スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACの私にとって味方だった父

おはようございます。
ACカウンセラー松橋通子でございます。
訪問くださりありがとうございます


8月も残りわずかとなりました。

小学二年生の今頃、私はとっても焦っていました。
真面目な性格でしたから、宿題はほぼ終わっていたのですが、一つ、どうしても片付かないものがあったのです
それは、夏休みの思い出を画用紙に描いて、文章を添える、という課題でした。

一年生のときも同じ宿題が出て、私は、近所の盆踊りのことを描きました。ですが、クラスのどの子も、家族とレジャーに出かけた思い出を描いてきました。

「田舎に行きました」
「海に行きました」
「山に行きました」
「キャンプをしました」
「プールに行きました」
「遊園地に行きました」
「新幹線に乗りました」・・・。

・・・私はどれも経験がありません

クラスのみんなが、休み中出かけた話をしているときは、
私一人置いていていかれているようで惨めでした

同じ宿題が出ないように祈りましたが、
長期休みの宿題に、それはいつも定番として存在しました。
その度に「ちょっと特別と思われる」日常を描いてきましたが、
他の子と比べては格段に見劣りする内容、
惨めな気持ちになる繰り返し

今年の夏休みこそ、どこかへ連れて行ってくれるかもしれない
カレンダーを確認、まだ〇日残ってる。
明日はきっと。今日はきっと。
待ち続けました。
ところが8月28日になっても、29日になっても、
お出かけの声はかかりません。

宿題を終わらせることが出来ない、
先生に叱られる、
クラスのみんなに取り残される・・。

不安な気持ちに追い詰められてゆきました。

そしてとうとう、私の中のタイムリミットだった30日の朝、母と父に言いました。

「・・宿題が、できないの」


みんながどういう絵を描いてきているか、去年の夏休みも、冬休みも、春休みだって、いつもいつも惨めで悲しかった思いを、一生懸命伝えました。

母には、
「今頃言われたって」「盆踊りでも描けばいいじゃない」
そんな風に言われました

気持ちを汲んでくれたのは、父でした。

「そうか、、。宿題ができないなら仕方ない。じゃあ今からプールに行こう」




持ち物は、スクール水着と浮き輪と、バスタオルに塩むすび。
小銭しか持たない父と、電車を乗り継ぎ、大きなプールに行きました。
流れるプールに波のプール、すべり台もありました。

身体が冷えたら、プールサイドに直に寝そべり甲羅干し。
のどが渇いたら、水飲み場で水道水を飲みました。
お腹がすいたら、お塩のおむすびをいただきました。
節約したレジャーでした。
でも私は、
レジャーシートもジュースもアイスも、フランクフルトもいらなかった

父は一日、私に付き合ってくれました。
機能不全の家族の中で、
私の気持ちを分かってくれたことが嬉しかった。

父は私の味方だと思えました

よく晴れた一日
おひさまが傾く頃には、全身すっかり日焼けしました。

翌31日、私は、宿題を仕上げました。
会心の出来でした。
これでみんなと同じになれる
背中は赤くヒリヒリしていましたが、心はとっても穏やかでした。

新学期。

日焼けしたての私は、クラスの誰よりも真っ黒でした。
即席の日焼けでしたが誇らしかった。

一人ではない。
必ず味方になってくれる人がいる

毎年この時期、そんなことを思うのです。

おとうさん、ありがとう





最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




スポンサーサイト

セルフケアをしないと地獄に!?

こんばんは。
ACカウンセラー松橋通子でございます。
訪問くださりありがとうございます

先日、外国籍の友人から興味深いお話を聞きました。
彼女の国の言葉で書かれた何かの記事らしいのですが、
翻訳しながら聞かせてくれたそのお話は、こんな内容でした。


あるところに大変働き者の若者がいました。
彼は結婚し、子どもが生まれると、家族に良い暮らしをさせようと、
ますます一生懸命に働きました。
休みもとらずに働いて働いて、沢山のお給料を稼いだので、
奥さまはいつもきれいな身なりができ、
子どもたちは授業料の高い、行き届いた教育をする学校に通うことができました。
彼の両親も、贅沢な暮らしをすることができました。
彼のおかげで皆幸せでした。
周りの人たちからも、こう言われました。
「なんて良い旦那さん」「なんて良いお父さん」「なんて良い息子さん」

ところが彼は、あまりにも働きすぎたので身体を壊し、まもなく亡くなってしまいました。

「あの世」の入口で、なんと彼はこう言われました。
「あなたは地獄へ行きなさい。」

あんなに一生懸命働いて家族を幸せにしたのだから、
当然天国に行けるものと思っていた彼は、どうしても納得できません。
そこで神様に直談判しました。
すると神様は、人間界が見えるという窓を開けました。

その窓から彼が見たものは、
家族を養うために、老いた父親が昼も夜も働く姿。
美しかった妻がみすぼらしくやつれてパートに出ている姿。
高額な授業料が払えず学校をやめることになってしまった子どもたちは、
いじめに遭っていました。

家族にかつての面影はありません。

神様は言いました。
「あなたは、家族のために休まず働き続けたかも知れませんが、
肝心の自分の身体を全く大切にしなかった。
その結果、このように家族を不幸にしてしまったのです。
だからあなたには地獄に行ってもらうのです。」

彼は納得して地獄に行くしかありませんでした。



「地獄」に落とされてしまうなんて
いくらなんでもあんまりです

でも、このお話を聞いて、「セルフケア」の重要性をあらためて思いました。

「セルフケア」

この言葉は、トラブル発生時の飛行機内において、
「酸素マスクは自分から」という意味で使われるようになったものだそうです。
機内でトラブルが発生して酸欠状態になってしまったら、
先ずは自分の酸素マスクを付けてから、
はめられないで困っている人を手助けする、というのが正しい行動。
自分のケアができていない状態では正しい判断ができず、
周りを助けることなどできなくなる、というのです。
(実務教育出版「自分の怒りと向き合う本」columnより)


ACの私は、自分を最優先するなんてとんでもない、と思っていました。

長い間、
人のために動いていなければ私の価値などない
そう考えていたからです。
自分が存在することにさえ、いつも抱いていた罪悪感。

自分を優先する発想など持てるはずはありません
加えて、
自らを犠牲にすることを美徳とする文化的な背景の影響も。

そうした奥ゆかしい日本の文化が私はとっても好きですし、
大切にしたいとも思います

ただ、勇気をもって申し上げると、

自分を犠牲にすることがあまりにも強すぎることは、
周りにとって、
実はありがたくはないのかも知れません


先の地獄行きのお話のように、
自分のケアが出来ていない状態では、
本当の意味で全体の幸せにはつながっていない。

相手の幸せを思う気持ちは、
「セルフケア」が出来ている状態でこそ、
しっかりと伝わるものなのかも知れません



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


ACの兄弟も苦しいのかも知れない

こんばんは。
ACカウンセラー松橋通子でございます。
訪問くださりありがとうございます

母の茶道教室を手伝っていた頃のことです。
毎年今くらいの時期になると、秋の茶会に向けた具体的な準備にかかります。
主に母と、社中の古い先輩方とで話し合って決めるのですが、
彼女たちが候補に挙げるお道具を、納戸から取り出すことがちょっと大変な作業でした

目当てのものが、どこにしまってあるのか、どの箱に入っているのか分からない
華道や書道も熱心だった母の道具たちは、種類も量も多すぎて、
納戸の整理が追いつかない状態だったのです。

母は母のイメージで、道具を出したり仕舞ったりすることもあるので、
私が整理をしておいても、いつの間にやら行方不明になっている。
箱と中身が違っていることもよくありました

結局、目当てのお道具が出てこなくて、他のもので間に合わせることもしばしば。

先生(母)お忘れになっちゃうのよ。

娘である私の耳に入る先輩の声は苛立ちを含んでいました。
母もまた、穏やかではないはずです。
苛立ちに敏感な私は思いました。

何とかしなければ


ある時私は、台帳を作り整理することにしました。
納戸の天井近くまで積み上がった大小様々な箱を、一旦全て別室に移し、
一つひとつ箱から出して中身と一致しているか確認。
必要ならば写真を撮る。箱には番号をつけ、特徴なども記録しました。
空になった納戸には、大きくて頑丈なスチールの棚をいくつか買って設置。

子どもたちが幼稚園や小学校に行っている間の作業、
何ヶ月もかかりましたが妥協しませんでした

とにかく、母にも使いやすいように完璧な台帳を作成し、
母からの評価を上げたかった。
「○○の茶会で使った××の道具」を、サッと取り出せるように。

台帳が出来上がってからというもの、
それはそれはスムーズにお道具を用意することができました。

michikoちゃんよく作ったわねえ

先輩には褒められました。
ところが、母からは褒められたおぼえがありません。

それにはきっと、兄が絡んだ理由があったのだと、最近思うようになりました。

兄が在宅している時、よく「メシ作れ」と言われて作業を中断することがありました。
面倒な買い物を頼まれたり、洗濯やアイロンかけを言いつけられたりすることもありました。

いつも嫌がらせばかりする

多分兄は、私が母の役に立つようなことをしていることが、
気に入らなかった

そんな兄の不愉快を察した母には、私を褒めることなど論外だったのでしょう。

母に認められたい、という強い欲求を通すことで頭が一杯だった私は、
兄の機嫌を良くしておくこと、という基本をおさえることが不完全だったのです。

先輩にいくら沢山褒められても、私の空虚感は埋まるはずなどありません。

兄の命令を遂行することで、表面上の彼の機嫌は整えられても、
当時の私には、兄の複雑な内面まで想像できませんでした

最近になってよく思うのです。

高圧的に私を支配していた兄は、
母に溺愛される一方で、埋まらない空虚感を抱えて生きていたのかも知れないと。
そして
兄に対する境界を引き、感情を整理することができたから、そんな風に思えるようになれたのだと。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


ACが自分に興味をもつことは

おはようございます。
ACカウンセラー michiko でございます。
訪問くださりありがとうございます

他ブログから引っ越してまいりました。
なにぶん操作に不慣れでございますが、よろしくお願いいたします。


このところずっと忙しい日が続き、自分自身のケアが不十分でした

小さな自由時間雑貨屋さんをウロウロしたり、
美容院に行ってみたり、そうそう、映画を観にも行きました

書き出すとちょこちょことケアしているように思えますが、
実際はそれ以上に疲れがたまってしまっていたようです


仕事をしても、集中力が今ひとつ
暑くてだるくて、料理はなんだかおっくうに
気に入っていたヨガをする気にもなれない

しかも、こんな時にお客様がいらっしゃる予定が


お迎えする準備を整えようとすると、気になってしまうんですねえ。


普段は全く気にならない、壁の汚れ。
床の隅のちり。
ドアの手垢。
シンクのくもり。
洗ったばかりのカーテンに付いた飼い猫の毛・・・。

お掃除しなければならない場所を思うだけでうんざりです。
家族の発する言葉にもちくちくとトゲがあるように感じてしまう。


どうやら私は、疲れがたまって気持ちが落ちてくると
自分にとってマイナスの情報に敏感になってしまうようです。

今の心身の状態はよくないから、これ以上傷つかないように
防御するためのプログラムが作動するのですね。


自分を守ろうとしているこうした反応なのですが、
それは時に、自己嫌悪感を強くしてしまうように思います。


その時の私の思考はこんな状態でした。


もっと全体を見ればいいのに、
こんなことにこだわってしまう私は小さすぎる

集中して手際よくこなせない私は、
なんて無能なんだろう

もっとしっかりしないと。
ちゃんとやらないと。


でも、しばらくして、気付きました。


あ、私疲れてるんだ

先に書いた「プログラム」は、意識の下にある無意識
のなせる技。

そこまでの状態になっている、ということを、
先ずは理解する
ことで気持ちはだいぶ楽になるようです。

ゆっくりと深呼吸をすることが、
「無意識」のざわついた状態を落ち着かせるのに有効らしいのですが、
私はもっと楽しいことをチョイスしました


やらなければならないことをざっと片付けて、
お客様がお帰りになった後、
久しぶりにお裁縫箱を取り出して小物をチクチク。

それから、ずっと気になっていたふすまの手入れ。
お気に入りの和紙をちらりと貼りました。


好きなことに集中できたことと、作品を仕上げた達成感とで、
気持ちはとっても落ち着いたのです。



まだまだだなあ、と思うと同時に、
最近ちょっと忘れかけていたこうした気持ちの動きを、よく憶えておこうとも思いました


「私」という人間は、まだ未知の部分が沢山あって、興味深い。
そう考えると、「面白いなあ」と思うのです。

ACの方は特に、自分に興味をもつことが、
セルフケアになるのだと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


ビビリくん

おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます



かねてより観たいと思っていた
「インサイドヘッド」という映画を観てまいりました

人間の複雑な感情を解りやすく視覚化した、
感動的で素敵な作品でした

ストーリーは、
「ヨロコビ」(喜び)と「カナシミ」(悲しみ)を中心として展開します。
でも、ACの私としては、
脇役の
「ビビリ」くんに親しみをおぼえました

彼は、主人公の少女が安全に過ごせるよう、あらゆる危険をリサーチし、回避のために情報収集するのが得意。
命に関わるかもしれない と、
ビビりながら備えるわけです(出番はほとんどなかったのですが・・)。

彼の名前は、原作の英語版では
「Fear」・・恐怖

ACの方には馴染みのある感情の一つです。
恐怖の手前には
「不安」という感情も。



喜び、悲しみ、怒り、苛立ち、恐れや不安・・・


感情にはそれぞれちゃあんと意味がある、と言われます。


それは、生物が「生きていく」ためにプログラムされた、
とっても
原始的なものらしいのです。

特に
「恐怖」や「不安」は、
身の危険を知らせてくれる大切な感情


私たちの脳の極めて原始的と言われる部分が、
少しでも「危険」と判断すると、
危険回避プログラムによって、
適切な行動をさせてくれるのだそうです


何だかすごい。


「恐怖」や「不安」は、生き残るために備わった、
原始的で本能的な、機能だったのですね。


実は私は、救急車が走っていくとき、
家族に何かあったのではないか
不安になります。

パソコン操作では、
私が触ったためにデータが全て消えてしまうのでは
恐れます。

車の運転では、
どこかにぶつけてしまうかも
最悪大破を想像することも


いつもということではありませんが、
通常ではありえないことまで想定してしまう

「ビビリ」
くんの思考パターンとちょっと重なるのです。


こうしたことは、
元々生物に備わっていた標準的なプログラムが、
経験(大きな不安や恐怖に感じる体験を繰り返したこと)により、
強化されてしまった結果なのかも知れません。

だとしたら、それは
仕方ないことだと思うのです。


多分、
私のせいではない


例えば子どもにとって、
母親から好まれていない、と感じ続けてしまうことは、
生きていけないかも知れない大変な恐怖です。

いわゆる「杞憂」なのだと頭では理解していても、
想定する最悪の事態以上の体験をしていたら、
拭いきれない感情がくすぶっているのは当然だと思うのです。


ですので私は、
必要以上の「恐怖」や「不安」を感じてしまったときには、


怖いんですね、
心配だよね、

そう受け止める
ことにしています


かつては、
不安を感じること=人として未熟で弱いということ、
と考えていました。


もっと大変な人も沢山いるのに私は意気地がない


だから必死に取り繕って隠すことで精一杯でした。


でも、
ちっとも恥じるものではない

沢山感じて味わっていいんじゃないかなあ。

そう感じられること自体が素敵なこと
だと思うのです。

生物が生きていくために太古の昔から備わった、
尊い感情

のひとつだと思うのです



アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

生きやすさを実感するには

おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます



毎日暑いですねえ
このところちょっと忙しかったので心身バテ気味でおりましたが、
昨日は半日お休みし、美容室 に行ってまいりました。

予約の時間まで余裕があったので、
雑貨屋さんや本屋さんをブラブラ
こんな小さな自由時間が私はとっても心地よくて

そしていざ美容室へ。
初めて訪れる店舗。
こちらに越してきてから何件目になるかなあ。

私は
「行きつけ」の美容室が定まらない人生を送ってきました

美容室が、苦手なのです

髪の手入れをしてもらって、
リラックスしに行くところのはずが、
どうも
気を遣ってしまうからです。

美容師さんは、オーダー後作業しながら、
サービスであれこれ話しかけてきてくださいますが、
それが
実は苦痛なのです。
(美容師さん、お許しください私の個人的な事情の為なんです

こちらが正しくお相手しなければと思ってしまうので、
担当美容師さんの
喜びそうな反応を返すことに終始してしまう。

別の席の美容師さんが
お客さんとの会話で盛り上がっていると、
私なんかの担当で、
つまらなくて
申し訳ないと思ってしまう。

特に、
テンションの高いお話好きな美容師さんが担当されると、
私は疲労困憊してしまい、とにかく早く帰りたくて、
多少気に入らないところがあっても
「いいですね」「ありがとうございます」しか言えず、
帰宅後鏡の前でハサミを持ち、
じょきじょき手直ししてみたり
(美容師さん、ごめんなさい

シャンプ-後のマッサージをしてもらっている時は、
悪いなあ、疲れてないかな、と
気が気ではありません

マッサージを充分味わうこともできないまま、
「すごく気持ちよかったです、お上手ですね」
なんて言ってみたり。
(・・・ごめんなさい


要は、こちらがサービスを受ける立場であっても、
「嫌われたくない」という、
「見捨てられ不安」に由来する感情が湧き上がってしまうのです。


仕方ありません。
そんな私もれっきとした私なのです

長年かけて身についてしまった癖は
そう簡単には抜けません。
なので、受け入れることにしています。
ま、よろしいじゃないですか


こうして受け入れるようになって数年、
最近自覚したことがあります。
それは、

私は、美容室において
必要なことを伝えたあとは、
一人静かに雑誌を読んでいたいのだということ

オーダーを受けたあとは、必要以上に話をせず、
黙々とハサミを動かしてくれる
職人気質の美容師さんを求めていた。
あちこち美容室をさ迷っていたのはそういう訳だったのです。

自覚してからの近年は、さ迷うことに積極的でした。


果たして今回の美容室は・・。


担当くださった美容師さんは、
丁寧にオーダーを聴いたあと、適度にお話をされるものの、
私が雑誌を手にすると、そっとしておいてくださいました。

無言で作業することがごく自然で、
沈黙の苦痛を感じさせません。

シャンプーを担当された若いお嬢さんも、
程よい力加減で、いい感じ。
シャンプー台で久しぶりにうとうとしました

マッサージも気持ちよかったなあ。

越してきて丸三年、
ようやくリピートできる美容室を見つけられたようです。



何だか嫌だなという癖


無理にどうにかしようとすることよりも、
こんな
ゆるーいやり方もあるんじゃないかなあ


多少時間はかかるかもしれませんが、
ご自身の感じ方や行動を
否定しないで受け止めていると、

感じ方や行動の理由と、
本当はどうしたいのかが見えてくる
ように思います。


どうしたいのかが見えてくると、
それを満たそうと意思を持った行動が伴ってくる。

そうしたらしめたもの


あるとき、
ふっ
「生きやすさ」

を感じられるようになれるはず


アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net


ACは動き続ける

おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます


OLとして働き始めた新人時代、宴席で男性の先輩からこんなことを言われました。

michikoちゃんは、理性が強いねえ


ニュアンスや表情から、誉め言葉でないことは明らかでした

私はどう反応したらよいのか分からず、子どもの頃いつもそうしていたように、ただ曖昧に笑っていました。
するとその先輩は、

ほら、そういうところが。今俺、全然誉めてないよ

私は笑顔をこわばらせるだけで、
どうすることもできませんでした


どう反応したらよいのか、というより、
どういう感情を持つべきなのか、分からなかったのです。

嫌だなと思ったはずですが、
そう感じてはいけないような気がして、
うやむやにしてふたをします。

とにかく先輩の発言の意図を想像することで頭の中はいっぱいでした。曖昧な私の反応に先輩は不満そうに見えました。

元来、主張したり反論したり、可愛くはしゃいだりといった
感情を表に出すことが苦手な私。

頑張って頑張って、
同期の女子社員たちにいつも合わせていましたが、
先輩には見破られてしまっていたのでは、と
恐ろしく不安になりました

その先輩が苦手なまま、数年後私は退職しました。


大らかだとか、優しいとか言われることが多かったように思います。

でも、そう言われることに息苦しさを感じていました。


大らかでも優しくもないのです

すぐにピピっと返すことが出来ないだけだったのです。

というより、
自分の感情に自信が持てない
どう感じるのが正しいのか、確信がない


自分は意思がなくて主張もできず、弱くて鈍感で頭が悪い
ずっとずっと大嫌いでした

周りの人からも、こんな自分は良く思われているはずがない、と考えました。

だから相手の喜びそうな反応を心がけました。
周囲の望みにそうように、必死に動き続けました。

誰かの役に立っている自分で居続けなければ、自分は価値がない、そう思っていたからです。

だからきっと、ACの方は動き続けてしまうのかも知れません。


感情=外界の刺激に応じて絶えず変化する、快・不快、喜び、怒り、悲しみなどの気持ち(三省堂・新明解国語辞典より)

→感情をテーマにした映画、今やってますね


かつての私が自分の感情に自信が持てなかったのは、
感情の焦点が自分に当たっていなかったから

周囲の感情を想像することばかりしていたのです。


自分の感情が分からない、ということは、
自分の欲するものが分からないということ

欲するものが分からなければ、
自分自信をケアすることなどできません
心から「満たされた」という感覚を得られません。

これは結構深刻な問題。放っておいて良いはずはありません。

どんな感情であっても、それは自然なもの
正解、不正解はないはずです。

周りの方がどう思うかではなく、
ご自分がどうお感じになったのか
否定をせず静かに耳を傾ける時間が、
ACの方には必要だと思うのです。

弱くて鈍感と感じたのなら、そう感じたことを受け入れればいい
それでいいんじゃないかなあ

そうしたらきっと、
もう動き続けることはないのかも
そんなふうに思えるようになるかもしれません

アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。