いつも不安です^^

おはようございます。ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

michikoさん、不安はないのですか?

少し前ですが、クライアントさまにこう訊かれました。
最近になって、似たようなことを別の方からも。

私、不安の塊のような人間ですよ、
自分に自信もないですし(笑)

そうお答えしましたヾ(・∀・)ノ

あれが心配これも心配
きっとそれはこうなって、
あんなことやこんなことになってしまうのでは
大変だわ不安だわ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
いつも家族にこぼしているのです。
迷惑に思っているだろうなあ
(つい最近も「少しは信用して!」と娘に言われました(笑))

お話を伺いお支えすることを仕事としていますのに、、、
何だか申し訳ありません・・。

でも私は、これまでもきっとこれからも、大変な心配症なのです
不安感を抱く頻度は、今も昔も変わっていません。
むしろ多くなっているのかも。

ただ、以前と違っているのは、
不安に対して抱く感情です。
心配症は相変わらずですが、
不安であることは、悪くないと思えるようになりました。

何故なら不安は、
私を守るために、何か大切なことを伝えようとしてくれているからです。
そう理解してからは、
伝えようとしてくれていることを、
興味をもって冷静に考えるようになりました。

不安を
否認したり
拒絶したり、
無視したり
誤魔化したりしていると、
否定されたと感じた「不安」は、
伝えたいメッセージを何とか受け取ってもらおうと、
むくむくと大きくなってしまうように思います。

言葉をしゃべる前の赤ちゃんは、泣くことで不快を訴えます。
その不快を取り除くために、
ママは状況を判断し、経験や想像力を駆使して対応しますが、
分かってもらえないとそっくり返って大泣きです。

不安という感情も、ちょっと似ているような気がするのです。

以前の私は、自分が「不安である」ということを、
できる限り隠して生きておりました。

「不安」な状態は、
人として「弱いこと」「未熟なこと」「恥ずべきこと」であると
頑なに信じていたからです。
決して人に悟られてはいけない感情。

嫌われているのかもしれない、
間違っているかもしれない、
失敗してしまうかもしれない、
何かよくわからないけれど、私だけ良くないことになってしまうかもしれない、


いつも心の底では不安でした。

大して気にしていない素振りをして、
冗談っぽく「不安なんです」と人に言ってみることはあっても、
変な人だと思われたのではいか、
機嫌を損ねてしまったのではないかと心配になります。

いたたまれなくて適当なところで切り上げたり、
表面的なやりとりに持っていったりしながら、
そんなことないわよ大丈夫よ、と言われてしまうと、
何だか悪くて慰められた振りもしました。

本当は不安でたまらない

(´・_・`)

それは誰にも触れられることがないよう、
風呂敷にくるんでくるんで、しまい込みました。

けれども、そんなことをしても不安は消えてはくれません。
それどころか、
真の不安を隠していることが、
いつかバレてしまうのではないかという不安
を生み、
いっそうビクビクしてしまう

(´・_・`)

「不安」は、
その存在を、認めて欲しかったのだと思うのです。
ただそのまま、自分の不安を、感じ取ってあげていたらよかった。

そうすれば、「不安」が伝えたかったことを探ろうとしていたかもしれない。
それを繰り返せていたら、
きっと自分自身を信頼することができたのに。

「不安」を否定してきた私は、
その溝を埋めてまいりました。
最近はお付き合いが上手になったように思うのです。
堂々と、不安なんですと言えるようになれたから(^-^)/



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


スポンサーサイト

ビビリくん

おはようございます。

ACカウンセラー松橋通子でございます。

訪問くださりありがとうございます



かねてより観たいと思っていた
「インサイドヘッド」という映画を観てまいりました

人間の複雑な感情を解りやすく視覚化した、
感動的で素敵な作品でした

ストーリーは、
「ヨロコビ」(喜び)と「カナシミ」(悲しみ)を中心として展開します。
でも、ACの私としては、
脇役の
「ビビリ」くんに親しみをおぼえました

彼は、主人公の少女が安全に過ごせるよう、あらゆる危険をリサーチし、回避のために情報収集するのが得意。
命に関わるかもしれない と、
ビビりながら備えるわけです(出番はほとんどなかったのですが・・)。

彼の名前は、原作の英語版では
「Fear」・・恐怖

ACの方には馴染みのある感情の一つです。
恐怖の手前には
「不安」という感情も。



喜び、悲しみ、怒り、苛立ち、恐れや不安・・・


感情にはそれぞれちゃあんと意味がある、と言われます。


それは、生物が「生きていく」ためにプログラムされた、
とっても
原始的なものらしいのです。

特に
「恐怖」や「不安」は、
身の危険を知らせてくれる大切な感情


私たちの脳の極めて原始的と言われる部分が、
少しでも「危険」と判断すると、
危険回避プログラムによって、
適切な行動をさせてくれるのだそうです


何だかすごい。


「恐怖」や「不安」は、生き残るために備わった、
原始的で本能的な、機能だったのですね。


実は私は、救急車が走っていくとき、
家族に何かあったのではないか
不安になります。

パソコン操作では、
私が触ったためにデータが全て消えてしまうのでは
恐れます。

車の運転では、
どこかにぶつけてしまうかも
最悪大破を想像することも


いつもということではありませんが、
通常ではありえないことまで想定してしまう

「ビビリ」
くんの思考パターンとちょっと重なるのです。


こうしたことは、
元々生物に備わっていた標準的なプログラムが、
経験(大きな不安や恐怖に感じる体験を繰り返したこと)により、
強化されてしまった結果なのかも知れません。

だとしたら、それは
仕方ないことだと思うのです。


多分、
私のせいではない


例えば子どもにとって、
母親から好まれていない、と感じ続けてしまうことは、
生きていけないかも知れない大変な恐怖です。

いわゆる「杞憂」なのだと頭では理解していても、
想定する最悪の事態以上の体験をしていたら、
拭いきれない感情がくすぶっているのは当然だと思うのです。


ですので私は、
必要以上の「恐怖」や「不安」を感じてしまったときには、


怖いんですね、
心配だよね、

そう受け止める
ことにしています


かつては、
不安を感じること=人として未熟で弱いということ、
と考えていました。


もっと大変な人も沢山いるのに私は意気地がない


だから必死に取り繕って隠すことで精一杯でした。


でも、
ちっとも恥じるものではない

沢山感じて味わっていいんじゃないかなあ。

そう感じられること自体が素敵なこと
だと思うのです。

生物が生きていくために太古の昔から備わった、
尊い感情

のひとつだと思うのです



アダルトチルドレンのままで
今よりずっと楽に生きるためのカウンセリングはこちらからどうぞ
    

http://ac-counseling.net

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ