FC2ブログ

微調整がしやすいように

こんにちは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださりありがとうございます

実家のことやその他諸々のことが押し寄せてきて、
どうして生きていたら良いのか
分からなくなってしまっていた数年、
家事をするのもやっとの時期がございました

特に、食事の支度は大変な苦痛でした。
苦痛を感じてしまう自分を、嫌悪しました

自営業の夫と二人の娘。
仕事も家事も、娘の学校関係も、
全て問題なくこなして行かなければなりません。

周りの人は皆、幸せそう。
私は惨めでこんなに苦しいのに、
日々の流れは待ってくれない。
なんて非情で残酷なんだろう。
身体も気持ちも、だるくて重い日が続きました。

何もせず横になっていたい。
何もかも忘れて、ずっと眠りつづけていたい。

けれど現実はそういうわけに参りません。

怠けていると思われたら見捨てられる

当時はそう信じていましたから、
文字通り自分を奮い立たせては、
仕事をし、稽古をし、
買い物に行き食事を作り、
できる限り明るく、帰宅する娘を迎えました。

あの頃、
適切に身体を休めることができていたらよかったのに、
自分に基準がなかった私は、
全く逆のことをし続けていたのです。


人は、
自身の「良い状態」を保てるよう、
自らの力で細やかに微調整をして生きていると言われます。

しょっぱいものを食べ過ぎてしまった後は、
異常に喉が乾いて水分を摂りますが、
この行為により体内の塩分濃度が正常値に戻るよう微調整がされている。

そしてこうした微調整は、
どうやら心に対しても同じらしいのです。

例えば、
ひどく落ち込んでいるときに何も手につかなくなるのは、
それ以上のエネルギーの消耗を避けるための、
身を守る大事なメカニズムなのだそう。

決して「怠けている」訳ではないのです。
意識しなくても、自然とそうした行動をとるものだというから驚きです。

ご自身の「良い状態」も、
それを保てる方法も、身体はよく解っている

ですが例えば、
いつも他の人のことに注意を向けて生きていて、
自分のことを後回しにばかりしていたら。。。

((((;´・ω・`)))

私がかつてそうだったように、
調整がうまく機能しなくなってしまうのかも知れません。

多分それは、
「良い状態」を保つための対処を
身体はしようとしているのに、
頭の中で作られた「何らかの理由」が、
そうさせてくれないからだと思うのです。

人に「怠けている」と思われたくなかった

「何らかの理由」の多くは、
他人からの評価が基準となったもので、
ご自分を大切に思ってのことではないでしょう。

身体はとっても正直者なのに、
頭は正直ではない場合が多くて、
なお且つ強引だったりしますから、
結果として身体に無理を強いることになってしまう。
そんな状況が長期にわたってしまったら、、、。

(ノ_<)

無理をしすぎている時には、
心身に小さな違和感を確認できるようです。

普段とは違う疲労感、口内炎や肩こり、
頭痛や胃痛かも知れません。
どんより曇った気分やイライラを感じる方もあるでしょう。

もしも違和感を感じ取られたら、
ちょっと立ち止まってみるといいかも知れません。
その違和感に静かに注目することで、
「良い状態」を保つために何が必要なのか、
または余分なものは何なのか、
それが見えてくるような気がします。
ついつい理由をさがしてしまう「頭」はちょっとお休み頂いていいんじゃないかなあ

他の人の犠牲になるのではなく、
世間体や体面を繕おうとするのでもなく、
ご自身のために本当に必要な微調整がしやすいように





最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


ACと麻袋

こんばんは。ACカウンセラーmichikoです。

    http://ac-counseling.net


訪問くださいまして、ありがとうございます

大変!出発予定を二十分も過ぎてしまいました
間に合うかな
これとあれと、ああそれもバッグに投げ込んで、
慌てて家を飛び出しました

ヒールで走って信号を渡り
良かった、丁度バスが来ました。

やれやれとシートに腰を落ち着けると、
自己嫌悪の素が胸のあたりでうずきます。

((((;´・ω・`)))

あーあ、やってしまった
出掛け間際だというのに、余計なことに手を出しすぎました
要領が悪いのだから、
もっと早く起きればよかったのに。

足が痛いな。
そう言えば朝起きてから、ずっと立ちっぱなしでした。


普段私は、
できるだけ時間に余裕をもって行動するようにしています。
時間に追われたり急いだりすることが苦手だからです。

うーん、正確に申し上げると、

急いで焦っている自分が好きではないから

どうも急いで焦っているときは、
冷静さを欠いて物事を粗雑に扱ってしまったり、
巻き込まれてハラハラドキドキしてしまう。

ひどいときには、
それを誰かのせいにしたり、
逆にとことん自分を責めたり。

((((;´・ω・`)))

丁寧に大切に扱えないことや、
必要以上に巻き込まれることは大変不本意で、
私を不安にさせる
ことでもあるのです。

ですので、例えば約束の時間がある時は、
道中ハラハラしなくて済むよう、
いつも早目に家を出るようにしています。

バスに揺られながら、朝起きて家を出るまでにしたことについて
反省を込めた振り返りをしました。

思い描いたのはリビング。
部屋いっぱいにごちゃごちゃと雑事が散らかっているイメージです。
足の踏み場もありません

物事に巻き込まれやすいACの私。
迫る時間に冷静さを失い焦った結果、
散らかったもの達に飲み込まれ、
あれもやらなきゃ、これも済ませなきゃ、という状態になってしまっていました。

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

ちょっと整理したほうが良さそうです

イメージの中で、
とりあえず、「散らかっていたもの」を3つに分けてみます

①すぐやる必要があるもの、
②余裕があればやったほうがよいもの、
③帰宅後(または明日以降)でも全く問題ないもの

例えば家族の食事の支度は①ですが、食器洗いは②でいい。
洗濯は①ですが掃除は②、
ダンボールを縛ってまとめることや
アイロン掛けなどは③で十分です。

①②③をそれぞれざくざくと大きな麻袋に入れて、
袋の口をきゅっと結いてまとめました。
すると、
隠れていたリビングの床が見えてスッキリ。
気持ちにも余裕が生まれました

ちょっと観察してみますと、②と③の袋は①の数倍ありそうです。

そうでした、
①だけ丁寧に処理できていればよかったのです。

そうしていれば、
乱雑に小物を投げ込んでいびつに膨らんだバッグをひっかけて、ヒールで走って息を切らさなくて済んだのに。

巻き込まれずに、ちょっと離れて見れたらいい

このスッキリした感じを、よく覚えておこう

切れていた息が治まる頃には、
自己嫌悪の素は小さく小さくなっていました

これは「クリアリング ア スペース」という、
「フォーカシング」の技法を
私なりに取り入れたものです。

「クリアリング ア スペース」とは、
今感じている気がかりなことを、離れたところに「置いて」みて、
心の空間を作る作業を言います。

空間が生まれることで、人はホッと一息つけるものなのだそうです
一息つけたら、次のステップにも踏み出せそう
小さなことのようですが、これが実はとっても大切なことなのかも知れません。

この技法は他にもアレンジが利くのでとっても気に入っています。
「整理」に使うのはたいてい大きな麻袋
今はその質感が何となくいい感じと思えるから
この感覚を、大切にしたいなあ

「フォーカシング」は、心理療法の一つですが、
自分に優しくなれるように思います

私は失敗したことの振り返りに「クリアリング ア スペース」をアレンジして使いましたが、
本来「フォーカシング」とは、
感じている「感覚」に注意を向けるもの。

「からだを使って、自己の気づきを促し、こころを癒していく、独特のプロセス」(『The Power of Focusing やさしいフォーカシング』 アン・ワイザー・コーネル著 より)なのだそうです。

心理療法には様々な方法がありますが、
どなたにも「絶対効く」という万能なものはまずないでしょう。
それに、あの時はよかったけれど、今は違うかもしれません。

今のご自身にしっくりとくるものに出会えるまで、
いろいろ試したり、アレンジしたり、工夫したりすることは、
ご自身への理解をより深めることにもなるのだと思います



頑丈な麻袋
今の私にとっては、何でも入って重宝しています。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


ノンバーバルコミュニケーションとAC

こんばんは。
ACカウンセラーmichikoです。
訪問くださいまして、ありがとうございます

コミュ二ケーションの大部分は言葉によるものだと思いがちですが、
実は約80%が、ノンバーバルなのだそうです。

ノンバーバルコミュニケーション

言葉(バーバル)ではなく、
身振りや抑揚、表情等によってメッセージを伝えたり、汲み取ったりすること。

ACの方は特に、長年の経験から、ノンバーバルに敏感なように思います。
私自身、無意識のうちにいつもアンテナを張って、相手の仕草や表情から、感情を読み取ろうとしてきました。

嫌われないように。
怒らせないように。
見捨てられないように




本来、自分が安心できる場所を確保するために、アンテナを張るものであるはずが、
どこに行っても安心できずに身の危険にばかり目が行って、いつもハラハラしっぱなし
さらにアンテナの感度が無駄に良すぎるために、休まる暇がありません。
時にそれは過剰反応して暴走し、余計なことに気苦労します

きっと怒ってる?
どうしようどうしよう

こうしたら機嫌が直るかな。
こうすれば見捨てられないでいられるかな。


そんなことばかりを気にしていたものですから、当然自分の感情など、どうでもよかった。


さて、長年かけて立派に磨きあげてきたこのスキル。
これをもしも、自分自身に使えたら・・・。

きっとできるはずです。
人にして差しあげられることは、ご自身にもできないはずはないのです。
もしかしたら、既に使ってらっしゃるのでは

それはたとえばこんな風に

その日の私は都内で仕事がございました。
予報では日中の最高気温が21度。夏の装いではちょっと肌寒そう
ですので一枚上着を羽織りました

こんな日のオフィスビルの空調は、微調整が難しい。
冷えてしまって、気付くと足をしっかり組んでいました。
ですので持参したストールを膝に掛けました。

食事休憩で外に出ると、寒さに思わず両腕を抱きました。
選んだメニューは温かいおうどん
身体が温まって美味しかった。

ほんの少し振り返っただけですが、
私の「寒」に対処した具体的な行動がこんなに沢山出てきました。

何と「自分にアンテナを張る」ことができていたのです。
「ノンバーバル」に適切に反応していたのです。
そしてこれは、どれもが立派な「セルフケア」
自分で自分を労り大切にしていると感じられます

お仕事や家庭の事情などにより、いわゆる「お休み」がきちんと取れなかったり、
「お休み」することや「遊ぶ」ことに対して、どうもACの方が抱いてしまう
「罪悪感」という縛り

こうしたことから、
大切だとわかってはいるけれど、セルフケアができていない・・・と自分を責めてしまいがち。

かつて私も、気持ちが落ちているときなど、
休暇をレジャーで楽しんだ方にお土産を頂いたり、〇〇をしてリフレッシュしてきた〜という話を聞いただけで
「ノンバーバル」を感知するアンテナが暴走してしまうことがございました。

相手の方の表情から、
レジャーできない自分に×の烙印を押されたように勝手に感じ、それで落ち込んでしまうのです

でもよく考えますと、出来ている
ほんの小さなことではあってっも、日々生活する中で、実は知らず知らずのうちに、自分のケアができているのです。

そう、ケアをするために必要なものは、
時間でもお金でも、あるいは「縛り」を解き放つことでもないんじゃないかなあ
多分それは、「寒い」という自分の不快を感じ
「あたたまりたい」という自らのニーズに気付くこと

そして、大切なことは、
そうした日常の小さなことに、
一つひとつ丁寧に対処してゆくことだと思うのです。

ご自身の発する「ノンバーバル」
感度抜群の「アンテナ」で、どんなものをキャッチできていたのか、
たまには振り返ってみるのもよろしいかと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net



セルフケアをしないと地獄に!?

こんばんは。
ACカウンセラー松橋通子でございます。
訪問くださりありがとうございます

先日、外国籍の友人から興味深いお話を聞きました。
彼女の国の言葉で書かれた何かの記事らしいのですが、
翻訳しながら聞かせてくれたそのお話は、こんな内容でした。


あるところに大変働き者の若者がいました。
彼は結婚し、子どもが生まれると、家族に良い暮らしをさせようと、
ますます一生懸命に働きました。
休みもとらずに働いて働いて、沢山のお給料を稼いだので、
奥さまはいつもきれいな身なりができ、
子どもたちは授業料の高い、行き届いた教育をする学校に通うことができました。
彼の両親も、贅沢な暮らしをすることができました。
彼のおかげで皆幸せでした。
周りの人たちからも、こう言われました。
「なんて良い旦那さん」「なんて良いお父さん」「なんて良い息子さん」

ところが彼は、あまりにも働きすぎたので身体を壊し、まもなく亡くなってしまいました。

「あの世」の入口で、なんと彼はこう言われました。
「あなたは地獄へ行きなさい。」

あんなに一生懸命働いて家族を幸せにしたのだから、
当然天国に行けるものと思っていた彼は、どうしても納得できません。
そこで神様に直談判しました。
すると神様は、人間界が見えるという窓を開けました。

その窓から彼が見たものは、
家族を養うために、老いた父親が昼も夜も働く姿。
美しかった妻がみすぼらしくやつれてパートに出ている姿。
高額な授業料が払えず学校をやめることになってしまった子どもたちは、
いじめに遭っていました。

家族にかつての面影はありません。

神様は言いました。
「あなたは、家族のために休まず働き続けたかも知れませんが、
肝心の自分の身体を全く大切にしなかった。
その結果、このように家族を不幸にしてしまったのです。
だからあなたには地獄に行ってもらうのです。」

彼は納得して地獄に行くしかありませんでした。



「地獄」に落とされてしまうなんて
いくらなんでもあんまりです

でも、このお話を聞いて、「セルフケア」の重要性をあらためて思いました。

「セルフケア」

この言葉は、トラブル発生時の飛行機内において、
「酸素マスクは自分から」という意味で使われるようになったものだそうです。
機内でトラブルが発生して酸欠状態になってしまったら、
先ずは自分の酸素マスクを付けてから、
はめられないで困っている人を手助けする、というのが正しい行動。
自分のケアができていない状態では正しい判断ができず、
周りを助けることなどできなくなる、というのです。
(実務教育出版「自分の怒りと向き合う本」columnより)


ACの私は、自分を最優先するなんてとんでもない、と思っていました。

長い間、
人のために動いていなければ私の価値などない
そう考えていたからです。
自分が存在することにさえ、いつも抱いていた罪悪感。

自分を優先する発想など持てるはずはありません
加えて、
自らを犠牲にすることを美徳とする文化的な背景の影響も。

そうした奥ゆかしい日本の文化が私はとっても好きですし、
大切にしたいとも思います

ただ、勇気をもって申し上げると、

自分を犠牲にすることがあまりにも強すぎることは、
周りにとって、
実はありがたくはないのかも知れません


先の地獄行きのお話のように、
自分のケアが出来ていない状態では、
本当の意味で全体の幸せにはつながっていない。

相手の幸せを思う気持ちは、
「セルフケア」が出来ている状態でこそ、
しっかりと伝わるものなのかも知れません



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


ACが自分に興味をもつことは

おはようございます。
ACカウンセラー michiko でございます。
訪問くださりありがとうございます

他ブログから引っ越してまいりました。
なにぶん操作に不慣れでございますが、よろしくお願いいたします。


このところずっと忙しい日が続き、自分自身のケアが不十分でした

小さな自由時間雑貨屋さんをウロウロしたり、
美容院に行ってみたり、そうそう、映画を観にも行きました

書き出すとちょこちょことケアしているように思えますが、
実際はそれ以上に疲れがたまってしまっていたようです


仕事をしても、集中力が今ひとつ
暑くてだるくて、料理はなんだかおっくうに
気に入っていたヨガをする気にもなれない

しかも、こんな時にお客様がいらっしゃる予定が


お迎えする準備を整えようとすると、気になってしまうんですねえ。


普段は全く気にならない、壁の汚れ。
床の隅のちり。
ドアの手垢。
シンクのくもり。
洗ったばかりのカーテンに付いた飼い猫の毛・・・。

お掃除しなければならない場所を思うだけでうんざりです。
家族の発する言葉にもちくちくとトゲがあるように感じてしまう。


どうやら私は、疲れがたまって気持ちが落ちてくると
自分にとってマイナスの情報に敏感になってしまうようです。

今の心身の状態はよくないから、これ以上傷つかないように
防御するためのプログラムが作動するのですね。


自分を守ろうとしているこうした反応なのですが、
それは時に、自己嫌悪感を強くしてしまうように思います。


その時の私の思考はこんな状態でした。


もっと全体を見ればいいのに、
こんなことにこだわってしまう私は小さすぎる

集中して手際よくこなせない私は、
なんて無能なんだろう

もっとしっかりしないと。
ちゃんとやらないと。


でも、しばらくして、気付きました。


あ、私疲れてるんだ

先に書いた「プログラム」は、意識の下にある無意識
のなせる技。

そこまでの状態になっている、ということを、
先ずは理解する
ことで気持ちはだいぶ楽になるようです。

ゆっくりと深呼吸をすることが、
「無意識」のざわついた状態を落ち着かせるのに有効らしいのですが、
私はもっと楽しいことをチョイスしました


やらなければならないことをざっと片付けて、
お客様がお帰りになった後、
久しぶりにお裁縫箱を取り出して小物をチクチク。

それから、ずっと気になっていたふすまの手入れ。
お気に入りの和紙をちらりと貼りました。


好きなことに集中できたことと、作品を仕上げた達成感とで、
気持ちはとっても落ち着いたのです。



まだまだだなあ、と思うと同時に、
最近ちょっと忘れかけていたこうした気持ちの動きを、よく憶えておこうとも思いました


「私」という人間は、まだ未知の部分が沢山あって、興味深い。
そう考えると、「面白いなあ」と思うのです。

ACの方は特に、自分に興味をもつことが、
セルフケアになるのだと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです。
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました。

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net


プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR