決別




こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。

お読みくださりありがとうございます音譜





前回のブログに「平安の祈り」について書かせて頂きましたが、

何人かの方から、メッセージを頂戴しました。


私と同じように、

この一節を思い返したり心の支えにしている、

という内容でした。


同じ思いの方が沢山いらっしゃる、嬉しかったです。




私も、その時々で、色々な解釈をし、納得し、


前に進む力虹を頂いてまいりました。



昨年春のことですが、


私は母に決別の意思を伝えました。


年老いた母にそう伝えることは世間的には大変な親不孝でしょう。


「大変なことを言ってしまった」


年甲斐もなく泣いて伝えた直後からしばらくの間、

なんとも言えない罪悪感に苛まれました。




実は今でも、あまり思い出したくはありません汗


兄のことは境界が引けても、母のこととなるとなかなか難しいのです。




私は二人の娘さくらんぼに恵まれました。


二人とも、かけがえのない大切な存在です。


良いことも


そうでもないことも、


娘たちのおかげで、沢山の経験をさせてもらえ、

私の人生には厚みと奥行ができました。



だからこそ一層、こう考えておりました。



私だって、母にとって大切な娘


かけがえのない存在であるはず


そうでない筈はない




どうやらそうではないと知りながら、

また、周囲からもそう聞かされながら、


でも私はどうしても受け入れられず、


ずっとずっと否認し続けました。



解って欲しかった。知って欲しかった。認めて欲しかった。


兄と同じように愛して欲しかった。



叶わない願いに苦しむことは、もう限界でした。

いつかはそう決心しなければならなかったのです。


このままでいる訳にはいかない。


今が、その時だと、決心しました。


「自分に誠実に生きよう」



私は自分を守るために、母に決別を伝えたのでした




完全に消化できたとはまだ言えないかもしれません。



でも、少なくとも


あの時、勇気をもって自分を守る行動に出られたことは、


自分の人生を生きる助けになった、そう思っています。



変えられないものを受け入れる落ち着き


変えられるものを変えてゆく勇気


ふたつのことを見分ける賢さ





ACカウンセラー松橋通子のHPはこちらです。

よろしかったらいらしてください(´▽`)


http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ