FC2ブログ

褒められること

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださり大変ありがとうござます。





少し前に、髪を切りました

鏡の前でヘアカタログを提示しながら
いわゆるイタいおばさん(笑)と思われないようにと、
美容師さんと相談して
12〜3センチカットしパーマをかけました

夏の間、長い髪をまとめて過ごしておりましたので、
カットしたことで印象は変わりましたが、
それほど思い切ったわけでもなく、
これまでも何度かしていた雰囲気の仕上がりに

翌朝、
もっと短くしても良かったかなあ。

ワックスを簡単に揉みこんで出かけると、
何人かの方が髪型の変化に気付き、
褒めてくださいました。

具体的な言葉は割愛します(・・照れくさいのです)が、
とても素敵な言葉をかけてくださったのです。

・・・自慢したくてここに書いているのではありません

そのお褒めの言葉はありがたくて、
とても嬉しいのだけれど、
・・嬉しいのだけれど、、、

私は急に居心地が悪くなり、
混乱動揺してしまったのです

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

そんな自分に、
ちょっとがっかりしました。

動揺を悟られまいと
これでも相当頑張りましたので、
その都度
それなりの反応でお返ししてやり過ごせていたと思います。

けれども内心はどうにも落ち着かず、

どうか早くこの話題から遠ざかってくれますように
どうか皆さんの注目が私ではないところへ移りますように

そうすがるような気持ちでおりました。



私の中には
動揺するきっかけとなる「スイッチ」
いくつかあるのですが、

どうやら容姿にまつわることも
その「スイッチ」の一つのようです。

体調に影響されるものですから、
いつでも毎回、というわけではないのですが、

容姿について何か言われると
たとえそれが褒め言葉であったとしても、
落ち着かなくなってしまうことがあるのです

昔兄や母に言われた否定的な言葉
その時の感情が、
かすかに頭をよぎってしまい、

どこか信じられないといいますか、
素直に受け取れないといいますか・・。



若干、
解決していない課題が残っているのだと思います。

随分練習したんだけどなあ

褒め言葉を頂いたら、
「ありがとうございます」とさらっと受け取ることが、
大分できるようになっていたと思っておりましたが、
そうではありませんでした。

けれども、
上手く受け取ることが出来ないもどかしさや混乱を、
あらためて感じることはできました。



日頃カウンセリングでは、
小さな褒め言葉を受け取る練習をしていただいています

これが自己承認を促すステップであり、
自己愛を育てるトレーニングになると考えるからです。

もちろん私も、その練習を重ねて参りました。
ですので以前とは比べものにならないほど、
褒め言葉を素直に受け取ることができるようになっていると思います。

けれどもせっかく褒めていただいた(=承認された)というのに、
今回のように、
他者から認められた自分を上手く認められない事態にも、
時々陥ってしまうのです。



承認

かつて私は、
母からの承認をどれほど欲していたことでしょう。

もっと年齢を遡れば、
承認欲求など
持っていないふりをしていたようにも記憶しています。

それは
認めて欲しい
褒めて欲しい


そう求めるほどに、
母がどんどん遠ざかっていくような
不安があったからかも知れません。

できたからって調子に乗るな
やれて当たり前だ


そんな言葉と共に。



強い承認欲求は、
劣等感が強く働いているということなのだともいわれます。

ひょっとしたら
幼い私は感覚的にそれを知っていて、
ダメ出しの連続から必要以上に傷つき易くなり、
自信を喪失していたことに決して気付かれまいと、
承認欲求など持っていないふりをしたのもしれません。



今の私は、
かつての私とは環境が異なります。

褒められたいと自然に感じて、
褒められたなら素直に喜んでいい

褒められたことを素直に受け取れた時の喜びというものは、
それはそれは素敵な体験

これはきっと、
承認欲求を
自己承認という形で満たすことができた喜びなのだと思うのです

笑顔で心から、
「ありがとうございます」と言えるよう
今日もまた、トレーニングを続けようと思います。




つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 多様なAC

ことりさん、こんにちは。

考えさせられるコメントを
ありがとうございます^^

「褒められる」ことに対する受け取り方は、
性格や感受性、子供時代だけでなく大人になってから
体験してきた出来事などによる影響も大いにあるかと思いますが、
その根本となるものには、育った環境
という核がでーんと構えているように思うのです。

子どもというのは本当に純粋で従順で、
養護者が世界の全てであると信じています。

ですので、その環境適応能力の高さから、
自分のいる世界でどう立ち回れば安全なのか、
小さな頭と小さな身体で、命懸けで演じるのだと思います。
本当に求めているものを、本当に表現したいことを
必死に封じ込めて。
優れた嗅覚から、様々な役割を見つけて。

どんなに恵まれた環境に育ったお子さんでも、
そうしたことを、一時的に演じることもあるでしょう。
でも、
それを何年も何年も継続させなければならない環境があるとしたら、、、。

本来、擁護している大人の責任として、
それは改善する努力をすべきだと思うのです。

過酷な環境を生き抜いてきた子どもは、
まさに「サバイバー」。
(実は、ブログの副題にしようかと真剣に検討したことが^^)

ことりさんは、「マスコット」として、
過酷な環境を生き抜いてこられた。

>
> 「癒し」を売って、「ちやほや」を買います。
>
> 時にはライバルを蹴散らし、
> 時には「褒めことば」の取り立てもします。
> 粘り強く。
>
> この生き方が底をついて、
> 生きられなくなり、
> カウンセリングを受けたり、心理学を勉強して、
>
> 自分の執着心が他者を支配しているだと理解しました。
>

真に求めているものを手に入れようと創意工夫した結果が、
知らず知らずのうちに身に付けていた、
「支配」だったのですね。

けれども今は、「支配」の呪縛から少しずつ開放され

> 私は私に誇りを持って

しっかりと生きてらっしゃるi-189


謙遜だとか、へりくだってだとか、
そういうこととは違うのですが、
私は褒められることが苦手です。
でも
褒めてくださる方のご好意を
気負わず素直にうけとれるように、
いつも意識していたいと思います。

ありがとうございました。

michiko

多様なAC

michikoさん、こんにちは。

今回の記事、新しい気づきがありました。
勉強になりました。

私は自分のことをACのサバイバーだと思っているのですが、
「褒められること」については、
違う感覚を持っていたんです。


実は、
『褒めるのはいいことだ』
『相手のためになることだ』
との思いに、疑うことなく生きてきました。

でも、すべての人にとって、当てはまることではないと、
今回の記事を読んで思いました。


これまでの人間関係を振り返ってみると、
思い当たることがあります。

私がある人の行いを褒めると、それを全力で否定されたことがありました。
そうなると、私自身が否定されたように感じてしまうんです。
腹を立てました。

でも…、
なんか、わかりました。


自分のこととしては、
私は、長くマスコットという生き方をしてきました。
それしか生き方がわからないのです。

マスコットというのは、
その場その場で微妙にキャラ変更はしますが、
その目的は、周囲を癒すことです。

こう書くとすごくいいことをしてるようですが、
ACの場合は違います。
愛ではありません。

「癒し」を売って、「ちやほや」を買います。

時にはライバルを蹴散らし、
時には「褒めことば」の取り立てもします。
粘り強く。

この生き方が底をついて、
生きられなくなり、
カウンセリングを受けたり、心理学を勉強して、

自分の執着心が他者を支配しているだと理解しました。


🍂🍂🍂🍂


時がたち、今の私は褒められたときには
「ありがとうございます」とさらっと返します。

でも、それは相手の好意に対してのもので、
褒められた内容ではない気がします。

褒められてもけなされても、
私は私に誇りを持っていると思いたいから
なのかもしれません。


ありがとうございました。
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR