スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処分と保留

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださり、大変ありがとうございます





やらなければと思いながら
あれこれ言い訳をして先延ばしにしていた
季節の衣類の入れ替え

先日ようやく、ある程度整えることができました。
いつものことですが、少々時間がかかりました。

私はいつも、
先ずは冬物衣類の始末から手を付けます
次のシーズンの要・不要を判断しながら、
少しずつ手入れし片付けてゆきます。

そうしてスペースを空けてから、
夏物を出すようにしているのですが、
「不要」を決断することは、
ちょっと勇気が要ることだったりします

シンプルにすっきりと暮らしたいですし、
限られたスペースを有効に活用したいので、
新しいものを購入したら、
同じ数だけ古いものを処分することは、
日頃積極的に行なっております

主人は躊躇なく何でもどんどん処分するタイプ。
ですので主人と買い物をしたあとは
もう確実に「処分」しております。

・・・しているのですが、、、  

「不要」の決断には、
ちょっと勇気が要るのです

それに
数日かけて行う衣類の入れ替えは、
新しいものを購入した時のように
テンションが高いわけでも、
主人の目が光っているわけでもありません。

もしかしたら使うかもしれない
災害時に便利かもしれない

未来のことだけではございません。

そうそう、この間はあの服がなくて困ったんだった

ついには過去の出来事にまで思いが及び、
処分したことを後悔した日のことまで
執拗に思い返す始末

心配することが大変得意なものですから、
あれこれ考え出すときりがなく、
作業の手が止まってしまうのです。

んー・・・・・。
どうしてなのかなあ



きっと私には、
持っているものを失うことに対する、
「恐れ」が根底にあるからなのかもしれません。

現状維持なら落ち着くけれど、
失うという「変化」を受け入れることに、
きっと私は抵抗がある

「現状」が良いわけではないと
解っているにもかかわらず、
そこにしがみつこうとしてしまうのは

危険から身を守ろうとする
「防衛本能」が働くからだといわれます。

たとえ今まで良い状態ではないとしても、
どうやら人は、
それまでの慣れ親しんだ行動に
安心を感じてしまうもののようなのです

「防衛本能」は、
かつて人が生きてゆくために重要で
必要不可欠なものではありましたが

今の時代を生きる私たちにとって、
その全てが役に立つものではなく、
逆に生きづらく作用してしまうものもあるようです。

ですので、
役に立ちそうもないものは、
勇気をもって「処分」したほうがよさそうです

何だかACの方の課題そのもののような気がいたします

子ども時代には必要だったスキルが、
大人になった今も引き続き必要とは限らない

また、
必要以上の不安や心配を感じてしまうのは、
気持ちが「現在」にないからだと言われます。

未来のことや過去のことに気持ちがいってしまうと、
発生するのは、「不安」や「心配」、そして「後悔」

今の私は「すっきりと暮らしたい」のです。

それならば、
「現在」にしっかりと気持ちを置いて、
何が必要なのかを見極め、
不要な衣類は、
勇気をもって
処分しなければなりません

よし!気持ちは固まりました(´∀`*)


・・とはいえ実は、、、

どうしても判断に迷うものがいくつかあり、
こっそりクローゼットの片隅に、
吊るしたままにしております

「保留」という
便利な考え方でございます。

・・こんなものです
言い訳をするようですが、
決めかねることについては、
「保留」であっても良いんじゃないかなあ
そう私は思うのです。

加えて、このことは、
主人には内緒でございます
ヽ(´∀`)ノ




つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました
スポンサーサイト
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。