ACも捨てたものではありません


おはようございます

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます



「アダルトチルドレン」って、
大人なのに子どもみたいに甘えている人のことですか?

こう聞かれることが。

そうですよねえ。
直訳したら「大人子ども」(笑)
確かに意味がわかりません

子どものころの生育環境(主に親、兄弟との関係)が原因でトラウマを抱えてしまい、
その影響で、大人になっても生きづらさを感じている人のことなんです。
甘えている大人というのとは、ちょっと違うんですよ
 

こんなふうにお伝えしています。

興味をもってくださって時間も少しあるようでしたら、更に補足をすることでだいたい解っていただけます

でも、関心の無い方には、この説明では今ひとつピンと来ないようです


何年も前ですが、
意味を理解しているであろう専門家の著書で
(ごめんなさい、著者も書名も忘れてしまいました )、

ACについてこのようなことが書かれていました。

自分の未熟な性格を親や環境のせいにする甘えた概念

自分からAC(アダルトチルドレン)だと言う人は
言い訳をしているようで好きではない


とっても否定的な見解です・・・。

偶然目にてしまった私は、ひどく落ち込みました


私にとって、かすかな希望を見出したACという概念 

それが世間では
こんなふうに否定的に捉えられている

すっかり自信をなくしてしまったのです。

と同時に、


やはり私はただの意気地のない甘ったれ、

親のせいにする罰当たり


そう自分を責めました。


人にもきっとそう思われるにちがいない。

おびえた私は、ACと自覚していながら誰にも告白できませんでした。


ですがその後、
精神保健や心理学について勉強する中で、

母親からの情緒的支援


子どもにとってどれほど重要であるかということを知りました。

ACという概念の意味や自分の考え方の方向について
もう少し深めてゆこうと思うようになりました

それからは、試行錯誤を繰り返し、
実家の問題に振り回されながらあれこれ試すようになりました。

もう、嫌い。うんざりです。

これ以上私を苦しめないで。

どうしてわかってくれないの。

やっぱり私は価値がない。

何をやってもダメなんだ。


何とか消してしまおうと試みました。

一時的に楽にはなるものの、
しばらくすると元に戻ってしまいます

効果があった振りをしてしまうことも・・。
 

何をやっても劇的には変われません


それが自己否定感に拍車をかけます。

頑固な私の場合は、
そう簡単に消えてはくれないのです


そんなある時、
ヒントをもらって発想を転換することを思いつきました

ACを受け入れる
ことにしたのです 

こうも長くおつきあいしていますと、
実はなかなか離れがたい存在にもなっていました。

そう、良くも悪くも、すっかり私の一部となっているAC。

落ち着いてじっくり観察
してみると、
それほどワルモノでもない ことが解りました


そうこうしているうちに気がつくと、

ちゃあんと自分に焦点が当たってる。


今までよりずっと楽に生きている私がいました 

ACと共に生きる 
人生、捨てたものではないな、と思うのです


アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるための
カウンセリングはこちらからどうぞ

http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

ACの恋愛 その2

 こんばんは。
ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます

 

前回のブログの続きでございます。

ACの方の恋愛について。

同じような恋愛の傾向をそこそこ楽しめて、多少の切なさや苦しさも納得しているのなら問題ないかと思います。

ですがもし、
うんざりするほど辛くて苦しい思いをされていて、
もう繰り返したくはない
そうお考えなら、

そろそろご自分を楽にしてあげてもいいのでは。


楽にするためにできること

とってもシンプルですが私はこう考えます。

それは


自分を認めること



それも、行為とは切り離して認めること

ある
行いをしたから自分を認めるのではないということです。

この場合で言えば、

「ダメな人」とのお付き合いをきっぱりとやめる、

親密な関係に踏み込む勇気を持つ、

相手を信じて過度な依存の状態を断ち切る、

自分の気持ちをきちんと伝える・・・

といった、
これまでの
自分を変える行為

きっとどれも正しいです。

でも、それが簡単にできないから、ずっとずっと苦しまれていた。


それに、うーん・・・

先ずすべきはそういうことではない
ように思うのです。

もっと、根本の部分への働きかけが必要だと思うのです。


ACの方の恋愛傾向の根底にある、

自信の無さや自己否定感


私もそうでしたからよくわかります

自分を信じることができないから、相手のことも信じることができない。

それがものすごく強くでてしまうから、苦しい恋愛パターンに陥ってしてしまう。

どうして自信の無さや自己否定感が強くなってしまったのかを考えると、

そこには
傷ついてきた過去の強烈な影響


もうこれ以上傷つきたくない


本当の気持ち は、苦しいほどに、そう訴えているのでしょう。

傷つかなくて済むようにとってきた行動が、逆に傷をえぐってしまっていた。


だから、もう、
癒されていいのです。


貴方は、世界にたったお一人の、
尊重されるべきかけがえのない存在。

子どもの頃に身に付けた行動パターンに縛られて、
たった一人で懸命に生きてこられた

頻繁に、自分に対する批判やジャッジを繰り返しながら


自信が無いと感じるのは、癒されてこなかった証拠です。


そんなふうに考えてゆくと

先ず必要なのは、変わろうとすることではないんじゃないかな、
と思うのです。


幸せを感じていない人ほど変化を恐れる
と言われます。

未知のものにチャレンジする勇気を持てない。

現状にしがみついていたほうが安全ですよと脳が司令を出してしまうから。

ならば、今のあなたのまま、

認められた経験を重ねて
幸せを実感できればいいのでは

そうすれば、心の基礎体力が癒されて、

新たな行動を起こす力も湧いてくると思うのです。


ご参考までに、私が実践したことは、


自分にたっぷりと共感すること



悲しかったね

辛いんだね

イラッとするよね

怖かったね

こんなふうに共感する言葉かけを意識したことで、
時間はかかりましたが、

自分という存在を認め
大切に思うようになれました。

合う合わないはあるかと思いますが、私にはとても効果がありました。

今でも実践しております
 
ただこれは、話を聴いてくれる相手があったほうがやりやすいかもしれません。
自助グループやカウンセラーの力を活用するのも一つの方法です。

大切なことは、それが貴方を
受け入れてくれる安全な場所であることです。

身の回りにそうした場がおありなら、訪ねてみる価値はあると思います。

先の三省堂辞書には、
の意味として、

「かけがえの無いものとして、大事に扱うこと。
存在価値を認め、最大限に尊重して行きたいと願う、人間本来のあたたかな心情」とあります。

行為ではなく、
存在そのものを認められる感情を健全な
とよぶのなら、

先ずはご自身で、
ご自身の存在そのものを認め愛すること

これを意識してみると良いのかもしれません。


変わろうとする前に、それはとっても大切なことだと思うのです 


傷ついた心 は繊細ですから、そっと、そっと、少しずつふれて・・。



適当な場が見当たらないようでしたら、是非一度、
いらしてみてください

 

 

ACカウンセラー・精神保健福祉士  松橋通子のHPはこちらです。
よろしかったら・・・(´▽`)  
http://ac-counseling.net  

 

 

ACの恋愛 その1


こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。
訪問くださりありがとうございます流れ星



恋愛ドキドキ


ACの方には、このような傾向があると言われます



「ダメな人」との恋愛を繰り返してしまう


・距離をとるために年齢差のある相手と付き合う

・親密になることが怖くてお付き合いを避ける

性行為に依存してしまう

複数の相手や不倫に夢中になる


・相手に依存してしまう、またはさせてしまう



こうした傾向の根底には、

自分に対する自信の無さや自己否定感の問題があるように思います。



私の場合は、


自分には女性としても人としても魅力がないしょぼん


自分は愛される価値がない


だから私を好きになってくれるはずなどない



そんなふうに考えていました。



ですので、お付き合いをしていても、


人知れず常に不安が付きまとっていました。



三省堂の辞書で「恋」をひくと、

いわゆる高揚した気分という意味の他、


「・・・一方で、破局を恐れての不安と焦燥に駆られる心的状態」ともあります。



辞書ってすごいなあと感心しました。



そう、私は恋愛に依存しつつも、


私には幸せな状態がこのまま続くはずがない


そう思っていました。


来週裏切られる不安にとらわれ、


来月見捨てられるのではと恐れていたのです。



見捨てられないように、相手の役に立つことをする。


愛してもらえるように、相手の喜ぶことをする。


その時々で評価してもらえれば、


自分は愛される価値があるのだ、と安心できるクラッカーのです。



でもそれも長くは続きません。


また新しい不安を探します



これは、子どものころからずっと、


母に対して求め続けていたものとそっくり重なります。



そしてその不安は決して知られてはならないのです。


心の中にある本当の気持ちにはぴったりと蓋をして、

悟られないよう細心の注意を払う。



育った環境から、本心を伝えることは危険である

そう学習してきたからです。



反面、

こんな私でも本当に愛してくれているのですか

確認したくて、

普段とは逆の行動で、相手にカマをかけてみる


私をわかって欲しい、そう訴える精一杯の表現でしたあせる



または、駆り立てられるように相手の世話をし続ける


そうすることで、


自分がいないと生きていられないと思わせる、

という方もいらっしゃいます。


依存されることに依存する共依存の状に陥っている、

それに気づく余裕がないほど、追い込まれてしまっている。



どうすれば楽になれるのでしょうか。



それは・・・

次回への続きとさせてくださいませ(・・。)ゞ




ACカウンセラー・精神保健福祉士  松橋通子のHPはこちらです。
よろしかったらいらしてください(´▽`)
http://ac-counseling.net


正しい答え

こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます流れ星




お話の途中で言葉に詰まり、黙ってしまわれる。



私にも覚えがあります。



沈黙は頭の中で、心の中で、


形になる前の思いがめぐっている時間時計だったりします。



考えていない訳ではなく、むしろ一生懸命考えていて、

言葉という形になるまでに時間が必要なのです。




子どもの頃、「何とか言え!」兄にそう言われ、

せっかちに返事を求められ、手が飛んでくる前に


その場しのぎの「正しい答え」を口に出しました。


けれども私の言いたかったことは多分違うところにありました。それが何なのか、どうもはっきりとはわかりません。


もやもやと中途半端なかたちのままで蓋を閉められ、それが心の中に一つまた一つと、溜まってゆくのです。



そんな癖は、大人になっても変わることなく、どうでもいいようなことから比較的大切なことまで、様々なシーンで顔を出しました。


求められている訳ではないのに、


相手の機嫌を損ねないよう想像して



「正しい答え」を選んでしまう。



これはある程度必要なスキルかもしれません。


自分の負担にならない程度に、相手の喜ぶ答えを返すことは、コミュニケーションをとる上でとっても大切です。


でも、行き過ぎてしまっては、

自分に誠実ではなくなってしまうナゾの人



こうして自分と向き合っているときに、焦ることはないのです。


「正しい答え」なんて選ばなくてもいいのです。


言葉にできないその気持ちを、うまく表現できないのなら、

しばらくそのままでもいいのです。



よくわからない気持ちがある


そう気付けたことが大きな一歩だと思うのですベル



目の前で過去と向き合ってらっしゃるその方の、

本当の気持ちを大切にしたいから、

私はそっと待ちました。




ハンカチが目元に星空




貴方が本来お持ちである、

ご自身でインナーチャイルド女の子を癒せる力虹



これをどうか、取り戻せますように・・・




ACカウンセラー 松橋通子のHPはこちらです。
よろしかったらいらしてください(´▽`)
http://ac-counseling.net


私はここ。どこにも行かない。


こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございますクローバー



夕方、スーパーに買い物バナナに行きました。


いつものように食材の並ぶ売り場で、

値段や献立を考えながら必要なものを選びカートに入れてゆく。


今では日常のひとコマに過ぎないことですが、

かつての一時期、私にはそれが大変なことあせるでした。



そう広くはない店内を

空のカートを押して何時間も行ったり来たり

しまいには涙目しょぼんになってしまいます。



特にパン食パンを選ぶことが苦手でした。


明日の朝食は何を用意すればいい?


そのメニューにこのパンでいい?


というかそのメニューでいいの?


家族はこのパンを喜ぶ?


こっちの方が喜ぶ?


値段と見合ってるの?


ジャムはどうするの?


何味がいいの?


本当に、それでいいの?・・・




自信がないのです。




自分の判断が、選択が、考えが、


間違っていたらどうしよう、

きっと間違ってる、


きっと家族を不機嫌にさせてしまう。



もう心配で不安でいっぱいになってしまうのですしょぼん




何故このようなことになったのでしょう。




それは、


自分の考えは正しくないのだ、


自分の考えは誰かを不機嫌にさせてしまうのだ、


という強烈な刷り込みが原因でした。





「元のmichikoに戻ってよ!」



母にそう言われたことがあります。



「お母さん、それ違うと思うよ」


家が世界の全てだった子ども時代を過ごしましたが、

社会に出、結婚し、様々な価値観に触れた私が、

たまらず進言したときのことでした。




「偉く、なったな」

濁った目でそういう母は、私を拒絶し嫌悪していると感じました。




元のmichiko


それは自由に自分を表現できる私ではなく

自分の気持ちを抑えて母の気に入るように働き、

兄の言い付けを遂行する従順な私。


母と兄の機嫌を気にし、自分がどこにもいない私ナゾの人のことでした。




「間違ってる」

強い気持ちを持って母に異を唱えたつもりでした。


ですが私は、母のその一言で骨抜きにされ、

強い罪悪感と自己否定感がむくむくとくもり膨れ上がってしまいました。



大人になっても尚、

縛りから逃れることができなかったのです。



体調が良くない時や、気持ちが落ちている時は、

そうした過去の記憶というか感覚というか、


胸の底から塊が膨れてくるような嫌な感じ台風

普段より強くリアルに思い出されてしまう。


そうした状態が

数日、数週間、数箇月と断続的に続くことは、大変苦しいです。



スーパーで空のカートを押していたあの数箇月、夕方の時間帯が怖くてどうすることも出来ず、



パンも選べない意気地なし


情けない役たたず



そう自分を責めるだけでした。


そこには、かつてと同じように、自分がいないことにも気づかずに。




でも今は、そうではありません宝石緑



あの嫌な塊台風も私を作っている一部。


多分何かを伝えたくてやってきたはず。


そしてそれを誰かにわかって欲しいはず。



だから私は


塊にどっぷり浸ってしっかり味わってみるのです



十分に味わったあとで、こうつぶやけたら合格ですベル




辛かったね、あなたはちっとも悪くない。




私はここ。ちゃんと戻ってくれたから虹


もうどこにも行かない。





ACカウンセラー 松橋通子のHPはこちらです。
よろしかったらいらしてください(´▽`)
http://ac-counseling.net


ACの怒り

こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございますクローバー




爽やかな一日でした。

外を歩いていたらどこからかピアノの音が音譜


ピアノ。


中学生まで習っていましたが、あまり好きではありませんでした。



それでも、比較的気に入って時々弾いていたのが「乙女の祈り」という曲です。

手の大きな私は、一オクターブ難なく届くのでちょっとだけ得意でした。

似たようなメロディ音譜の繰り返しも安心できて好きでした。



ある昼下がり、私は家で「乙女の祈り」を弾いていました。

気持ちよく弾き終わったところで、


たまたま居合わせた父がこう言いました。


「まだまだだな」


父と私は仲が良かったので、この時の一言は

いつものジョークの類笑って返せるはずでした。


ところが私は父のその一言に

いわゆるブチキレ爆弾た状態となり、

怒り狂い執拗に父を責めてしまいました。


家族の中で唯一気を許す存在であった父


一番大切な人に、あんなことで怒りをぶつけてしまったガーン



恐らく私の中には、

溜まりに溜まった怒りメラメラ

喉元までぎゅうぎゅうに押し込められていたのだと思います。


それが父のほんの軽いジョークに反応して爆発爆弾

父を傷つけてしまいました。



未だに後悔の念が消えません。


振り返れば、

似たようなことを他にも何度か繰り返していますショック!



ACの方は怒りの感情を抑え込んでしまいがち。

ですので、よく「いい人」と言われます(・・。)ゞ


でも、本当は、


怒りを表現すると


自身の安全を脅かす事態になってしまう


そう学習してきたために

そんな習慣が身についてしまっている、


ということのようです。



それがやがて


怒りを感じないように


自分自身で感情をコントロール

するようになってしまいます。


けれども怒りは消える筈などなく、どんどん溜まって行き・・・

些細なことで爆発爆弾し、身近で大切な方を傷つけてしまう。



こうした爆発の元となる未解決の過去の問題を


「未完の仕事」


といい、

恐ろしいことにそれは


地雷化ドクロ



するそうです。


(「自分の怒りと向き合う本」 

水澤都加佐・スコットジョンソン・黒岩久美子 著 実務教育出版)



怒りを抑える(または感じなくする)ことは、


当時を生き延びるためには必要なスキルでしたが、


今を生きるためにはそれが全てではないはずベル



爆発により大切な人を傷つけてしまうことは、

より自己否定感を強めてしまいます。


ですから、怒り適切な感じ方と表現の仕方を知ることも、

ACの方にとって極めて大切なことの一つだと思うのです。




ACカウンセラー・精神保健福祉士  松橋通子のHPはこちらです。
よろしかったらいらしてください(´▽`)
http://ac-counseling.net



インナーチャイルドの声



こんばんは。ACカウンセラー松橋通子です。
訪問くださりありがとうございますクローバー



かつて、実習のため、

精神科病院と精神障害者の施設とで、

それぞれ勉強をさせていただいたことがあります。


実習先の各先生方は丁寧にご指導をくださり、

大変恵まれた実習内容でしたキラキラ



実習中、私は、実によく泣きました。


それは、先生に叱られたからでも、

患者さんや利用者さんとトラブルを起こしたからでもありません。

経験がない自分の無知を悲観したのでもありません。



帰りの電車に乗り込んでからも涙が止まらない程泣けるのはどうしてなのか、当時は訳が分からず混乱しました。


ですが不思議と満たされた気持ちにもなっていたのでした。


涙の理由は、多分、


インナーチャイルド女の子の声が溢れ出たからでは、

と思うのです。



実習では、一日の終わりに一定の時間を取って振り返りを行います。


その際、先生は私の話を受け止め、
たっぷりと共感してくださいました。

そんな先生の発する、ある種の周波数のようなものが

きっと私の


インナーチャイルドを震わせたのではないか天使

思うのです。


先生は、

その日一日患者さんや利用者さんと関わった私が、

何をどう感じ、何に疑問を抱き、何に気付いたのかなどを話すのを、


大変尊重して聴いてくださいました。



兄と母の機嫌にビクビクする癖を根底に持つ為、

私は大人になってからも、

些細なことにビクビクする生き方をしていました。


それを周囲に気付かれないよう、

細心の注意を払って生きてきた私にとって、


正直な自分の考えを伝えることは大変危険なことでした。


ですが、あの時、

先生には自分を出しても良いのだ、という

安心感を持てたのでしょう。


その結果、長年抑え込まれていた

インナーチャイルドの声が一部、

涙となって溢れ出たのではないかと思うのです星


この経験は、どん底だった私の


自己肯定感が底上げされる

大きなきっかけとなりました。



話を聴いていただくことで満たされる虹



初めての体験でした。


これは忘れないでいようと思っていますし

カウンセリングで重点を置いているところでもあります。


人は誰でも尊重されたいと思っていますし

どんな立場の方でも尊重されるべき存在です。


でも、何らかの理由で

そうではない日常が繰り返されてしまいますと、


自信を無くし、自己肯定感が低くなってしまいます。


尊重=価値を認めて大事にすることキラキラ



自信を取り戻し、自己肯定感を高める為には、


価値を認めて大事にしてもらう


そういう体験を重ねればよいのではベル


そのはじめの一歩が、

安心で安全な相手に、話を聴いてもらうことだと、

私は思うのです。


今でも時々、当時の実習ノートを読み返しますが、

未だにティッシュが必要になります(笑)


実習中お世話になった先生方に、あらためて深く感謝いたします。



※インナーチャイルド・・自分の心の中にいるありのままの子ども。その子どもを癒すことがACの回復に重要です。



ACカウンセラー 松橋通子のHPはこちらです。
よろしかったらいらしてください(´▽`)
http://ac-counseling.net


ありのままを写す

こんばんは。ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございますチューリップピンク




ここ千葉は、行楽日和晴れが続いています。

連休中のレジャーで、写真に写る機会も多いことでしょう。



実は、私、写真カメラがとっても苦手です長音記号1



小学一年生か二年生の国語の授業で、

「小さいときの写真を貼って、その時のことを作文に書きましょう」という課題が出ました。


大変です。


自分の写真を一枚、学校に持って行かなければなりません。



当時家にあった私だけが写った写真は、

たったの二枚


悩んで困って、仕方なく大切な一枚を原稿用紙に貼りました。


しばらくの間教室の後ろに展示されていたので、

写真が劣化するのではと、毎日ハラハラしていたのをよく憶えています。


私の幼い頃はカメラも高価で、今のように日常的に写真を撮ることは少なかったのですが、兄の写真は沢山ありました。


また、同級生たちも、赤ちゃん時代、幼稚園、七五三、入学式と、イベントに合わせそれなりに沢山の写真を持っていました。


私は、お兄ちゃんがいるから写真が少ないのは仕方ないの」

そう笑って演出し、内心は傷ついていました雨



その上、幼少期にカメラを向けられたことがほとんどないので、どんな顔をしたらよいのかよく分かりませんしょぼん



結果、どうしても身構えた固い表情になってしまいます。



高学年になってから、

写真写りについて兄に馬鹿にされたことも

苦手意識に拍車をかけました


悟られないよう注意を払って

思春期、青年期をすごして参りましたが、
自分の写った写真を見ることは好きではありませんでした。



それがつい先日、

彩開セラピストの真島さんに写真を撮って頂く機会に恵まれ、衝撃を受けました。



ごく自然体でカメラを構える真島さんの撮影に


気持ちがほぐれただけではなく、

出来上がった写真も、

これまでのものに比べると


格段にリラックスした表情だったのです合格



「写真」という言葉は、中国語の


「真を写したもの」


から来ているそうです(ウィキペディアより)。




真を写したものありのままを写したものカメラ



写真に対する

コンプレックスに抑え込まれていた私の中にいて、


ほんの一瞬姿を見せた


ありのままの私(インナーチャイルド)女の子




真島さんの切るシャッターは、

これを絶妙のタイミングで


捉えてくださったのだと

感謝しています。


彩開セラピストまーしーさんのHPはこちらです。


http://sorami-m.jimdo.com/




ひょっとして


インナーチャイルドの癒やし天使

につながるかもしれませんベル


※インナーチャイルド・・自分の心の中にいるありのままの子ども。その子どもを癒すことがACの回復に重要です。





ACカウンセラー 松橋通子のHPはこちらです。

よろしかったらいらしてください(´▽`)

http://ac-counseling.net



プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ