FC2ブログ

子どもとの信頼回復

shukushou.jpg

ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。




「ママはすごく否定したよね」


数年前のことですが、
娘にそんなことを言われました。


それは彼女が小学校低学年の頃のこと。
通学路の植え込みに珍しい虫を発見、
帰宅し興奮して私に報告したところ

「そんなところにいるわけないじゃない」
そう冷たく言われたと。

  

何ということでしょう

おそらく彼女は学校で昆虫について学び、
下校途中に偶然、
教科書に載っていた虫を発見したのでしょう。

早くママに知らせたい!
息を切らせ走って帰ってきたかもしれない。

一緒に喜んでくれるだろうと
期待に胸を膨らませた小さな娘の話を、

私は冷酷な言葉で切り捨ててしまったのです。

 

次の日もその虫がいて
再度私に報告したそうですが、
私の反応は同じだったと彼女は嘆きます。

   

言い訳になりますが、、、、、
当時私は多忙を極めておりました。
精神的にも追い込まれ、
日々分刻みのスケジュール

娘の話しに
耳を傾ける余裕が無かったのでしょう

その会話すら憶えていないのです

  

発見した喜び
私と分かち合いたかった思い
承認されたかった気持ち・・・

私はどれ一つとして
汲み取ろうとしませんでした

娘の気持ちを
無情なたった一言で
粉々に打ち砕いてしまったのです。

  

多分私たちはそんな失敗を、
日々知らず知らずのうちに
繰り返しているのかもしれません。



子どもが健全に育つには、
いくつか条件があると言われます。

基本的な考え方としては

大人が大人の責任において、
子どもにとって
安全で安心な環境を整え、
子どもが
子どもらしく過ごすことが許されること


一見当たり前で
とても簡単なことのようですが、

大人が
心身の健康
経済的
時間的なこと等に
問題を抱えていると、

「当たり前」のことが
出来なくなってしまいます

気持ちに余裕のないときには、
小さな子ども
一生懸命表明している感情
受け止めることが出来ず、
子ども
自分の問題に巻き込んでしまいがちなのです

巻き込まれた子ども
一体どうなってしまうのでしょう。

感情を受け止めてもらえない
あるいは
そんな感情を持つことは良くない
そう否定されたら、

子どもは傷つき
いつか
感情を表現することを
止めてしまうでしょう  

そんなことばかり続いてしまったら、
やがて
感情を感じ取ることを
麻痺させるようになってしまうかもしれません  

自分自身から湧き出た、
尊重されるべき感情
拒絶否定無視されることが
溜まる一方だったとしたら
どれほど苦しい人生になるでしょう。

  

とはいえ、
大人にも諸々事情があるのが現実。
いつも完璧にできるはずなどありません。

それはそれで良いと思います

ただしそんな時には、
決してうやむやにするのではなく、

子どもに解るように説明し、
健全で十分なフォローをすべきです。

それにより、
子どもは大人を
信頼できるようになるのだと思います。

感情
受け止めてもらえた時と同じように、
尊重されていることも
感じ取ることができるでしょう

それはきっと、
子ども自身が自分を肯定できる力となって、
生涯の生きやすさを助けるに違いありません

今回の記事は、
子どもをもつお母様やお父様に
限定したメッセージではありません

ここで言う「子ども」とは、

ご自身の中に抱えている、
小さな子どものことでもあるのです。

ACな私たちは、
日々の感情に注目し
受け止める練習をし
子どもとの信頼関係を築き直すことで、
生きやすさを手に入れることができるのだと、
そんな風に思うのです



  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR