スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匂いと記憶 その2

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます ♪

前回の記事で、金木犀の香りと苦しかった記憶について書かせていただきました
記事の中で、匂いと結びついた感情は忘れにくい
ということもお伝えしました
今日はその続きです .。.:*☆


作為的に実家の鍵を変えられ、
それまでのように自由な出入りが出来なくなってしまった私は、
「茶道で母の役に立つこと」も取り上げられてしまいました(´・_・`)
一番恐れていた「見捨てられ不安」が現実となった事態に直面したのです。
そして自己憐憫(れんびん)という負のスパイラルに取り込まれて行きました。

こんなに懸命に尽くしてきた。
こんなに時間と労力を費やしてきた。
お茶会のことも、社中の方の調整も、苦情処理だって、
一生懸命考えて、それなりに対応してきた。
お母さんが外で活動できるように、できる限り家事だって担ってきた・・


なのに、どうして?
私はこうも簡単に切り捨てられてしまう存在だった?


私は自分が惨めで可哀想という思いでいっぱいでした。
一方で、「見捨てられた」という事実を否認する気持ちもありました。

母は一時的に、兄にけしかけられて私を遠ざけているだけ。
兄の前ではそうせざるを得ないだけ。
あるいは、母親にとって、
男の子というのは特別な存在だからなのかもしれない

私は男の子を持っていないから、それが分からないだけなのかもれない・・


当日早朝、力を振り絞って着物を着付け、会場に向かいました。
帯を締めると背中がしゃんと伸びるので助かりました
日本の民族衣装の力を借りて、私は何とか立っていられたのだと思います。

とはいえ、やはり生気がなかったのか、
懇意にしていた姉弟子の方が心配くださいました。
「とにかく何か食べなさい」
ご自身の朝食用にお持ちになったじゃこと梅干のまぜご飯のおにぎりを、
半分割ってくださいました。
「美味しいです〜」とほおばりましたが、味を感じません。
口のなかで機械的にその塊をくだいて喉に押し込むだけでした
でもそのお気遣いはとっても温かく、有難くて泣きそうでした。


何とかその日を終えましたが、
「頼りになるのはやっぱり息子さんねえ」
あちらこちらでそう言われて満足そうに笑い返す母を目にし、
私は、
自分が役たたずとなってしまった恐怖に怯えました(゚д゚|||)

この時の私は三十半ばをとうに過ぎた、世間的には立派な大人。
結婚し、娘も二人。
お恥ずかしいことですが、そうした歳になっていても尚、
私は母の愛情を渇望していたのです。

その頃には兄との距離を置いていましたので、
直接話をすることはほとんどなかったのですが、
私は多分、
兄に嫉妬していました。

もしかしたら、茶道に関わることにおいて、
兄もまた私に嫉妬していたのかも知れません。

母の私に対する感情を知っていた叔母からは、
「(母を)近所のおばさんだと思いなさい」そう言われました
思えるはずがありません。
私にとって、母はやはり、母なのです。

どうしても気持ちが通じない。
母からの情緒的な手応えを全く感じない。
被害者としての私を訴えても反応してもらえない。


(´・_・`)

何年も苦しかった。

金木犀の香る季節には、
どうしてもリアルに思い出してしまうのです。

鍵の開かない鈍い感触を、
嫉妬と恐怖と寂しさと、
そしてとらわれた自己憐憫(れんびん)を


そうした感情に支配されることは私から気力や体力を奪いました
そしてそんな状態の自分がますます嫌いになりました

いい歳をして、なんて女々しい。
これだから私はダメなんだ。生きている価値もない。
報われない私は惨めでなんて可哀想なんだろう。


(ノ_<)

仲のよさそうな母娘連れを目にすると、
体の芯に鉛の塊をぶち込まれたようにひどく身体が重くなりました。

毎年訪れる金木犀の香りは、
私にくどいほどの「自己否定」「自己憐憫(れんびん)」
そして繰り返される「嘆き」をもたらすのでした。

さんざん嘆いて数年が経ちました。

振り返ると、
金木犀の香る季節が毎年訪れてくれたから、
私は丁寧にそうした感情を味わうことができたのだと思うのです
そしてそれが、癒しにもなっていたのだと思うのです。

自分がACであると自覚してからは、
それらの感情の根底にあるのは、
幼い頃から抱いていた「強烈な不安感」なのだろうと思うようになりました。

今でも苦しい感情を思い出します。
そしてその度に、
「今年もまた、いらしたな」
丁寧に丁寧に受け止めます(´∀`*)

うまい表現が見つかりませんが、
当時の苦しい記憶は確実に、
まろやかになってきていると感じるのです



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

匂いと記憶

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

空が高くなりました。乾いた空気に金木犀の香りが。

金木犀
その香りほど華やかさのない、小さくて地味な花の様子から、
「謙虚」「謙遜」という花ことばがあるそうです

好きな香りの一つではあるのですが、
ある苦い記憶と結びついてしまうので、この時期、少し辛くなることがあります。

嗅覚は、本能に直接作用する特別な感覚と言われます。
他の感覚と違って、脳の感情を司る大脳辺縁系というところに直接作用するため、
匂いと結びついた感情は忘れにくいのだそうです。


母の茶道教室を手伝っていた頃のこと、毎年開かれる地域の茶会が10月半ばでした。
要となる準備はこの時期大詰め、
当時の私は、金木犀の香る街を行ったり来たりしていました

「michikoちゃんがしっかりしているから、先生(母)安心ですね」
そんな風に言われる母を見るのが好きでした。

少なくとも茶道に関しては、兄より私の方が母の役に立っている
満足そうな母を見るとそう思えたからです。

もっと評判を上げようと頑張りました。
あれやこれやと、色々な場面を想像し、リストを作って準備しました。
古参の姉弟子の方たちと連絡を取り合いリストを見直し、
稽古日以外にも集まって道具の準備をすることもありました。

ある年のこと、準備のために実家を訪れると、
いつも出入りしていた勝手口のドアが開きません。
合鍵が使えなくなっていたのです。
中に誰かいる様子もありません。

一時的にドアの修理でもしているのかなあ(´・_・`)
そう考えましたが、
鍵が開かない鈍い感触には、
何とも言えない、惨めで嫌な感じが残りました。

ともあれ、他にやることはたくさんありましたから、
実家以外でできる準備に、その日は時間を費やすことにしました。

翌日。
父が在宅していましたので、実家に入ることができました。
鍵のことを、父は知りませんでした。
数実後、母に不便を伝えると、
合鍵を作ることは無用心だし、
michikoに鍵を渡したくない
という返事が。
兄の意向だというようなことも言っていました。

当時、母に留守番を頼まれることもしばしばありましたので、
このままではどう考えても不都合なはず。
数日で気が変わるだろうと思っていましたが、状況は変わりません。
私はもやもやとした疎外感を抱きながらも、どこか怖くて
強く言うこともできないまま日にちが過ぎました。

訪ねて行っても実家に入れないことが度々あり、
その年の準備は思うように捗りません
たまたま入れた時に準備しようとすると、練り上げたリストを全く無視した荷造りが。
何か変更になったのかもと思うようにし、
他に出来ることを探して準備しました(´・_・`)

いよいよ前日。
毎年私がそうしているように、運べるものは会場に運び込もうと実家に荷物を取りに行くと、
荷造りしたはずの荷物がありません。
会場に行ってみると、既に荷物が運び込まれており、
兄がそこで荷を解いて茶碗を並べていました。

茶道をやらない兄が、です。何となく意地悪く見えました。
側で母が、嬉しそうにこう言いました。
「お兄ちゃんが運んでくれたのよ。助かったわ。
だからmichiko、もういいわよ。」

((((;゚Д゚)))))))

長年、私の唯一の心の拠り所としていた、
「茶道で母の役に立つこと」
これが文字通りガラガラと崩れて行くのを感じました。

運んでくれるなら、昨日のうちに一言知らせてくれればいいのに!!
どこに何を並べたらいいのか、全然わかってないくせに!!

心の中で叫びました。
あのとき、鍵のことも含めて、自分が惨めでした。
そして、
我が物顔で茶碗を並べている兄が憎かった

私は座敷を清拭きする振りをして、兄と母からうんと離れました。
持参した雑巾を広げたとき、悔し涙がこぼれ落ちました。

ほどなくして二人は去って行きましたが、
私は一人残り、夕方まで黙々と清拭きをしていました。

冷静になってようやく気がついたのです。
私は、、、何をしても母から兄のようには愛されない。ずっと疎まれていた。
けれども私は、その後何年もそれを認められずにもがきました。
苦しい時代の始まりでした。
自分自身を、不幸で惨めで可哀想としか見れなくなって行くのです。

開け放った窓から入る秋風は、金木犀の香りがしました。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


酔い その2


おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます


えーと、前回の続きでございます。

前回のブログでは、ACの方が陥りがちな自己憐憫(れんびん)=「不幸に酔う」ということについてお伝えしていました。

そこから抜け出すためのヒントとなるものとして、
「支配や疎外されるという関係を作り出さず、対等に人とつながれるようになれれば、不幸に酔う必要はなくなくなる」
(ASK選書15<「自己れんびん」というもう一つの酔い>)より、
信田さよ子さんのお話をご紹介しました。


対等に人とつながる


これは
ACの方にとって、大変難しい課題です。
いきなりかかろうとしても多分失敗に終わりそう

ですので、入念な準備が必要かと思います。
その準備の一つとして最も大切なこと。

それは、自己れんびんに陥ってしまうほど傷ついてきた
それを正しく理解すること

弱いからとか、未熟だから、とかいうことではないのです。

長い間、それはそれは沢山のことに傷ついて来られた。 


その傷は、


不幸に酔わなければ

自分を保っていられないほど、深くて重いものだった。


信田さんが「究極のアディクション
※1かもしれない」と分析されているように、
自分の身を守ろうと、何とか生き延びようとした結果が、「不幸」や、「可哀想な自分」「酔う」ことだったのだと思うのです。


ダルク女性ハウス
※2の上岡陽江さんは、著書「生きのびるための犯罪(みち)」(イースト・プレス発行)で、依存症に苦しむ方について、こんな風に書かれています。
「苦しさや悲しさを癒す方法は、ふつう(の人)はいくつか持っている~中略~(薬物やアルコールの)ほかの方法を選べなかったっていう人もいるってこと」



ACは病気ではありません。

でも、深い根っこの部分で、依存症という病と共通するところがあるように感じます。


自己れんびん
に陥るよりほかの方法を選べなかった。



だから、深く深く負ってしまったその傷を癒すことが、先ずは何より大切だと思うのです。


ただ、それを相手に伝えることは控えたほうが良いかもしれません。

なぜなら、自己れんびんの状態では、
相手が受け入れられるような形で自分の感情を伝えることが、多分、できないからです


ストレスと疲労で救急車のお世話になった私は、病院から戻って数日後、心の苦しさを分かって欲しくて抑えきれなくなり、母に電話をかけてしまいました

ですが、母から私の身体を気遣う言葉は聞けませんでした。


私の中にある強烈な被害者意識が、おそらくはトゲのある言葉となって母を攻撃し傷つけてしまったのだと思います。

母は、私に反撃してくることで自分を守ろうとしたのでしょう。
こうして傷つけ合いの罠 にはまりこんでゆく。

仮に母から、私を気遣う言葉を聞けたとしても、あの時の私では、素直にそれを受け入れて満足することはなかったでしょう。

どろどろの感情がごちゃまぜになり、それでも日々の生活をこなさなければならない。

家族の前で、職場で、ご近所で。
何事もなかった顔をして一日を過ごす。

影響で身も心も疲労困憊

私はますます「可哀想な自分」酔い続けていました。


惨めで不幸な自分から抜け出せなくて、苦しくなってしまったら、
自己れんびんに陥ってしまうほど傷ついてきた
そう知ることで少しだけ楽になれると思います。

そして、ご自分でうまく癒すことができそうもなかったら、その思いを受け止めてくれる安全な第三者に打ち明けること。

これで更に楽になれるのではないかなあ。


十分に共感してもらえたら、傷は必ず癒えてくるはず

そしてフェアな関係にもきっと踏み出して行けると思うのです


※1・・アディクション・・嗜癖(しへき)。ある特定の行動や物質、人間関係などへの過度なのめり込みのことをいいます。その内容は多様です。

※2・・ダルクとは薬物等の依存症を回復するための民間施設です。



アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net


酔い


おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子です。

訪問くださりありがとうございます


以前お伝えした自己憐憫(れんびん)

(過去の記事:「可哀想な自分」はこちらになります
          ↓↓↓

http://ameblo.jp/ac-counsellor/entry-12033988709.html


これをもう少し掘り下げてお伝えしようと思います。

自己れんびんの状態でいると、自分を被害者または犠牲者として位置づけてしまうようです。

そして困ったことに、周りの人を巻き込んでしまいがち。

多くは
周囲を加害者または悪者に仕立て、相手への怒り が蓄積
やがて
その怒りは恨み となり、相手を傷つけてしまうのです。


何年もの間、私がそうでした。

兄に服従し、母の機嫌を伺いながら生きてきた私は、
大人になってもその縛りから解放されることはなく、
むしろ、縛りはより強烈になりました。

そして本心では、多分、こう感じていたのだと思います 。

兄は私を暴言や暴力で支配する加害者

母は私を承認し愛してくれない悪者

正当な扱いを受けられない私は可哀想な被害者

私は母と兄の犠牲になって、自分を殺して働き続けているのに、二人とも私の気持ちを分かってはくれない。


自分が哀れでなりませんでした。

偏差値や体温計のようなものでいいから、
悲しみを客観視できる「ものさし」があればいいのにと思いました。

私の悲しみの深さを、母に解ってってもらうために。

頑張って平気な振りをしている私のことを「幸せそうね」という人に、きちんと真実を知ってもらうために。

あるいは道行く人全てに声をかけて、
私は今こんなに辛いんです、と訴えたかった

可哀想ね、悪いのはお兄さんよ、
お母さんは冷たくてひどい人ね、

そう言ってもらうために。


でも、そんなことができるはずなどありません。

「可哀想に」と同情して欲しい反面、
そんな惨めな自分を決して人に知られたくはない


ややこしく相反する感情が同居していました。

何とかしたいけれど、自分からは動こうとしない。

苦しい気持ちを察して欲しい。
どなたか私を、この状況からポンと救い出してください。

当時の私は、
自ら脱するための建設的な方法を考えることをせず、
ただただ、可哀想な自分に酔うだけでした。


仲の良さそうな母娘連れを見つけては、
自分の不幸を嘆きました

一人で茶会の準備をしていると、
兄と母の会話が聞こえ、嫉妬と疎外感でいっぱいになりました。

それでも、あれをやってこれをやって、、、
「お疲れさまね、助かるわ」そんな風に
母に優しくねぎらって欲しくて、認めて欲しくて
とにかく動き回りました。


「自己れんびんの人は、フェアじゃない世界で苦しんでいる」と、信田さよ子さん(<カウンセラーは何を見ているか>他著書多数)は言います。そして、「支配や疎外されるという関係を作り出さず、対等に人とつながれるようになれれば、不幸に酔う必要はなくなる」更に、その酔いは、究極のアディクション
かもしれない」と。
(ASK選書15<「自己れんびん」というもう一つの酔い>より)



対等に人とつながる

ACの方にとってこれはとっても難しい。

この課題に取り組むには、特に入念な準備が要りそうです。


準備において、私が最も大切だと思うこと 

それは、、、

えーと、ごめんなさい。

少々長くなってしまいますので、
続きは次回、お伝え申し上げたいと思います



※アディクション・・嗜癖(しへき)。ある特定の行動や物質、人間関係などへの過度なのめり込みのことをいいます。その内容は多様です。

可哀想な自分


こんにちは。

ACカウンセラー松橋通子です

訪問くださりありがとうございます


何年も前の休日のことです。
近所で買い物中ぱったりと倒れ、救急車 のお世話になったことがあります。

よく眠れない日が続き、とにかく疲れ果てていました。

どんなに欲してもどんなに尽くしても、
母の愛情と承認が得られない

兄と母の関係に入り込む隙がない疎外感

実家の散財を止められない無力感

更に私を苦しめていたのは、

兄に対する激しい嫉妬と憎悪 でした。


私から母を、子どもたちからおばあちゃんを奪っていった。


心の中はどろどろしたもので一杯で、それが体力を消耗させていました。

どうしてこんなにひどい目にあうのか、自分が哀れでなりませんでした

でもそれは人に悟られる訳にはいきません

私は見えないように心のふたを閉じ、日常をこなしていました。

そのふたがきっと外れてしまったのでしょう。
買い物中に倒れ込んでしまったようでした。

気がつくとサイレンの中で揺られていました。

救急隊員の方が連絡してくださったのか、娘と主人が同乗していました。

倒れ込んだ時に意識がなく受身が取れなかったために、あちこちぶつけ、体中に痛みが残りましたが、おかげさまで大事には至らずに済みました。

疲労とストレスによるものだったようです。


私がこんなに苦しい思いをしているのに、お母さんは何とも思わないのだろうか。

距離を取ろうと引っ越したのに、私から母に電話をかけました。


母の気持ちをこちらにむけようと、私は電話口で訴えました。

救急隊の方は優しかった

看護師さんは親切だった

よっぽどストレスが溜まってたんだねと言われた


母は言いました。


「みんなに優しくされてよかったじゃないの」


母のその言葉は私をしくさせただけでした

私の体を心配する気持ちより、
私の訴えの裏に潜んだ自分への非難を察知して、
母はとてもいらだっているようでした。

実際私は、母に非を認めさせようとしていたのですから
気分が良いはずはありません。


あの時私は、

「ごめんね、お母さんのせいだね」
とでも言わせたかったのでしょうか。


そう言わせたところで、私はすっきりしたのでしょうか。

その一言で、私は楽に生きられるようになれたのでしょうか。

今でも時々考えます。


苦しみもがいていたあの時は気がつきませんでした。

多分、私は「可哀想な自分」に酔っていたのだと思います。

どうして私だけこんなに苦しまなければならないの!?


自己れんびんの状態
です。


その状態にあることで、自分と向き合うことから逃げていました

私はあの頃

私が望むもの を母から得ることはできないのだ、
ということをしっかり認める必要があった
のです

カウンセラーにも自助グループにも、心療内科にもかかっていなかったため、どうしたら良いのか考えるという発想もありませんでした。

ですから、ずいぶんと長い間、その状態にとどまっていました。

それが私の生きづらさを長引かせていたように思います


アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ

http://ac-counseling.net


プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。