スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見捨てられ不安

おはようございます。ACカウンセラーmichikoでございます。
ご訪問くださり大変ありがとうございます




少し前にいらしたクライアントさまは、
物腰の柔らかい素敵な女性でした

彼女は恋愛することが苦しいのだとおっしゃいます。

初めのうちは楽しいけれど、
時間が経って親密な関係になればなるほど、
辛く苦しくなってしまうのだそうです

例えば、
彼が職場の女性の仕事ぶりの話をすると、
その女性がものすごく有能で魅力的に思えて、
自分と比較し劣等感で一杯になり、
彼の気持ちはすっかりその女性に向いてしまって、
もはや自分には関心が無くなってしまったのだと
絶望的になってしまう

苦しさゆえ、
彼に対して不適切な言葉を投げつけ
その後陥る自己嫌悪。。。

(´・_・`)

軽々しく「解る」だなんて申し上げたくはないのですが・・・

私それ、
解ります・・

絶望感に圧倒され、
同じようなことをしたことがあるのです

状況などを判断する際、
否定的な点を必要以上に重視し、
破局的な考え(彼女を褒めた=私は否定された)にとらわれてしまう。

逆に
肯定できそうな部分は軽視し、
これも破局的な考え(無能な私よりその女性のことを彼は好きになったに違いない)へと
自らを追い込んでしまう。。。



数年前までの私は、
自分自身の「価値」というものを
感じることができずにおりました。

劣等感。
自己否定感。
頭が悪くて気が利かない役たたず。
美人ではないし愛されるような性格でもない。
得意なものも自信もない。

私と付き合っても、
あなたさまには何の得にもなりません


そう考えることで、
いざというときに傷つくことに備えていた


ある時期、表面的には少々強気でいられた年代も確かにありましたが、
基本的に上記のように考えていた私には、
こういう信念がありました。

無能な私は
いつか「見捨てられる」


その「信念」が、
何らかの外的要因によって刺激されると、

私を哀れんで
無理してお付き合いくださっているに違いない、という
申し訳ない気持ちが膨れ上がり、
自己否定の気持ちを、
それはそれは
思いっ切り強化してしまうのです。

若い頃は、
そうした「信念」の存在に気付くことはありませんでした。

というより薄々感じてはいたけれど、
それを隠そうとしていたのかも知れません。

そんなミジメな自分を認めたくなかったから。

「こんな私でも、本当にいいのですか?」
いつも不安でいっぱいだったのです。

親密な関係になればなるほど、
その不安は募ります

いつか失ってしまうのではないか

(´・_・`)

だからたまらず、試してみた。
常識はずれのおかしな言動は、
相手も自分も傷つけるというのに

面倒くさくて嫌な奴でございました

「あなたは価値がある、
卑下することも悲観することもない」


根底にあるのは、
そんな言葉で納得できるようなレベルではない、
強固な信念だったのです。

こうした「見捨てられ不安」は、
恋愛の場面に限ることではありません。

あらゆるコミュニケーションにおいて、
私は未だにそんな不安を感じることがあるのです

これはACな方の
代表的な課題と言えるのかも知れません。

ある程度のところまでなら、
傲慢にならず謙虚な姿勢でいられるという利点もありそうです。
ただ、
強烈な「見捨てられ不安」の苦しさから、
何らかの問題行動を起こしてしまうようでしたら、
立ち止まって考える必要があるかも知れません。

例えば、
褒められたことを否定しないで素直に受け取る

これ実は、中々難しいことなんです。
私もまだまだトレーニング中でございます





最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net



スポンサーサイト

そのままでいい

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoでございます。
ご訪問くださり大変ありがとうございます




―こんな自分はもう嫌。自分を変えたいです―。

カウンセリングや相談において、多くの方がそう仰います。

かつての私も自分の性格を変えたい一人でしたが、
面倒なことに少々ひねくれておりました

実は「変えたい」と思っているのに、
そう思うこと自体がとっても惨めなことのような気がして、
変えたい気持ちをひた隠しにしていたのです

その裏には、
癒されないまま放置された深い傷つき体験が、
山のようにあるのだと知ったのは、
つい数年前のことです

・・・冒頭のお話に戻りますが、
「ご自身を変えること」について、
必要以上こだわらなくてもいいんじゃないかなあ

そう私は感じています。

一般的に、
「他人を変えることはできないから自分自身を変えればよい」といわれます。

あれこれ働きかけてみても、
他人さまの意志を操作することは殆ど不可能
意のままにならないことは
心理的な負担にもなります。

けれども自分のことならば、
他人さまのそれと比べたら、遥かに操作はし易いもの

内容にもよりますが、
自分自身の意識によっては
何らかの変化をもたらすことはできそうです。
強い意思を持てば継続や習慣化も可能でしょう。

けれども私は、
本当の意味で「自分を変える」ことは、
とっても難しいことなんじゃないかなと思います

考え方には根本の「核」となるものがきっとあるはずです。

それは、
その方の育った家庭環境
時代や地域性の他、
経済、文化、教育、友人関係などなど
様々なものが複雑に絡み合い、
深く大きく影響していて、

そうした「刷り込み」の上に
その方の考え方は成り立っている。

簡単に変わるはずなどないと思うのです。

ある方は、
与えられた環境が
ご自分にとって少しでも快適なものとなるように、
その「術」にたどり着き、
頑なに信じて精一杯「磨き」続けてこられた。

それは良いとか悪いとかジャッジするものではなく、
ご自身が「生き延びるため」
何十年という時間をかけてスキルアップしてこられたものなのです。

その結果、
誰に何と言われようと
決して動かすことのできない
核となる「信念」が出来上がった

でしたら、、、
そのままでいいではないですか

貴方は、基本的に、
そのままでいいと思うのです

その「信念」は、
大切なかけがえのない貴方の魅力の一部を形成するものでもあるはず。

貴方を助け、
どなたかを魅了し癒し慈しまれ、
あるいは信頼される要素の一つにもなっているのだと思うのです。

大切なことは、
今貴方が、その信念によって、
何らかの不便を感じているのか否かということ

かつてのあの時代には、
それによって助かっていたのかも知れません。

けれども、もし今、
それが原因で気持ちに波が立ってしまったり
大切な人を傷つけることになったりして
何らかの支障を来しているとお感じになっているのなら、
それはきっと思い違いではない。

繊細な貴方のその感覚は、
信用していいと思うのです

その上で、
どうすればいいのかなとちょっとだけ、
お考えになってみるのはどうでしょう。

繰り返しますが、
ベースは今のままでいい

ただ、ほんのひと手間、
工夫をしてみれば良いのだと思うのです。

「変える」ことは
これまでのあり方を否定することになりかねない。

そして否定されることは、
他者からであっても自分自身に対してであっても、
非常に受け入れ難いこと

場合によっては、
ご自身を守るために、
強固な壁をもって徹底的に拒絶してかかるでしょう。

けれども、
これまでのあり方を認めた上で、
ほんのちょっとだけ、
「プラスアルファする」ということならば、
受け入れるハードルはぐぐっと下がると思うのです

そして、
新たなスキルを身につけられた生き方は
きっと、貴方をより魅力的に見せてくれるんじゃないかなあ
そう私は思うのです。





最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net



プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。