スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACと涙

おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます

夏休みと向日葵

子どもの頃、お向かいの家にSちゃんという女の子が住んでいました。

Sちゃんはお母さんを「ママ」と呼びました。

ママはオシャレでキレイで、
いつもSちゃんに可愛い洋服を着せていました。

一度、ママと出かけるSちゃんが、
ひまわり模様のサンドレスを着ているのを見ました。

夏の陽射しにひまわり
黄色がよく映えて、とってもまぶしかった。
なんてかわいいんだろう、と思いました。


小学一年生の夏休みのある日、
母と兄が出かける支度をしていました。

二人でどこか素敵なところへ出かけるようです。


私も行きたいなあ・・・
そうだ、おめかしをすれば、きっと連れていってくれる

私は一人静かに支度を始めました。
タンスを開けると、兄のお下がりばかりでしたが、一枚、
ノースリーブのワンピースがありました。

ずいぶん前に、祖母が行商のおばあさんから買ってくれた、
紺地の渋い一枚です。

私にと目の前で買ってくれた
ワンピース
嬉しくてとても気に入っていて、何度も着ていたので、
少し
色あせていました。

それでも、私の中では立派な「お出かけ着」
Sちゃんの
サンドレスのイメージだったのです。

私は着替えて髪を梳かしました。

そして、いよいよ母たちが出かけるというとき、言いました。

「私も連れていって」


すると母は、私の身なりを一瞥して、こう言いました。

「きったないねえ!こじきの子みたい」
「みっともなくて連れてなんか行けない」


涙目の私を見て、兄が、にやにや笑っていました。



出掛けでイライラしていた母を怒らせてしまった、と後悔しました。
ワンピースを買ってくれた祖母にも申し訳ないと思いました。

そして、母に叱られた惨めな自分を、祖母に見られてしまったことを
とても恥ずかしく思いました。

母に嫌われた、と強く強く感じましたが、
それを祖母に気付かれたくなくて、
一生懸命涙をこらえていたように記憶しています。


二人を見送り、私は祖母と、留守番をしたのでした
何事もなかったかのように、塗り絵をしながら。



これは、私が自分に宛てて書いた
「手紙」
の内容の一部です。


過去に手に入れられなかったものについて、
本当に欲していたものについて、

「手紙」に著して確認する

という作業を、私は何度も繰り返しました。


重くて、苦しい作業でした。
とんでもないことに手を付けてしまったと後悔もしました


そして
沢山の涙が必要でした。
あの時流せなかった分を取り戻すかのように。

この時の感情の動きというものを、
あれほどまでに大きくなった「塊」というものを、
私は決して忘れないでしょう。


何度も何度も繰り返すうちに、やがて、
母には母の、きっと事情があったのだろう、
そう思えるようになりました。


まだ完全とはいえません。
体調や何かの拍子に、揺り戻されてしまうこともあります。

それでも自分を保っていられるようになったのには、
この作業を通じて
母に対する執着を手放せたからだと思っています。


手放すために大切な
浄化作用のひとつとして、
人間は、
「涙」というものを授けられた、
そんな風にも思っています。


ACの方には、
沢山の涙が必要だと思うのです。

男性も女性も。大人も子どもも。



アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

スポンサーサイト

ACは嘘をつく

おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます



暑い毎日ですが、
買い物に行くと、つややかに並んだ夏野菜たちが

晩ご飯の食材に、昨日はお茄子を買いました。


子どもの頃、同居していた母方の祖母は、
小さな畑で野菜を育てていました。

夏になると、畑でとれたきゅうりや
茄子を漬物にしてくれました。

私は祖母もきゅうりも大好きでしたが、
茄子はどうしても好きになれませんでした。

5つ離れた兄は茄子好きでしたので、母はよくお味噌汁の具にもしました。

それが私には、大変な苦痛でした

皮の色が溶けて変色したお味噌汁は、子どもの私にはとてもグロテスクに見えたのです

母は食べ残しを嫌いました。

こんなに美味しいのに
お兄ちゃんを見なさい

茄子を嫌う自分は悪い子なのだと思いました。

だから私は、我慢して飲み込むのでした



夏休み明けの幼稚園でのことです。

4~5人で班を作ってお弁当をいただきますが、
その日は私の班に先生が来てくださいました。

先生は、班のみんなに質問しました。
「何のお味噌汁が好き?」

じゃがいもー!わかめー!おとうふー!

みんなが口々に叫びます。


私は大根が好きでしたが、
先生に一生懸命言っていたのは、


なすー


茄子を好むこと=大人で親孝行

そう考えたからです。


先生に、
michikoちゃん偉いね、
と誉められたかったのです。

普段何も主張しないタイプの私が、懸命に、

なすーーーー!
と訴え続けました。


やがて誰かが、言いました。

だいこん!



すると先生は、

先生も大根が一番好き!


おいしいよねえ。どんな切り方が好き?


話が弾んで楽しそう。。。。

だいこん、と、言っていたら、
先生に認めてもらえたのに・・・。

をついたことに対する後悔と罪悪感。

失意の中、
だいこん、と言って先生の関心を買ったその子が
心底うらやましかった。

子どもらしくない子どもでした。


私は、
認めて欲しかったのです。

認めて欲しいという欲求を満たすための手段
として、
をついた。

でもそれは、誰かを傷つけるような
悪意がある嘘ではありません

承認の欲求を満たそうとする
本能に忠実だったと言えるかも知れません。


そして多分、
心が傷ついていた


それ以上傷つかなくて済むように、
本能が、自分を守るためには本音を隠すようにと
司令を出したのでしょう。

そう、本音にふたをしてをついてしまうのには、
そうしなければならないほど追い込まれた、
ちゃんとした事情があるということだったりするのです。

ですので、
誰かを傷つけるようなことではないのなら、

をついたか否かということは、
そんなに重要ではないんじゃないかなあ


大人になった私は、
茄子が好きと言ってしまう自分を、

わかってあげたい、と思いました。


そして、丁寧に丁寧に気持ちを聴けたから、

本当は
大根が好きなんです、

そう言えるようになれたのだと思います


とはいえ、
今でもたまあに、
茄子が、、、
と言ってしまうことがあります。

でも、そんな自分を、柔軟に許せてしまいます。

だって、
事情があると知っているのですから


ちなみに今は、煮ても焼いても炒めても、
更には漬けても美味しい万能なお
茄子、大好きです。

もちろんお
大根も


ようやく手に入れたこんな生き方が、
今、とても気に入っています

 


 

アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

ACのセルフケア

こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます

関東も梅雨が明けました。
今日も暑い一日でしたね



このところ、少々忙しかったものですから、
一旦気持ちをリセットしたいなと思いました。
セルフケアを必要としているなと感じたのです。

そこで今日は、高校野球を観に、近くの県営球場に行ってまいりました。

最寄りからはモノレールを利用します。
まるで
空を翔んでいるような気分にさせてくれるこの乗り物が私は大好き。
高校野球を楽しむ前から気持ちが上がってまいります。

球場に着くと、チケット売り場も入場も、高校生が担当してくれます。
笑顔と礼儀正しい元気な挨拶が嬉しい。

実はルールをよく分かっていない  のです。
でも、ブラスバンドとチア、野球部員を中心とした、
学校が一丸となっての応援の雰囲気を楽しみたくて、
そこから元気なエネルギーをたくさん頂けるような気がして、
一昨年から毎年でかけるようになりました。


こうした時間を大切にすることが、かつての私には困難でした


常に誰かのために動いていなければ、
自分の価値がどんどん下がって、
しまいには
相手にされなくなってしまうような恐怖
があったからです

自分のためにお金や時間を使うことには、
どこか罪悪感があった
のです。


誘われて遊びにでかけても、

早く帰って家のことをやらなければ

そのことで頭がいっぱいでした。


更に一人になって振り返るのは、

失礼はなかったかな

つまらなかったと思ってらっしゃらないかな

私ではない人を誘ったほうが楽しかったのではないかな


いつも基準が他の誰かでした。
いつも自分がいなかった 


ACの方は、ご自身が

楽しかったのか
心地よかったのか

そうしたことに注目するという発想を持ちにくいことが多いのかも知れません。

長い間、
ご自分の気持ちよりも、
周りの期待に添うように生きて来たからです。

インナーチャイルド  も、同じような思いをしているとは気づかずに・・・。

もう、十分すぎるほど、ご自身を犠牲になさってきた。


ご自分が何をしたら喜ぶのか
それをちょっとだけ知ろうとすることは、
それほどハードルが高いことではないようです。


もし、考えたことがない、という方がいらしたら、
ほんの少し、意識してみるのもいいかも知れません


好きな紅茶を自分のためにいれてみる、というような、
身の回りの、簡単に出来そうなことでいいんじゃないかなあ。


高校野球は期間限定でしか楽しめませんが、
オールシーズン楽しめることも、ウィンドウショッピングや図書館など、自分なりにはいくつか実証済です。


どなたかに付き合って頂くことよりも、一人の時間を楽しむことの方が私には合っているようです。

いたずらにテンションを上げようとするのではなく、無理なくいいなあ、と思えるような何か。

きっと、じんわり効いてくると思うのです。

 


 

 

アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

自己攻撃

こんばんは。
ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます


カウンセリングをさせていただいた後、
クライアントさまのお話を一人で振り返るのですが、
特に
「怒り」に関して考えているとき、私は自分自身の課題を思い起こしてしまうことがあります。

うーん、、、まだ残ってるのねえ・・・

その度に紐解くことになってしまうのです


結婚して実家を出て数年経ったある1月のこと

新年の行事「初釜」を無事終えてほっとしたのか、私はインフルエンザにかかってしまいました

幼稚園に通う長女の送り迎えと、一歳過ぎの下の娘の世話をしながらの療養です。
熱が下がらず自宅で横になっていると、実家に住む兄から電話がかかってきました。出るなり、

お前、何やってんだよ!
(怒)

伯父が、新年の挨拶に実家を訪ねてきたというのです。

新年で来客があるのは当然なのだから、いつでももてなせるように、1月は私が実家に毎日来ているべきだ、というのが兄の言い分です。

兄の苛立ちを感じながら、私の中ではこんな思いが巡ります。

大事な時にインフルエンザなんかにかかってしまって
兄を怒らせてしまった

自分だけ予防接種を受けていなかったのは怠慢で傲慢だった

役たたずと思われてしまう、何とかしなければ


38度5分の熱がありふらふらでしたが、幼稚園のお迎えまではまだ時間がありました。

私はお寿司屋さんに特上の出前を注文し、下の子を連れてスーパーに自転車で乗り付けました。

ビールとおつまみになりそうなものを買い、実家へ向かいます。
熱のせいか、歩く振動で頭に激痛が走りました。
お寿司も届き、何とかテーブルを賑やかにしたところで、
私は実家を後にしたのでした。


自分の身体だけではなく、伯父に伝染す危険性など冷静に考えれば、
断固として断るべきでした


「何やってんだよ!」強い語気でそう言われたとき、
インフルエンザで・・と説明をしましたが、案の定、
兄には通用しません。

境界を侵されて身体的に傷ついた私は、
かすかに怒りをおぼえたはず。

ですが、これまでの経験から、
兄に向かってそれをぶつけることは出来ないと知っていました。

ですのできっと、
自分を責めることで兄への怒りを感じなくさせていたのです。


こうした反応を
「自己攻撃」というそうです。


社会的に良くないとされることや、罪悪感などの理由で、相手や他のものへの攻撃ができないとき、

一時的にストレスを軽くするために作動する心の働き
のひとつでもあるそうです。

私の場合は、長い年月で培ったスキルから、こうした場合の自分の感覚などどうでも良くなっていました。

自分の感覚に忠実に反応して相手を攻撃することよりも、
自分を責めることのほうがずっと楽だったのでしょう。


ただこれは、あくまでも一時的な軽減であり、根本の解決にはなりません。

多用すると、自尊感情が低くなってしまう
といいます。

多分私は、
「自己攻撃」の経験値がとても高いはずです。
劣等感自己嫌悪、自己肯定感の低さに悩んでいたことがその証。

相手の要求を優先し断れずにいたり、何でも引き受けて一人で沢山のことを抱え込んでしまったために、
体も心もいっぱいいっぱいの状態でした。

実家のために動き続けていなければ
私の存在価値がないと考えることや、

動いていることで
自分の評価を上げようとし続けることは、

終わりがなく大変なストレスでした。

そして
思うような評価が得られず、自分ばかり苦労してどうも理不尽だ。

そう気付いてしまったとき、湧いてきたのは
怒り  でした。



これにとらわれ、執着してしまっていた数年間は本当に苦しかった。



色々なことが犠牲になったかも知れません。
でも、今私は兄との境界をきっちりと設けることができています。

時折思い出してしまうものの、かつての私に比べたら、
それは
遥かに快適に生きています


家族によれば、当時の私は、よく寝言で怒鳴っていたそうです。
それもものすごく汚い言葉で(笑)。

寝言でご家族を睡眠不足にしないためにも、
ご自身の感情に正しく注目し、適切に境界を設けることは、
自分の人生を生きるためにとっても大切なことだと思うのです


アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

連鎖

こんばんは。ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます


ご存知の方も多いかと思いますが、ホルヘ・ブカイさんという精神科医が書いた寓話に、「鎖につながれた象」というお話があります。

それはこんなお話です。


サーカスを楽しんでいた少年が、
ある光景を見て不思議に思いました。

出番を待つ象が、とっても小さな杭に鎖でつながれていたのです。

大きくて力持ちの象なら、簡単に逃げられそうな浅い杭。
なのに、その象は逃げようとしません。

どうして?

象は生まれて間もないころ、
それはそれは頑丈に打ち込まれた杭に、
鎖でしっかりとつながれました。

外そうにも小さな身体では抜けません。
どんなに頑張っても誰も助けてなんてくれません。

やがて子象は、逃げることを諦めてしまいます。

その記憶に縛られて成長した象。

大きく力持ちになっているのに、杭が小さいものに変わっても、
決して逃げようとはしなくなってしまうのでした。



色々な気づきを与えてくれるお話だと思います。


例えば私は、子どもの頃の「自分が悪い」という記憶に、
大人になっても縛られていました。

誰かが不機嫌になると、それは私のせいかも知れない

何かトラブルが起こると、それは私がいけないからかも知れない

周りが平穏でないことは、極度に私を不安にさせますが、
追い打ちをかけるように自分を責めるスイッチが入ってしまいます


それは子育てにも影響しました

愛された実感が無いため、子どもの愛し方が分からない、という方もいらっしゃいます。

ですが私の場合はその逆で、
私のような寂しい思いをさせたくない
という気持ちが大変強かった。
娘たちはかけがえのない存在でした。

でも、無意識のうちに、自分の延長線上に子どもたちを置いてしまっていたのかも知れません。

その結果「自分が悪い」という記憶をかぶせてしまうことがありました。

例えば、子どもが学校でのトラブルを伝えてくれる時、私はこんなふうに応じることがありました。


あなたが相手を怒らせちゃったんじゃないの?


成長して母親になった私には、今何が大切なのかを見極める洞察力が多少なりとも備わっていたはず。
私に気持ちを伝えてくれている娘に対して、

それは大変だったね、
それは悲しかったね、
それは悔しかったね、
よく頑張ったね、


先ずはそう言ってあげたら良かったのです。

なのに私は、娘の境界に侵入するばかりか、
「自分が悪い」という私の中の記憶を、考え直すという発想を持たず、娘たちにそのままかぶせてしまっていました

未だに心苦しい思いが消えません・・・。


先の寓話からは、幼少期の刷り込みというものは、とてつもなく強烈である、というメッセージも受け取れます。


ACの方は、ご自身の親ごさんとのストーリーに今でも苦しまれている。

そしてお子さんがいらっしゃる方は、お子さんとの関係にも苦しまれる場合が多いのです。

多分、私の母も生きづらさを抱えた人でした。

不幸なことに、母は、
自身を省みる機会もなく歳を重ねてしまったのでしょう。


でも私は、ACという概念に出会うことができました。
そして、こうした悲しい連鎖を、
何がなんでも、終わりにしたかったのです。

だから本気で自分と向き合い、とことん考え抜くことが出来ました。


そして今、ずっと生きやすさを感じています


アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

自分が自らのカウンセラーに

おはようございます。
ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます


AC、悪くないなあ

そう思うことが時々あります。
例えば辛かった記憶がよみがえってしまったとき。

辛い経験をした人は、その後幾度となくその経験を思い出してしまいます。

 命にかかわるほど、大変なことだから、忘れてはいけない

そう防衛本能が働くためといわれます。


思い出すと、強い不安に襲われて、心身が疲労します。
忘れようとしても夢にでてきてしまったり、ちょっとしたことがきっかけで思い出してしまったり

以前の私は、そんな時の自分に大変否定的でした。

また思い出すなんて、私は弱い人間だ・・・
もっと苦労してる人はたくさんいるのに・・・
こんな風に感じるなんて私はおかしい、未熟すぎる。

消えろ消えろ、他のことを考えよう

否定し排除しようと必死でした


でも今は、辛かった感情や、苦しかった記憶も、尊重するようになりました。
防衛本能が働いてしまうほど、私にとって大変なことだった、
そして、
その感情や記憶も、自分の一部だと思えるようになったからです。


先日、何年も前の古い手帳を開きました
苦しかった時代の手帳です。

当時は共依存の状態で、やたらと細かいことが記録されています。
読み返せば、ありありと当時の記憶が。

やがて出てくる、あらゆる不安が一気に押し寄せてくるような、独特の嫌な

実は私は、ここからの過程を好んでいるようです


その が胸のあたりでうずいてくるような感覚におそわれると、

「ああ、いらしたな」


先ずはそう思います。
そして、感情を、丁寧に丁寧に味わうのです

体調にもよりますが、たいてい サイズダウンし、
扱いやすい大きさになってゆきます。

その過程で、
自分自身 との関係をいい感じにできるような気がして、ちょっと気に入っているのかも知れません


その過程で私は、

何か助言が欲しいわけではなく、

聴いて欲しい本当のところを、丁寧に聴いて欲しい
否定せずに受け入れて欲しい
認めて欲しいところを認めて欲しい

自らを私のカウンセラーにするのです


感情を丁寧に味わうことで、自分を信頼する気持ちになれるから不思議です


なにぶんACなものですから、これまではが出てきた時点で、ふたをして終わっていました。

もっといえば、ふたをする前に、その感情の存在自体を無視していた。

自分の感情を無視してしまうなんて、考えてみたらひどい話ですが、そうするしかなかった状況が、あまりにも長かったのです

そのスキルをもって生きているACの方は、
もやもやと苦しい思い を沢山重ねて来られたはずです。


でも、それが、お宝の山 でもあるんじゃないかなあ


その気になれば、味わえるストーリーをたくさん持っている

ということは、
自分を、より深く理解するためのきっかけとなる材料をたくさんお持ちである、ということ。

作業を繰り返す機会をたくさん持てたら、きっと
誰よりも心強い理解者に、あなたご自身がなれるはず

練習する材料をたくさん持っていることって、
ACならではだなあ、と思うのです。

どのタイミングでふたを開けるか、
どうやって無視していた感情に気づいてゆけるか、
そこも深いレベルで自分と対話ができそうです。

古い手帳は処分せず、大切にしまいました。

アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。