スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養剤をいただく前に

おはようございます。
ACカウンセラーmichikoです。
 http://ac-counseling.net


訪問くださいまして、ありがとうございます
ACではないかなあ
そう自覚してから数年間、何とかしなければとあれこれ模索致しました。

少しだけれど解りかかってきたかなあ、という頃、
あるセミナーに参加させて頂きました。
多くのことを学べたのは、
講師の方や受講生の皆さんが、
温かく引っ張ってくださったからだと深く深く、感謝しています

それでも、途中までは、
いいえ、多くは終わってからもなのですが、
実はとっても苦しかった

セミナーの内容は素晴らしいと思いました。
ですので本気で課題に取り組みました。
良くも悪くも真面目にやろうとしてしまう私は、
とにかく一生懸命でした。

ですが、どうも落とし込むことができない

私以外の参加者の方々は、どの方もきちんと理解して、スマートにちゃっちゃと進んで行かれる。
皆さん、仲良く楽しげでくつろいでらっしゃるように見えました。

私はいつも緊張して、
一生懸命やっているけれど
どうしても腑に落ちなくて、
一人ぽつんと取り残されてしまった気持ちでした。

どなたかの些細な発言にひどく傷ついても、
どうってことない振りをしました。

内容を理解できていなくても、
理解できた振りをしました。

講義の終わりには、
講師の方が喜びそうな感想を伝えました。

小さく弱い自分を悟られたくなかったから
無能の烙印を押されることに怯えていたから

嫌われるのが、怖かったから

(´・_・`)

皆さんのようには出来ない自分を疎ましく思い、
劣等感は強まる一方
その部屋が自分にはひどく場違いで、
胸の辺がそわそわした居心地の悪さを感じ、
ひどく落ち込むことが増えました。

それでも
最終的に(セミナー終了後しばらくしてやっとのことが大半なのですが)沢山のことを体得できたのは、
終盤になってようやく得られた
一つの気付きがあったからでした。

それは、当時の私は
「心の基礎体力」が回復していなかった
ということ。

上手く課題をクリアできなかった原因は、
どうやらそこにあったようなのです。
そこに気付けて癒していった過程を、
私は忘れないでいようと思っています。




ずっと以前、
ベンジャミンという観葉植物を枯らせてしまったことがあります。

沢山つけていた青々とした葉が、
日に日に褪せて黄色くなり散って行く
何とか止めようと、肥料を入れ、あれこれ液体の栄養剤を挿しました。
それでもベンジャミンは元気になりません。

困り果てて、近所の植木屋さんに相談しました。
これは以前の記事でも触れたことがありますが、
その時植木屋さんにこんなことを言われたのです。

弱った植物に栄養剤なんか与えても吸収できなくて逆に枯れちゃうよ。
必要なだけ水やりをして、
陽に当ててそっとしておくのが一番いい。
風邪ひいて高い熱出てたら、
水分だけとって安静にしていたいでしょ。
それとおんなじ。




そうでした。
私は、ようやくお粥が頂けそう、というところまできた程度だったのに、
スタミナをつけなければ
無理やり大きなステーキを平らげようとしていた
のです。

残念なことに、その後ベンジャミンは回復せず、
完全に枯れてしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

「栄養剤」は華やかで即効性がありそうですが、
その時の「体力」に見合っていなければ、
消化不良によりダメージを受けてしまうだけなのかも知れません。
吸収するには体力が必要なのだということを、
義務感と焦燥感にとらわれるあまり忘れてしまっていました。

あるいは、元気だからと思っていても、
自覚されていないだけで、実は心身疲労困憊していることも。
そんな時でもACの方は、知らず知らずのうちに、めいっぱい頑張ってしまう。

本来どなたでも、
吸収して活用できるだけの体力をお持ちのはず

何かうまくいかないのは、
心身の声に気付いてあげられなくて、
ちょっと頑張り過ぎてしまっているせいなのかも知れません。

「栄養剤」は後にして、
ご自身を優しく労わってお休みしてもいいんじゃないかなあ。

温かくして安静にしておくだけで、
「基礎体力」はきっとじんわり回復して、
いい感じに回りだすのだと思うのです。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました

アダルトチルドレンのまま楽に生きるための詳細はこちらです。

    http://ac-counseling.net




スポンサーサイト
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になったけれど、今までよりずっと楽に生きています。楽に生きる方法を、カウンセリングを通じてお伝えしています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。