劣等感から踏み出す一歩

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net


訪問くださりありがとうございます(^-^)




消極的な私はダメな子なんだ

引っ込み思案だった私は、
子どものころ、ずっとそう思っていました。

弱いことを嫌う母が、
5歳離れた兄を可愛がるのは当然なのだと思いました。

少年野球のチームでピッチャーをしていた兄は、活発で積極的
身体も大きく私にはいつも命令口調、近寄り難く恐かった。

クラスには、兄と同じ野球チームに入っている男子もいました。
「お前の兄ちゃんうまいんだぜー」と言ってきたり、
私を「センパイ!」と呼んでからかったり

私は注目されてしまうことがとにかく苦手な上、
兄と私の「格差」を皆にさらされているようで、
それが泣きたいくらい苦痛でした。

実際私は泣き虫でしたから、
たったそれだけで目が潤んでしまうこともあり
そんなときには慌てて下を向くのですが、
「センパイすぐ泣いちゃうんだもん(笑)」
と顔をのぞき込まれてしまうことも。

たったこれくらいで泣くなんて
やっぱり私は弱いんだ
情けなくてみっともなくて、とうとう涙が溢れてしまい、
ますます自信を無くし、とらわれてゆく感情は
更なる劣等感でした

同じような体験が幾度となく繰り返され、
同じような感覚だけを拾い続けてしまった私は、
大人になってからもずっと、
こんなふうに思うようになりました。

自分という存在は、大した価値がない

褒めていただくことがあっても、
そんなはずはない、と心底否定しました。

どなたかと親しくなると、
弱くて価値がないということが知られてしまうのではないか、と怯えました。

そして否定することや、
あるいは怯えていることを隠すことに全神経をを使ってしまい、
くたくたになってしまうのです。

(´・_・`)

敵からの攻撃を恐れる本能から、
人は自分の足りない部分や弱い部分に、
どうしても意識を集中してしまいがちなのだそうです。

それは
安全で快適に生きてゆくために必要で大切なこと。
足りない部分を知っていれば、それを補うことができ、
弱い部分を分析すれば、対応策を打ち出すことができますから。

ただ、極端に、
「足りない・・・・」
「弱い・・・・」
という点にだけ注目してしまいますと、、
いわゆる劣等感自己否定感に発展し、
生きることが安全で快適ではなくなってしまうでしょう。

(´・_・`)


劣等感や自己否定感の根本にあるのは
自信の無さだと言われます。

確かに自分を信じることができれば、
そうした感情からは解放されそうです
自信が持てればいい。

けれども、当時の私には、
「自信を持つ」ことなんて、とてもとても出来なかった

自分を信じるなんてとんでもない
こんなに弱い自分なんて大っきらい


活発な子が羨ましかった。
愛されている子が羨ましかった。
消極的で愛されない自分は惨めで情けない
ダメに決まっている


せめて、せめて動き回っていなければ。
周りは何をもとめているのだろう、
母に評価されるために気を利かせて働かなければ。

それが更に自信を奪い、自らを否定する気持ちに追い込んでしまっていたのだと思います。

では、どうしていたらよかったのでしょう。

それはきっと、
感情を肯定的に受け止めることだったのだと思うのです。

比べられてるみたいで嫌なんだよね。
惨めで情けなく感じてるんだね。
自分のことが好きになれなくて辛いんだね。




周りのどなたかに、そう言っていただけていたら、
子どもの私はそこまで自分を嫌いにならずに済んでいたかもしれません。

でも、まだ間に合う。
子ども時代にはちょっと難しかったけれど、
今なら私自身がその「どなたか」になれる。

劣等感自己否定感
私の内側から湧き出た私の大切な感情

ひとまず、そのまま、
柔らかく受け止めてみることが、
「自信を持つ」ことにつながる初めの一歩
なのだと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




スポンサーサイト

ACの自己承認


こんばんは。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます



michikoさん、~
なんてすごいですね!


とんでもないっ!そんなことないですっ(><;)


それにほら、
ここ、これがこうだから私、全然だめなんです

これは褒められた時の、かつての私の反応です。

謙遜しているのではなく、本気で否定してかかります。

私がすごいはずなどないんです 
私にそんな価値はありません・・・


多分、認めて欲しい気持ちは あるはずです。
でも、
心底自分にはそんな価値がないと思ってしまう。

ですので、褒められると居心地が悪くて落ち着かなくなってしまうのです。

何人かでお話しているときは特に、
注目されてしまうことが怖くて、何とか皆さんの関心を他に向けようと頭をフル稼働させ、よくこんな発言もしていました。


〇〇さんは私なんかよりずっとお上手なんですよ



たいていは○○さんの話題に流れてしまい、私は慣れ親しんだポジションに戻れてホッとするのです。

同時に襲うのは、
お馴染みの自己否定感


せっかくお褒めくださった言葉。

なぜありがたく受け入れられず全力で拒否してしまうのだろう。
褒めてくださったあの方は困惑したにちがいない。

でもやっぱり〇〇さんに比べたら私なんて


そんな思いがめぐり、劣等感も強まります。



2歳ころから児童期にかけての時期は、
身近な大人から認められる(承認)経験を十分に重ねることが大切といわれます。

その経験により、自分の中の安全地帯がしっかりと形成され、子どもは自信 をもてるようになるそうです。

劣等感自己否定感に苦しい思いをされている方は、
子どものころ、身近な大人に十分な承認をもらえなかったからかも知れません。

私の場合は、

褒められても喜ぶべきではない

調子に乗るな

というメッセージにも縛られていました。


あなたは出来て当然のことをしているだけ。


ですので、

ダメだしをされるほうが自分らしいとさえ思ってしまう

そんな癖がついておりました。


承認は、自分の望むようにしてもらう必要があります。


「ママ見て!」

小さな子どもが嬉々として言ったとき、
気持ちを汲んで

「わあ、すごいねえ!」 と喜んでくれるように



今、それが出来る最適任者はどなたでしょう。


それは他でもない、自分自身


自分の気持ちを静かに聴いて、タイミングよく認めてさしあげる。



無理に何かをするのではなく、ベースは今のままでいいと思うのです。

だってあなたの存在そのものに大きな価値 がおありなのですから


承認を求める気持ちの裏には、自分自身を認めたい

自己承認

の欲求があるといいます。

自分で承認ができたら、一石二鳥ですよね。


これまでずっと、認めて欲しいときにそれが叶わなかった。

褒めて欲しかったのに気付いてもらえなかった。

そうして、沢山傷ついてこられた。


でも今、大人になったあなたご自身は、
ご自身の望むかたちで承認できる力をきっと持ってらっしゃると思うのです。



アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ

http://ac-counseling.net


プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ