FC2ブログ

鉛玉を携えて



  shukushou.jpg



ACカウンセラーmichikoでございます。
訪問くださりありがとうございます。





「おいっっっ!!」

ただならぬ気配をまとった怒声に、
びくんと肩が跳ね上がりました。

ふすま続きの三部屋と
中廊下を隔てた更に向こうの
リビングから発せられたその怒声は、

猛スピードで投げ込まれた
大きな鉛玉のようでした。

鉛玉は、嫌悪敵意苛立ちを幾重にもまとい、
攻撃という明確な意思を持っていました。

当時私の他、家に居るのは兄一人。

茶室で稽古の準備をしていた私は、
次の瞬間、
声の方へ駆け出していました。

足はガクガクし、
心臓は飛び出しそうでしたが、
そんなものはどうでもよかった。

暴力と暴言で支配された記憶が鮮明に蘇ります。

怖い。
直ちに兄の要求を満たさなければ。


「換気扇つけっぱなしてんじゃねーよ!」

大声に再び肩が跳ね上がりました。
確かに私は換気扇を回したままでした。

母が普段そうしているように
台所のコンロを使って
稽古で使う炭を起こし
それを茶室に運ぶ際、
辺りに残った炭の香りが気になったので
換気扇を回したままにして
その場を離れたのです。

言い訳をする暇なんてない
もたもたしていたら平手が飛んでくるかもしれない

「ごめんなさい」

慌てて換気扇を消したところで、
再び怒鳴られました。

「だいたいてめえ、
人んち来たなら『お邪魔します』だろ!」

「社会人として常識だろう!」


お腹の奥で何かが疼きました。

人んち。
お邪魔します。
常識。

ここは私の実家です。
稽古の手伝いの他、
結婚し家を出た後も
多忙な母に代わって食事の支度や洗濯、
買い物等をするために、
私は週何回も実家に通っていました。

玄関では
「こんにちは」と挨拶をして上がりますが、
実家に立ち寄る娘という立場を考えると、
兄の言う「お邪魔します」が
社会人の常識とは思えませんでした。

時々訪ねてくる親戚だって
そのように他人行儀な挨拶はしていません。

その頃の兄は、
私の挨拶を完全に無視するようになっていました。

私にだけならまだしも、
まだ小学生だった
二人の娘たちにさえも。

伯父の態度に戸惑う娘たちの様子を思うと
お腹の底が再び疼きました。

口ごたえは必ず暴力で封じられる。

それでも私は、
爆発しそうな心臓を押さえ、
一息で吐き出していました。

「いつも『こんにちは』と挨拶してから上がっているし、
子どもたちにもそうさせています」

「私や子どもたちの挨拶を
ずっと無視しているようですが、
それは常識なんですか?」

肘から先が震えていたのは、
寒さからだったのか
恐怖からだったのか。

あるいは
蓄積された怒りからだったのか。

面と向かって
多分初めての口ごたえでした。


「それはてめえと話したくねえからだよっ!」

「てめえがこの家に来るのは、
俺もお袋もウエルカムじゃねえんだぞ!」


確固たる敵意を持って投げつけられた鉛玉は、
震えながらやっと立っていた私に
壊滅的な打撃を与えました。

それは一時の感情による
単なるいさかいレベルではなかったのです。

  

そんなはずはない。

私はその場に立ちすくむだけで、
何年もの間、
そこから動くことが出来ませんでした。

  

当時のことを
時々思い出してしまうことが、
実は今でも
ごくたまあにあるのです。

その感情を的確に表現することが、
私は未だに出来ません。

出来ないのですが、
嘆くだけで終わっていた頃よりも
その鉛玉
小さく軽いものへと確実に変化していることを感じます。

私たちは、
鉛玉をいくつも抱えて生きています。

過去に受けたそれは、
事実として確かに存在し続けるもので、
決して消滅するものではありません。

私たちは
それを携えながら生きて行くしかないのです。

けれども、
携えながら生きることが

さほど辛いことではなくなってきたようだと感じられたなら、

それは試行錯誤し行きつ戻りつ
これまでご努力してこられたことが

回復に向かう
という形で
実を結びつつある証ではないかと思うのです。

痛みや傷という鉛玉携えて
それでもなお生きていく。

それは誇らしく尊いことだと、
私はそう心から思うのです 



  


つらくなりすぎる前に一度、おいでください。

    http://ac-counseling.net



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも参考にしていただけたら幸せです
ランキングに参加しています。
よろしかったら、こちらをクリックくださると大変嬉しいです。



重ねて恐縮ですが、
こちらもクリックくださると嬉しいです。



ありがとうございました
プロフィール

michiko

Author:michiko
ACカウンセラー
精神保健福祉士(ハラスメント通報窓口相談員)
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー

ホームページはこちら

 http://ac-counseling.net


 
・人にものを頼むことが苦手
・人の依頼や誘いを断ることが苦手
・主張するより周りに合わせる方を選ぶ
・自分が我慢する方がいい
・「こうしてくれればいいのに」といつも思うがうまく言えない
・自分の気持ちを汲んで欲しいのに、と強く思うことが多い
・そもそも自分がどうしたいのかよくわからない
・人を助けているうちに、自分が困った事態になっている
・困っていても自力で何とかしようとする
・仕事を一人で抱え込みやすい
・見捨てられるのが怖くて恋愛関係にまで踏み込めない
・恋人に対して必要以上に依存している、または支配していると思う
・誰も自分のことなど関心がないと思う
・周りの期待通りにしなければと思う
・もっと頑張らなければいけないと思う
・いつか裏切られるような気がする
・いつも不安で仕方ない
・相手の機嫌を自分が何とかしなければと思う
・相手の問題を本人以上にあれこれ考え世話をして疲れてしまう
・不機嫌な人がいると自分のせいではないかと思ってしまう
・怒りの感情を出さないので、よく「いい人」と言われる
・自分は楽しんではいけないと思う
・自分のためにお金や時間を使うことに罪悪感がある

 以上のことをこれまでの人生で繰り返してきた
 michiko

私はアダルトチルドレンです。生きづらさを抱えたまま大人になってしまいましたが、試行錯誤の末、今ではこれまでよりずっと楽に生きていると実感しています。
このブログが、少しでも楽に生きられるヒントとなれば嬉しいです。
カウンセリングでは、じっくりご一緒に考えてゆきたいと思っています。

 http://ac-counseling.net



コメント歓迎します。フリーなのでどなたでもお気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキングに参加してしまいました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR