スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験で起きた悪夢 その2

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです

    http://ac-counseling.net


今年4月から、おっかなびっくり始めたブログでしたが、
続けてこれたのは、こうして訪問くださる皆様のおかげでございます。
感謝の気持ちで一杯です
また、コメントやメッセージをいただけたことはとっても嬉しく、記事のヒントとさせていただいたことも沢山ございました。
本当にありがとうございました
同じような辛さを抱えている方に、どうか届きますよう思いを込めて、
ゆっくりとしたペースではありますが、これからも発信させていただきたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて、前回の続きでございます

二校の受験に失敗し、最後の望みをかけた一校。
発表の日、私は一人で学校に行きました。

中学受験では保護者が同伴することが当たり前でしたが、
母はその学校の受験の日も発表の日も、習い事があって来れませんでした。
どちらも子ども一人で来ているのは私だけでした

結果は「補欠」
不合格ではないことに、私は心からホッとしました。
ぱっとしない結果ですが、私にはそれで十分でした。
補欠でも入学できると知っていたからです。


「補欠」は、正規の合格者が辞退した場合に、欠員に応じて繰り上げて合格扱いとされるもので、
その学校は、当時滑り止めとして受験する子が大変多く、
ほとんどが繰り上げ合格となることで知られていました。

ただ、後から分かったことですが、
その学校では補欠の場合、
入学の意思がある旨を、発表のその場で申し出る必要がありました。

手続について全く知らなかった私は、
「補欠」に掲示された自分の受験番号にただただ安心し、
何もせずに学校を後にしたのでした

夜になって母が帰宅し、私は意気揚々と報告しました。
喜んでくれるとばかり思っていましたが、
母は怪訝そうにこう言いました。

「・・それで、書類は?」

・・・書類???

会場で書類を書いていたり、封筒を手にしたよそのお母さまがいたことは知っていましたが、
子どもの私には関係ないことだと思い込んでしまった私は
手ぶらで帰宅していました。
しっかり者で通っていた私の痛恨のミスです。

(°_°)

夜の七時をとうに過ぎた時間でしたが、母は学校に電話をしました。
母は電話口で担当の方に、手続きのタイムリミットがとうに過ぎていることを、淡々と説明されたようでした。

((((;゚Д゚)))))))

その場で必要な書類を提出しなかったために、
「補欠」だけれど、入学の意思がないものとみなされた私は、
入学を断念するしかありませんでした。。。

落ちて落ちて、最後の砦だった学校

合格に匹敵する結果を出せたのに、
手続ミスのために入学できなかったことは、
本当に残念でなりません。

地元の中学に行かなければならないことは、
「受験に失敗した」ということそのものですので、
自分の中の問題として、とても辛いことでした。

でも私は、どうってことない振りをしました。

それに、小学生といえども、全ては自分のせい
手続について確認しなかったことは私の落ち度です。
他の二校の失敗についても、
受験科目や服装や、道順だって、事前に調べることはできたはず。

私がいけなかったんだ。
そう思い続けてきました。

ですがきっと、納得できてはいなかった

その証拠に、何年もの間、
電車や街で、その学校の制服を見かける度に、
もやもやとした嫌な気持ちになりました

やがて私は母親となり、娘が受験を経験する年頃になったとき、
私は悪くなかったのかも知れない、と思うようになりました。

「受験」は家族でするもので、
勉強以外のことをサポートするのは、
親の大切な役目だということを実感したからです。

ナーバスな受験生、まして小学生。
受験や発表に、親が付き添わないなんて考えられません。
複雑な入学の手続きなど、子どもにできるはずがありません。
まだまだ幼い娘に、そんな負担をかけることなど、とんでもない話だと思いました。

どうして母は、私にそのようなことを強いたのだろう。

(´・_・`)

悲しいのと同時に、腹立たしい気持ちにもなりました。

(*`^´)

私は、母がこうしてくれていたらよかったのに、と思うことを、せっせと娘たちにしました。
(それが娘たちにとっても「してほしいこと」だったとは限りません。思い返せば、いわゆる「境界」を侵してしまっていたかもしれませんし、私の自己満足に過ぎないことも山のようにあったと思います。)

それから更に数年経って、ACという概念を知りました。

自分に向き合う作業を繰り返す中で、
ようやく出てきた
小学6年生の私

まだ幼い彼女が教えてくれたことは、
長年抱いていた中学受験に関するもやもやの核心部分でした。

私は、
手続の不備によって入学出来なかったことが心残りなのでも、
サポートが不完全だった母に対して怒っているのでもなかったのです。

私は、
「母に大切にされなかったこと」に傷ついていたのです。

(ノ_<)

私の受験を大切に考えてもらえていなかった、
落ちて心細かった私を大切に扱ってもらえなかった、
私の発表や手続きよりも、母にとっては習い事の方が大切だった、

そうした事実に、深く傷ついていた。

これは私の中で、
「自分は大切にされない存在」
ということを印象づける出来事として残ってしまったらしいのです。

更に、
「母親に大切にされない可哀想な子」
そう人に知られることを恐れてもいたと分かりました。

その結果、
「自分のせい」という鎧をまとってその傷を隠し、
どうってことない振りをしていたのだと思うのです。

癒すのには、少々時間がかかりました。
きっとまだ完全ではありません。
それでも、今は、
母には母の、事情があったのだろう、と思えるようになりました

私には苦い思い出となってしまいましたが、
受験は、未来へのストーリーを展開する大切なイベントの一つ。
それゆえ、大きな不安を伴いながら、一生懸命頑張っているのだと思うのです。
やる気スイッチが入っているときも、そうではないときも。
だからご家族は、受験生をしっかり支えて差し上げて欲しいなあ、と思います。
どうか実力を発揮できますように

そして新しい年が、
みなさまにとりまして素敵な一年となりますよう、
心からお祈り申し上げます。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

中学受験で起きた悪夢 その1

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net


訪問くださりありがとうございます

今年も残りわずかとなりました。

クリスマスや年末年始の行事は華やかですが、受験生にとってはここからが大変
最後の追い込みとともに、体調管理にも気を配らなければなりません
親御さんは、事務的なことにも手落ちがないよう、大変な神経を使われることと思います
ご家族が一丸となって、頑張る受験生を支えたいですね

受験と言えば、苦い思い出がございます。
私は小学6年生のとき、
私立中学の受験をしました。

理由は母に言われたから。

近くに中学受験のための塾など無かった時代、
週三日を約一年間、
電車で文京区の塾まで通いました。

当時は算数と国語の二科目でした。
小学校では成績が良かった私。
(註:あくまでも「小学校」の話です
塾の勉強にもついて行けるだろうと思っていましたが、
甘かった

授業で使う分厚いテキストには、
見たこともない図形や知らない慣用句が並んでいました。

通ってくる子は服装も持ち物もキレイで、
優秀そうに見えました。
みすぼらしい身なりの私は、
入塾テストで「補欠」1番。

「合格」ではない自分は、
「居させていただく」存在で、
先生にも大切にされることはなく
隅っこで小さくなっていなければいけないような気がしました。

理解できないまま進む授業では、
当てられたらどうしようとビクビクしながら過ごしました

芳しくない成績のまま秋になると、
皆がオレンジ色の表紙の問題集を手にしていることに気付きました。

学校別の「過去問」です。

皆とは格差があるような気がしていた私は、
話の輪に入ってゆくことが出来ずにいましたが、
どうやら「過去問」とやらは、入試までにやっておくべきものらしい、と察しました。

それで母に、
「過去問が欲しいの」
と言ってみましたが、
「お兄ちゃんのがあるでしょう」
と、一蹴されてしまいました。
(ちなみに兄が受験したのは5年前、そして私の受験する学校は兄とは全く違います

受験校は三つ、母が決めました。
私の意向を訊ねられたことはありません。
どの学校も、受験までに見学に訪れたことは一度もありません。
そもそも、私はその学校に行きたかったのかもよくわかりません。

全て、言われるままでした。

当時の中学受験はそんなものだったのかも知れません。
それに、受験をさせてもらえる環境だったことはありがたいことだと思います。

ですが、、、、、。

一番初めに受けた学校では、
なんと受験科目に「音楽」がありました
全くの想定外。完全な準備不足でした。
着ていた服装も、周りの皆はスーツやワンピースだったのに、私は普段着。
面接の順番を待っている間、惨めな気持ちで一杯でした

次に受けた学校では、
道順の下見をしておかなかったために途中で迷い、
遅刻をしての受験でした。
走って教室にたどり着くと、皆は静かに着席して説明を受けているところでした。
一瞬途切れる先生の声と、一斉に向けられる沢山の視線。
問題を解く前にボロボロでした。

(ノ_<)

この二校は撃沈でした
実力不足は否めません。
ですが、悔やまれる点ばかりでした。
受け身の姿勢で臨んだ私も悪いのですが、
連続する不合格にはさすがに落ち込みました。

さて、そうして迎えた最後の一校。

特別行きたい学校ではなかったけれど、
不合格は絶対嫌だと思いました。

中学受験ですから、受験生は小学生。
思春期の入口で、メンタル面も未熟な上、
入試当日の慣れない交通機関の他、
発表に関する事務的なことなど、対応が不十分な年齢です。

殊に受験に関する事務手続きは、細かい決まりやタイムリミットがあるため、
大人でも大変神経を使うものです。
全般において保護者が大きく関わることになります。
入試当日も、保護者は必ず受験生に付き添って受験校に行き、終了まで待機します。

ですが、私の場合、
最後の一校の時には、母が習い事の関係で同伴できなかったため、
私は前日親戚の家に泊まり、
そこから一人で行ったことを憶えています。

そんな子は多分、私一人だったと思います。

それでも私は、
ずっと受け身だった受験に対して、
ここにきてようやく能動的な気持ちを持てていました。

合格して母を喜ばせたい気持ちもありましたし、
通っていた小学校では、
私が中学受験をしていることが知られてしまっていましたので、
何とかして合格したかった。
地元の中学校に上がることは受験に失敗したことを意味しますから、
それはとってもかっこ悪い、と思ったのです。


合格をとりたい。

出来は一番良かった。
面接もまずまずでした。
発表が、待ち遠しかった。

その学校では、合格者を体育館に張り出すことになっていました。
合格した場合の事務手続きもあるので、合格発表にも通常保護者が行きますが、
発表の日、またしても習い事の関係で母は行けなかったので、
私は一人で合格発表を見に行きました。

多分、そんな子も私の他にはいなかったでしょう。

とにかく私は、
合格を確かめたい一心で、
受験票を握り締めて番号を探しました。

・・・・ない。
ない。。。

もう一度見直す
・・・ない。

(ノ_<)

意気消沈しかけたとき、
ボード端の「補欠」という文字が飛び込んできました。
塾での一年間、私を後ろめたい気持ちにさせた
「補欠」

ちょっと嫌だけどもしかして・・

・・わあ!!

(」*´∇`)」

よかった、不合格ではなかった
合格ではないけれど、不合格でもない。
心の底からホッとしました。
地元の中学に行かなくて済みます。
お母さんに早く伝えたい

「補欠」の喜びを、一人噛みしめているると、
先生と談笑しながら、何やら書類を書いている人や、
同じ色の封筒を持っているお母さんが何人かいることに気づきました。

大人の人は、
きっと先生とお話しがあるんだろうな。
大人の人は、
きっと何かもらえるんだろうな。

私は子どもだから、関係ないよね。

(*´v`)

不合格ではなかったことにすっかり安心した私は、
母に褒められることを想像して、
受験票を大切にしまい、
静かに体育館を後にしたのでした。


・・えーと、続きは次回にさせていただきます




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


他人さまの怒りに対処する方法

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
  http://ac-counseling.net


訪問くださりありがとうございます

一昨日、
「第一回アンガーマネジメント大賞2015」
なるものが発表になったと知りました(^-^)/
一位はサッカーの三浦和良選手
(ちなみに二位は大塚家具の大塚久美子さん、
三位はGAKTさん・・・詳しくはこちらを
→https://www.angermanagement.co.jp/prize2015)

アンガー(anger)=「怒り」には、
良いイメージを持ちにくいもの。
ですが「怒り」は、
適切に表現することで問題を解決に導いてくれる、
自分を守るための大切な感情
といわれます。

けれども、不適切な表現では問題が。
攻撃的な表現をしますと、
脅威を与え相手を深く傷つけてしまう

それにより自分の評価を下げ、
周囲の怒りを呼び、
人間関係を壊すばかりで何の解決にもなりません。

逆にいつも抑圧していますと、
表向きには穏便に収まっているように見えても、
実はご自身が傷ついたままの状態が続き、
ひどいときにはうつ状態になってしまうことも

三浦和良選手は、あるテレビ番組で、相手も自身も上手に守り、
紳士的でスマートに対処されたことが高く評価されました

こうした自分の怒りについての適切な対処は、
コミュニケーションを図る上でとっても大切なことですが、
巻き込まれやすいACの方にとっては、
他人さまの怒りについて知っておくことも大切だと思うのです。

私は周りの誰かが怒っている(または不機嫌そうにしている)と、
未だにどうも落ち着かなくなります

とっても心配になるのです。

もしかしてその原因が、私にあるのではないか

誰かの「怒り」に、私はどうすることも出来ず、
その人の「怒り」は高まって高まって、、、
事態はどんどん悪化し取り返しのつかないことになる
・・そんなことが繰り返されていたから。

胸の奥を鷲掴みにして上下左右にもみくちゃにされる感じです。
このままでは何もかもがめちゃくちゃに破壊されてしまいます。

((((;゚Д゚))))

今では
「そんなコワいことにはならないから大丈夫」
そう思えますが、完全には拭えていません。
かつては更に、
私がダメだから、私ができていないから、、、
そんな自己否定の考えにぐるぐると支配されていました。
そうなると、冷静ではいられなくなります。
相手の怒りを鎮めるために、私がどんなことでもやらなければ
手足は震え、あるいはしびれ、、、病的でした。

どうしてこんな状態になってしまうのか、
訳が分からず、とにかく怖かった(ノ_<)

巻き込まれないために、
抑えておくべき基本はひとつのようです。

誰かの「怒り」は、その人のもの

この認識がとっても大切。

それから私の場合、こう考えるとより入りやすいと思うことが。
それは、

怒っているのは、実はとっても傷ついているから

「怒り」の下には、色々な感情が隠れていると言われます。
本来、戦うためのエネルギーに満ちた力強い感情。
何のために戦うのかは、その時によって様々に変化しますが、
要は、その時の欲求が叶わない状態と言えそうです。
そしてその欲求は、「その人」からわき起こる、「その人の問題」であるということも。

私のせいではないのです。
欲求を叶えたければ、その人が適切に表現して、自分で解決すればいい
私が気を揉むことではありません。

ヽ(´∀`)ノ

うーん、、、。
そうは言っても、、やはり気になってしまいます

水島広子さんの「大人のための『困った感情』のトリセツ」(大和出版)では、
「怒っている」を「困っている」に翻訳することが提案されています。
これは使えそうです
もしも攻撃的で不適切な怒りをぶつけられて辛くなってしまったら、
この方は今、お困りなんだな、と考える。
そうすれば、
必要以上に怖れたり、
自分が何とかしなければと焦ったり、
あるいは怒りに怒りで反応するような不毛なこともなく、
ある程度冷静になれそうです

そして私はもう一つ、

これまで沢山傷ついてきたものですから、
できれば相手を傷つけたくありません。
相手を傷つけないことで、自分を守ろうとするのでしょう。
ですので、
怒っている(傷ついている)状態の人を否定しないことも大切なんじゃないかなあと思うのです。
怖かったら「怖い」と言っていいけれど、
「そんなことで怒るなんて!」といった批判は
更にその方の傷を深くしてしまいそう。

その方は、負っていた傷を解って欲しいだけなのかも知れません。

巻き込まれずに、傷つけずに、距離を取る。
ちょっと出来そうな気がしませんか。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


栄養剤をいただく前に

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
 http://ac-counseling.net


訪問くださいまして、ありがとうございます
ACではないかなあ
そう自覚してから数年間、何とかしなければとあれこれ模索致しました。

少しだけれど解りかかってきたかなあ、という頃、
あるセミナーに参加させて頂きました。
多くのことを学べたのは、
講師の方や受講生の皆さんが、
温かく引っ張ってくださったからだと深く深く、感謝しています

それでも、途中までは、
いいえ、多くは終わってからもなのですが、
実はとっても苦しかった

セミナーの内容は素晴らしいと思いました。
ですので本気で課題に取り組みました。
良くも悪くも真面目にやろうとしてしまう私は、
とにかく一生懸命でした。

ですが、どうも落とし込むことができない

私以外の参加者の方々は、どの方もきちんと理解して、スマートにちゃっちゃと進んで行かれる。
皆さん、仲良く楽しげでくつろいでらっしゃるように見えました。

私はいつも緊張して、
一生懸命やっているけれど
どうしても腑に落ちなくて、
一人ぽつんと取り残されてしまった気持ちでした。

どなたかの些細な発言にひどく傷ついても、
どうってことない振りをしました。

内容を理解できていなくても、
理解できた振りをしました。

講義の終わりには、
講師の方が喜びそうな感想を伝えました。

小さく弱い自分を悟られたくなかったから
無能の烙印を押されることに怯えていたから

嫌われるのが、怖かったから

(´・_・`)

皆さんのようには出来ない自分を疎ましく思い、
劣等感は強まる一方
その部屋が自分にはひどく場違いで、
胸の辺がそわそわした居心地の悪さを感じ、
ひどく落ち込むことが増えました。

それでも
最終的に(セミナー終了後しばらくしてやっとのことが大半なのですが)沢山のことを体得できたのは、
終盤になってようやく得られた
一つの気付きがあったからでした。

それは、当時の私は
「心の基礎体力」が回復していなかった
ということ。

上手く課題をクリアできなかった原因は、
どうやらそこにあったようなのです。
そこに気付けて癒していった過程を、
私は忘れないでいようと思っています。




ずっと以前、
ベンジャミンという観葉植物を枯らせてしまったことがあります。

沢山つけていた青々とした葉が、
日に日に褪せて黄色くなり散って行く
何とか止めようと、肥料を入れ、あれこれ液体の栄養剤を挿しました。
それでもベンジャミンは元気になりません。

困り果てて、近所の植木屋さんに相談しました。
これは以前の記事でも触れたことがありますが、
その時植木屋さんにこんなことを言われたのです。

弱った植物に栄養剤なんか与えても吸収できなくて逆に枯れちゃうよ。
必要なだけ水やりをして、
陽に当ててそっとしておくのが一番いい。
風邪ひいて高い熱出てたら、
水分だけとって安静にしていたいでしょ。
それとおんなじ。




そうでした。
私は、ようやくお粥が頂けそう、というところまできた程度だったのに、
スタミナをつけなければ
無理やり大きなステーキを平らげようとしていた
のです。

残念なことに、その後ベンジャミンは回復せず、
完全に枯れてしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

「栄養剤」は華やかで即効性がありそうですが、
その時の「体力」に見合っていなければ、
消化不良によりダメージを受けてしまうだけなのかも知れません。
吸収するには体力が必要なのだということを、
義務感と焦燥感にとらわれるあまり忘れてしまっていました。

あるいは、元気だからと思っていても、
自覚されていないだけで、実は心身疲労困憊していることも。
そんな時でもACの方は、知らず知らずのうちに、めいっぱい頑張ってしまう。

本来どなたでも、
吸収して活用できるだけの体力をお持ちのはず

何かうまくいかないのは、
心身の声に気付いてあげられなくて、
ちょっと頑張り過ぎてしまっているせいなのかも知れません。

「栄養剤」は後にして、
ご自身を優しく労わってお休みしてもいいんじゃないかなあ。

温かくして安静にしておくだけで、
「基礎体力」はきっとじんわり回復して、
いい感じに回りだすのだと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。