FC2ブログ

病を抱えて生きるということ その2

  shukushou.jpg



ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。




さて、前回の続きでございます

少し面倒な病を抱えて生きることとなった私は、
周囲や社会から
「必要とされなくなる恐怖」に怯えました。

そして恐怖から解放されるために、
自らを消すことを想像するという、
不健全な考えを繰り返すようになりました

どこでどんな手段が最善なのだろう 
いいえその前に、
そもそも病院に行かなければ
このような事態に陥らずに済んだはず

そうだ、病院になど行かなかったことにして、
このまま放置してしまえばいい 

私は、恐怖が消え日々穏やかに過ごす自分を想像し
思い至った考えの素晴らしさにしばらく酔いました。
 
(」*´∇`)」 (」*´∇`)」 

・・・しかし
放置したからといって
病気や私の身体が消えてなくなるはずはありません

恐る恐る調べてみたところ、
放置したまま病状が進むと
とんでもなく厄介なことになるということが分かりました。

(´・_・`) (´・_・`) (´・_・`) 

うつうつとした気分をよそに時間は過ぎ、
検査・入院・手術へと私は流されて行きました。

退院後は体力の低下に愕然とし、
機能の欠けた身体を悲観しました。

(ノ_<)

楽天的な展開はもはやあり得ません。

家族の前では明るくするものの、
「必要とされなくなる恐怖」
日ごとに現実味を帯び、
気持ちがどんと沈みます。

 ○| ̄|_

術後の治療が始まると、
薬の副作用に強烈なダメージを受けました。

ただ横たわっていることしか出来ず
何の役務も提供できない自分は、

周囲に迷惑をかける存在でしかないと思えました。

奮い立たせて仕事や家事をしてみても、
体力が続かず自信を失うばかり

「必要とされなくなる恐怖」は強くなり続け、
浮かぶ考えは例の不健全な
どこでどんな手段で~のあれこれです 

フィジカルとメンタルは表裏一体であるとよく言われますが、
まさにその通りでした 
  
         

ただ、そのような状況でも、
頭の片隅にはひとつの思いがちらつくのを感じました。

         

それは
「丁寧に生きる」
ということ。

生きる時間の長短にかかわらず、
丁寧であることが、
私自身が楽に生きるために必要であると、

数年前、考えに考え抜いて導き出した
これはいわば私の人生の指標のようなものです。

 

今の私は、自分に丁寧な態度でいるだろうか

援助の仕事に復帰するためにも、
繰り返し浮かぶ不健全な考えを整理する必要があると思えました。

  

数日後、
私は尊敬する先生の元を訪ねました。
溜め込んでいた感情を吐露させて頂いたのです。

ネガティブな思いを十分聴いて頂いたことで、
私の中に膨れ上がっていた感情が
扱いやすくサイズダウンしたように感じました。

「必要とされなくなる恐怖」に怯えるあまり
「他人に役務を提供すること」にしがみつくなんて
大変馬鹿げていると思えました。

今の私にとって大切なことは
「丁寧に生きる」こと 

そしてもっと大切なことは、
それは決して「完璧でなくていい」ということ  

自分の在りようが
丁寧であることから逸れていると感じたら、 
振り返って軌道修正すればいい 

   

先生から、こんな言葉を教えていただきました。
アインシュタインの大変有名な言葉だそうです。



There are two ways to live your life.
One is as though nothing is a miracle.
The other is as though everything is a miracle.

人生には二通りの生き方がある。
一つは、奇跡など全くないかのように生きること。
もう一つは、全てが奇跡であるかのように生きること。




病を抱えて生きることも、
丁寧に生きようとすることも
それは奇跡なのかもしれません。

そして
数多くあるブログの中から
このページを訪問くださり
こうして最後までお読みくださったこと、
私にとってこれはまさに奇跡に他なりません



  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

病を抱えて生きるということ



  shukushou.jpg



ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。



久しぶりですのに訪問くださり、大変ありがとうございます
あろうことか三か月以上、更新が滞ってしまいました

実は少し前に身体の異常が見つかりまして、
入院・手術を含む療養をしておりました

療養といっても自営業なものですから
専念できるわけではなく、
日々仕事を片付けながら
合間に療養という状況
繁忙期だというのに作業に時間がかかり、
体力的にも精神的にも、
記事を更新する余力がなかったのです。

  

完治には未だ程遠く、
しばらく通院による治療を要するのですが、
お陰様で今は落ち着きを取り戻し、
相談業務にも復帰することができております。

  

どなたもそうだと思いますが、
私も望んで病を手に入れたわけではありません。
現実を冷静に承認するのには
相応の時間がかかりました。

混乱に始まり
何とか受け入れるまでの過程を経験したことや、
病を抱えて生きることとなったことで

人生の間口や奥行きのようなものが、
少しだけではありますが、
確実に増幅されたように感じます

フィジカル面は
まだまだ切なくなることが多いのですが、

メンタル面においては
新たな発見や
より深い考察を得られたことがいくつかございました。

せっかくですので
それらを何回かに分け、
こちらでお伝えしようと思います。

  

緑の鮮やかな季節に私は病院を訪れました。
気になっていた体の変化が
重篤な病気ではないことを確認するためです。

何でもないに決まっているけど念のためね

そんな軽い感覚でした。

エコーを担当下さった看護師さんは
感じがよく丁寧な方

「気にしすぎですよねえ(笑)」
「そう思いたいですよねえ(笑)」

和やかに検査が始まりました

ところが次第に彼女の表情が険しくなり、
やがて雑談がなくなりました

こちらから話しかけても、
「それは後程」と応じてくださる気配がない

エコーのモニターには、
私の目から見ても分かる何かが
くっきりと映り込んでいました

くどい程の時間をかけた検査を終え、
心配不安期待楽観が入り混じる
まとめようのない気持ちで診察室に入りました。

   (´・_・`) 
  
担当の医師は、
涙目になる私の初歩的な質問にも
やさしく誠実にお答えくださる方で、
精密な検査が必要であることなどを説明くださいました。

そしてその場で追加の検査をしていただき、
一週間後の結果を待つこととなりました。

   

大変なことになってしまった(°_°)

結果が出るまでの一週間は、
生きた心地がしませんでした。

の恐怖からではありません。

仮に病状が酷く進んでいて
もはや手の施しようがないとしたら、
その先のことは覚悟するしかない

そう私には思えました。
不謹慎ながら
その方が好都合とさえ思えました。

生きた心地がしないほど
私が抱いた恐れとは、
死に対する恐怖ではなく、

「必要とされなくなる恐怖」でした。

  

ACな私たちの多くがそうであるように、
私は「他者に役務を提供すること」
生き方の信条としてきたところがあります。

多分それは純粋な奉仕の気持ちというよりは、
そうすることで自分の価値を保てる
裏を返せば、
そうしなければ見捨てられてしまうという
強迫観念によるものだったと思います。

純粋な奉仕の気持ちではなかったために、
私は自らを追い込む生き方をしていたのでしょう。

この点が
生きづらさの要因の一つであると認識してから、
私は様々な取り組みを実践してまいりました。

その結果
健全な意識改革が成されたと、
そう自負しておりました。

ところが、それは甘かった

検査、
入院、
手術、
長期に亘る治療、、、、、。

((((;゚Д゚)))))))

調べれば調べるほど、
どれも大変な手間と時間と費用がかかることが分かりました。

そんなことにかまけている場合ではないのに、
私のせいで、
家族や周囲に多大な犠牲を払わせ
多大な負担をかけてしまう

後遺症や副作用から身体が健全に機能せず、
ときには別の疾患を招いてしまう危険もある

行動は制限され、
仕事や生活の質をキープすることは
とてもとても困難に思えました。

私は他者に役務を提供するどころか、
自分自身のことさえも
人の手を借りなければ
維持することが出来なくなってしまう

頭の中は、
「厄介者」となりやがて
「見捨てられる」という恐怖で一杯でした。



恐怖から逃がれるために、
楽観的な展開を
ジョークを交じえ可能な限り想像しました

ヽ(´∀`)ノ ヽ(´∀`)ノ ヽ(´∀`)ノ

そして当日。

医師に結果を告げられた際の、
「あなたが悪いわけではないんです」
という言葉に

たまらず涙がこぼれました

けれども恐怖は涙で癒されるレベルではなく、
面倒な病気を抱えてしまった自分に心底失望し、
「必要とされなくなる恐怖」に怯えました。

   

恐怖から解放されるための道を探しましたが、
それは不健全な方向へと突き進み、

私は久しぶりに
自らを消すことを
繰り返し繰り返し想像してしまうのでした。
 
 (ノ_<) 

さて、、、
長くなってしまいますので、恐れ入りますが次回に続きます。




  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR