国語の


「真を写したもの」


から来ているそうです(ウィキペディアより)。




真を写したものありのままを写したものカメラ



写真に対する

コンプレックスに抑え込まれていた私の中にいて、


ほんの一瞬姿を見せた


ありのままの私(インナーチャイルド)女の子




真島さんの切るシャッターは、

これを絶妙のタイミングで


捉えてくださったのだと

感謝しています。


彩開セラピストまーしーさんのHPはこちらです。


http://sorami-m.jimdo.com/




ひょっとして


インナーチャイルドの癒やし天使

につながるかもしれませんベル


※インナーチャイルド・・自分の心の中にいるありのままの子ども。その子どもを癒すことがACの回復に重要です。





ACカウンセラー 松橋通子のHPはこちらです。

よろしかったらいらしてください(´▽`)

http://ac-counseling.net



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。