スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分への手紙 その2

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



前回の続きでございます。
自分を癒すために書いた、自分にあてた「手紙」、その内容の後編です。



あの方はこう続けました。

「人んちに来たなら、挨拶するのが礼儀だろ!」

「挨拶はしています」

「なんだと?てめえ、
 『お邪魔します』って言ってねえだろうが!
 この家の人間じゃねえんだ、
 一社会人として、あたりまえのことだろう!」


言葉は荒く、
理不尽な言いようです。
自身の高級外車や豪遊の尻拭いを
母にさせ続けているあの方に
「一社会人として」と批判されたことは
納得のいくものではありません。

ましてあの家はあなたの実家。
稽古や手伝いで週に何度も訪れてもいます。
「お邪魔します」という挨拶の必要性を
あなたは感じていませんでした。
私も全く同感です。

挨拶云々ということではないのでしょう。
あなた自身を完全に否定しようとしている相手を前にして、
あなたは恐怖に震えましたね。

自分が嫌われているのかもしれない。

それはあなたにとって大変な恐怖だったはずです。

それでもあなたはたは冷静に言いましたね。

「親戚の叔母さんは、
 『お邪魔します』なんて言ってない。
 それに私は、
 挨拶なら『こんにちは』と言っているし、
 子どもたちにも言わせています。
 こちらが挨拶してるのに、
 あなたはいつも無視しているではありませんか。
 社会人としてそれはどうなんですか」


こうして面と向かって意見したのは、
初めてのことでしたね。

気持ちを抑えて抑えて、
冷静に事実を述べたあなたは
本当に偉かったと思うし、
よく頑張ったと思う。

あなたの反論に面食らったあの方は、
叔母のことには触れずにこう言い放ちました。

「それはてめえと話したくねえからだよ!」

これが「一社会人」の発する言葉でしょうか。

今度は怒りに震えるあなたを私は感じました。
かっとしたあなたは
何か言い返してしまったかもしれない。

あの方はあまりよくない言葉を使って、
何か怒鳴っていたかもしれない。

過去に殴られた記憶が蘇り、
身の危険も感じたはずです。

それでも、
あなたは冷静さを取り戻し、
あの方の言葉に執着せずに
すぐ、その場を離れた。

これから稽古がある。
間もなくお弟子さんが来てしまう。
まだ、茶室の掃除をしていないし、
道具の支度もできていない。

とにかく一旦、仏間に向かった。

仏壇から菓子を下ろして
一つを懐紙に載せて供え直し、
残りを茶室に運ぶ。

唇を噛みしめて茶室を清拭きしながら、
あなたは涙を拭っていましたね。

怒りと悲しみで震える手で
抹茶を漉していたけれど、

やがて昔そうしていたように、
一生懸命口を横に広げて、
頬の筋肉を引き上げて、
必死に楽しいことを考えた。

程なくしてやってきたお弟子さんには、
先程までの動揺を
微塵も感じさせていなかったはずです。

感情にきっちりと蓋をして、
いつも通りお迎えして、
語らって、お菓子をいただいて。

恐怖と怒りと悔しさと悲しさと・・・。
複雑な感情を封じ込めて、
にこやかに稽古を終えたあなたの強さを、
私は今、誇りに思います。



これは、「自分への手紙」の
一部を編集したもので、
渦中の私を観ている
「もう一人の私」からの視点でしたためた
ものでございます。

「もう一人の私」は、
私の悩みや苦しみを共有してくれる良き理解者なのです。

この「手紙」を書き上げて、
何度も何度も読み返すうちに、
いつしか私の中に、
「自己肯定感」が芽生えてまいりました

そして「もう一人の私」は
言わば私のカウンセラーのような存在となり、
その後の私を大いにサポートしてくれるようになりました

「手紙」を書くということは、
その当時の辛い思いを
リアルに再体験することでもありますので、
精神的に大きな負担となることが。

ですので、事前に周到な準備を必要とします。
準備なしに行うことはおすすめできません。

実際私も、書いている途中でどうにもならないほど苦しくなり、
一旦止めて数日経ってまた書き足して・・
という過程を繰り返しました
たったこれしきのことで
こんなにも私は弱いのかと愕然としました。

けれども、
苦しみの度合いというものは、
他の方と比較するものではないと思うのです。

大切なことは、
傷ついたその感覚を
「こんなのは大したことない、
もっとしっかりしなければ」
と否定せずに、
適切に受け止める必要があるということ。

それにより、
少しずつ自己肯定感が高まって
傷を癒してゆくことができるんじゃないかなあ

前回お伝えした通り、こうしてリアルな
「手紙を書くこと」はむやみに手を付けるものではないのだと思います。
でもいつか心の基礎体力が調って、
やってみようかなと思える時が訪れたら、
こんな方法がしっくりくるかも知れません。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

自分への手紙 その1

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます


傷ついた過去を振り返る作業としてよく使われるものに、
「自分に当てた手紙」というものがございます。

その方により、取り組むタイミングが違いますし、
事前に周到な準備を必要とする場合もあります。
ですので、
むやみにおすすめするものではありませんが、
いつか取り組む機会を得られたときの
ひとつの参考にしていただけたらと思い、
今回はこれを記事に致しました

以下は、私が自分にあてた手紙の「一部」であり、
全体を、緩やかな表現に
書き改めたものではありますが、
私が、自分自身を癒してゆく目的で取り組んだ
忘れられないワークの一つでございます。
今回は前半です



あの日は稽古の日でしたね。
自宅の晩ご飯の支度をして、
洗濯物を始末して、
髪をまとめて着物を着つけて。
あの家に着いたのは夕方の六時を過ぎていたはずです。

「こんにちはー」

いつも通り、声は明るく元気よく。
けれども返事はありません。
これもいつも通りです。

玄関の引き戸を開け、
たたきから上がって廊下を曲がると、
居間のソファにあの方が座っているのが見えましたね。

彼はこちらを振り向くこともせず、
背を向けたまま無言でテレビを観ていました。

あなたが挨拶をしてすぐそばを通っても、
微動だにしないその後ろ姿を、
私はよく覚えています。
聞こえていないはずはないのにね。

仏間に菓子を供えてから、
あなたは一番奥の茶室へ行きました。

雨戸を開け、炉脇に釜を上げました。
炭を入れる準備です。
場所代として毎月月謝の一部を払ってはいましたが、
あなたは節約に努めていましたね。
だから新しい炭は使わないのですよね。

「火消し壷」から
使えそうな炭を二つ三つ取り出して、
「火おこし器」に移し、
居間続きの台所のコンロに、
火おこし器をかけました。

あなたは一旦その場を離れ、
玄関をざっと清めて水を打ちました。

いつも通りの手順で手際よく。

けれどもあまり長い時間
火のそばを離れてはいられません。
小走りで移動、火おこし器のコンロを消し、
茶室へ炭を入れに行きましたね。

片付けたらその手で今度は釜を持ち、
再び台所へ。
釜を傷めないように
釜底に少し水を入れてから
ぬるめに沸いた湯を足します。

まだまだ茶室の準備は終わりません。

七時過ぎに稽古を始めるためには、
やらなければならないことが他にも沢山ありますから。

湯の入った重い釜を
あなたは慎重に持ちながら
台所から一番遠い茶室へ運び、
炉に釜を掛けたところで
ドスのきいた大声がしました。

「おいーっっっ!!!!」

あの時のあの家には、
あなたの他には一人しかいません。

何事かと慌てて居間に戻ると、

「てめえ換気扇つけっぱなすんじゃねえよっ!!!」

あなたは換気扇を消し忘れていたのです。
いつもは完全無視のあの方の
荒い語気に恐怖を感じながらも、あなたは

「あっ、ごめんなさい」

そう言って換気扇を消しました。
「てめえ」と呼ばれて
あなたは穏やかな気持ちではなかったはずです。

「恐怖」の記憶が蘇ります。
自身の存在が、
あの方を怒らせてしまったのではないかという
恐怖です。

そこを刺激するかのように
彼は続けましたよね。


次回に続きます



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


ACスマイル

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます




「michikoさん、ものすごく肩凝ってるでしょう?」

昨年から通っている、
自由診療の歯医者さんに言われました。

診察台で大きく口を開ける度、
いちいちガクッ、ガクッと鳴る私の顎
いつから鳴るようになったのか定かではありませんが、
かれこれ20年は付き合ってまいりました

「この歯おかしいね、治療したの何年前?」
「えーと、確かこれは妊娠中でしたから・・・」
「じゃあ二、三年前だね(笑)」

(^∇^)ノ

ジョークのお上手な方ですが、
専門的なお話にはいつも大変説得力があります。

先生のお話では、
昔の治療済の歯が、
とんでもなく非常識な高さと形状で作られていて、
そのために私の噛み合わせ全体が
出鱈目になってしまっているのだそうです。
それが顎の異常の原因に考えられると。

思えば私は歯の治療をしたあとで、
歯医者さんに苦言を呈したことや
微調整を申し出たことが、
多分一度もありません。

例えば歯に被せものをしたとして、
浮いた感じや高い感じ、
窮屈な違和感があったとしても、
まだ慣れていないからだと納得させて、
その歯に噛む角度を
合わせてしまっていたように思います。

そんなことを先生にお伝えすると、
「やっぱりねえ・・」

一部の不自然な噛み合わせは、
他の歯や顎だけの問題ではなく
肩や首、姿勢にも及び、
内臓やメンタルにも支障を来たすのだとか。

(゚△゚;ノ)ノ

「長年こんなかみ合わせでいた人は、
口角も下がってうつ向いて、
姿勢もどんどん悪くなって、
何しても楽しくない気持ちでいっぱいになっちゃう。
そういう人を沢山診てきた。
何十年もこの状態だったのに、
こんなに笑顔でいられるなんて、
とても珍しいことだよ」


(゚△゚;ノ)ノ

・・・どうやらこんなところにも
ACが潜んでいたようです

内面に深い悲しみを抱えていても、
周囲に喜ばれるために
その悲しみを麻痺させて、
ACはいつも、笑ってみせる

(^∇^)(´・_・`)(^∇^)

随分前に、そう聞きました。

そしてこれを
「ACスマイル」というのだそうです。

おそらくは
ACという概念をご存知ないはずの歯医者さんに、
あなたはACですねと言われているような気持ちになりました。

「まず肩こり、相当辛いはずだよ」

(-_-;)(-_-;)・・・。

大して自覚がないのです。
確かに美容院では
「肩凝ってますねえー!」と必ず言われますが、
それは社交辞令のようなもの。
重い頭と腕を支える首や肩は、
どなたも凝っていて当たり前、
私が特別ではないはずです

ちょっと少数派なのかなという点は、
普通の人のような背骨の前後に向かうS字カーブが
私は殆どないらしいという点くらいなものです。
(そういう人は、肩や腰に多少負担がかかるらしいのです)

ですが歯医者さんに指摘されたことで、
私はあらためて気付きました

何十年もの長い間、
私は私の中の小さな私に、
沢山の我慢を強いてきてしまっていた

きっとはじめは主張していたはずなのに、
きちんと聴いて丁寧に対応してあげてこなかった

いくら主張しても聴いてもらえないことは、
悔しくて腹立たしくて、惨めで

・・・とても悲しい。

そうしたことが何年にも亘って
何回も何回も繰り返されてしまった結果、
悲しいことを感じないようにすることで、
私の中の小さな私は、
何とか生き延びて来たのかも知れません。

ごめんね、もう、そんなことは絶対にしないから

歯医者さんには、
噛み合わせを調整してもらうことにしました。
ちょっと贅沢して、
マッサージにも、行ってみようかなあ

少しづつ、私が楽になるように




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


喪失 

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



今年の七夕は、
千葉では何とか雨にならずに済みました。
年に一度の
牽牛星織女星の逢瀬...(★・ω・)人(・ω・★)
叶ってよかった

娘たちが小さな頃は毎年笹を飾ったものでしたが、
今はマンションのエントランスや
ショッピングモールの笹飾りで、
雰囲気を楽しんでいます・‥…☆

本来短冊には、
勉強や習い事の上達の願いを書くものだそうですが、
枠にとらわれないユニークなものが多くて、
拝見しては楽しませて頂いています。

ただ先日、幼い文字の一枚を見つけて、
ちょっと心が痛みました。
おかあさんがおこりませんように



「喪失」という言葉があります。
三省堂の辞書によれば、
「それまでその存在を支えていた大きなものを
失うこと」。

大切な人との別れ。
あるいは若さや健康、信頼や自信を失うこと・・。
他に日常の細々したものもあるでしょう。

様々な喪失体験の後、
私たちはその悲しみを何とか受け止め、
ケアしながら乗り越えて日々生きています。
結構たくましかったりするのです

けれども「喪失」に気付かずにいたら、
ケアすることはできません。
適切にケアされないまま、
きっと溜まっていってしまうんだろうなあ

「喪失」には辞書の意味の他、
「心からほしいと願っていたのに、
手に入らなかったもの」

そういうものも含まれるのだそうです。
(「グリーフワーク 悲しみを癒す作業」 水澤都加佐著 ASK選書より)

これは知らないと気付きにくいかも知れません

「心からほしいと願っていたもの」
??
私にはそれがつかめていませんでした。

空虚感のようのものは
多分ぼんやり感じていましたが、
周りに合わせて生きてまいりましたから、
自分が求めているものが何なのか、
よく解っていなかったのです(´・_・`)

ACを自覚し、
「欲しかったのは多分これ」
アタリをつけてはみたものの、
それを打ち消すことに全力を尽くしました。

私が欲していたものは
「母からの愛情」でした。
私を大切に想ってくれる、
母の情緒的な支えが欲しかった。

ところがそう思おうとすると
惨めな気持ちで一杯になりました。

だから私は、
そんなものは求めていないし、
手に入らなくたって
悲しくなんかありません(^-^)/
そういう振りをしていたのです。

一方で、
どうにかして手に入れようと、
執拗に、躍起になってしまうこともε=( ゚Д゚)ノ

こんなにも望んでいるというのに、
なぜ与えてくれないの!?

沸き起こる感情を、
どう処理したら良いのか途方に暮れました。

こんな感情はかき消してしまえ

何度もそう思いました。

どなたかに吐き出そうにも、
核心の部分には蓋をしてしまう。
さらけ出す勇気がありません

いい歳をして、
こんな幼稚なことを思い続けていると知られたら、
きっと馬鹿にされ軽蔑されてしまう。
全てを伝えることが怖かった

でもある時、気が付いたのです

私は
私をきちんと認めることができていない

それからは、悲しみだけではなく、
孤独感や惨めな気持ち、
嫉妬や羨望、怒りや恨み・・・。

母や兄に対してだけではなく、
友人知人や道行く人に対してまで、
いわゆる
マイナスの感情達に圧倒される日が続きました。

そうした自分の感情を知ってゆくことは、
きっと私自身を認める作業
後押ししてくれたのでしょう。
そしてこうした過程は、
「喪失」の悲しみを癒す作業
でもあったのだと思います。

いつの間にか私は、
母から愛情を得ようとは思わなくなりました

ようやく落ち着いてきた頃に、
加藤伊都子さんの「私は私。母は母」(すばる舎)という本に出会いました。
ある方にすすめられたのです。

著書の中で
母親に対処する方法がいくつか紹介されていて、
その方法の一つに
「情緒的な関わりを断念する」
とありました。

答え合わせが、できたと思いました

母親ができないことや
持っていないものを求めても仕方がない
情緒的な供給役は他で探せば良い
というのです。

「自分に関心を示してくれて、
心理的支援をしてくれる人」
または
「音楽や趣味などで情緒的満足を得る」。

あらためて今読んでみますと、
以前に増して、
抵抗なくすっと腑に落ちました

きっとこの「喪失」に関しては、
私の中で癒しの過程が進んでいて、
更にいい感じに仕上がっているからなんだろうなあ
そんな風に思えました。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net



プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。