感情の核心

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださり、大変ありがとうございます





「娘が帰省するから、ご馳走作ってあげようと思って」
「母と電話してたら、ついつい長くなっちゃってね」

SNSや年賀状でよく見る、
仲良く微笑む母娘の写真。

街で時々遭遇する、
楽しそうに歩く母娘らしき二人連れ・・。



今では
さらりと流せるようになりましたが、
かつての私は
周囲のこんな些細な日常さえ、
どうしようもなく
辛い気持ちになったものでした

物理的にも精神的にも、
母との関係を絶った

けれども私は
現実的な社会の中で生きています。
ですので、

「そんな話、私の前でしないでください
「親子の仲良し写真なんて載せないで

こんなことは言えません

当然、私の視界を
仲良さそうに歩く母娘連れだっていらっしゃる。
―必ずしもそうではないかも知れませんが、
私には皆、「仲良さそうに」見えました―

年配の女性の、
娘を心配する気持ちを聞くと
「我が身の不幸」を呪いました

同年代の女性の、
母親を気遣う気持ちに接しては、
「罪悪感」が鋭く痛みました。

表面的には
程よく相づちを打ちながら、
母娘連れを目で追いながら、

「可哀想な自分」
「罪深い自分」
強烈に自覚します。

その場は笑顔でやり過ごすものの、
心身は疲労し傷つき
一人になって涙しては

なんて心が狭く
小さい人間なのだろう


そう自分に絶望しました。

(ノ_<)

こんなこともございました。

自分と同じ「臭い」が感じられた方には、
私の母娘関係について、
少しだけ、
恐る恐る話をしてみました。

・・・(;゜0゜)

「もっと大変な人いますって」
「もう大人なんだから、
お母さん許してあげなさいよ」

(´・_・`)

一般的な反応なのだと思います。
彼らに悪気はないのです。
私を励ましてくださっているのです。



そもそも、私の覚悟ができていない。
つまらない話だと思われることや、
感じ方を批判されることが怖いので、
あちこち端折って話してしまう

そうした私の伝え方が、
「一般的な」反応を誘ってもいるのでしょう。

嫌われたくない
見捨てられたくない

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

自分の気持ちを正確に伝えることなど、
もはやどうでもよくなってしまう。

そして私は、
無意識のうちにこう返して身を守ります。

「確かにそうですよねー(笑)」



本当は、そう思ってなんていないのに。

敏感にまたは過剰に、
相手の
「否定」をキャッチした私のアンテナ
話はここで強制終了です。



以前の私には内省力がほとんどなく
(「内省」という言葉も知らず)、
自分を知ろうとしなかったのです。

本当はどうしたいのか
本当は何を感じているのか

特に
「嫌われること」や「見捨てられること」を
連想させる感情については、
「核心に触れる」という発想さえなかった。

そして多分
「核心」痛いものだと
薄々知っていたからこそ、
覆い隠すことに必死だったのでしょう。

これは、私の中できちんと
「完結」する必要がある問題であり、
程度を他の方と「比べる」ことや、
「大人なんだから許せる」ことなどではないのです。

否定や拒絶のニュアンスを含むそれらの言葉は、
(繰り返しますが、「悪気はない」のですから
一旦エレガントに頂戴したら
丈夫な麻袋にでも放り込んで、
袋ごと遠くに投げてしまえばいい

(」*´∇`)」

その上で本格的に「感情の核心」
取り組む準備をなさったら良いと思うのです。

痛みを伴う感情の核心に触れるには、
丁寧な下準備が必要です。
急ぐことはないのだと思います

必要なことを見極めながら、
基礎体力を少しづつ付けて、
じっくり取り組んでゆけたらいいのだと思うのです。

私がそうしてこれたように、
いつかきっと、今より楽になれるはず

先日ある方に頂いたお菓子は、
彼女がお母様と日帰り旅行をしたお土産でした。
旅行の話を伺いながら、
純粋に美味しく頂きました




つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

スポンサーサイト

小さな悩み

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net


訪問くださりありがとうございます(*^^)




この数ヶ月、私には小さな悩みがございました。
笑われてしまうかもしれませんが、実は
娘がお財布を買い換えないことに悩んでおりました

そのお財布は、一応いわゆる「ブランドもの」なのですが、
何しろ汚れて傷んでいるのです。

例えば娘に学用品などのお金を渡す際、
支度に忙しい朝では、よく
「お財布に入れておいてー
という展開になったります。

それで私は彼女のお財布を開くのですが、
その度に残念な気持ちでいっぱいになってしまうのです。

繰り返しますが、
甚だしく汚れて傷んでいるのです
とてもお金に休んでいただける環境とは思えません

そういうことに頓着しないのは、
娘の良いところでもあるのかもしれませんが、
母親としては気になって気になって仕方がなかったのです

買ってあげるから新しくしなさい、と伝えても、
一向に買ってくる気配なし。

心配症の私はどうにも落ち着かないのです

お財布を買い換えるのは
が良い、
が良い、
暮れが良い、
など色々いわれます。

出かければついつい、
若い子が好みそうなショップを覗いてしまいます。

験をかつぐなら今がいいらしいよ、
駅前のファッションビルで良さそうなの売ってたよ、


私の不安も伝えながら少しずつ情報を流すのですが、
娘には響きません

そうこうしているうちに月日は流れ、
お財布はますます汚れ、傷み具合はマックスに

どうするつもりかしらとハラハラ、やきもき(笑)

そしてやっと、
一昨日、買ってまいりました
出先で娘の送ってきた写メを見て、
文字通り安堵のため息です

半年、かかりました

私に言われたことも頭の隅にはあったようですが、
彼女が買い換えた一番の理由は、
「本人が」必要を感じたから

心配するあまり、
私が見繕って新しいものを買ってきてしまっては、
彼女が「困った」と実感する機会を奪ってしまっていたかも知れません。

私が躍起になればなるほどきっと、
お財布を買うことなんてどうでもよくなってしまっていたかも知れません。

でもハラハラして躍起になるのは、
その人のことを、
それだけ大切に思っているから
何とかしてあげたい気持ちが強いから
あれこれ気を揉み、時には自分の時間や体力を惜しげなく提供する。

けれども
肝心の本人はちっとも意欲を示さない

思う通りに進まないことは、
本当にもどかしく辛いことです

そしてその状態が続いてしまいますと、
どうして分かってくれないのだという気持ちにとらわれ、苦しくもなってしまいそう

そうした状態では健康的な対応が難しくなり、
無意識のうちにとげとげしい発言が出てしまったり、
どうにかさせようと支配的になってしまうかも。

これではせっかくの尊い思いやりが
影を潜めてしまいます。





周りの大切などなたかのことで、
とっても辛くて苦しくて、
継続した違和感を感じるようになっていたら、
それは
巻き込まれているということなのかもしれません。

ご自身がそんな状態になられるほど一生懸命に、
その方を思ってこられたということでもあります

でしたら、
これまでよく尽くしてこられたご自身を労って

ご自身をしばらく休ませて差し上げても良いんじゃないかなあ


ご本人には、ご本人のペースとタイミングが、
きっとおありなのです。

その方の考え方をちゃちゃっと変えることなんて
きっとどなたにもできません。
ご家族にもお友達にも、援助職にもできません。

できることは、
ご本人が本来お持ちの力を、
少しずつ膨らませるお手伝いをすること
なのだと思うのです

と申し上げている私ですが・・
何とかしたくて、何度も何度も、
これ(お財布)買ってっちゃおう!と思ってしまいました

思い留まるのが、大変でした




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net






逆支配!?

こんばんは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

もう何年も前のことですが、
依存症や共依存の方の自助グループに参加していたことがありました。

ある時参加者のお一人が、
「ずっと支配されていると思っていたが、実は自分が相手を支配していた」
とおっしゃいました。

ええっ!?

衝撃を受けました。
・・・私も母を「支配」していた可能性が?


高圧的にものを言いつける兄の命令に従うことと、
母の評価を得るために家事と茶道で動き回っていた私にとって、
「支配」とは「されるもの」という認識でしかありませんでした。

「指示」を出すこととは違う、
もっと強制的で圧倒的に束縛する力をもつ「支配」。

兄の言いつけは「絶対」でした
子ども時代、5歳上の兄に力で押さえつけられた恐怖は、大人になった私を自由に動けなくするのに充分なほど、強く刷り込まれたものでした。

それに増して、兄のように直接的に言いつけをしない分、母の「支配」は強烈でした
弱いことを良しとしない母に認められるために、私は突き動かされるように、強迫的に、気を利かせて立ち回らなければなりませんでした。
母からの愛情を得るためには、「自慢の娘」でいる必要があったからです。


「支配」ほどではないにしても、
ひょっとして、
私は母を「操作」しようとしていたのかも知れない、
そう思えるようになったのはずっとずっと後のことでした。


言いつけを守って、私こんなに頑張ってるの。
言われた通り、ハンバーグを作ったから、たくさん作っておいたから。
明日はお稽古だから、茶室はぞうきんがけしておくね。
お菓子はいつもの棚の上に。
お茶会のことなら大丈夫。
お母さんが疲れないように、私ちゃんと準備してるから。


懸命に立ち回っていたかつての私。

私のことなんていいの。お母さんが楽になれるなら。


家のことをやらなかったら、母が私のことなんて嫌いになってしまいそうで怖かった
それは結婚してからも同様でした。
稽古がある日は、実家の夕飯を全て準備しないと自宅に帰ってはいけないような気がしていました。
だからといって自宅での家事を手抜きなんかしてはいけない。
とにかくどこでも動いていなければ私の価値はない。
常に駆け足、分刻み。
もたもたしている暇はありません。

幼い二人の娘は、私に引きずられるように実家と自宅を行き来していました

良い娘ぶっていた私は、
自分の感情を操作する一方で、母の感情まで操作しようとしていたのかも知れません。

ここまで自分を犠牲にして尽くしている私は、
兄よりずっと役に立っているはず。
当然、認めて愛してくれるでしょう?


私は、母に尽くすことで、母が私を認め、愛するように「操作」していたのかも知れません。

けれども、人の感情など「操作」出来るはずはありません。

母の目には兄しか映っていなかった。
私は、ていのいいお手伝いに過ぎなかった


こちらが「操作」している通りにならないことは、
悲しく、切なく、苦しい。


相手は察してなんてくれないのです。

これはもしかして、親子関係に留まることではないのかも知れません。


その相手が、大切だと思う人で、操作している期間が年単位で続くものでしたら、
その苦しみは数十倍にも数百倍にもなるでしょう。


そんな苦しみの中に自分自身を置くことは限界でした。
このままでは私が壊れてしまうかも知れない。

どんなに嘆いても、母は母の感情でしかなく、私が操作してどうにかなるものではない。
それに、母が自主的に私を愛してくれないのなら、多分私は満足できない。

ならば「操作」する意味は全くありません
まして「支配」なんてしたくない。
これまで私は頑張ってきたけれど、
もう、手放そう

そんな風にある時ふっと思えたら、何だかとっても楽になれたのです



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net





プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR