スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪悪感 その2

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます


前回の続きでございます(*´ω`)┛

「罪悪感」というちょっと面倒な感情。
ずっとさいなまれてまいりましたが、お陰様で整理がつき、概ね解決していた感情でした。

それが、少し前に手にした本(「大人のための「困った感情」のトリセツ」水島広子著 大和出版)により、
私は再びこの感情について考えるようになりました

本には「罪悪感は自己中心的な感情」とあります。

自己中心的!?


理由を読んで納得しました。

罪悪感は、
「相手にとって何かの役に立つものでも、相手を幸せにするものでもない」。

・・・うーん。。。。

その通りだと思いました。

「罪悪感」は未来に生かすための「反省」とは違って、
過去に縛られ続けてしまうもの。

どんなにさいなまれてみても、
結果は変わりませんし、
相手に利益をもたらしません

あくまでもそれは
自分に向かっている否定感の塊ですので、
相手はおろか、自分にとっても利益になることはなさそうです。

ヽ( ̄д ̄;)ノ

私は基本的に、マイナスの感情については特に、
しっかり味わうことにしています。

丁寧に味わうことで
その感情の意味を考えることができ、
その結果、
押しつぶされそうな大きな塊だったものが、
扱いやすくサイズダウンできると知ったからです

ですが「罪悪感」については、事情が違いました。
「味わう」のには、強烈すぎて、厄介な感情だったのです
サイズダウンは困難でした。

更に困ったことには、
気が付くと近付いてしまっていて、
どっぷりと浸かってしまっている。
そして、
過去の自分に対する強烈な否定感により刺激をうけた思考が、どんどん私を攻撃してくるのです。

あの時の私は、なんて罪深いことをしたのだろう

(ノ_<)

過去の事象によっては逆に、
不自然なほど、
自分の正当性を訴えようとしてしまう。

聞いてください、あの時の私はこんなに正しいことをしたんですっ

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」


どちらも苦しい負荷がかかりすぎてしまい、大変なエネルギーを奪います。


こうしたことを考えますと、
「罪悪感」は、
自虐的な感情
だと私は思うのです


感情には色々な役割がありますが、
著書によれば、「罪悪感」の役割は、
「相手を思いやれていないというサイン」

それは
「自分を思いやれていない」ことにもなるように思います。
注意は自分に向いているけれど、自分のケアにはなっていない。

自分自身への思いやりをも欠いてしまった、
自虐的な感情
私はそう思い至ったのです。


ご自身をいじめるのは、もう、お止めになったほうがいい。

だから、「罪悪感」は
必要以上に感じようとしなくていい
と思うのです

ただ、知っておいて頂きたいのは、

そんな自虐的な状態に自分を置かなければならないほど、
過去のその選択は、
あなたにとって、
辛くて苦しかったのだ、
ということ。


けれどもその選択は、
その時できることの中で
ベストを尽くした結果だったのだ、
ということ。


あなたのその選択によって、
きっと最悪の事態は避けられた


(´ω`人)




とはいえ「罪悪感」も感情ですから、
自然にわき起こってしまうのは仕方ありません。

もし「罪悪感」を抱いてしまったのなら、
「自己肯定」のイメージを持っておかれると、
ある程度のところで上手に切り上げられるかも知れません。

大切なことは、
当時最善の選択をしたご自身を、
「よくやった」という思いで肯定しておくこと
だと思うのです。


・・・ここで、あくまで私の中にある、
ごく小さな感じ方をつぶやいてみると、、、

例えば母が、michikoには悪いことをした、
と「罪悪感」を持ってくれているとしたら、
結果が変わるわけではないけれど、
私はちょっとだけ、
ほんのちょっとだけですが、、、

、、、救われた気持ちになるかもしれない。


・・こう考えてもしまう私は、
やっぱり立派なACということなのかなあ
(」*´∇`)」



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




スポンサーサイト

罪悪感

こんにちは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいましてありがとうございます

このところ「罪悪感」について再考しております。

ACであると自覚してからの私は、
いろいろな感情について考えることにより、その重さや印象が少し変化しました。
うーん、、、変化、というより、
「感情」に対して抱く感情が深まり、
役割や扱い方を自分なりに考えるようになったと言う方が正確かも知れません

いわゆる「腑に落ちる」感覚を得られるまでには、
ずいぶんと時間がかかってしまいましたし、まだ途上の感情もございます。
でも、以前に比べますと、遥かに楽に感情を味わうことができるようになりました。

ただ「罪悪感」は大変手間取った感情の一つでした。

それは、私にしっかりと刷り込まれてしまった、こんな癖のためだと思います。

何か良くないことが起こったり、誰かが不機嫌だったりすると、
「自分のせいでは?」と考えてしまう。
「自分の選択は間違っているのでは?」と不安を抱いてしまう。

特に、数年前、母との関係を断ったことについては、
考え抜いて自分で決心したことにもかかわらず、
私は大変な親不孝者なのではないだろうか
そんな思いが消えず、ずっと罪悪感に苛まれていました。


「罪悪感」・・道徳、法律、宗教や社会習慣などにそむく悪い行いを、自分がしたと思う気持ち(三省堂国語辞典)。

「自責の念に駆られる」、
「良心の呵責(かしゃく)に悩む」、

なども意味としては近いと思います。

そうした、どこかチリチリと痛むものを感じながら日々過ごし、
母が絡む何かしらの問題に巻き込まれては、かつてと同じかそれ以上に傷つく。

「ほら、結局こうなる。断って良かったんです」

その度に思い直すのですが、
しばらくするとまた「チリチリ」を感じることの繰り返し。

(´・_・`)

人の持つ「元に戻ろうとする力」
神秘に満ちた強さがあると感心しますが、
それは感情や思考でも同じことなのかと愕然とすることもありました。

何とかしたいと思っていた頃参加した、水澤都加佐先生のセミナーで、
私は勇気をもって(!)質問してみました

「罪悪感はどう処理したら良いのでしょうか」(´・Д・`)ノ

先生はおっしゃいました。

「あなたが選択したことは、
その時最善の策だと思ってやったことだとは考えられませんか」



丁寧に当時の記憶をたどると、
そうするしかなかった
という考えに行き着きました。

その後しばらくの間あれこれ考え、
お陰様で自分の中では「概ね」解決することができたと思っています。
そして、少し離れたところから、「罪悪感」を鑑賞できているようにも感じています。
最近は、「罪悪感」そのものをしばらく忘れていたかもしれません。

それが先日、
書店で偶然手にした一冊の本(「大人のための「困った感情」のトリセツ」水島広子著 大和出版)により、
またまたこの面倒な感情に興味を持ってしまいました

著書にはなんと、
「罪悪感は自己中心的な感情」とあります。

 

そんな風に捉えたことは一度もありません。
ちょっと衝撃でした。

興味を持って再び考えてみた結果、
私がどのような考えに思い至ったのか、
それは、えーと、
次回の記事でまとめさせていただきます
(*´ω`)


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


雇うなら未回復のACがいい!?

こんばんは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

連休の最終日。
昨日も今日も、マンションの駐車場には車が殆どありませんでした。
皆さんご家族でお出かけのご様子です

連休前にはよくこう聞かれます。
「今度の連休は、どちらへ行かれますか?」

今は平気で
「予定はないんです〜(^∇^)」と流せますが、
一時期、こう訊ねられることが苦痛でした。

お休みの日に遊ぶ予定もないつまらない人

そう思われてしまうのではないかと不安だったからです
不安のあまり、
行きもしないレジャーの予定を伝えてしまうこともありました

かといって、本当に予定を組むことはもっと不安でした

もしレジャーの予定を入れてしまったら、
実行するためには、その日の分の仕事を他の日に消化しなければなりません。
そのための段取りをあれこれ考えると、、、

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

とても楽しむ余裕などなくなります。

頑張ってレジャーに出かけたとしても、
「行ってきました」という証拠を提示するための
なにがしかのお土産を買うことだけが目的になってしまい、
とにかく早く帰りたくなってしまうのです。
帰路では、押し寄せる家事や仕事を想像してどうにも落ち着きません。

子どもが小さかった頃は
一緒に出かければ楽しむことができていたのですが、
特に自分だけが遊びに行く、ということには、
罪悪感のようなものがありました

私は「休む」よりも、
「労働」していなければいけないような気がするのです。


人を雇うなら未回復のACがいい

そんなブラックジョークがあるそうです(水澤都加佐先生のお話より)。
こうした傾向は、ACの方によく見られるように思います。

だめだめ。どんな人にもセルフケアが必要なんです。
このままではよくない。
レジャーの計画を立てて、それを楽しめるように、
何がなんでも考え方を変えなくてはいけません。


でもある時、私はこう思い直しました。

このままでもいいんじゃないかなあ

受け入れてみることにしたのです(ノ´▽`*)b☆


ACの方にとって、
過去に刷り込まれてしまった考え方と、その影響は強烈です。
そこを無理やり変えようとすることは大変困難でストレスを伴う。
タイミングが良ければ変えてゆくことで良い結果を生むかもしれませんが、
そうでは無い場合ですと、
「変えなければいけない」という考えにとらわれ過ぎて、
自己否定感が強くなり、苦しくもなってしまう。。。。。


タイミングの問題だけではなく、
もしかしたら、
変えなくてもよいこともあるかもしれない
そう私は思うのです。

ご自分にOKを出せないことは、生きやすさを遠ざけてしまいます。


これが私。このままでいい。



そう思うようになってみますと、
ホッと力が抜けて、柔らかい安心感が(*^-^*)

いつも通りの過ごし方が
自分にとって自然なことだと気付けたのです。

感じることができたのは、
やることをやったことで得られる達成感自己有用感

そして嬉しいのは、
自由な時間の前に、やることをやったのだということが、私にとって立派な大義名分となり、
わずかな自由時間を
楽しむことの余裕を与えてもくれたことです。

例えば私のこの三日間は、
一日目・・ストレスチェックの研修(丸一日)、
二日目・・仕事(丸一日)、
三日目(本日)・・半日仕事で半日自由時間。

最終日に半日の自由時間☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

これがとってもありがたいのです。
ソファでのんびり過ごしました。

今はこれで充分満足。
そしてそんな自分にも充分満足しています。

ACのまま生き続けるのも悪くない(*´v`)


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net





自分のペース

こんばんは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます


この12月から、50人以上の労働者がいる事業所は、
「ストレスチェック」なるものを実施することが義務化されます。
(詳細は厚生労働省HPをご覧くださいませ
一定の条件を満たした精神保健福祉士も、「ストレスチェック」実施に関われるそうですので、
現在私も勉強をしているところでございます

資料には、厚生労働省が推奨するものとして、
職場におけるストレスについての57のチェック項目が。
その一つに、「自分のペースで仕事ができるか」を問うものがありました。

自分のペースヽ(´∀`)ノ

仕事に限らず、生きてゆく上ではどんなことも、
周囲の状況に合わせなければならないことばかり
100パーセント自分のペースで事を運ぶことは殆ど不可能でしょう

でも、ある限られた空間や時間を、
自分のペースで過ごせるかどうか、ということが、
ストレスに大きく関わることとされている、とあらためて思いました。

ACの方は、これまでの人生の殆ど全ての時間を、
周囲の状況に合わせて生きてこられました。
多くの方が、
そうすることで
「安心と安全」を確保
しながら子供時代を過ごし、
悲しいことに
大人になってからもその習慣を引きずっている
私もそうでした。

自分のやり方が合っているのか自信がないものですから、
とにかく周りからの評価が最優先(´・_・`)
自分のペースを主張するなんてとんでもない話でした。

私に合わせてもらうなんてもっての外、
きっと相手に負担をかけてしまう、
きっと相手が不愉快な思いをしてしまう、
きっと不機嫌になって私は嫌われてしまう
(。´・(ェ)・)
そんな不安に押しつぶされそうになるからです。

ですので私は、無意識のうちに周囲に合わせて過ごしてきました。
自分が我慢する方が、よっぽど心が安らかでした。

でも、ACと自覚してからは、
それはほんの一時の表面的なことに過ぎないのだと知りました

自分を抑える、
自分を犠牲にする、
主張しないで人に譲る、、、。


一見良さそうに見えるそうした行為の裏で、
多分私は、自分でも気付かないほどではあっても、
「我慢している私の気持ちを察して欲しい」
そんな悲痛な思いを抱いていた。
純粋に人に尽くしていた訳ではなかったのです。

ですので、少しずつ少しずつ、
私の中には不満が溜まってゆきました。
そしてもっと深刻なことは、
相手を優先することばかりを繰り返していたために、
自分自身がどうしたいのか、
自分のペースとは一体どういうものなのか、
それが分からなくなってしまったこと。

どうしたいのかが分からなければ、不満を解消することなんてできません。
自分のペースを知らなければ、どうしたいのかも分かりません。
いつまでたっても満たされたとは思えない(´・_・`)
ここを見過ごしてしまったままでいましたから、
何十年にも亘って私のストレスは溜まる一方。
満たされない思いに傷つき、ずっと癒されることがありませんでした。
こうしたことが、私の「生きやすさ」を邪魔していたのかも知れません。

自分のペースヽ(´∀`)ノ

無視し続けていてはあまり良いことがなさそうです。
もしも心当たりがおありでしたら、
ご自身に静かに耳を傾けてみると良いかも知れません。
ご自身に興味をもって丁寧に注目して、ほんの少し優しくする

いかがでしょう、
つかめそうな気がしませんか。

自分のペースをつかめたら、
きっと今より「生きやすさ」を感じることができるはず。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。