FC2ブログ

鉛玉を携えて



  shukushou.jpg



ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。





「おいっっっ!!」

ただならぬ気配をまとった怒声に、
びくんと肩が跳ね上がりました。

ふすま続きの三部屋と
中廊下を隔てた更に向こうの
リビングから発せられたその怒声は、

猛スピードで投げ込まれた
大きな鉛玉のようでした。

鉛玉は、嫌悪敵意苛立ちを幾重にもまとい、
攻撃という明確な意思を持っていました。

当時私の他、家に居るのは兄一人。

茶室で稽古の準備をしていた私は、
次の瞬間、
声の方へ駆け出していました。

足はガクガクし、
心臓は飛び出しそうでしたが、
そんなものはどうでもよかった。

暴力と暴言で支配された記憶が鮮明に蘇ります。

怖い。
直ちに兄の要求を満たさなければ。


「換気扇つけっぱなしてんじゃねーよ!」

大声に再び肩が跳ね上がりました。
確かに私は換気扇を回したままでした。

母が普段そうしているように
台所のコンロを使って
稽古で使う炭を起こし
それを茶室に運ぶ際、
辺りに残った炭の香りが気になったので
換気扇を回したままにして
その場を離れたのです。

言い訳をする暇なんてない
もたもたしていたら平手が飛んでくるかもしれない

「ごめんなさい」

慌てて換気扇を消したところで、
再び怒鳴られました。

「だいたいてめえ、
人んち来たなら『お邪魔します』だろ!」

「社会人として常識だろう!」


お腹の奥で何かが疼きました。

人んち。
お邪魔します。
常識。

ここは私の実家です。
稽古の手伝いの他、
結婚し家を出た後も
多忙な母に代わって食事の支度や洗濯、
買い物等をするために、
私は週何回も実家に通っていました。

玄関では
「こんにちは」と挨拶をして上がりますが、
実家に立ち寄る娘という立場を考えると、
兄の言う「お邪魔します」が
社会人の常識とは思えませんでした。

時々訪ねてくる親戚だって
そのように他人行儀な挨拶はしていません。

その頃の兄は、
私の挨拶を完全に無視するようになっていました。

私にだけならまだしも、
まだ小学生だった
二人の娘たちにさえも。

伯父の態度に戸惑う娘たちの様子を思うと
お腹の底が再び疼きました。

口ごたえは必ず暴力で封じられる。

それでも私は、
爆発しそうな心臓を押さえ、
一息で吐き出していました。

「いつも『こんにちは』と挨拶してから上がっているし、
子どもたちにもそうさせています」

「私や子どもたちの挨拶を
ずっと無視しているようですが、
それは常識なんですか?」

肘から先が震えていたのは、
寒さからだったのか
恐怖からだったのか。

あるいは
蓄積された怒りからだったのか。

面と向かって
多分初めての口ごたえでした。


「それはてめえと話したくねえからだよっ!」

「てめえがこの家に来るのは、
俺もお袋もウエルカムじゃねえんだぞ!」


確固たる敵意を持って投げつけられた鉛玉は、
震えながらやっと立っていた私に
壊滅的な打撃を与えました。

それは一時の感情による
単なるいさかいレベルではなかったのです。

  

そんなはずはない。

私はその場に立ちすくむだけで、
何年もの間、
そこから動くことが出来ませんでした。

  

当時のことを
時々思い出してしまうことが、
実は今でも
ごくたまあにあるのです。

その感情を的確に表現することが、
私は未だに出来ません。

出来ないのですが、
嘆くだけで終わっていた頃よりも
その鉛玉
小さく軽いものへと確実に変化していることを感じます。

私たちは、
鉛玉をいくつも抱えて生きています。

過去に受けたそれは、
事実として確かに存在し続けるもので、
決して消滅するものではありません。

私たちは
それを携えながら生きて行くしかないのです。

けれども、
携えながら生きることが

さほど辛いことではなくなってきたようだと感じられたなら、

それは試行錯誤し行きつ戻りつ
これまでご努力してこられたことが

回復に向かう
という形で
実を結びつつある証ではないかと思うのです。

痛みや傷という鉛玉携えて
それでもなお生きていく。

それは誇らしく尊いことだと、
私はそう心から思うのです 



  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

自己信頼

  shukushou.jpg



ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。




実践のスーパーバイズと
私自身の課題を整理していただくことを目的に、
時々私は、
尊敬する先生の元へ
カウンセリングを受けに出かけます

先日、先生にこう訊ねられました。

「michikoさんが職場のドアを開けて
中に入ったとたん、
談笑していた皆が
一斉にシーンとなったら、
どう感じますか?」



...シーンとなった理由は何だろう?
私には聞かせたくないことや、
私についての悪い評価を話題にしていた・・・?


疎外されたようで不安になり、
焦ってしまうかもしれません

「その後どうしますか?」
先生に重ねて訊ねられ、
私は状況を更にじっくり想像してみました。

   

シーンとした空気や
その背景は気になりますが、、、

きっと私は
いつも通り皆さんに出勤の挨拶をし、
ゆっくりと身支度した後自席に着いて、

持参した紅茶でも飲んで
一息ついてから、
黙って業務に必要な資料に目を通すでしょう



そんな自分をリアルに想像できたので、
先生にそう申し上げました。

申し上げながら私は、
以前の自分との大きな違いを感じました。

   

かつての私であれば
そのような状況では間違いなく

耐えられないほどの
疎外感に圧倒されながら、
シーンとなった原因を
焦って探し回るはずです。

ですが今はどう頑張っても、
そこまで強い感情にとらわれる自分を想像できません。

 

どうしてだろう、と考えました。

恐らくは
ほんの少しではありますが、
私自身についての
理解が深まったからではないだろうか、
と思い至りました

「自分についての理解」

私は自分自身を、
「不安感から焦ってしまいがちで、
劣等感や罪悪感が強く落ち込みやすい」


そう認識しています

自分のネガティブな側面を
思い切って認めてしまうことで、

ほんの少し愛着が湧き、
ひょっとしたらそれらを
「個性」といってもいいのかなと、
おぼろげながらも
感じられるようになりました。

「個性」ですから、
肯定も否定もするものではありません。

だだ、その「個性」により、
自分が気分良く過ごすことを
阻害されることがあるならば、

その時は
少しだけ手を加えることも必要でしょう。

ひと手間ふた手間程度の工夫で、
困った局面を乗り切ることは可能なのだということも、
現在私は学習中です。

  

例えば
焦る機会を少なくするために、
時間に余裕を持つよう調整したり、

揺れた気持ちを落ち着かせるために
有効なグッズをいくつか用意していたり。

そして

今私が出来ることを
丁寧にやればよいのだと意識することが、
私の場合は大きな安心感を生むことも

「自分についての理解」を深める上で
分かってきたことの一つです。

面倒で地味な作業ではありますが
これは、
自分自身との信頼関係を強くするために
必要不可欠な作業なのだと思います。

   

先生を訪ねたその時の私は、
焦ってばかりで
計画通りに進まない問題を抱え悩んでおりました

あれもこれもと
出来ていないことや
失敗したことを拾い集めては悲観し

自分は何をやってもダメなのだと
自信を失いかけていた状態でした

こうして絶妙な問いかけをくださることで、
先生は
私の持つ
自己信頼の力を
確認することをサポートをしてくださったのです

   

ACな私たちは、
自身を冷酷なまでに追い込み、
及第点を付けることなく、
もっともっととハードルを上げて
走り続けてしまいがちです。

そういう時には
必ず気持ちがざわついているはずです。
気持ち、というとらえどころのないものに限らず、
もっと分かりやすい
胸やお腹や手足で違和感を感じるかもしれません。

もしもざわつきや違和感を少しでも確認できたら、
勇気をもって、
一旦止まってみることをおすすめします。

何とか停止できたなら、
深呼吸をひとつして

一番辛かった頃のご自身と、
今のご自身とを
比べてみると良いかもしれません。

出来るようになったことや、
楽になったと感じられることが、
きっといくつも出てくるはずです。

  

新年度が始まりました。

生きることはご苦労の連続ですが、
ご自身との信頼関係を振り返る時間を、
時々ほんの少し作っていいただけたら、

ほんの少し

気持ちをやわらげることが、
どなたにも
きっと出来ると思うのです。



  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

おひなさま

 


   shukushou.jpg



ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。



そうでしたと思い立った昨日、お雛様を出しました
2月の終わりに慌てて出すのが常ですので、
これでもかなり早目です。

厄災を託し川や海に流すための
形代(かたしろ)だったものを、
現代のように
雛人形として飾るようになったのは、
室町から江戸初期にかけてのことだそうです

我が家のものは
お内裏様とお雛様お二人だけのものですが、
付属品の数はそこそこあり、
保管用の箱には
薄紙にくるまれた小物が沢山詰まっています。

箱から取り出しながら、
一つひとつが丁寧に包んであることに
我ながら感心しました

箱の隙間を埋めるために
くしゅくしゅと詰め込んであった紙は、
娘が中学時代の学級通信のプリントでした。

数年入れっぱなしにしてあったもののようで、
懐かしく当時を思い出しました

過ぎ去った時間に思いを巡らせつつも、
今はただ、
お雛様を飾るためだけの時間

誰に急かされることもなく、
私がしたいと思ったことを
私のペースで進めることが許された、

私のための小さな優しい時間

  

考えてみると以前の私は、
その場の時間を楽しむ余裕が
ほとんどなかったように思います。

例えば外で友人達と集っているとき。

私の頭の中は、
家に着かなければならない時間のことで一杯でした。

何時何分にこの場を失礼しなければ

その時間が迫ってきても
お開きになりそうもないときには、

場を白けさせずに
私だけ失礼するには
どうしたらよいかと気を揉みます

言い出せずに時間が過ぎてしまうと、
何とか帰るきっかけをつかもうと必死になり

どうにかついた帰路では、
帰宅が遅れた言い訳と
その埋め合わせをどうするか、
こちらも必死に考えるのです

  

恐らく私には

家の手伝い以外のことに、
この私ごときが自由に時間を使うなどということは、
大間違いで大罪である

という理由から、

「楽しんではいけない」
という中核信念があったのだと思います。

そんな信念に縛られるなんて馬鹿げてる、
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですがこんなこともあるのです。

強烈に刷り込まれ肥大化した中核信念は、
本人の思い込みを強化する不思議な力を持ちます。

もちろん
有益な働きをする中核信念も沢山ありますが、

こんなふうに、
生きやすさを阻害するものは、
破滅的に
私たちの観念を縛り付けてしまうようなのです

   

友人達は皆、
帰宅時間を気にする様子もなく、
リラックスし
その時間を楽しんでいるように見えました。

そしてそれが「普通」であり、
私は異常なのだと感じました。

異常と感じても尚、私には
それを変えることなど
決してできない
と確信しておりました

ですから私には、
問題なく社会に適応した
「普通」の人の振りをする必要がありました。

そのためには、
友人達と集ったという
「事実を残す」ことが重要でした。

楽しむなどという、
見えない内側の部分なんてどうでもいい。

大人になり子どもを持つようになっても、
私のその信念は強固でした。

  

今私は、
少しずつ、少しずつですが
楽しむことを覚えるようになりました。

ほんの、
小さなことでいいのです。

わずかな時間でいいのです。

日常の場面の瞬間を
楽しむコツをつかめたら、
今より少し、
生きやすくなると思うのです。

  

飾り終えたお雛様にぼんぼりを灯すと、
リビングが柔らかく華やぎました。

おー、いいねえ

そう呟きながら
娘に送信しようと写真を撮っているところへ、

おー、いいねえ
と主人がにっこり。

小さな優しい時間を楽しめると、
小さな優しいおまけも付いてくるようです




  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

一人ではありません




訪問くださり、大変ありがとうございます。

年明け初投稿が本日になってしまいました。
お陰さまで
昨年も充実した一年を過ごさせて頂きましたが、
ブログの更新が、
一昨年に輪をかけて
ゆっくりペースとなってしまいました。
本年は、
更新頻度を上げるよう努力したいと思います。
そして一つひとつの記事は、
必要とする方に届きますよう思いを込めて、
丁寧に書き上げるつもりでおりますので、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



一昨年は父が、
昨年は母が亡くなりましたので、
我が家は二年続けて
年賀状のないお正月。
ちょっと寂しくも感じましたが、
のんびり穏やかに新年を過ごしました

そして松飾りが取れる頃
小学生の頃お世話になったY先生から
寒中お見舞いを頂きました

シンプルな無地のハガキに流れるような文字。
いつもの懐かしい筆跡です

亡き母のことに触れ、
「元気になれるようにを送ります」
とありました。

  

小学3年生に上がる春に
他校へ異動になってしまったY先生。

人見知りで消極的な私に
他の児童と分け隔てなく接し、

学校という独特の環境で
生活するための基礎体力を

無理なく身に付けさせてくださったと、
今でも感謝しております。

Y先生は褒め上手でいらっしゃいました。

例えば体育の授業では、
キレイに前屈ができているからと、
お手本として舞台に上げてくださいました

国語の授業では、
上手に書けているからと、
作文を読み上げてもくださいました

家ではダメ出しばかりされ、
劣等感で一杯だった私に、
日々の学校生活の中で
小さな自信を付けさせてくださったのです。



当時私は、
毎年、先生のお誕生日に小さなプレゼントを贈りました。

幼いながらに、
Y先生への感謝のつもりだったのかも知れません。

贈り物はお手紙と
折り紙やフエルトで作った粗末なマスコットの類

大人の女性がもらっても、
迷惑なものばかりだったと思います

何年か繰り返した後、
いつしか年賀状だけのやり取りになりましたが、
毎年ハガキのわずかなスペースに、
近況報告をさせて頂いておりました

確かあれは、
上の娘が小学校に上がる年の、
早春のことだったと思います

ある日Y先生から
甘い香りのする小包が届きました。

開けてみると

真っ赤に艷めく
大きなが沢山

娘たちも私も、
思わず歓声を上げました

添えられたお手紙には
こう書かれていました。

「昔あなたから頂いた
沢山の誕生日プレゼントのお礼を、
いつかしようと思っていました。
あの時の小学校に通うお嬢さん達と
一緒に召し上がってください」

   

もう20年近く前のことですが、
当時の感動は鮮明に憶えています。

   

私は、母の死を淡々と受け止めましたし、
日々落ち込んでいるわけでは全くないのですが、

Y先生からのお便りに、
私の心は今、ほかほかです。

この方から
今も私はこうして支えて頂いている

そう思えたからです

人は、
人によって癒されてゆくものなのだといわれます。

何年も前に、初めてそれを知ったとき、
私を気にかけてくれる人など
誰一人居ないのだと
かたくなに信じ込んでいた私は、

永遠に癒されることは無いのだと
絶望しました。

そして何が何でも、
自分一人の力
どうにかしなければならないと、
必死になりました。

けれども次第に、

必ずしも
一人きりで頑張っているわけではないのかもしれない

そう思うようになりました。

絶望から少しずつ、
解放されて行ったのです。



最終的な拠り所が自分自身であることは間違いありません。
セルフカウンセリングが出来ることが、
生きやすさそのものだと私は思います。

ただ、その過程のどこかで
人の支えは必要であり、

今もし生きやすさを感じているとしたら、
それは何人もの方による支えが
確かにあったからこそだと思うのです。

支えてくれる方は

「友人」と呼べる相手とは限らない。
「仲間」という程の間柄でもないかもしれない。

ほんの少し、
認めてくださり、
心配してくださり、
共感してくださり、
考えるきっかけをくださり、
気持ちを軽くしてくださり、・・・



実は私たちは
こうした支えに、
日頃ちょこちょこと遭遇しているのだと思うのです。

今でも私は、
体調が優れないときには
ネガティブな思考に支配され、
一人きりでぽつんと
取り残されたように感じてしまうことがあります。

けれども、
一人きりではありません

必ずいらっしゃる
支えてくださってる方が

そこに気付けるだけの心の余裕を保てるよう、
歳を重ねて行けたらいいなあと、
そんな風に思うのです。






つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

褒められること

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださり大変ありがとうござます。





少し前に、髪を切りました

鏡の前でヘアカタログを提示しながら
いわゆるイタいおばさん(笑)と思われないようにと、
美容師さんと相談して
12〜3センチカットしパーマをかけました

夏の間、長い髪をまとめて過ごしておりましたので、
カットしたことで印象は変わりましたが、
それほど思い切ったわけでもなく、
これまでも何度かしていた雰囲気の仕上がりに

翌朝、
もっと短くしても良かったかなあ。

ワックスを簡単に揉みこんで出かけると、
何人かの方が髪型の変化に気付き、
褒めてくださいました。

具体的な言葉は割愛します(・・照れくさいのです)が、
とても素敵な言葉をかけてくださったのです。

・・・自慢したくてここに書いているのではありません

そのお褒めの言葉はありがたくて、
とても嬉しいのだけれど、
・・嬉しいのだけれど、、、

私は急に居心地が悪くなり、
混乱動揺してしまったのです

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

そんな自分に、
ちょっとがっかりしました。

動揺を悟られまいと
これでも相当頑張りましたので、
その都度
それなりの反応でお返ししてやり過ごせていたと思います。

けれども内心はどうにも落ち着かず、

どうか早くこの話題から遠ざかってくれますように
どうか皆さんの注目が私ではないところへ移りますように

そうすがるような気持ちでおりました。



私の中には
動揺するきっかけとなる「スイッチ」
いくつかあるのですが、

どうやら容姿にまつわることも
その「スイッチ」の一つのようです。

体調に影響されるものですから、
いつでも毎回、というわけではないのですが、

容姿について何か言われると
たとえそれが褒め言葉であったとしても、
落ち着かなくなってしまうことがあるのです

昔兄や母に言われた否定的な言葉
その時の感情が、
かすかに頭をよぎってしまい、

どこか信じられないといいますか、
素直に受け取れないといいますか・・。



若干、
解決していない課題が残っているのだと思います。

随分練習したんだけどなあ

褒め言葉を頂いたら、
「ありがとうございます」とさらっと受け取ることが、
大分できるようになっていたと思っておりましたが、
そうではありませんでした。

けれども、
上手く受け取ることが出来ないもどかしさや混乱を、
あらためて感じることはできました。



日頃カウンセリングでは、
小さな褒め言葉を受け取る練習をしていただいています

これが自己承認を促すステップであり、
自己愛を育てるトレーニングになると考えるからです。

もちろん私も、その練習を重ねて参りました。
ですので以前とは比べものにならないほど、
褒め言葉を素直に受け取ることができるようになっていると思います。

けれどもせっかく褒めていただいた(=承認された)というのに、
今回のように、
他者から認められた自分を上手く認められない事態にも、
時々陥ってしまうのです。



承認

かつて私は、
母からの承認をどれほど欲していたことでしょう。

もっと年齢を遡れば、
承認欲求など
持っていないふりをしていたようにも記憶しています。

それは
認めて欲しい
褒めて欲しい


そう求めるほどに、
母がどんどん遠ざかっていくような
不安があったからかも知れません。

できたからって調子に乗るな
やれて当たり前だ


そんな言葉と共に。



強い承認欲求は、
劣等感が強く働いているということなのだともいわれます。

ひょっとしたら
幼い私は感覚的にそれを知っていて、
ダメ出しの連続から必要以上に傷つき易くなり、
自信を喪失していたことに決して気付かれまいと、
承認欲求など持っていないふりをしたのもしれません。



今の私は、
かつての私とは環境が異なります。

褒められたいと自然に感じて、
褒められたなら素直に喜んでいい

褒められたことを素直に受け取れた時の喜びというものは、
それはそれは素敵な体験

これはきっと、
承認欲求を
自己承認という形で満たすことができた喜びなのだと思うのです

笑顔で心から、
「ありがとうございます」と言えるよう
今日もまた、トレーニングを続けようと思います。




つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR