スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分サイズで

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



実は、少々落ち込んでおりました(´・_・`)

私は役にたてていない・・

そんな気持ちになってしまう出来事があったからです。
うーん・・・ちょっと違うかな。
ある出来事から受けた刺激に対し
私が過剰に反応してしまった、
と言った方が正確です。

体調が悪いときには特に、
自分を過小評価し、相手を過大評価する癖がある私

子ども時代の生き方に影響を受けているのだと
理解してはいるのですが、
今回はタイミング的にも
ちょっと処理しきれないサイズだったようです。

感じていることを観察し、メインの感情には
「無力感」名前をつけました。

付随してきた他の感情についても、
その夜吟味しておりましたが、
凹んだ気持ちが中々膨らんではまいりません。

いくつかの気分転換を図っても、
10%位しか膨らまない
しばらくするとひゅうんと縮んで、
元の状態に戻ってしまいます。
とうとう気力も尽きてしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

仕方ありません

一瞬ではあっても10%戻れたことを良しとして、
その夜は早々に床に就くことにしました。

とにかく疲れた心身を休めよう

大好きな人のことを考えながら、
大好きな香りとふわふの布団に身を包みました
私サイズの安心できる環境です

眠ることはとってもシンプルですが、
確実に体力を回復させてくれるもののようです。
翌朝は少なくとも30%は戻ったかなと思えました

朝食の支度にキッチンに立つと、
カウンターに置いた小さな観葉植物を確認します。
数日前から柔らかい芽が出ているのです。
少し前に植え替えたばかり。
ちゃんと根付くか心配でしたが、
もう大丈夫そう
成長を観察することが
私の楽しみの一つになりました。

この時点で気持ちの復元率は40%に。

満足しながら
チーズを入れてオムレツを焼きました。
マインドフルに感触を確かめながら。
うん、今日のはふっくらといい形

復元率50%
いい調子です。

コーヒーやトーストを用意したり、
洗濯機を回しながらお掃除をしているうちに、
昨日の重い感じが、
扱いやすいサイズに落ち着いてきたようです



普段から意識して、
気分転換できる方法をいくつも用意しておくことは
とっても大切なのだと思います。

ちょっと凹んだ時に取り出して活用すれば、
ちょっとずつ元気を補うことが出来るからです。

ですが気持ちがものすごく落ち込んでいて、
それらをどんなに活用しても、
ちっとも効果を感じられないこともある(´・_・`)

そういう時には、
私は眠ってしまうことにしています
私自身もややこしい問題も、一旦寝かせてしまうのです。

科学的にも、
眠ることは
身体や脳の疲れをとるだけではなく、
睡眠中に分泌される成長ホルモンなるものが、
身体中、細胞レベルの修復をしてくれるのだそうです。

人の身体ってすごい

もしかしたら、
ややこしい問題も修復されているのかもしれません

少し復活してきたら、
気分転換の方法が、効力を発揮しやすくもなりそうです

(*^-^*)

・・・そういえば、うちの旦那さんは、
「落ち込む」ということがあるのだろうか?

ふと疑問に思って、
ソファでくつろぐ主人にきいてみました。

「ないね」

即答でございます(゚△゚;ノ)ノ

「な、無いの!?一度も!?」
「自信があるからね」
「えええっ!?」
(゚△゚;ノ)ノ

「というか、人より劣っているところもあるけど、
勝っているところもある。それでいいんじゃね?」


失敗の原因が例え自分にあったとしても、
落ち込むようなことはないのだそうです。

準備不足だったことには苛立つけれど、
自分は役に立てていない、とはみじんも思わない。
何故なら、最悪の場合までを想定し、
リカバリーの方法についても
イメージしているからなのだとか。

いつも自信満々に見える主人。
羨ましいなあと思うけれど、
私なりの生き方を、私は今、楽しんでいる。
私の生き方が正しくないわけではありません

無理なく背伸びせず、
私のサイズで楽に生きていたい

こんな私によく付き合ってくれていると感謝しています。
そしてそんな主人に付き合ってきた私も、
よく頑張っているなあと思います(笑)



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net



スポンサーサイト

「かたち」から入ること

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



茶道では、
由緒あるお道具を使うときや、
お客様が持参くださったお道具を早速使わせていただく時などに、
特別にあらたまった扱い方をする点前がございます。



「〜かざり」というもので、
特別な扱いによりお道具に敬意を表し、
私にとって大切なものなのですとお客様に示すわけです。

私はかつて数年ではありますが、
小中学生のお嬢さん方に、
茶道の稽古をさせていただいた時期がありました

特に低学年のお嬢様には、
お作法よりも、美味しく楽しくお菓子とお抹茶を頂くことを主としておりましたが、
ある程度の所作を身につけることや、
その他のバリエーションについてもお伝えしなければなりません。

そんな時は、この「かざりもの」を活用しました。

例えば抹茶をすくうさじ、
「茶しゃく」という道具を飾る「茶しゃくかざり」などは、
よく稽古に取り入れました。

「飾る」といっても、お道具は普段遣いの稽古用
特別由緒もなく、大量に作られた安価なものです。
当時私が買い求めたものですから、
茶杓は7〜800円程度と記憶しています。

ですがそうした安価なものでも、
心を込めた丁寧な所作で扱いますと、
それがとっても貴重なのものとして
感じられるのですから不思議です。



「ある物を大切なものとして扱うとき、
それを身体的な動作によって表現したものが
茶道の点前である」

〜「詳しく学ぶ小習 上巻」田中仙堂著より〜

数年ぶりで茶道のテキストを開きましたが、
解説の奥深さに感じ入ってしまいました。 

これはひょっとしたら、
自分自身にも応用できそう

「自分自身を大切なものとして扱うとき、
それを身体的な動作によって表現する」


茶道では物を置くのも取り上げるのも、
心を込めて丁寧に扱います。

例えば、
お茶碗の中でシャカシャカとお抹茶を混ぜるときに使う、
「茶せん」(竹を割いて黒い糸で止めた、泡立て器のような形のよく見かけるあれです)という道具は、
その扱いについて先生にこう教わりました。

畳に置くときには
「植え込むように」

畳から取り上げるときには
「そっと手折るように」



言葉と滑らかな動きとで
説明くださった先生の表情が、
とてもお優しかったことをよく憶えています

その逆の方が一般的なのかも知れませんが、

丁寧な所作には、
きっと丁寧な心が付いてくる


そんな風にも思うのです。

ACな私たちは、
自分に優しくすることが大切なのだと
学んで知ってはいたとしても、
中々そのようにはできません。

実践している振りをして
実はジャッジしたり責めてみたり、
自ら鞭打って追い込んだりしてしまいがち。



社会生活を送る上では、
そうしなければならない事態に出くわす頻度が
とっても高いことは事実であり、
そうするしか無いのが実情。

ですが「常に」そういう状態であることは
問題だといえるでしょう。

そんなことを続けていたら、
自分との関係性は悪くなる一方

ご自分に優しくしてみる時間も
確保したほうが良さそう
です

でしたら、
「身体的な動作」から入ってゆくことが、
ご自分を大切にするためのきっかけとなるかも知れません

身だしなみや持ち物を丁寧に整えたり、
お風呂上がりに優しく丁寧に身体を拭いてみたり。
手足のマッサージも良さそうです。



ほんの少しのことでも良いのです。

大切に扱うことを日々繰り返しているうちに、
ご自分の存在が
心から大切でかけがえのないものに

きっとなってゆくのだと思うのです




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




昇華の効果

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



少し整理をしようかなあ

そう思い立って
まっ先に目に止まるのが、
本棚で幅を利かせている
いびつなファイル
色々な資料が沢山詰まって
原型をとどめていなほど丸々と太った
ポケット式のファイルです

資料と一緒に入っているのは、
精神保健福祉の勉強をしていた頃
提出し続けた渾身のレポートたち

私は通信制の大学で学んでいましたので、
単位取得のためには、
一部のスクーリングを除いて
レポートでコツコツと合格を取ってゆく過程が必要でした。
D評価(不合格)で返されたものは
作り直しです。
とにかくちんぷんかんぷん、
必死の日々でした

けれども取り組んでいた時間は
私にとって
幸せな時間だったのです

課題の意味をじっくり考えて
必要な資料を集めたり、
レポート内容の構想を練ることや、
制限文字数でまとめるための
言い回しや表現を考えたりする

こうした時間は楽しかった
課題のことで
頭が一杯となりますので、
苦しい感情を思い出さなくて済んだからです。
それは正に、魔法にかかったようでした。



始める前の数年間は特に、
いつも心が重く辛かった。

何とか奮い立たせて

仕事をしていても、
掃除をしていても、
買い物をしていても、
テレビや映画を観ていても、
どんな時でも
苦しい気持ちがくすぶったままでした。

何をしても気が晴れることはありません
笑っていても心から笑えません

それどころか、
あなたは幸せでいいわねと
妬ましく思う気持ちが
わきおこってしまったり、
私は何て惨めなんだろうと
涙が溢れてしまったり・・

(´・_・`)

そんな自分を嫌悪し、
自尊感情なんてとうてい持てるはずがありません。

胸のあたりにべっとりと貼り付いた、
ドロドロに汚れた布切れのような
あの感じ、

あるいは、

どす黒くてゴツゴツとした重い塊を、
胸からお腹に抱えているような
あの感じ・・。

何をどうしても
消えることはありませんでした。

(´・_・`)

ところが
レポートに取り組んでいますと、
「布切れ」や「塊」を
感じなくて済んだのです

さらに良いことには、
適切な資料を手に入れた時の
喜び
推敲を繰り返して
納得の文章ができたときや
それを評価されたときの
達成感
そうしたものが、
私の中の承認欲求
埋めていってもくれました。



どんな方でも
心の状態を保つために、
様々な微調整をしていると言われます。

精神的な苦痛の他、
強い衝動や欲求により
心が壊れてしまわないよう
バランスを保とうとする
というのですから驚きです

こうした働きを
防衛機制というのだそうです。

当時私がとっていた行動は
「防衛機制」の一つ、
昇華にあたるのだと思います。

「昇華」というのは、
社会的に望ましくないとされる
強い感情や衝動を、
社会的に認められる別の目標に
置き換えるもので、
大変望ましい形の「防衛機制」だと言われます。

どうしても叶わない欲求を、
例えば芸術や文学、
スポーツなどにぶつけるエネルギーとして
置き換えて行くものです。

私は母に認められたかった。
ずっとずっと、
認められたかった。

その強い欲求を何とかするための、
根本の解決には至らなかったかもしれません。

ですが少なくとも、
レポートに没頭する時間を持てたことにより、
当時の私の
心の基礎体力が回復していったことは
確かです



教科書やテキストのほとんどは、
卒業と同時に処分しましたが、
このいびつなファイルは
捨てられませんでした。

結局また今回も、
そっと元の場所に納めました。
感謝の気持ちを込めて




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。