マウスピース

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださり大変ありがとうござます。




一昨日の朝起きたとき、
肩から首にかけての強い凝りを感じました。

どうやら寝違えてしまったようです
久しぶりのホンモノの肩凝り

午後にはその凝りが背中にまで及び、
とうとう頭痛と吐き気までも

・・こんなに辛いものだったとは

背中を柱の角にあてゴリゴリやってみたり、
肩甲骨を動かすストレッチをしてみたりしましたが、
大して改善いたしません

夜になって娘と主人にお願いし、
順番に揉んでもらいました
おかげで少し楽になりましたが、
その日はとうとう
凝りから解放されることは叶いませんでした。

(。pω-。)



「やっぱり・・よっぽど辛かったと思うよ。」

実は一週間ほど前
歯医者さんで言われました。

その先生の勧めで、
私は数か月前からマウスピースを装着しています。

かつて虫歯だらけだった私
通った歯医者さんは複数件ありました。

それぞれ治療した歯の詰め物や被せものは、
ちっとも合っていないのに、
私はそれらを調整してもらうことなく
「合わせて」しまっていたらしいのです。

長年かけて
すっかりズレてしまった歯の噛み合わせ

これを本来の位置に戻すために、
マウスピースで調整しているところなのです

以前の記事ACスマイル
でもお伝えしたとおり、
先生によれば、
噛み合わせの問題はとても重要で、
体全体の歪みや痛み、
内臓やメンタルにも影響を及ぼすのだとか。

「ほら、ここしか当たってないでしょ」

赤い咬合紙で確認しては、
得意そうに仰る先生

これまで自分がどこで噛んでいたのか、
もはや私にはわかりません

食事をしていても
咀嚼しているようなしていないような
お蕎麦もうまく噛めず
適当なところで飲み込んでしまうことも。

そうお伝えすると

「それだけ動いてるっていうこと。
今はそれでいいんだよ。」

と笑う先生。

そういえば
診察台で口を開けるときに鳴っていた、
ガクッという顎のイヤな音がしなくなっておりました

「肩凝りはどう?」

その時は、
「肩凝り」という言葉を意識したことが、
久しぶりだと感じ入ってしまうほど、
肩や背中の凝りもありませんでした

こんなふうに

あ、そう言えばなくなっている

そう思えるものを活用することが、
マイルドで副作用もなく、
安全と言えるのだと思います

.゚+.(・∀・)゚+.

例えば私の噛み合わせは、
「甚だしく」というほどではないにしても、
異常な状態と言えるでしょう。

ですが合わない噛み合わせでも、
その役目を果たせるように
環境に適応した「スキル」を身に付け
長年過ごしてまいりました。

それでずっと不便がなければ
問題ないわけですが、

私の場合は、
他の歯の健康維持を脅かすものに発展したり、
顎が鳴ったり肩凝りや頭痛持ちになってしまいました

それだけではなく、
肩凝りを感じにくくするスキルまで身に付けて。



ACな私たちは、
これまでそうしてきたように、

本来の自分とその気持ちを
完全に押し殺して
時に気づかない振りをして
あるいは
関心を持つこともせずに

与えられた環境に適応しようと
一人
無理を重ねてしてしまう傾向があるのかもしれません。



先生の提案を受けて考えてみたのです。

私が身に付けた「スキル」は、
これからも必要なのか
どうかを。

実は不自然だと感じていて、
何とかしたいなと今の私は思えましたから、

長年頑張ってきてくれたけれども
その「スキル」を手放して、
今度は
ケアすることにしたわけでございます。

その責任は、自分自身にある

「マウスピース」という新たな道具を活用して、
私は引き続き、
時間をかけてマイルドにケアしてゆきたいと思っています。




つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました
スポンサーサイト
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR