「自立」

こんばんは。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます



先日、久しぶりにはっきりと
「腹立たしさ」を自覚いたしました

具体的には申し上げられないのですが、
その日、ちょっとしたトラブルが発生しました。

当初は「腹立たしさ」というよりも、
「一体どうしたのかな」という小さな疑問でした。

次に登場するのは、ACな私のいつもの癖
「私の認識が違っていたかな」
「私のせいでこうなっちゃたのかな」

しばらくここで足踏みを

やがて冷静に考えた私は、
「私のせいではないですね」と思い至ります

そこである方に確認をしましたが、どうも対応がはっきりしない
色々な事情が絡んでいて、私にはどうすることもできない事柄
早めの対処が必要なのに、あの方はどうして動かないのだろう

そこへ事情をご存知無い別の方から説明を求められ、
ざっくりと顛末を説明すると、「そういうもんだよ」と一言

ふつふつとお腹のあたりから
何かが沸いてきた感覚がございました
名前をつけるとしたら、「怒り」とまではいかない
「腹立たしさ」が近そうです。

結局トラブルは解決せず保留のままその日を終えましたが、何ともすっきり致しません。

良い機会です。
せっかくですから、
この「腹立たしさ」
味わってみることにしました。

帰りの電車に乗り込むと、例によって一人振り返りです。

発生したこのトラブル解決は、あの方の問題
私は私の気持ちに責任を持とう
そう整理はついたものの、どうも今ひとつもやもやが残ります。
「怒り」系の感情は、自分を守るための大切な感情ですが、
その下にはもっと深い、別の感情が隠れていたりするものです。

私は何に困っていたのだろう

帰宅後ちょっとビールを頂き、お風呂にゆっくり浸かってみても、
どうもこれだ!という感覚を得られません。

うーん、困ったなあ
ずうっとではないけれど、時々思い出してしまうこのもやもや。

翌朝、Oさんに聴いて頂いたらすっきりするかもしれない
そう思いつきました。
彼女に仕事でお会いできる日、話せるタイミングを待って、
ちょっとこぼしてもいいですかと、お願いし、
10分程お話させて頂きました。

驚いたことに、効果はてきめんでした

ポイントをついたOさんの反応のおかげで、
あんなにもやもやつかえていたものを、
私は見事に吐き出せたのです

このときやっと気がつきました。
「おかしい」と疑問に思っていたことを、
私はどなたかに解って欲しかった


(ノω`*)ノ

ビールを頂いたり、お風呂にゆっくり浸かったり・・・。
日常のちょっとした行動により、
私たちは自分を癒そうとしているのだそうです。

ですが、色々やってもすっきりしないこともございます。
そんな時は、思い切って
誰かを頼ってみるのも良いかもしれません。

私は人にお願いすることがとっても苦手です。

断られたらどうしよう、
負担だと思われるのでは、

そう思っているからかもしれません。

加えてかつては、
私のことなんて誰も助けてなんてくれない、
私は助けて頂ける価値などない、

強烈にそう思ってもおりました。

だから私は
人の手を借りないで、
自分一人で解決できる自立した人でいなければならない


ACの方はそんな傾向が強いのかもしれません
それゆえ走り続けてしまう

でも、最近はこう思うのです。
どなたかを頼ることで問題を解決できるなら、
それも、「自立」と言えるんじゃないかなあ


もちろん程度の問題はありますし、
例えば親にいわゆる「尻拭い」をしてもらうなどは論外です。

大切なことは、
自分のことに自分が責任を持つために手を借りるのだということ。

今回私は、Oさんを頼ったことで、
腹立たしさの正体を突き止め、すっきりと気持ちの整理をすることが出来ました

頼ることが苦手でも大丈夫。
一見ハードルが高そうに思えても、
お願いすることを細かく分けたり、
短時間で切り上げたり、
ちょっとした工夫で、
そのハードルは意外にも低くなってくれるようです。

これも「自立」。少し楽に・・なれそうな気がしませんか。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




スポンサーサイト

歯医者さんとアダルトチルドレン その2

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

前回の続きでございます

自由診療の歯医者さん。
自分で決断し予約も入れておきながら、直前まで大変不安でした
その不安には理由がありました。

私は歯の衛生について母に教わった経験が全くなく、虫歯だらけの子どもでした。
歯ブラシも持っていませんでした。
ですので、
優等生で通っていた小学生の頃、
皆がどうやら毎日の歯磨きを習慣としているらしい
と知ったときは大変ショックでした

仲良しの子に、試しに言ってみたことがあります。
「今日歯磨きするの忘れちゃった」

「ええええっっっ!!」

Σ(ω |||)

あまりにもあからさまに引かれてしまい
更にショックだったことをよく憶えています。

それからは、みんなの当たり前に追いつかなければと熱心に歯磨きをするようになりました。
また、学生時代は、歯科助手のアルバイトをしておりましたので、特に歯の大切さを意識するようにもなりました。

実際大人になってからの新たな虫歯はほとんどなく、
治療済みの歯の不具合で歯医者さんに行くと、
よく磨けていると褒められました。

ですが、遅すぎました。
子どものころの虫歯の影響で、私の口の中はあちこち治療したものだらけなのです

自由診療で、その全てに手をつけるとなってしまったら、、、

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

怖すぎて想像したくありません

湧いてきてしまう罪悪感に、
私はベストの選択をしたのだから、
そう言い聞かせながら、
Y先生の歯科医院を訪ねました。

ドキドキ。

診察台に上がる前に、先生とお話しをしました。



話は治療のことだけではなく、
先生の心の葛藤にまでも及び、
気付くと40分以上の時間が過ぎていました。

詳しくはお伝えできないのですが、
先生のお人柄が解り、選択は間違っていなかったと確信
私は自分自身を守れたのだと思えました。

こうした小さな経験が、
自己信頼感の肉付けになってゆくのだと思います

先生は、
治療については双方納得の上で進めること、
どうするかの選択権はいつも患者の側にあることなど、
お話くださいました。

問題の歯については、
すぐ治療にかかったほうが良いけれども、レントゲンを見た上で治療にかかりたい、とのこと。
Y先生は、無駄なレントゲン撮影をなさらない方。
微量といえども、放射能を浴びることを良しとしません。
それで、先日かかった歯科医院からレントゲンをもらってくるよう言われました。

さて、
何と言ってレントゲンを頂こう。

(´・_・`)

セカンドオピニオンではなく、既に転院を決め込んでいるわけですから、
ひどく先生を傷付けてしまうのではないかと後ろめたさが膨れあがりそうです。

長い沈黙やしつこい質問をした挙句、決断先送りとなった患者です。
あの日既に、先生は若干苛立ってらしたはず
レントゲンを〜なんて申し上げたら、
ますます先生を怒らせてしまうのではないだろうか

いつもの悪い癖で、そんな心配が頭をよぎりました。

ですが、
よりよい治療を求めることは患者の当然の権利です。

私は私を守る行動をとっていい。
堂々とレントゲンをくださいと言えばいい。


それで先生が不機嫌になられたとしたら、
それは私の問題ではなく、先生の問題です。

それに、そんなことで不機嫌になるのでは〜と心配することは、歯科医としての先生に大変失礼でもあります。

端的に、レントゲンの用途とその理由をお伝えしよう。

始めに訪れた歯科医院で、先生に伝えました。

ちょっと不安になってしまったので、
他の医院で診ていただこうと思います。
それでレントゲンを持ってくるよう言われましたので、
今頂けるとありがたいのですが。


セカンドオピニオンですか〜
よそでも同じこと言われると思いますけどね〜


と先生。

カルテを見ながらパソコンを操作し、淡々とレントゲンを出してくださいました。

今記して気付いたのですが、
あくまでもIメッセージが中心となっています。

これがYOUメッセージですとこんな感じでしょうか。

先生の説明は私を不安にさせましたので、
他の医院で診ていただこうと思います。
それでレントゲンを持ってくるよう言われましてので、今頂けますか。


微妙な違いですが、
Iメッセージの方が、相手は受け入れやすいのかもしれません。

ともあれ、サクっとレントゲンをいただけてよかったです。
次のY先生の診察が楽しみです。


☆Iメッセージ・・「私」を主語とした伝え方。
自分の考えや気持ちを伝える形になるので、
相手の批判や評価が反映されないため、
相手に受け入れやすいといわれます。

☆YOUメッセージ・・「あなた」を主語とした伝え方。
相手への批判や、評価が主になりがちなので、
相手を責める言い方になりやすいといわれます。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


歯医者さんとアダルトチルドレン

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

久しぶりに歯科医院に行きました。
治療済みの歯が、このところちょっと気になっていたからです。
痛むほどではないけれど、何となく違和感がΣ(´Д`*)
風邪気味だったり、疲れたなあ、と思う日は、
その違和感が強くなります。

歯一本といえども、これまで使い込んできた、私の大切な一部
これからも何十年と使わせて頂くものです。
メンテナンスが必要ですよと、
身体がきっと教えてくれたのでしょう。

訪れたのは初めての歯科医院。レントゲンを撮りました。
すると先生は大変気になる影があると。

(;゚Д゚)

治療したのは二十年以上前、しかも全く別の地域の歯科医院でした。
先生のお話では、
治療して良くなるかならないかは、私の持つ免疫力の強さによるとのこと。

初めて診ていただく先生でしたが、その時は正直な方だなあと思いました。
歯医者さんは、専門的な知識と、繊細な技術によって治療を施して下さいますが、良くなるためには治療だけでは限界があって、最終的には、患者さん本人の持つ力にかかってくる、ということなのです。

そこまではよく理解できましたし、共感できるお話でした。

ですが、、、

続きがございました。

私の免疫力で治らなければ最悪抜歯になる、なのでいじらずそのまま様子を見るという選択肢もある、というのです。

((((;゚Д゚)))))))

軽い気持ちで受診しただけでしたのに、何だか大変なことになりました。

いくつか湧いた疑問を先生に投げかけさせていただいて、
得られた回答をまとめますと、
希望するなら治療はするけどうまくいかなかったら抜歯ですよ、
抜歯になると、その後の処置が色々(保険、または保険外)大変ですよ、
そんな危険をおかしてまでやりますか、

ということらしいのです。

うーん。

おっしゃりたいことは解るのですが、
私は見逃しませんでした。
自分の中に抱いてしまった不信感を。
(ごめんなさい

うーん・・・・・・・・。

決断しかねている私の様子に、業を煮やした先生は、次回までにどうするか考えてきて、と。

かつての私なら、先生の仕草や表情から、私はどうすべきなのかを考えました。
医院の混み具合なども鑑みて、場合によってはすぐさま治療をお願いするなど、
先生の理想とする患者になろうとしたでしょう。

でも今の私は、たとえ先生に嫌われようと、
「私がどうしたいのか」を考えていました。

決断しかねた理由は一つ。
別の歯科医院のY先生に診ていただく選択もある

過去のある時期、
診ていただいたのがY先生でした。

「むやみやたらと歯を削るのは歯医者じゃないんだよ」
というY先生。

家族も何度か診ていただいて、高い技術と信念をお持ちの、
職人系(このところ職人続きですね)の先生と信頼していた方です。

ただ、問題がありました。
Y先生は、保険診療をお辞めになっていたのです
Y先生に診ていただくとなると保険が利かず、金銭的な負担が単純に計算して三倍となります。
それに、そんなに単純なことではなくなりそう

これは大問題です。

ACの私は、
自分のためにお金を使うことを、時に非常にためらってしまうのです

たかが私ごときの歯のために
(つい先ほど「大切な一部」だなんて申し上げておきながらこの有り様です
そんなにお金を使っていいのだろうか。

ここはおとなしく、先程のちょっと信頼できない(ごめんなさい)先生に保険診療で治療していただこうか、、、。
でもでも、もし抜歯になったら?

抜歯になった場合について、いくつか質問しました。
保険ですると、隣の歯に大きな負担がかかる処置になる。
あとは保険外(インプラントや矯正という方法も)

同じ保険外でするならば、Y先生にお任せしたい。
ですが、私ごときが自由診療だなんて・・。
それに私の免疫力が強くて普通に保険治療で治るかもしれない・・。

思考は行ったり来たりを繰り返し、決断ができません

どちらが私にとって少ないストレスで済むのか
私は本当はどうしたいのか

何年も使う歯のことです。将来も想像して数日考えました。


真の声に耳を済ませました

・・・・・

決断。
私は、予約を取るためY先生に電話をかけました。

電話口に出てくださった先生に事情をざっと説明すると、先生はこうおっしゃいました。

「自分の歯は残したいよね。やってみましょう。」

頼もしいお言葉に安心しました

ですが、、、
自由診療

(T_T)

これでよかったのかな私ごときに無駄遣いではないかしら、、、

未だ引きずる往生際の悪いACでございます(ノ_<)

続きはY先生の治療を受けたのちに、お伝えしたいと思います。


(ノ_<)



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

http://ac-counseling.net/




鍵屋さんとアダルトチルドレン

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

久しぶりの投稿になってしまいました
実は下の娘(大学生)が、学校の近くに住むことになり、
部屋探しや転居に伴う雑事諸々で、
この二週間、ちょっとバタバタとしておりました

今でもかつてと同じくらい心配症の私
反対に、天真爛漫というか無知というか、
無鉄砲で思い切りのよい娘

彼女に救われることも多いのですが、
こういう時は、
ハラハラして気が気ではありませんヽ( ̄д ̄;)ノ

不安材料は上げればきりがなく、
こんなに想像力があったのねと自分で感心してしまうほど、
日々おかしなストーリーを作り出してしまいます(笑)。
もうAC得意の「先取り不安」が止まりません。

でも、不安はもっともなことなのです。
こうした変化は恐ろしい
大切な娘の安全が脅かされるのではないかと不安なのです。

自分の不安を受け止めて、少し落ち着こう、
出来るところから手を付けて行こう。


具体的な対策を出すことは大変有効です。
先ずはスペアキーを作りました。
娘も私も持てるよう、そして本鍵の紛失も防ぐためです。

自宅近くの鍵屋さんは、
そこはかとない自信をまとった、
職人気質の無口な方でした。
作ったのは三本
ちょっと複雑なディンプルキーでしたので、
一本3800円と高価でした。

ところが、、、
ちゃあんと鍵が開いたのは一本だけΣ(゚д゚|||)
二本は使い物になりません。
丁寧に作ってくださったと感じていたのでショックでした。
開くと思って差した鍵が開かない感触は嫌なものでした。

咄嗟に、思いました。
「一本は使える」

(´・_・`)

かつての私はその続きをこう考えたでしょう。

二本分の代金7600円は悔しいけれど、
娘にスペアを渡しておいて、
私が本鍵をもっていればこと足りる。

難しい鍵だったんだ、仕方ない。

受け取ったときに
開かなかった場合のことを確認しなかった私が悪い。

クレームつけたりしたら、
嫌なお客と思われる。。。



わざわざ自分を
フェアな位置から遠ざけてしまう考え方です。


けれども今の私は違いました。

使える鍵を「三本」作ってもらうために
きちんと対価をお支払いしたのだから、
私は二本の鍵の作り直しを主張していい


.゚+.(・∀・)゚+.

主人が
「三本中二本が使えないなんてとてもプロの仕事とはいえない、
そのことをきちんと主張したほうがいい。」
と言うのにも、すんなり納得できました。

娘の部屋までは往復三時間半。
スケジュール調整が大変だったことを思うと、
そうした気持ちはより一層強くなりました。

翌日鍵屋さんに出向き、
事実を淡々とお伝えしました。
へこへこと謝らないところに
職人さんらしさが一層感じられましたが、
横柄とも取れる態度に若干苛立ちをおぼえましたので、
最後に、余計なことも言ってしまいました

「これ、難しい鍵なんですね」 (゚∀゚)

嫌味とも取れるこの一言は、
鍵屋さんの職人魂に火をつけてしまったようです

「・・彫りが甘かったかなあ」
「・・もう少し深く彫ってみます」

何度か彫り直していた様子でしたが、
結局新品を取り出して、一から作リ直してくださいました。
ずいぶんと時間をかけての作業でした。
やがてじっくり出来栄えを確認し終え、

「申し訳ありませんでした、今度は大丈夫です」
とにっこり(^-^)

まだ確認はできていませんが、
きっと気持ちの良い音を立てて、
鍵はすっと回るのでしょう

鍵屋さんの言葉と笑顔に、
私の不安も、軽くなったような気がしました
(*´v`)


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net



続きを読む

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR