FC2ブログ

分かってくれた人

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。



「ACの私にとって味方だった父」 2015年8月  Ver.2



早いもので、
8月も残りわずかとなりました

小学二年生のちょうど今頃のこと、
私はとっても焦っていました

宿題はほぼ終わっていたのですが、

一つだけ
どうしても片付かないものがあったのです

  

それは
夏休みの思い出を画用紙に描いて作文を添える、
という宿題でした。

一年生のときも同じ宿題が出て、
私は当然のように近所の盆踊りのことを描きました。
小さな公園で毎年開催される盆踊りは
わたあめの屋台も出ていて、
私にとって「特別」なものだったからです

  

ですが
驚いたことにどの子も、
家族とレジャーに出かけたことを
お休み中の思い出として描いてきたのです。

「田舎に行きました」
「海に行きました」
「山に行きました」
「キャンプをしました」
「プールに行きました」
「遊園地に行きました」
「新幹線に乗りました」

・・・私はどれも経験がありません

クラスのみんなが
宿題を見せ合って話をしているときは、
一人置いていていかれているようで
惨めな気持ちになりました

同じ宿題が出ませんようにと
人知れず祈りましたが、

冬休みも春休みも、
それはいつも定番として存在しました

その度に精一杯、
私にとって「特別」な日常を描いてきましたが

他の子にとってそれは
「普段」の日常でしかないようで、

みんなから返ってくるのはいつも薄い反応

惨めな気持ちになる繰り返し



今年の夏休みこそ、
どこかへ連れて行ってくれるかもしれない


カレンダーを確認、
まだ7日残ってる

明日はきっと
今日はきっと

静かに私は待ち続けました。

ところが
8月28日になっても、
29日になっても、

お出かけの声はかかりません

宿題を終わらせることが出来ない、
先生に叱られる、
クラスのみんなから置いていかれる・・。

  

不安な気持ちに追い詰められてゆきました。

  

そしてとうとう、
30日の朝になりました

普段と変わらない朝でしたが、
私の中ではタイムリミット限界でした

思い切って、
母と父に言いました。

「・・宿題が、できないの」

   

みんながどういう絵を描いてきているか、
去年の夏休みも、
冬休みも、
春休みだって、
いつもいつも惨め悲しかった思いを、
一生懸命伝えました

・゚・(つД`)・゚・

母には、

「今頃言われたってねえ」
「盆踊りでも描けばいいじゃない」

そんな風に言われました

(っω・`。)

  

気持ちを
汲んでくれたのは、
でした。

「そうか。宿題ができないのはかわいそうだ。
 それなら今からプールに行こう」

  

持ち物は、
スクール水着とバスタオルに塩むすび

小銭しか持たないが、
電車を乗り継ぎ、
大きな大きなプールに連れて行ってくれました

流れるプールに波のプール、
ウォータースライダーもありました
 
  

は一日、私に付き合ってくれました。

身体が冷えたら、
プールサイドに直に寝そべり甲羅干し。

のどが渇いたら、
水飲み場で水道水を飲みました。

お腹がすいたら、
お塩のおむすびをいただきました。

余計なものを省いたらしいレジャーでした。

私は
レジャーシートも
カラフルなジュースやアイスも、
フランクフルトもいらなかった。

機能不全の家族の中で、
私の気持ちを分かってくれたことがしかった。

  

よく晴れた一日
おひさまが傾く頃には、
全身すっかり日焼けしました。

翌31日
私は宿題を仕上げました

会心の出来でした

これでみんなと同じになれる
背中は赤くヒリヒリしていましたが、
心はとっても穏やかでした

  

そして新学期。

日焼けしたての私は、
クラスの誰よりも真っ黒でした。

即席の日焼けでしたがらしかった

  

一人ではない。
必ず分かってくれる人がいる

毎年この時期、
そんなことを思い出すのです。



  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

水まんじゅう

ACカウンセラーmichikoでございます。
しばらくぶりの更新ですのに、
訪問くださりありがとうございます。




百貨店の地下で、
「水まんじゅう」なるものを購入いたしました。

半透明に練った葛粉であんを包んだ
夏ならではの和菓子です

あんを優しく透かせて見せるその姿は、
奥ゆかしく涼やかで美しい

また、滅多に見かけなくなりましたが、

薄く張った和紙に地模様が透ける
竹製のうちわなども、
大変涼やかに感じます

亜熱帯化していると言われる昨今、
この季節が年々苦手になっておりますが、

を呼ぶ工夫を感じる文化に触れると、
夏の暑さも肯定的に思えてくるので不思議です。



私たちの先輩方は
暑さという環境を嘆くだけではなく、

快適に過ごすための知恵を絞り
あれこれ工夫してこられたのでしょう。

暑さに限らず、
そうして生み出された様々な文化は
継承しいつくしみ愛していたいと思います。



ACな私たちも、
幼い頃に置かれていた環境を
少しでも快適に過ごすために、

当時できうる
精一杯の工夫を施して、
今日まで生き抜いてまいりました

例えばそれは

誰かの期待に応えようと頑張り続けたり、
誰かが怒らないように
目立たなくしていることだったりしたかも知れません。

そうしていなければ
自分の安全は脅かされる

そう確信させられる事象を体験し、
さらされるであろう恐怖を想像してはおびえました

そして
恐ろしい事態を少しでも回避できる方法を、
私たちは懸命に模索しました。

小さな頭で、小さな身体で。
わずかばかりの
限られた資源を活用して。

状況を観察し対応案の構想を練り、
結果をいくつか想像し、
実際にやってみて
効果を検証する。

これらを何度となく繰り返しました。

そうして出来上がった
生き抜くための技術は、
それはそれは
洗練されたものであったに違いありません。

その技術のお陰で、
私たちは小さな安心
手に入れてこられたのです。

  

こうしたことは
私たちの「強味」であり、
「魅力」でもあると思うのです。

だからこれを、
引き続きえて、
しみしていいと思うのです

けれども大人になった今、
うっかり用いたその技術
自己嫌悪をおぼえたり、

よかれと活用したけれど
逆効果で居心地の悪さを感じることがおありなら、

ほんの少しだけ手を加えて、
工夫されると良いのかもしれません。

  

40度超を記録したこの夏、
ためらわずに冷房を使うことが推奨されています。

―冷房は身体を冷やしすぎて良くない
―電気を節約するため設定温度は28度に

そう言われた時代もありましたが、
この夏そのような話は聞かれません。

様々な環境の変化から、
かつての夏より暑さが厳しくなり、
ひと昔前のような対処では
健康を損なう危険性が高くなりました

いくら涼やかに作られているとはいえ、
お菓子やうちわだけでしのげる暑さではありませんし、
冷房だって
28度設定ではとても追いつかなくなってしまったのです。

人が健全に快適に生きてゆくためには
置かれた環境に適応した
柔軟性が必要なようです。

今をよりに生きるために、
どこを工夫したら効果的なのでしょう。

  

心配は要りません

私たちには、
技術を磨きあげるために
必要なスキルがしっかり備わっております

かつてどう乗り越えてこられたのか、
思い返してみてください。

事態をよく観察してきたはずです

想像力発想も豊かなはずです

効果を試してみる
勇気だってお持ちでしょう

何しろ当時は必死。
そうしたスキルは
かなり高いレベルで持ち合わせているのですから

  

程よく冷房を効かせたリビングで頂いた水まんじゅうは、
この夏一番の美味しさでした。



  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR