緩やかにじんわりと

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださり大変ありがとうござます。



カウンセリングでワークを提案させていただくと
「これをやると楽になるのでしょうか」
そう時々訊ねられます(^-^)

また、ブログ記事へのメッセージにも
同様の内容を頂くことがございます(^-^)

その度に私は「YES」とお伝えしてしております

ワークに取り組むことで
自分自身への注意関心が高まり、
それが

長い間抱えていた問題の
突破口につながってゆくものだと、

私は体験を通して確信しているからです

ただし

即効性はありません

緩やかにじんわりと
効いてくるものなのです

効果を実感できない状態は
長く辛いものですが、

心の体力を取り戻すには
どうしても時間が掛かります

長い間、
負荷がかかった状態で
走り続けてこられたのですから

それは当然だと思うのです。

内容によっては
入念な準備が必要で手間もかかり、
更なる体力も使います。



人の体調には波があり
気分にもムラがあります

ですので

今はちょっと無理だなあと感じるときは、
作業を先延ばししても良いのです

先延ばしの決断をすることもまた、
自分自身に関心を向ける
良い練習になっているものと思います



そこそこの基礎体力を取り戻せたら、
次なるステップとして
新しいスキルを身につける提案をしています

ちょっとした技を
栄養剤として備えておくことで、
自らのケアをしやすくするためです。

かつての私は
先を急いでしまったために
十分な体力がついていないのに、
あれこれと栄養剤を取り込もうとしてしまいました

しかも
グループに混じって始めておりましたので、
他の参加者の方と自分を比較しては、
ひどく落ち込むという事態に陥りました

栄養剤は
体力が回復してからでなければ、
どうも吸収されにくいようです。

焦ってはいけません

栄養剤としての有効性を
私自身が実感しているものの一つが、

「認知行動療法」といういものです

何だか小難しそうな名前ですが、
ざっくり言ってしまえば
「ストレスとの上手な付き合い方」

ストレスは必ずしも悪者ではありません。
例えば達成感
これは
ストレスに耐えてこそ得られるもの。
生きる上で良い影響を与えてくれるています。

問題となるのは、
ストレスにより必要以上に
マイナスの感情にとらわれ続けてしまうことでしょう

パフォーマンスが低下したり
心身の具合が悪くなってしまっては、
楽に生きることから
遠ざかってしまいます

そうした悪影響を及ぼす類のストレスと
上手にお付き合いするために、

「変えられるもの」と
「変えられないもの」を見極めて、
柔軟に対応してゆこうとするものが、
「認知行動療法」で、
うつ病の再発率を抑える効果
非常に高いことで知られています。

多分
落ち込んでも気持ちの切り替えが上手な方は、
大人になるまでの間、
知らず知らずのうちに
そのテクニックを学んでいて、
日常でも上手にエッセンスを
使いこなしてらっしゃるのだと思います

様々な事情から、
本当に様々な弊害から、

そうしたテクニックを
学ぶ機会を得られなかったのが、

ACな私たちだと思うのです

認知行動療法も練習が必要であり、
即効性があるものではありません。

けれどもだからこそ
一生自分自身に役立てられる、
大切な財産になると思うのです

本も色々出ています。
ブログでも少しずつ
紹介して参りたいと思っています。

緩やかでじんわりと
効果を感じていただけますように
(´ω`人)


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました
スポンサーサイト
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR